綾瀬はるか

30半ばでも老けた感じ全くしないのがすばらしいな

1: News茶畑がお送りします 2020/01/23(木) 14:52:42.59
女優・綾瀬はるかの「世界を食べる」フォトブック第2弾「ハルカノイセカイ 02」ハワイ編が、1月31日にリリースされる。
同書の表紙では、セクシーな水着姿を披露し、反響を集めている。


綾瀬はるか、「ハルカノイセカイ 02」ハワイ編
同書は、日本を代表するフォトグラファーが世界10地域で食べて、食べて、食べまくる綾瀬の姿を撮影し、数年にわたり10冊刊行する同TRAVEL&FOOD PHOTO BOOKシリーズ。
第2弾は写真家・ND CHOW氏を迎え、ハワイにて撮影された。

綾瀬はるか、谷間際立つ水着ショットに反響続出
綾瀬の谷間が際立った水着姿の表紙に、ネット上では「透明感が…!」「かわいすぎる」「スタイル抜群」「セクシー」「絶対買う!」「めっちゃ楽しみ」などの反響が寄せられている。

http://mdpr.jp/news/detail/1945143

綾瀬はるかフォトブック第2弾「ハルカノイセカイ 02」
no title

no title

【綾瀬はるか(34)、ふっくら谷間あらわな水着姿に反響殺到「セクシー」「スタイル抜群」】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/01/06(月) 09:14:18.00
 女優の綾瀬はるか(34)主演のTBS新春ドラマ「義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル」(後9・00)が2日に放送され、平均視聴率は16・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが6日、分かった。

 同作は、桜沢鈴氏の同名4コマ漫画を原作に、バリバリのキャリアウーマン・亜希子と、結婚相手・良一の連れ子である娘・みゆきとの日常を描く物語。
昨年7月期の連続ドラマでは義母と娘がともに成長する10年間が描かれ、最終回で自己最高の平均視聴率19・2%を記録し、期間平均も14・2%と高い数字を残した。

 スペシャル版は連続ドラマの1年後が舞台。上白石萌歌(19)、佐藤健(30)らキャストが再び集結し、他界した良一役の竹野内豊(49)も出演した。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000142-spnannex-ent
no title

【【視聴率】綾瀬はるか主演「ぎぼむす」SP 平均視聴率は16・0% 連ドラの1年後が舞台】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/01/04(土) 03:47:32.38
令和初となる大みそか恒例の「第70回NHK紅白歌合戦」が昨年12月31日、東京・渋谷のNHKホールで行われ、白組が勝利。
紅組司会をつとめた女優の綾瀬はるか(34)は、
「残念ですが、素晴らしいアーティストの皆さんの歌で、胸がいっぱいです。最高の年越しになりそうです」と頭を下げた。

「リハの時点からやっぱりあのとんがりオッパイは目の保養になりました。アクションにも取り組んでいることから、大胸筋が発達しているようで、バストが重力に逆らわないまま。
ずっとキープしてほしいものです」(取材したカメラマン)

綾瀬をめぐっては、以前、交際が報じられていた俳優の松坂桃李(31)との極秘交際&電撃婚情報も飛び交ったが、元旦の各スポーツ紙のスクープではその報道はなし。

それどころか、浮いたうわさがないのには、それなりに理由があるようだ。

「番宣で出演した正月番組で明かしましたが、趣味はパジャマ集めなのだとか。
しかも、本人いわく『赤ちゃんが使うタオルみたいな生地』だそうです。
肌触りは抜群でしょうから、ノーブラ健康法を実践していることは容易に想像できます。
となると、男性とのお泊まりや、家に男性が来て行為の後はパジャマを着て練れない事態も。そうなるのが許せないようです」(テレビ関係者)

大河主演&紅白司会をこなしているだけに、ぜひとも“国民の恋人”を目指してほしいものだ。

http://dailynewsonline.jp/article/2141834/
2020.01.03 21:00 週刊実話

no title

no title

【テレビ番組の発言で判明した綾瀬はるか(34)に浮いたうわさがない理由】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/01/01(水) 18:14:25.10
 第70回NHK紅白歌合戦が12月31日、東京・NHKホールで行われ、大団円に終わった。
その盛り上がりを支えたのは、4年ぶり3回目となる紅組司会で女優の綾瀬はるか(34)だった。
司会者としては致命的なミス連発だったにも関わらず、会場はほっこり。
その愛くるしさで新たな司会者の新境地を見いだした。


 司会者と言えば、ミス無く、そつなくこなすイメージがあるが、司会者・綾瀬の場合はその正反対。
何がおこるか分からない綾瀬の司会ぶりを楽しみにしている雰囲気があった。
昨年12月29日、リハーサルの合間に行われた取材会では、総合司会のウッチャンナンチャン・内村光良(55)が
「本番でフタを開けてみないとわからないのが綾瀬さんの魅力」と、まるでハプニングを期待するかのようだった。

 綾瀬本人は同取材で、ノーミスを目指すと笑顔で宣言。
いざ本番が始まると、冒頭のあいさつの「紅組の司会は3回目となりますが」で「紅組の司会めは」と言い間違え。
さらに、GENERATIONSを紹介時、「ジョネレ…」と再び甘噛み。それでも照れ笑いで会場を和ませていた。
SNSでは批判コメントはほとんど見受けられず、もしかしたら視聴者もミスに期待していたのかもしれない。

 また、どんなことにも一生懸命なのも、お茶の間のウケがいいことにつながっている。
紅白歌合戦の企画コントでは、福山雅治のマネなど、売れっ子女優がやるとは思えない程の全力投球。
「コントをやらせていただいて、うれしくて、楽しくて。自分の中ではひそかに一番です」と胸を張っていた。

 歌合戦が終わった直後、報道陣から司会の感想を聞かれると
「今回、紅組は負けたので次は勝ちたい。勝ち負けではないけど、やっぱり悔しいです」。
綾瀬はまた紅白の舞台に戻ってくることを誓っていた。
この何にでも一生懸命な姿勢と愛きょうが、すぐにネットで炎上する令和の時代を生き抜くために必要な司会者力になるのかもしれない。(記者コラム)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200101-01010096-sph-ent
no title

【ミス連発でも愛される紅組司会の綾瀬はるか(34)】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2019/12/24(火) 13:42:05.41
 女優の深田恭子(37)が24日、自身のインスタグラムを更新。サンタクロースの帽子を被った綾瀬はるか(34)との2ショットを公開し、注目を集めている。

 深田は「Christmas Eveになる瞬間をあやちゃん(綾瀬はるかたんをそうよんでいます)と過ごせました」と報告。「もう20年近くのお付き合いだからお喋りがつきなくて思い出話と近況と気がついたらイブを迎えていました」と明かし、「そして可愛くてちゅるちゅるあやちゃんに癒されっぱなしでした」とつづった。

 そして「この時期はサンタさん帽を常備」と帽子を被って笑顔の2ショットを投稿。「今日イブは父のお誕生日」「大好物は湯豆腐だから小さいころからクリスマスは湯豆腐」とも明かし、「皆様が素敵な日を過ごせます様に」とメッセージを送った。

 同じ芸能事務所に所属する2人。フォロワーからは「美人コンビ」「こんなの最強でしょ…」「2人とも可愛すぎる」「凄い贅沢なツーショットですね」「強烈な破壊力」「この組み合わせ最高!!」「なんという奇跡のツーショット」「なんて可愛い笑顔 ありがとう 最高のギフト」など称賛の声が殺到している。


【深田恭子、綾瀬はるかとのサンタ帽2ショットが大反響】の続きを読む

このページのトップヘ