PCR検査

medical_influenza_kensa

1: News茶畑がお送りします 2020/07/31(金) 16:58:35.22
新型コロナウイルスが、全国で再拡大している。その間「PCR検査」や「抗体検査」の言葉が一般にも広く知られることになった。しかし、テレビでさえ「陰性なら安心」と、罪のある誤情報を伝えている。実際は、どのように考えればよいのか。五本木クリニック(東京)の桑満おさむ院長に寄稿してもらった。

■驚きだった松井市長の発言

 「Go To トラベル」をめぐり「旅行に行く人が希望すれば無料で抗体検査を受けられる仕組みを構築したい」という趣旨の松井一郎大阪市長の発言に、筆者は驚いてしまった。抗体検査の仕組みについて、理解しているとは言えなかったからだ。

抗体は、ウイルス感染していることを表す「IgM」と、過去に感染したことを表す「IgG」があり、抗体検査の組み合わせによって「まだ感染したことがない」「感染したことがある」「感染している」の3通りの結果が得られる。

 もし「感染している」との結果が得られたら、その人はそれまでに第三者に感染させている可能性があり、大阪市内で数週間隔離されることになる。「感染したことがある」との既往を得られても、その人が「今後は感染しない」とは言い切れないと、現時点では考えられている。また「感染したことがない」との結果であると、観光中に感染するリスクを含む。

■感染症学会も「推奨できない」

 現時点で知られている抗体検査の信頼性も、高いとは考えられていない。筆者が確認できただけで20種類近くの検査キットが販売されており、中には開発した会社が非開示のものさえある。日本感染症学会は、抗体検査キットは感染の診断活用には推奨できない、と公式に述べている。

 さらに、感染していることを表すIgMが陰性であっても安心はできない。国立感染症研究所の性能評価では「IgMは感染初期には陽性にならない可能性が高い」とされているからだ。「陰性だから」と安心して旅行を続けると、旅先で発症するだけではなく、感染源にさえなってしまう懸念は払拭できない。

■100%はありえない

 また、検査には感度と特異度という用語があり、得られた結果について考える際、理解しておく必要がある。

 「感度」は実際にウイルス感染している人のうち、検査で陽性と判定される人の割合のこと。「特異度」は感染していない人のうち、検査で陰性と判定される人の割合のことである。感度・特異度ともに100%はありえない。

■陽性なのに「陰性」

 検査では、全体でどれだけの割合で感染しているのかを表す「事前確率」を考えに入れる必要がある。例えば、検査対象となっている1万人のうち事前確率が1%で、感度70%、特異度99%の検査方法を使用した場合を考えてみる。

仮定:1万人中、感染しているのは100人(1%)。残りの9900人は感染していない。

 その1万人を検査したとすると、感度70%なので、感染している100人のうち70人が陽性と正しく判定されるが、30人は陰性と判定(=偽陰性)されてしまう。一方、特異度99%なので、感染していない9900人のうち9801人は陰性と正しく判定されるが、99人は陽性と判定(=偽陽性)されることになる。(図解)

(リンク先に続きあり)

2020/7/31 09:00
https://this.kiji.is/660837893765678177
新型コロナ「陰性なら安心」が間違いな理由 伝えたメディアの罪、首長でさえ理解不足

【「陰性なら安心」が間違いな理由 伝えたメディアの罪、首長でさえ理解不足】の続きを読む

job_mizusyoubai_host

1: News茶畑がお送りします 2020/07/17(金) 20:16:48.74
東京都の新宿区繁華街新型コロナ対策連絡会のメンバーで、ホストクラブなど16店舗を経営する手塚マキさん(42)は、「ホストクラブがPCR検査を積極的に受けた結果、感染者数が増えている面がある。ホストだけが悪いと差別しないでほしい」と訴える。

 歌舞伎町商店街振興組合常任理事を務める手塚さんは、同区と事業者たちがともに感染防止策を考える場として、同連絡会の発足に尽力。吉住区長の要請に応じて同業者たちに協力を呼びかけたところ、多くの店が6月以降、店内の感染予防策をとるだけでなく、感染者が1人でも出たらほかの従業員にもPCR検査を受けさせるようになったという。店内で感染者が出たことを自ら公表する業者も出てきた。

 しかし、都が新規感染者が多いとして新宿などの「夜の街」への注意を促すようになると、ホスト業界への風当たりが強まったという。同じ歌舞伎町で営業する飲食店から文句を言われることもあるといい、手塚さんは「一人ひとりが衛生意識を高めることが大事なのに、感染者に責任を押しつけていては、名乗り出づらくなり、感染防止が遠のくのではないか」と指摘する。

 ホストの中には貧困や劣悪な家庭環境を抱えてこの業界に身を投じた人もいて、収入が少ないホストは従業員寮で共同生活を送る。手塚さんは「家庭内感染や職場感染が起きているようなもので、ホストも一般人と生活様式はさほど変わらない。特定の場所や業種を取り上げて、分断をあおらないでほしい」と話していた。

7/17(金) 9:49
https://news.yahoo.co.jp/articles/f2b9f9b04b1d63fdc5beb9e888269fe0f0f346ae

【ホストクラブがPCR検査を積極的に受けた結果、感染者数が増えている面がある。ホストだけが悪いと差別しないでほしい】の続きを読む

medical_influenza_kensa

1: News茶畑がお送りします 2020/07/17(金) 13:20:27.32
 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は16日、無症状の人に対するPCRなど感染を確認する検査について、感染している可能性が高い人を除き、公費で行う行政検査の対象にしない方針で合意、政府に提言した。政府は今後、提言を踏まえて検査体制を整備する。

 分科会は感染している可能性が低い人について、膨大な検査をしても陽性者はわずかで、感染拡大防止の効果も薄いと判断した。

 それでも、民間企業や個人が海外渡航や興行を行うといった事情に応じて検査する場合は、質が確保され、医療関係者や検査を受ける人への負担が少ない方法を選ぶよう求めた。

2020年7月17日06時00分
https://www.asahi.com/amp/articles/ASN7K025TN7JULBJ014.html

【【日本政府】コロナ、低リスク無症状のPCR検査は公費検査の対象外 政府分科会が提言】の続きを読む

medical_influenza_kensa

1: News茶畑がお送りします 2020/07/03(金) 21:35:55.00
東京都内で、接待を伴う飲食店従業員らの間で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、池袋の繁華街を抱える豊島区は3日、区内にあるホストクラブ9店舗の全従業員を対象にPCR検査を実施する方針を示した。発熱などの症状が出ていない人も含めるという。

高野之夫区長が3日、同区主催の「感染防止大会」で明らかにした。高野区長は「徹底的に封じ込めていく必要がある」と言及。全ホストクラブでのPCR検査実施は「夜の街」感染対策強化の一環だという。区によると、他業種の接待を伴う飲食店でも実施するかどうかは、今後検討するという。

 都によると、池袋での「夜の街」関連の感染者数は増加傾向にある。6月27日~3日の1週間で都内で新たに感染が確認された「夜の街」関連の209人のうち、34人が池袋だった。6月下旬には、豊島区内のホストクラブでクラスター(感染者集団)が発生しているという。(軽部理人)


2020/7/3 21:18 朝日
https://www.asahi.com/sp/articles/ASN736X61N73UTIL038.html?iref=sp_new_news_list_n
全ホストクラブでPCR検査へ 東京・豊島、無症状でも
【全ホストクラブで全従業員を対象にPCR検査を実施する方針 豊島区】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/06/02(火) 11:09:32.77
 新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査について、厚生労働省は2日、発症から9日以内であれば唾液を検体として使用することを認めると発表した。鼻の奥などの粘液を使う従来の方法より簡単で、採取する人の感染防止にもつながる。国立感染症研究所が2日付で検体採取のマニュアルを改め、同省は公的医療保険の対象とする。

唾液でもコロナ検査可能に 発売済み試薬―島津製作所

 厚労省によると、これまでは鼻の奥の粘液を綿棒で拭い取っていたため、採取には技術や慣れが必要だった。綿棒の刺激でくしゃみが出やすくなり、採取する人が感染するリスクも高かった。
 新しい方法は、検査を受ける人が自ら専用容器に唾液を入れるだけで済み、医療従事者らの感染リスクは低い。研究の結果、発症から9日程度までなら唾液からのウイルス検出率が高く、従来の方法と比べ精度に差も見られなかったという。

ソース https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060200374&g=soc
medical_influenza_kensa

【【新型コロナ】PCR検査、唾液で可能に 採取簡単、安全性高く】の続きを読む

このページのトップヘ