自民党

question_head_gakuzen_boy

1: News茶畑がお送りします 2020/10/18(日) 11:17:19.53
自民党の石破茂元幹事長が、菅政権への批判を「封印」している。

 安倍政権に対する厳しい姿勢が、先の党総裁選で国会議員の支持低迷につながったとみて、路線転換を図った格好だ。

 「日本学術会議については、日本学術会議法がある。原典に当たることが大事だ」。菅義偉首相が学術会議の会員候補6人を任命しなかった問題をめぐり、石破氏は15日の石破派会合でこう言及したものの、明確な政権批判は避けたという。

 石破氏が総裁選で獲得した国会議員票は26票。出馬した3候補の中で最下位に沈んだ。主要派閥の支持を得られなかっただけでなく、退陣する安倍晋三前首相を批判するかのような発言を討論会などで繰り返し、党内の不興を買ったとの見方がもっぱらだ。

 石破氏は総裁選後、同派の所属議員と個別に面会し、今後の対応を協議。「後ろから文句を言うようなことはやめた方がいい」との意見が寄せられたことから、「イメージチェンジ」に踏み切ったとみられる。

 実際、10日のインターネット番組では、菅政権を支える姿勢を強調した上で、「『何でも反対』ならみんながっかりするし、同志の皆さんに申し訳ない」と明言。一方、学術会議問題を問われても、「何でこの人が駄目なのかが分からないと、次の人を任命しようがない」と、説明責任の重要性を指摘するにとどめた。

 ただ、石破氏はこれまで、安倍氏への対抗軸を示すことで存在感を発揮してきただけに、埋没を懸念する声も根強い。同派関係者は「首相官邸に具体的な提言を持っていくなどしてほしい」と発信力の維持に努めるよう求めた。 

10/18(日) 7:22
https://news.yahoo.co.jp/articles/9b82e8a166d43d324fa7f0bb17186b4759ff7823

【「総理の批判をしていたら支持なくなった」石破氏、菅批判を「封印」 議員支持獲得へ路線転換】の続きを読む

nanchou_ojiisan

1: News茶畑がお送りします 2020/09/15(火) 09:28:21.16 ● BE:825888994-BRZ(11000)
菅自民総裁、看板倒れ憂慮も 識者

「この勝ち方は危うい」。
そう話すのは自民党政治に関する著作も多い一橋大の中北浩爾教授(日本政治史)。
「石破氏をつぶすため誰かの意向が働いたのではないか」と推測し、派閥の力学が強く
作用した選挙戦だったと振り返った。

鳥取県知事や総務相を務めた片山善博早稲田大大学院教授も「勝ちすぎ」と指摘。
「勝ち馬に乗ろうとする意識が強く働いたからでは」と分析する。
「官僚の息苦しさはさらに続くだろう」と憂慮した。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/39488c6e3954742552cb8771b6d2238ec97ba626

【パヨクさん「菅は勝ちすぎ 国民無視」という謎理論を展開 ← 見苦しい永遠の敗者wwww】の続きを読む

seiji_souridaijin

1: News茶畑がお送りします 2020/07/29(水) 13:01:06.71 ● BE:271912485-2BP(2000)
 かつて田中角栄が主として居座っていた部屋を、令和のいま占拠する男・二階。安倍政権が行き詰まりを見せ始める中、二階の意中にある「次」とは誰なのか。発売中の『週刊現代』が独占インタビューを掲載している。

「安倍4選」でもいいよ

 「いやあ、ご苦労さん。マスクしているヒマがないくらい忙しいんだ。ワハハハ」

 永田町の自民党本部4階。その深奥部に、幹事長室はある。曇りガラスの仕切り、重厚なドア、それらをいくつも越えた先に、現在の政界で「妖怪」と畏怖される男が座していた。

 自民党幹事長・二階俊博。地元・和歌山名物のパンダにどことなく似た風貌の老人は、この秋、あの田中角栄を抜き、幹事長としての在任期間が歴代1位となる。

 二階の座る椅子の横の壁には、「総力結集」と大書された額が飾ってある。それはかつて、角栄が唱えたスローガンだという。


 「あなたの政治上の師・角栄元首相の言葉だから展示しているのか?」

 二階にそう問うと、

 「ああ? 前からあるからそのままにしているだけだよ」

 などと韜晦した。

 何を考えているか分からない。思考が読めない。故に、周囲が憶測をし、忖度して、二階の思う壺にはまっていく。

 「魔術」の片鱗を感じさせながら、二階は本誌にその「腹の内」を徐々に明かし始めた。

 ――安倍晋三政権は8年の長期政権となった。いったい何が評価されていると考えるか。

 「まず、安倍総理の人格でしょう。人間性が優れておる。それから全般の政策です。それが広く、国会議員のみならず多くの党員にご支持をいただいている。まあ人物もそうですが、外見からしても親しみやすい、そういう人だと思います」

 安倍総理をべた褒め。ただし目が笑っているようには見えないため、本心は窺い知れない。

 ――安倍総理の前の自民党総理というと麻生太郎財務相になるが、麻生氏とはどう違うのか。

 「他の人と比べるのは失礼でしょうが(凄む)」

 ――安倍総理は現在、自民党総裁を3期務めている。4選もありうると思っているか。

 「それは、『万機公論に決すべし』というもの。十分に検討して、党員の皆さんがその方向がいいということになれば、自ずとそこに到達する」

 ――幹事長自身は、4選も是という立場か。

 「そら、我々はいま安倍総理にお仕えしているわけです。『この人が4選でも5選でもいい』という気持ちがなかったら務まりませんよ」

 少なくとも、二階にとって安倍は「やりやすい」相手であるらしい。

続く
https://news.yahoo.co.jp/articles/7c3813c4ebe3b61eaab9619317d08ed8056fb10e

【自民党の二階氏「安倍総理が4選でも5選でもいい、それくらいに人間性と政策全般が優れている」 ← パヨさん、どうすんのwww】の続きを読む

sagishi_man

1: News茶畑がお送りします 2020/06/23(火) 06:55:53.65 ● BE:201615239-2BP(2000)
 国民民主党の大塚耕平参院議員会長は22日のBS―TBS番組で、政権交代を実現するため、立憲民主党や日本維新の会など野党内の勢力結集だけでなく、安倍政権と距離を置く自民党の石破茂元幹事長らと組むことが「理想的な形だ」との認識を示した。

立憲の福山哲郎幹事長も同番組で、石破氏について「考え方は非常に近い」と語った。 

https://news.infoseek.co.jp/article/200622jijiX545/

【自民・石破氏との連携「理想的」=国民・大塚氏 立憲・福山氏も「考え方は非常に近い」 ← 離党はよwwww】の続きを読む

pose_ng_woman

1: News茶畑がお送りします 2020/06/20(土) 16:10:22.18
「批判」する奴は「陰キャ」

そしてもう一点重大なのは、若者たちにとって「批判」の捉え方が、一般的な理解とはまったく違うということだ。

先ほど、若者の目には安倍総理が「かわいいおじさん」として映っていることを指摘した。
そんな「かわいい存在」である安倍総理に対して、「あべしね」などと罵声を浴びせるような文化人・知識人が支持する(むしろ自民党よりも若者に優しいかもしれない)野党に、若者たちがなびかないのも無理はない。

自民党や安倍政権に批判的な中高年層(とりわけインテリとされる高学歴な人びと)にとって、「批判すること」とは、よりよい方策や建設的な結論を導出するために必要不可欠な営みだろう(もっともネット上では、「批判」と称してほとんど悪口や人格攻撃に終始している人も珍しくはないが)。
批判という行為自体はあくまで価値中立的であり、だれでもその権利を持っているというのが、社会一般の常識にかなった「批判」についての理解である。

一方、若者たちはそうは考えない。「批判ばっかりする奴はウザい」などと考えている。

これは政治に限った話ではない。そもそも、「なにかを懸命に頑張って取り組んでいる人」に対して、やたらに批判的な言動をとる人は、「足を引っ張る人」「文句ばかり言う人」「和を乱す人」――つまり、いわゆる「陰キャ」なのである。

「偉い人」なのに「かわいくて」「親しみやすい」安倍総理を、しばしば口汚く攻撃する野党や知識人・文化人たちは、彼らにはみな「陰キャ」で「かわいくない」ものとして映っている。

「批判なき政治」が意味すること
そのことを象徴する出来事が、いまから3年前にあった。元タレントで現在は自民党参議院議員の今井絵理子氏が、ツイッターに「今日から都議会議員選挙が始まります!『批判なき選挙、批判なき政治』を目指して、子どもたちに堂々と胸を張って見せられるような選挙応援をします」*5と書き、メディアやSNSで非難の嵐が巻き起こったのだ。

その当時に散見された「国民の『批判』にきちんと応えるのが政治だろう!」「批判をするな=独裁を認めろという意味か!?」といった知識人の反応こそ、彼らの目が届かない世界で「批判」という行為がどのようにとらえられているのか、まったく理解できていないことを端的に示していた。

今井議員が発した「批判のない政治」というのは、この発言に憤りを覚えた人びとが考えたような「(安倍)独裁政治を擁護する」ニュアンスの言葉ではない。
「やることなすことにいちいち批判したり文句言ったりしてくるような陰キャが湧いてこないスタイルでやっていくんでよろしく!」といった意味合いの言明だったのだ。

若者たちにとって、「批判」とは建設的で価値中立的な営みではない。攻撃性や陰湿さといった、ネガティブなニュアンスをともなうワードなのである。

若者たちの視点からは、安倍総理は他人の批判をせず、粛々と政策を実行する側であり(政権与党のトップなのだから当然そうなるのだが)、
野党はそれにゴチャゴチャと外野から「批判」をぶつける人びととして観測される。
若者にとってどちらが「自分たちに親しい側の人間」に見えるかは、想像に難くない
(例外的に都市部の高学歴層の若者では、立憲民主党などのリベラル政党を支持する割合が多いといわれる。それでも総じて、18~29歳の立憲民主党支持率は他の年代と比べて低い)。

抜粋
全文はソースで
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/73403

関連ソース
「朝日ぎらい」な人々が世界各国で急増している理由(橘 玲)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56469

【なぜ若者は、それでも「安倍晋三」を支持するのか? ← パヨさん、発狂案件wwwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ