TBS

1: News茶畑がお送りします 2020/04/01(水) 03:34:00.31
TBSは1日、4日夜に生放送を予定していた恒例特番「オールスター感謝祭2020春」を延期することを発表した。新型コロナウイルスの感染が拡大している現況から、放送が困難と判断した。

同番組は毎回、東京・赤坂の同局のスタジオに約160人の出演者が集まってクイズなどで競う番組。だが今回はウイルスの感染拡大を防止するため、演出方法を変えると事前に内容を変更することを事前に告知していた。だが、3月31日に急転。局内で幹部が会議して延期を決定した。出演者の事務所関係者は「TBSから5月に延期すると連絡を受けた」と話している。

︎┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
引用ここまで。全文は下記よりご確認ください。
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0401/spn_200401_2100872804.html
oshirase_enki

【TBS『オールスター感謝祭2020春』が“延期”決定!】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/03/29(日) 13:59:42.75
番組を見ていて司会の関口宏がふと口にした言葉が筆者はとても気になった。
小池都知事を始め、首都圏などの各自治体トップや安倍首相も不要不急の外出の自粛を呼びかけている中で、番組では28日(土)の繁華街の映像を放送した。
人出が消えた公園や人影がまばらになった銀座や原宿の街。
そうした中で、番組が「一方で渋谷にはこんな場所も・・・」というナレーションとともにパチンコ店の前に長蛇の列が出来ている様子を伝えていた。
他の番組でも街の中で自粛ムードで人影が減ってもなぜかパチンコ店だけは人が集まっている様子を流しているのを筆者も見ていた。 

そこで冒頭で紹介したように関口宏は番組内で疑問を口にしたのだ。

「パチンコはいいんですか?」
専門家をスタジオに呼んでスタジオトークを進める番組の場合、こうした「素朴な疑問」を専門家にぶつけることができるのが最大の強味だ。他の番組と比べてみてもスタジオトークにより時間を割いているこの番組の持ち味を生かした「問いかけ」だった。


スタジオにいた専門家は堀賢(ほり・さとし)さん。順天堂大学大学院教授で医学博士。順天堂医院感染対策室長という肩書きを持つ。
堀さんはこの新型コロナウィルスは実際に人が感染してから判明するまでに2週間程度かかることを説明した上で次のように発言した。

(堀教授)「(3月20日?22日の)三連休あたりで(自粛ムードが)少しゆるんでいますから、来週の後半から週明けに関してはかなりたくさんの人(感染判明者)が出る可能性があります」

東京都内だけで3月28日に63人の感染判明者が出ているが、これが今週末から来週にかけて増大するだろうという見立てだ。
この話を聞いた後で関口宏が疑問をぶつけた。

(関口宏)「ちょっと細かい話ですけどパチンコはいいんですか?あれ・・・」

堀教授は苦笑しながら答えた。

(堀教授)「パチンコに関してはなぜかどこも指摘しないんですけど、換気の問題とか、(身振りでパチンコ台を操作する手を真似して)ハンドルにこう手をずっと当てている問題とかありますので」

すかさず関口宏がさらに疑問をぶつける。

(関口宏)「濃厚接触になるでしょう?」

(堀教授)(隣の女性アナウンサーを手で示しながら)「まあ、隣の席に近いですからね・・・」

その後で堀教授は首を横に振りながらはっきりと言った。

(堀教授)「私は行かないですね。はい・・・」

堀教授は限られた時間の中で、「パチンコは危険なのではないか」というメッセージを言葉ではなく、手や首の動作も含めたボディランゲージで行った。
「なぜ行政や政治家は問題にしないのだろうか?」という彼なりの違和感も視聴者には伝わった。
パチンコ業界が警察官僚や警察関係者の天下り先となっていて、与党自民党への政治献金なども毎年多額に上っていることはあまり知られていない。警察と業界との癒着は時々大手マスコミ以外が報じる程度だ。

そうしたことも関係があるのか?
K-1などのスポーツイベントや音楽イベント、映画業界まで「自粛」を求められて、受け入れているのにパチンコ業界だけが「例外」でいいという理由が他にあるのだろうか?
この日の関口宏が生放送で口にした疑問はそうした背景も熟知していればこその「素朴な疑問」だったといえる。


視聴者が疑問に思うようなことを少しだけ先回りして口にする。
視聴者に気づきを与える。
それこそが名司会者の条件である。
彼の言う「細かいこと」を深掘りすることこそ、報道番組の役割だと思う。
張本さんではないが、
あっぱれ!

「パチンコはいいんですか?」
3月29日(日)のTBS『サンデーモーニング』。

http://news.yahoo.co.jp/byline/mizushimahiroaki/20200329-00170269/
snow_train

【東京に雪が降った理由は多分これwwwwww】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/03/19(木) 11:42:53.10 ID:TXpwwkT+9
韓国のドライブするー方式、ウォーキングスルー方式でコロナ検査数を伸ばしている

■岡田晴恵教授
「韓国の感染者数2月29日以降はガーと下がっている、積極的に検査して早期発見早期治療するが徹底されてる。感染者数は8413人、亡くなったのは84人、致死率は1%。早期発見早期治療が大事」

■細川昌彦教授
「検査が増えたほうがいいが、目的を見失ってはいけない。目的は、重傷者と死亡者を抑える、これが目的。その目的に沿って優先度をつけてやるのが大事」

「韓国は確かに感染者数は減ってはいますが、人口当たりの日本は死亡者数は韓国の1/10です。
隣の芝は青く見えるかもしれませんが、日本には日本の良さがあるのを分かった上で、韓国の良さも取り入れるという全体をバランス良くみるのが大事」

「大事なのは死亡者と重傷者を出さない、その為には陽性になったら全部入院させるのではなくて、軽者症と重症者を分けて、後の対応を決めたうえで、検査を広げていかないとバランスが良くない」

■井上アナ
「致死率は何を分母に置いて考えるか、人口なのか感染者数なのか」

■細川昌彦教授
「感染者数は検査数で変わってくるから、タイムリーではない。やはり、人口当たりの死者数が非常に大事」

■岡田晴恵教授
「ある程度検査しないと人口当たりの感染者数のデータの信憑性がないかなと」

■井上アナ
「感染者数のデータを分母にしたとしても、もう少しデータを集めないと信憑性が分からないというのが岡田さんの考え」

■細川昌彦教授
「感染者数は検査の実態によって変わってくる、岡田さんが言いように広げていったら死亡者の比率は低くなる。人口当たりを分母にするとそうはならない、そこがポイント」

no title


TBS Nスタ 2020年3月18日
https://www.youtube.com/watch?v=3nJkNzAvXe0




【【TBS】韓国のコロナ検査を称賛、細川昌彦教授「人口当たりの日本の死亡者数は韓国の1/10です」岡田晴恵教授を論破】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/03/17(火) 11:41:43.95 ID:9vsYpyKg9
白ワンピが似合うこの写真は、大学3年生だった野村彩也子クン(22)がイベントに参加した際のひとコマ。その美貌には、父の面影が――。

「彩也子さんが、狂言師・野村萬斎さんの愛娘として知られるようになったのは、2019年のCM出演がきっかけ。父、弟さんと家族3人で共演し、評判を呼びました」(芸能関係者)

在学中はミス慶應SFC、読者モデルとして活躍。卒業後の進路に注目が集まっていたが、4月からTBSのアナウンサーになるという。

「内定後、アナウンス部は『日本語の発音が完璧で、考え方もしっかりしている』と、べた褒めでした」(TBS関係者)

進路の陰に父のすすめも?

「萬斎さんはTBS製作の映画『のぼうの城』『七つの会議』に主演したり、番組のナレーションを担当するなど、ご縁がありますからね」(同前)

TBSは本誌の取材に、「まだ内定段階ですので、(内定が事実かについては)申し上げておりません」と回答した。

父譲りの麗しい美声が待ち遠しい。


【【TBS】アナウンサーに内定の野村萬斎の娘・彩也子さん、アナウンス部べた褒め「日本語の発音が完璧で、考え方もしっかりしている」】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/03/16(月) 08:36:00.57 ID:0UMtpukL9
 狂言師の野村萬斎(53)の長女、野村彩也子さん(22)が4月1日付でTBSにアナウンサーとして入社することが15日、分かった。

 彩也子さんは慶大環境情報学部出身。2018年には学部のある湘南藤沢キャンパス(SFC)の女子学生から選ぶ「ミス慶応SFCコンテスト」でグランプリを受賞した。
幼稚園から高校までを女子校で過ごし、清純な雰囲気漂うルックスはネット上で話題を呼んでいた。

 得意科目は英語と数学で、英国のオックスフォード大、米国のウィリアムアンドメアリー大への留学も経験。広い知見を養った。ゼミではSNSやインスタグラムについて研究する“イマドキ女子”の顔も。趣味はサッカー観戦。18年のW杯ロシア大会は全試合を見たという。

 昨年1月には父・萬斎と弟で狂言師の裕基(20)とともに、自宅開放型学習教室「KUMON」のCMに出演。初体験のCM撮影について当時「最初は手が震えてしまうほど緊張した」と話していた。「父と弟が和ませてくれたので無事に演技ができました」と明るい笑顔で、家族の絆を強調していた。

 父・萬斎は2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式で、演出、企画を手掛けるチームを統括する「チーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター」を務める。
彩也子さんはアナウンサーとして開閉会式を伝える可能性もある。“父娘共演”が実現するのかにも注目が集まる。

 ◆野村 彩也子(のむら・さやこ)1997年(平9)9月25日生まれ、東京都出身の22歳。慶大ではサッカーサークルに所属。好きな女性有名人はフリーアナウンサーの大橋未歩。
得意料理は肉じゃが、シチュー、オムライス。理想の結婚相手は大事にしてくれる人。1メートル61。血液型B。

スポニチ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-00000004-spnannex-ent
no title

【野村萬斎長女・彩也子さんがTBSアナウンサーに 「KUMON」のCMでは父子共演】の続きを読む

このページのトップヘ