F1

f1_car

1: News茶畑がお送りします 2020/07/06(月) 12:34:57.57
5日に行われた20F1開幕戦のオーストリアGP(Austrian Grand Prix 2020)では、レース開始前に人種差別に対する抗議が行われたが、膝つきに参加しないドライバーも6人いた。メルセデスAMG(Mercedes AMG)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)は、自身の差別との闘いは「平等のためのものであって、政治や宣伝目的ではない」と強調している。

決勝ではオーストリア国歌演奏の前に、F1で唯一の黒人ドライバーであるハミルトンが「Black Lives Matter(黒人の命は大切)」Tシャツを身につけ、他の選手も「人種差別を終わらせよう」と書いたTシャツをまとってグリッド前方に整列したが、20人のドライバーのうち6人は膝をつかずに立ったままだった。

フェラーリ(Ferrari)のシャルル・ルクレール(Charles Leclerc)とレッドブル(Red Bull)のマックス・フェルスタッペン(Max Verstappen)は膝をつかないと事前に表明しており、マクラーレン(McLaren)のカルロス・サインツ・ジュニア(Carlos Sainz Jr.)、アルファタウリ(AlphaTauri)の
ダニール・クビアト(Daniil Kvyat)、アルファロメオ(Alfa Romeo Racing)のアントニオ・ジョビナッツィ(Antonio Giovinazzi)と年間王者経験者のキミ・ライコネン(Kimi Raikkonen)も膝はつかなかった。


ハミルトンは自身のインスタグラム(Instagram)で「きょうは僕にとって、また変化やもっと平等で公正な社会を目指し、願う全ての人にとって、重要な一日になった」と話した。

「メディアなどの各所から批判はあるかもしれないが、この闘いは平等のためのものであって、政治や宣伝目的ではない」「僕にとっては、F1がもっと多様で包括的なスポーツへ前進したことを示す感動的で胸を打つ一幕だった」

しかしハミルトンは、この問題への「理解が足りない」選手がいるともほのめかしており、何人かのドライバーにいら立っていたとみられる。
レース前に自身の考えを他のドライバーに説明したハミルトンは、沈黙は「差別に加担しているも同然だ」と話していた。

ハミルトンはインスタグラムで、「完璧な人間などいないが、全員が参加して自分の役割を果たせば、変化を起こせる。僕はそれを信じている」
とも話している。

 一方のルクレールは、レース前に自身のツイッター(Twitter)で次のように説明した。

「全20人のドライバーが、それぞれのチームと団結して差別や偏見と闘い、同時に多様性と平等、包括性の原則を歓迎し、F1と国際自動車連盟(FIA)の誓約を支持する」「大事なのは日々の暮らしの中での事実や振る舞いであって、国によっては物議を醸しかねないポーズを取ることではないと信じる」「膝はつかないが、他の人よりも差別との闘いに熱心でないわけでは全くない」

フェルスタッペンも「平等や差別との闘いに非常に力を入れている」「しかし、誰にでも自分に合ったタイミング、方法で自分を表現する権利があると信じている。きょうは膝をつかないが、全ドライバーの個人的な選択を尊重し、支持している」とつぶやいた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f280248baf89f90a72ef5eeaef67b75092ffd264

やるもやらないも個人の自由だわ・・・

【【同調圧力】レース前に人種差別に対し一斉抗議も6人が膝をつかず、ルイス・ハミルトンは不満も】の続きを読む

f1_car

1: News茶畑がお送りします 2020/06/30(火) 06:06:33.99
メルセデスF1チームが、人種差別と不平等に反対し、自身のチームとF1の多様性をさらに向上させることを誓い、その表明として、2020年シーズンのマシンをオールブラックのカラーリングに変更することを発表した。

 黒人に対する差別撤廃を訴える活動『Black Lives Matter』が勢いを増すなか、F1も先週、不平等や人種差別への反対運動、COVID-19との戦いを含む、F1における重要な問題に取り組むための『#WeRaceAsOne』キャンペーンを立ち上げた。

 F1での唯一の黒人ドライバー、ルイス・ハミルトンを擁するメルセデスチームは、6月29日、あらゆる形態の人種差別および不平等に反対し、チームとF1の多様性をさらに向上させることを誓い、そのしるしとしてW11のベースをオールブラックに塗り替えることを明らかにした。メルセデスのマシンは伝統的に“シルバーアロー”という呼称で知られ、ベースカラーには銀色が使用されてきた。

 メルセデスチームでは、マイノリティが全従業員の3パーセント、女性が12パーセントにとどまっているということで、この多様性の欠如から、新たなアプローチが必要なことは明らかであると、チームは述べている。

 マシンだけでなくハミルトンとバルテリ・ボッタスのレーシングスーツもブラックに変わり、それに伴いふたりのヘルメットデザインも変更されるということだ。

投稿日: 2020.06.29 22:24
更新日: 2020.06.29 22:25
https://www.as-web.jp/f1/595324?all
no title


【メルセデスF1、人種差別反対と多様性向上を表明し、シルバーアローをブラックに一新 ← かっこいいけど違う気がする・・・】の続きを読む

このページのトップヘ