芸能人

baby_sango_utsu

1: News茶畑がお送りします 2020/09/28(月) 09:23:37.17
 今年に入って、いわゆる芸能人の自殺が目立っている。

 つい先日までの猛暑が嘘のように涼しさを増した9月最後の日曜日の朝に、メディアが一斉に速報したのは、女優の竹内結子の自殺だった。報道によると、27日未明に渋谷区の自宅マンションのクローゼット内でぐったりしているところを夫が見つけ、119番通報した。首つり自殺を図ったと見られている。40歳だった。

 その2週間前の9月14日には、女優の芦名星が新宿区の自宅マンションで自殺。36歳だった。視聴率を稼ぎ、20年近く放送の続くテレビドラマ『相棒』シリーズに準レギュラーで出演もしていた。

 さらにその2カ月前。7月18日には、俳優の三浦春馬が30歳の若さで自ら命を絶っている。やはり今月20日に都内の自宅で自殺した俳優の藤木孝(享年80歳)と芦名と過去にドラマで共演していたことや、竹内と映画での共演もあったことから、そこに奇妙な因果関係を見出したがる報道もある。

 さらに遡れば、フジテレビの番組『テラスハウス』に出演していた22歳の女子プロレスラーの木村花が、5月23日に自殺している。正式な発表はないが、同番組での出演者とのやりとりを巡るSNS上での誹謗中傷が原因であるとされ、今月になってBPO(放送倫理・番組向上機構)の審理入りが決まった。

 華やかに映る芸能界の裏側で、みんななにかに悩んでいた。そのギャップに多くの一般視聴者は驚き、そこに“心の闇”があった、などと使い古された曖昧な言葉で絡め取って、どこか落ち着かせようとする、そんな記事原稿も少なくない。

 はたまた、新型コロナウイルスの蔓延による影響を説く、いわゆる自殺に関する専門家と呼ばれる連中の声もある。不要不急の外出の自粛が叫ばれ、人との接点も減った。俳優であれば、撮影や舞台の出演も先送りになったり、中止になったりする。ともすれば収入にも影響が及ぶ。いままでと違う日常。それだけでもストレスなのに、親しい人とも疎遠になって、心の内を聞いてもらえることもなくなった。それが自殺に結びついている。そういう見立てだ。

 だが、問題はそんな単純なものはではない。ここに現れているのは、“日本の闇”そのものである。

■ 若者の死因トップが「自殺」である日本

 厚生労働省は今月、昨年2019年の「人口動態統計」を公表している。

 そこで驚かされるのは、15歳から39歳までの死因の第1位がいずれも「自殺」であるとだ。5歳ごとの年齢階級別に表示される死因の順位を見るとわかる。2人に1人がなるとされる「がん」よりも多い。しかも、10歳から14歳まででは、「自殺」が死因の第2位を占め、2017年には同年齢階級の第1位になっている。

 さらには、昨年の統計で40歳から49歳までの死因の第1位は「がん」だが、第2位は「自殺」となる。50歳から54歳まででは「自殺」が第3位、55歳から59歳までで第4位、60歳から64歳までで第5位に位置する。

 国内の日本人の自殺者数は、3万2000人を超えた2003年をピークに、年々減少傾向にある。ところが、20代、30代の死因の第1位が「自殺」である傾向は、もう20年以上変わらないで推移しているのだ。

 こんな国はない。こんなに若者が自ら死を選ぶ国は、先進国といわれるなかでも日本だけだ。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/706aeabe6a0f4da4c6971e9fa0f9d9b31379bc00
no title

【「芸能人の自殺が増えた」本当の理由】の続きを読む

douga_haishin_youtuber

1: News茶畑がお送りします 2020/08/09(日) 00:38:51.81 _USER9
芸能人のYouTuber化が目立つ。それぞれの事情、それぞれの需要によるものだろうが、全体的に漂うのは、都落ち感だ。
本業あるいは本拠地でもっと売れていれば、そこまではしないだろうと感じてしまうのである。


ちなみに、芸能人YouTuberランキング(「週刊朝日7月24日号」)によれば、チャンネル登録者数のトップ3は中田敦彦(オリエンタルラジオ)、江頭2:50、カジサック(キングコング・梶原雄太)。
このクラスの芸人であっても、国内トップ3のHikakin、はじめしゃちょー、フィッシャーズのチャンネル登録者数には遠く及ばない。当然、得られる収入も比較にならないわけだ。


にもかかわらず、YouTuber化する芸能人のなかには、本業でやっていけなくなったためにやむをえず的なパターンも多い。

たとえば、宮迫博之(雨上がり決死隊)は「週刊女性」の取材に「YouTubeを一生懸命やるのは当たり前」としたうえで、
「『テレビに戻らない』っていうのは、周りが勝手に言ってるだけですよ。うちのチーム全員がそこを目指して頑張ってくれている」
と、あくまでテレビ、それも地上波への復帰が「最優先事項」だと主張。そのためのステップであることを明かした。

それでも、こうした取材が来るぶんだけ、TKOの木下隆行よりはマシかもしれない。


ではなぜ、宮迫がテレビに戻りたいのかといえば、YouTubeが「辺境」だからだ。
つまり、彼にとっては「左遷」なのである。いくら新たな娯楽メディアとして持ち上げられようとも、世間の大多数がそこに抱くイメージはまだまだ野蛮な無法地帯というところだろう。

たとえば、フワちゃんというタレントがいる。芸人として世に出ようとしたがパッとせず、YouTubeに活路を見い出してブレイク。
おちゃらけた言動や下品な雰囲気がいかにもYouTuber上がりという気がして、彼女がテレビに出ているとチャンネルを変えるようにしている。これは筆者に限らないようだ。


また最近、YouTube動画での奇抜なパフォーマンスが面白がられて復活した広瀬香美にしても、懐メロ歌手が久々に脚光を浴びてまんざらでもない感じがちょっと痛ましい。
そういえば、昨年「あさイチ」に元SMAPの草彅剛が出演した際、彼のYouTube動画も紹介された。が、どうしてもふざけた印象が伝わってしまうため、朝のNHKにはそぐわないと感じたものだ。

もっといえば、へずまりゅうのような迷惑系YouTuberという存在もいる。逮捕されたあげく、コロナ感染まで拡大してしまった。
ともすれば、犯罪的なイメージまで連想させてしまうあたりが「辺境」たるゆえんだ。


■ぶっちゃけトークも多少の間違いも、YouTubeだからいいじゃない!

しかし、辺境にはそこならではの価値もある。それゆえ、新しいことにも挑戦できるし、これまでになかった面白さも生まれるからだ。
ただ、リスクもともなうため、分別のある大人は自分の子供がYouTuberになりたいなどと言い出したらいやな顔をする。

一方、子供たちはそのリスクもそれなりにわかったうえで憧れるわけだ。その成功モデルはあくまで、Hikakinのような専業YouTuberである。

そう、YouTubeはそんな未来ある勇敢な若者にこそ似合う場所。
本業でしくじったり、行き詰まった芸能人がいい歳して、参入する場所ではないのだ。

そういう人が参入しているのを見ると、いまどきの遊びに興じている若者グループにオジサンオバサンがまじっちゃっているようで、つらい。
なんというか、昔のラジオのDJの感覚でクラブDJをやっちゃっているようなズレを感じるのである。
しかも、下手をしたら自分のほうがいけているはずと勘違いしてるケースすらある。

キャラクターがYouTuber向きだと一部で言われている手越祐也(元NEWS)などもちょっと心配だ。


動画ではファンの質問に答えるかたちで「(パンツの色は)迷彩」「(初体験は)シックスティーン」などとぶっちゃけまくり。
以前、犯罪者との写真がネットに流出した件についてもこう、ネタにしてみせた。
「金塊強盗犯と仮に写真撮ったとして、その人が5~6年後に金盗みましたって。写真撮った俺、何も悪くないぜ? そのとき芸能界はもういいやって思った」


続きはソース先で

手越祐也に広瀬香美、宮迫、木下、中田。都落ち感漂う芸能人のYouTuber化を考える

https://news.yahoo.co.jp/articles/129ca7a132433502e2c3794b98827e72f24e51c2?page=1

【手越祐也に広瀬香美、宮迫博之、TKO木下、オリラジ中田… 都落ち感漂う芸能人のYouTuber化を考える】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/16(土) 12:57:37.81
検察庁法改正に抗議する芸能人

Twitter上で「#検察庁法改正に抗議します」という投稿が数百万に及んだ。小泉今日子さんや「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんという不思議な名前の人など芸能人が大勢参加 したという。

検察庁法改正については細かく触れないが、3月に閣議決定された時には野党や一部メディアは騒いだものの、芸能界からは声はほとんど上がらなかった。
確かに芸能人に直接関係ないし、かなりマイナーな話題なので、なぜ今になってこのような声が上がるのか不思議に思っていた。

今回多くの有名人が Twitterに投稿したのはどうも不自然だということで、仕掛け人がいるのではないかという疑惑が持ち上がった。
で、その仕掛け人候補の一人に名前が挙がっていたラサール石井さんがフジテレビの番組に出て面白いことを言った(ラサールさんは仕掛け人であることを否定)。

「今みんなコロナのこの状態に怒っていると思う。政府にもっとちゃんとしてくれよという気持ちがあると思う。補償もしてくれよとか。その怒りに火をつけた。」
ラサールさんはこう言っている。

新型コロナへの八つ当たりなのか?

確かに芸能界の仕事は減っている。生活に困っている人もいるだろう。ということはコロナで参っているから政権に八つ当たりしているということなのか?
そう言えば思い当たることがあった。

月曜に出たフジテレビの世論調査によると、新型コロナへの政府の対応について、「緊急事態の延長」は81%、「国民一律10万円給付」については74%が評価。

さらに段階的な学校の再開方針についても59%が賛成するなど個別の対応は評価しているのに、「政府の対応は」と改めて聞くと、なんと「評価しない」が 57%にも上るのだ。 これは不思議な数字だった。

どうやら国民は個別の政府の対応には一応納得しながらも、今後の経済に強い不安を感じ、自粛生活にはうんざりし、感染には脅えている。楽しいことは何もない。だから政府に対する怒りの気持ちが強くなるのではないか。

意見をはっきり言わねば!

だったら検察庁法改正に対する抗議はただの八つ当たりなのかもしれない。ただ八つ当たりでも意見は意見だ。ちゃんと言った方がいい。

「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんが「ファン同士で喧嘩するのは嫌だなぁ」と言って投稿を削除したのは残念だった。
ネット上では「何もわからない芸能人が政権に抗議とか気楽に言ってかっこつけるな」という声が大きく、そういう人たちの思うツボだからだ。

自分で意思表明する以上は「八つ当たりではありません」とはっきり言わねばならないと思う。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200513-00010000-houdoukvq-pol
fake_news_bikkuri

【芸能人の検察庁法改正抗議の投稿は「新型コロナ対策への八つ当たり」 ← 首謀者特定してよwww】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/11(月) 20:00:34.88
会員制交流サイト(SNS)のツイッターで9~10日にかけ、俳優やタレントなどの著名人が
「 #検察庁法改正案に抗議します 」と相次いでツイートしました。

歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんも投稿した一人でしたが、間もなく削除。
その理由を「ファン同士での意見が割れて悲しくなり」と説明していますが、

ツイッター上では「勇気ある行動」と賛同する声の一方で、

「イメージが壊れる」「影響力があることを自覚して」「政治的発言は勉強してからにして」などの批判が寄せられていました。

芸能人が政治的意見を発信することについて、みなさんはどう考えますか?

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/607380/
bluebird_baka

【芸能人の政治的発言、どう思う?】の続きを読む

暇人というより一種の病気だと思うわ、正常な人間は暇でも必要なまでに粘着したりしないからねwww



1: News茶畑がお送りします 2020/02/17(月) 19:29:39.40
インターネットが普及したことで、芸能人やミュージシャン、漫画家ら有名人のアンチを目にする機会が増えた。アンチを見ていると、思わず「なんでこんな熱心に他人を叩けるんだろう」「労力をもっと自分のために使えばいいのに」と考えてしまう人も多いのではないだろうか。

ガールズちゃんねるに2月上旬、「アンチの心理」というトピックを立てたトピ主もその一人だ。「そんなに嫌いなら放っておけばお互い嫌な思いしなくてすむのになんで構うんだろう?」と疑問を綴った。(文:石川祐介)

■「誰かに見てほしい。構ってほしい。だからネットでわいてくる」

 「暇人なんだろうね。もっと他にやることないの?って思っちゃう」
 「アンチって『暇人だな?』って思う。本当に心の底から嫌いだったらまずトピックとか開かないし、一周回って好きなんじゃないかって思う」

アンチには暇人が多いという指摘が多く見られた。確かに時間に追われていれば、わざわざ好きじゃない有名人の情報を得ようとはしないし、不平不満を持つ機会すらない。"アンチ活動"が趣味になっている人は、ある意味うらやましい生活を送っていると言えそうだ。

また、ほかにも「その人が嫌いというより人を叩くのが趣味なんだよ」と人を攻撃することでストレス発散をしているという意見が見られた。

 「誰かに見てほしい。構ってほしい。だからネットでわいてくる。本人は自分が正論を言ってると信じて疑わない」

自分の価値観とは違った言動を許容できないため、攻撃するケースもあるのかもしれない。また、コメントにあるように自分の発言に誰かが同調してくれることが嬉しく、孤独感を紛らわせるために有名人への攻撃活動を続けている人もいるようだ。

■「コンプレックスが原動力になっている」という指摘も

アンチの心理はそれだけではない。

「自分にないものを相手が持っていて『なんでこいつが!』ってコンプレックス刺激されるとしか思えない」という指摘も。有名人が不倫をした際、ここぞとばかりにアンチが湧くが「自分も不倫をしたい」「異性に好かれたい」というコンプレックスが潜んでいるのだろうか。

 「自分の理想を芸能人に投影して、理想通りの時は熱狂的なファンだけど、少しでも理想から外れると奈落の底まで叩き落とす。叩いて嫌な思いをさせて、相手がまた思い通りになるようにコントロールしようとしてるんだと思う」

有名人を勝手に自分の理想に当てはめ、そこから少しでも外れると怒り狂う、一種の支配欲がアンチにはあるという見方もあった。

何にせよ「やってて虚しくならないのかなって思う」というコメントがあるように、人を攻撃しても自分の生活が豊かになることはないのだが……。

2020年2月17日 18時0分 キャリコネニュース
https://news.livedoor.com/article/detail/17831183/

画像
no title

【芸能人の“アンチ”は一体なにを考えている? 「一周回って好きなんじゃないか」「暇人」】の続きを読む

このページのトップヘ