yuenchi_merry_go_round

1: News茶畑がお送りします 2020/08/31(月) 10:32:51.14 BE:788192358-2BP(9000)
8月31日に閉園する東京都練馬区の老舗遊園地「としまえん」。94年の歴史がある園は、長年勤めてきたスタッフにとってもたくさんの思い出が詰まっています。「いろいろな思いが駆け巡り、感情がうまく言い表せない」。こう話す佐藤誠さん(60)は就職以来36年間、乗り物のメンテナンスを手がけてきました。「最後に一目」と訪れる人たちのため、プロの仕事で園を支え続けています。(朝日新聞記者・中井なつみ)


想像しなかった進路
ギー、ギー。木製の部品がこすれる音に耳を澄ませ、異常がないことを確認する。ずっと続けてきた点検の総仕上げだ。

大学の機械工学科を卒業し、園を運営する豊島園に就職した。「怖がりで、乗り物が苦手だった」という幼少期の思い出からは、遊園地は想像もしていなかった進路だった。

いざ現場に出てみると、特徴や仕組みの違うさまざまな乗り物に出会い、魅了された。「飛行機もあれば、車も船もあるような現場。ひとつひとつ違う乗り物をメンテナンスするのは、大変だけれど、良い経験をさせてもらっていたと思っています」

としまえん閉園「まだ受け止めきれない」 36年整備してきた職人の思い「エルドラドは、まだまだ動ける」
8/30(日) 7:02
https://news.yahoo.co.jp/articles/b0a3620a0784ca0bcbadea38af6ff38a8fe09f9d

【としまえん、今日(31日)で閉園】の続きを読む