自己破産

pose_lose_boy


1: News茶畑がお送りします 2020/10/18(日) 11:23:13.02 ● BE:928139305-2BP(2000)
そもそも奨学金とほかのローンは「返済能力がわからないときに借りる」点で大きく異なる。学生時代に多額の奨学金を受けても、将来それに見合った収入が得られる職につけるとは限らない。

「そのため、ほかのローンよりも柔軟な返済制度や救済策が揃っていなければならないのに、現状まったく仕組みができていない」と語るのは、弁護士の岩重佳治氏だ。

「返済期間を猶予する措置はあるものの、条件が年収300万円以下延滞があると利用を制限されるなど、適用はかなり限定的。返済額や延滞金を減額できる制度もこの調子で、要件が複雑かつ厳しい。
背景にあるのは、’00年代以降、奨学金事業を手がける日本学生支援機構が回収強化策に乗り出したことです。

延滞3か月でブラックリストに登録、延滞4か月に債権回収会社に回収を委託、法的措置を取る段階も延滞9か月に早められました。『延滞があると猶予が制限される』といった扱いも、規則ではなくその時々の運用によって適用されています」 金融事業としての色合いを年々濃くしていった結果、今や奨学金は未来ある若者への投資でなく、ただの借金だ。

その一方、受給者は増え続けている。 文部科学省の「学校基本調査」による、大学初年度納付金と奨学金受給率の推移では’80年代から’90年代にかけて20%台だった奨学金受給率。

学費の高騰に比例して奨学金受給者も年々増加。’10年代からは50%前後で推移しています。制度が変わらなければ、今後も奨学金で破綻する人が続出するのは想像に難くありません
https://news.livedoor.com/article/detail/19074764/

【奨学金で自己破産 多額の奨学金を受けても、それに見合った収入が得られる職につける保証はない】の続きを読む

pose_atama_kakaeru_woman_money

1: News茶畑がお送りします 2020/06/24(水) 07:37:18.25
新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されてもなお、世の中はまだ憂鬱なムードが続いている。

そんな状況の時こそ、エンターテインメントが果たす役割は大きいはずなのだが、そもそも芸能界がかつてないほどのダメージを受けている。

「コンサートや舞台、スポーツなどのライブエンタメ市場は中止や延期を余儀なくされました。来年1月までの1年間に受ける損失について、チケットなどの販売を行う『ぴあ』によれば、推計で6900億円に上り、年間市場規模の77%が失われという調査結果も。今後も入場者数の制限などの影響が続くことから、市場が完全に回復するにはまだまだ時間がかかるでしょう」(スポーツ紙記者)

このコロナ禍での暮らしについて、エンタメ業界に携わる人から話を聞いた。その現場は、私たちの想像以上に混乱している。将来に不安を抱える人もいれば、新たな活動の仕方を見つけた人もいるようだ――。

◆「契約書がないから仕事の激減が証明できなくて…」

笠井さん(=仮名/50代)は、企業の宴会やデパート、定期的に行われる寄席などでの営業を中心に活動する芸人である。芸歴40年のベテランでもある笠井さんにも、コロナショックは襲い掛かった。生活資金の見通しが立たず、不安な日々を過ごしているという。

「3月末から寄席がなくなり、同時期に営業活動も軒並み中止になりました。寄席は稼ぐためではなく、腕磨きのために出演しているので、生活的には問題ないのですが、デパートや宴会などで生計を立てていたので、呼ばれなくなったのがいちばん手痛いですね。

実際問題、当面の間、収入はゼロになりますし、政府の助成金をもらえるかどうかもわからないんです。芸人は仕事を引き受けるとき、契約書を交わさずに電話一本で決めることが多いんです。そのため、どれだけ仕事が減ったかを証明することが難しいですね。私の場合は貯金もないので、最近は自己破産したいという考えが頭をよぎります。生活保護を受けられるなら、今すぐにでも受けたいです。

今後、仕事が入ってくるのは、半年から1年後だと思います。企業が宴会などを開く余裕を持てるようにならないと、そもそも芸事をお願いされることはないからです。なので、これから先、長い辛抱が続くことになります」

◆「毎日もやし。自分でイベントを主催するしかない」

大野さん(=仮名/30代)は、テレビやネット番組出演、イベント司会など、幅広く活動しているフリーアナウンサーである。地方局出身の大野さんは、都内で地道に実績を積んで、ようやく多方面から仕事をもらえるようになっていた。そんな時に、コロナで仕事が激減し、先が見えず、生活が困窮しているという。

「フリーアナウンサーの稼ぎの中心は、結婚式や企業のイベントなどの司会業。ギャラが1本10万円~20万円なので、めっちゃ稼げるんです。ただ、昨年4月には5本あったそういったイベントが、今年はゼロ。家賃を払えなくなるぐらい困窮しています。毎食もやしを食べていますがそれでも半年持つかどうか。今まで通りの食事をしたら、2か月も持たなくなるでしょう。

地方局で担当していたラジオ番組も、“東京は感染者数が多いから、地方まで来ないでほしい”ということで、なくなっています。最近ではこのまま仕事がほぼゼロの状態が続くのは不安なので、YouTubeで動画を配信したり、オンライン結婚式を主催したりして、自分でアナウンサーの仕事を作っています。そうでもしないと、稼ぐ場所がなくなってしまうと焦る気持ちしかないですね」


https://news.yahoo.co.jp/articles/4b6ef2ac89ec806f58710d7a29c2898f54f89063
6/24(水) 7:02配信

【自己破産も視野…芸能界「ウィズコロナ」に苦しむ人たちの苦悩】の続きを読む

このページのトップヘ