AKB48

1: News茶畑がお送りします 2020/01/21(火) 13:42:41.78
「乃木坂もAKB48の姉妹グループで、同じ秋元康さんの総合プロデュースなのですけれど、方向性はまるで違います。
AKB48が『会いに行ける身近なアイドル』ならば、乃木坂のコンセプトは高根の花。


ファンの人気投票を反映させる総選挙もないし握手会もやらない。
ファンには文字通り、手の届かないミューズ、憧れの存在として認知されていたのです」と、スポーツ紙芸能デスクはこう続ける。

「あっちゃん(前田敦子)のAKB卒業発表があったのは、2012年のこと。あのあたりから、隣のアイドル時代から、
坂道グループによる清純派美少女路線が主流になっていった。まいやん(白石)は乃木坂のみならず、
今のムーブメントの象徴的存在なのですから、今回の卒業発表で、また何か大きな転換点を迎えたようにも見えます」

アイドル卒業後も白石は芸能活動を続けるという。

ちなみに、スキャンダルの数々にまみれたAKB48の面々とは違い、白石は乃木坂の8年間スキャンダルとは無縁の清廉潔白。
AKBを他山の石にした令和新時代のトップアイドルに仕事のオファーが殺到も当然か。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/267843/2
no title

【AKB48が 「会いに行ける身近なアイドル」 ならば、乃木坂のコンセプトは高根の花、握手会もやらない】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/01/20(月) 10:08:23.34
AKB48グループが19日、都内のTOKYO DOME CITY HALLで1月恒例のライブイベント『AKB48グループ リクエストアワー セットリストベスト50 2020』を行い、ファン投票50位→26位までの楽曲をカウントダウン形式で発表し、パフォーマンスした。

宇垣美里似、露出度の高いコスプレ配信でも話題の“ゆうかりん”

昨年12月にグループからの卒業を発表した現役唯一の1期生・峯岸みなみは、着替え時間をつなぐトークコーナー『峯岸の部屋』にも登場。
例年はAKB48の宮崎美穂やキャラの立った48グループの若手メンバーがMCを担当してきたが「今まで担当した若手が毎回炎上したあげく、卒業していくという呪われたこのシリーズ。今回誰がやるのかなと思ったら、卒業する私にやらせとけということらしく、私が担当させていただきます」とつかみで笑わせた。

ゲストを呼び込む際には「みなさんの大注目のあのメンバー。逸材にして要注意人物というウワサの」と前置きし、昨年10月に加入したAKB48チーム8静岡県代表の鈴木優香(19)を招いた。
鈴木は元TBSアナウンサーの宇垣美里似で話題となり、映像配信サービスSHOWROOMでも露出度の高いコスプレ衣装で注目を集めている。

峯岸が「きわどいSHOWROOMをやっているというウワサが耳に入ってきているわけですよ。どういうつもりですか? 露出度が高いらしいですね」と問い詰めると、鈴木は「私、ふだんからそういう服ばっかり着ているので」とあっけらかん。
スタッフから注意されてからは「普通の服を着て配信しています」と弁明したが、峯岸は「参考資料の紙をいただいたけど、4個くらいエッチなコスプレあったよ?」と追及した。

鈴木は「封印しようと思っている」と話したが、男性ファンから「エー」という声が上がると一転、「あ、やります。ギリギリのラインを攻めていきます」と継続宣言。
峯岸は「怒られない程度にね」と助言した。

小学生の頃からAKB48ファンで20代は全部AKB48に捧げるつもりというという鈴木は「AKB48に10年いたいと思っているんですけど、長くいる秘訣があったら知りたいです」と12年在籍している峯岸に質問。
「世間の声は賛否両論あったほうがおもしろいけど、メンバーやスタッフには敵を作らないこと。私もいろいろあったけど、“ゆうなぁ”(村山彩希&岡田奈々)が『いい人です』って言ってくれて成り立ってるようなもんだから」と自虐めかした峯岸は、「あとは港区にはあまり行かない」と週刊誌報道をネタにした助言で笑いをさらった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00000328-oric-ent

『AKB48グループ リクエストアワー』 
宇垣美里似と話題の鈴木優香
no title

鈴木優香と峯岸みなみ
no title


AKB48チーム8 静岡県代表 鈴木優香
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【【AKB48】「宇垣美里アナ似の逸材」鈴木優香(19)、露出度の高いコスプレ配信で大注目!「ギリギリのラインを攻めていきます」】の続きを読む

idol_cd_akusyuken

1: News茶畑がお送りします 2019/12/30(月) 19:49:00.52
2010年代最後の年となった2019年に、『AKB48』が『サステナブル』でオリコンシングル年間ランキング1位を獲得し、前人未到の〝年代制覇〟を達成した。

05年に結成されて以降、コンスタントにCDをリリースし続けてきた「AKB」。10年には『Beginner』が自身初のミリオンヒットと年間1位を獲得し、以降、2019年の『サステナブル』まで、すべての年でシングル年間1位を獲得し続けた。

結果として、10年代のオリコンシングル年間ランキングはすべて「AKB」が首位を獲得し、〝年代制覇〟するという異常事態が発生。さらに、すべての年で1位だけでなく2位も獲得する〝2トップ独占〟のおまけ付きで、これは日本にバブルが訪れた80年代や、J-POPの黄金期とも呼ばれた90年代でも起こらなかった史上初の出来事となった。

今までに見られなかった現象を巻き起こし、まさに〝前人未到〟の快挙を達成した「AKB」。しかし、歴史に残る偉業を成し遂げたにもかかわらず、「腑に落ちない」という声もかなり多く見られている。



「音楽」と呼んで良いものか…
止まらないAKBの快進撃に対して、ネット上では、

《音楽不況の中で、ここまで売れているのはすごい》
《10年間ずっとトップにいるのはヤバ過ぎる…》
《名実ともに10年代を象徴するグループだな》

など、称賛の声が上がっている。一方で、

《音楽業界は本当に終わってしまった…》
《CDじゃなくて握手券売ってるだけじゃん…》
《邦楽はやってはいけないやり方に手を出してしまった》
《接触を売りに敷居を下げまくって芸能界のビジネスモデルまでもダメにしてしまった》
《アコギな商売という意味では歴史初の快挙》
《この記録って何の価値もないっしょっ!》

などといった否定的な意見も、かなり上がっていた。

「『AKB』は00年代から『歌もダンスも大したことない』『恋愛禁止令も形骸化して意味が分からない』『売っているのはCDではなく握手券』といった批判を常に受けていましたが、そういった問題をスルーし続けたまま10年代までも駆け抜けました。また、彼女たちを〝日本を代表するアイドルグループ〟として扱うことに不快感を覚える人も多く、非ファンからは『アジア進出が限界』『間違ってもオリンピックに関わらないでほしいわ』といった声も多数上がっています。結局、大量のシングルを購入しているのは〝握手目当て〟な一部のファン層だけで、一般層は『曲名を見ても、歌詞どころかメロディーすら分からない』といったグーの音も出ない意見が大勢を占めていますよ」(音楽誌ライター)

CDに握手券を付けるという、錬金術のようなビジネス手法を確立した「AKB」。純粋な音楽ファンにとっては悪夢のようだった10年代の快進撃は、果たして20年代も続くのだろうか…。

2019.12.30 10:32
https://myjitsu.jp/archives/103711

【<AKB48>10年連続No.1の大記録に冷めた声…「何の価値もないっしょっ!」】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2019/12/26(木) 12:19:33.42
12月26日(木)発売の『FLASHスペシャル グラビアBEST 新年特大号』(光文社)では、AKB48 チーム8 香川代表の行天優莉奈が登場している。

SHOWROOMの「まいにちアイドル」で、連続配信日数800日の達成記念としてグラビア企画を実施。
2019年で20歳となり大人の魅力が増した“行天ちゃん”の色気あふれるグラビアを披露。

憂いた表情はまさにフォトジェニック。
ニット1枚を身に纏ったセクシーショットに引き込まれること間違いなしだ。

http://news.dwango.jp/gravure/44709-1912

「FLASHスペシャル」グラビアBEST2020新年号 行天優莉奈
no title

no title

no title

no title

no title


AKB48 チーム8香川県代表 行天優莉奈
no title

no title

no title

no title

no title

【AKB48行天優莉奈、「ニット1枚」セクシーショット 色気溢れるむっちり胸元に仰天!】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2019/12/26(木) 10:33:20.10
AKB48の柏木由紀が自身のインスタグラムを更新。見る者の目を釘付けにするようなサービスショットを公開したのだが、ファンからは心配する声が多数寄せられている。


■サービス精神満載の写真

25日、柏木はインスタグラムからミニスカートのサンタコスチュームに身を包んだ写真を公開。両手をあごに添えたキュートなポーズをとっており、チラリと覗いた生脚が魅力的だ。

投稿には「いかがお過ごしでしょう?」「素敵なクリスマスを…」と柏木サンタからのメッセージが綴られている。

View this post on Instagram
. Merry Christmas?? いかがお過ごしでしょう? 素敵なクリスマスを…??? . #クリスマス #サンタコス #アイドルや芸能人の方のこういう更新 #あるあるすぎる #SNSはじめてからイベントごとに勝手に追われている
#お仕事でコスプレありがたい #もうお正月の更新のこと考える #そのあとはバレンタイン #イベントエンドレス #たすけて

A post shared by 柏木由紀(Yuki Kashiwagi) (@yukikashiwagi_official) on Dec 24, 2019 at 8:17pm PST


■柏木の本音は…

ファンにとっては眼福もののショットだが、投稿をよく見るとおびただしい数のハッシュタグが。「#アイドルや芸能人の方のこういう更新」
「#あるあるすぎる」など自虐的なものから「#SNSはじめてからイベントごとに勝手に追われている」といった心の悲鳴がハッシュタグ化されている。

イベント毎に様々な衣装姿をアップすることを「#イベントエンドレス」と表現し、自身の気持ちを「#たすけて」というハッシュタグに込めていた。

■ファンからの声は…

柏木のサービスショットに対し、ファンからは「ゆきりんのサンタコス最高です!」「素晴らしいクリスマスプレゼント!」など喜びの声が多数上がっている。

一方でハッシュタグの内容を心配するファンも決して少なくはなく、「大丈夫…?」「あまり無理しないで!」といったコメントも寄せられていた。

■芸能人とSNS

過激な発言をして炎上するケースもあれば、柏木のように更新頻度に苦悩するケースもあるのがSNS。しらべぇ編集部では全国20~60代の男女1,336名を対象として、「有名人のSNS」に関する調査を行なった。

調査の結果、「有名人はSNSを利用しないほうが良いと思う」と回答した人は全体の35.3%と判明。有名人のSNS利用に否定的な人は一定数いるようだ。

ファンサービスもアイドルの仕事の内かもしれないが、無理をしすぎぬよう気をつけてほしい。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162224769/
2019年12月25日 19時15分 しらべぇ

no title

【柏木由紀(28)、ミニスカサンタ姿を披露するも「大丈夫…?」と心配の声】の続きを読む

このページのトップヘ