野村萬斎

1: News茶畑がお送りします 2020/03/17(火) 11:41:43.95 ID:9vsYpyKg9
白ワンピが似合うこの写真は、大学3年生だった野村彩也子クン(22)がイベントに参加した際のひとコマ。その美貌には、父の面影が――。

「彩也子さんが、狂言師・野村萬斎さんの愛娘として知られるようになったのは、2019年のCM出演がきっかけ。父、弟さんと家族3人で共演し、評判を呼びました」(芸能関係者)

在学中はミス慶應SFC、読者モデルとして活躍。卒業後の進路に注目が集まっていたが、4月からTBSのアナウンサーになるという。

「内定後、アナウンス部は『日本語の発音が完璧で、考え方もしっかりしている』と、べた褒めでした」(TBS関係者)

進路の陰に父のすすめも?

「萬斎さんはTBS製作の映画『のぼうの城』『七つの会議』に主演したり、番組のナレーションを担当するなど、ご縁がありますからね」(同前)

TBSは本誌の取材に、「まだ内定段階ですので、(内定が事実かについては)申し上げておりません」と回答した。

父譲りの麗しい美声が待ち遠しい。


【【TBS】アナウンサーに内定の野村萬斎の娘・彩也子さん、アナウンス部べた褒め「日本語の発音が完璧で、考え方もしっかりしている」】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/03/16(月) 08:36:00.57 ID:0UMtpukL9
 狂言師の野村萬斎(53)の長女、野村彩也子さん(22)が4月1日付でTBSにアナウンサーとして入社することが15日、分かった。

 彩也子さんは慶大環境情報学部出身。2018年には学部のある湘南藤沢キャンパス(SFC)の女子学生から選ぶ「ミス慶応SFCコンテスト」でグランプリを受賞した。
幼稚園から高校までを女子校で過ごし、清純な雰囲気漂うルックスはネット上で話題を呼んでいた。

 得意科目は英語と数学で、英国のオックスフォード大、米国のウィリアムアンドメアリー大への留学も経験。広い知見を養った。ゼミではSNSやインスタグラムについて研究する“イマドキ女子”の顔も。趣味はサッカー観戦。18年のW杯ロシア大会は全試合を見たという。

 昨年1月には父・萬斎と弟で狂言師の裕基(20)とともに、自宅開放型学習教室「KUMON」のCMに出演。初体験のCM撮影について当時「最初は手が震えてしまうほど緊張した」と話していた。「父と弟が和ませてくれたので無事に演技ができました」と明るい笑顔で、家族の絆を強調していた。

 父・萬斎は2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式で、演出、企画を手掛けるチームを統括する「チーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター」を務める。
彩也子さんはアナウンサーとして開閉会式を伝える可能性もある。“父娘共演”が実現するのかにも注目が集まる。

 ◆野村 彩也子(のむら・さやこ)1997年(平9)9月25日生まれ、東京都出身の22歳。慶大ではサッカーサークルに所属。好きな女性有名人はフリーアナウンサーの大橋未歩。
得意料理は肉じゃが、シチュー、オムライス。理想の結婚相手は大事にしてくれる人。1メートル61。血液型B。

スポニチ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-00000004-spnannex-ent
no title

【野村萬斎長女・彩也子さんがTBSアナウンサーに 「KUMON」のCMでは父子共演】の続きを読む

このページのトップヘ