石原さとみ

1: News茶畑がお送りします 2020/03/06(金) 17:09:18.59 ID:acj9mD7U9
女優の石原さとみが出演するビール飲料『金麦』の新CMが〝イヤらしい〟と評判だ。

話題になっているのは、2月29日からオンエアされている2種類のうちの「春の金麦篇」。自転車の荷台に金麦の段ボールと野菜を積んだ石原が、ウキウキを抑えきれない様子で坂道を登っていく。頂上に着くとテンションも最高潮に達し、石原は「よっしゃ!」と坂を下る。早く帰って金麦を飲みたいという高ぶりが、これでもかと伝わってくる映像となっている。

胸の高鳴りを抑えられないようで、CM開始の頭から、いきなり「キャー!」と楽しそうな声を上げながら坂を登る石原。さらに、自転車をこいで息が上がっているため、「はぁ…はぁ…」という声も聞き取れる。

すると、甲高いハイテンションと息切れ気味の声が混ざり、石原は「あっ…んっ…」「あぁーん!」と続けざまに絶叫。まるで〝エクスタシー〟に達したかのような表情と声を見せ、自転車で〝絶頂〟に到達するという何とも意味深な映像になっている。

https://youtu.be/uq9b8SF0AYk



“喘ぎ声”にしか聞こえない!
時間にすれば数秒しかないが、この息の上がった絶叫は相当に生々しいもの。音声だけ聞いていると〝喘ぎ声〟そっくりで、ネット上にも、

《石原さとみの出てる金麦のCMがエロいと思ってる人は他にもいるはず》
《石原さとみの金麦のCM画面見てなかったら喘ぎ声に聞こえるからオススメ》
《金麦の石原さとみのCMが流れるたび何とも言えん空気がお茶の間に走る》
《金麦の石原さとみのCM大丈夫なん?w》
《めちゃくちゃあえいでるっていうか石原さとみは好きなんだけど声がすげぇ気持ち悪くて嫌な気分になる…w》

など、さまざまな反応が見られている。

「『考え過ぎ』と言われるかもしれませんが、金麦がサントリーの製品であることを考えると〝確信犯〟の可能性は高いでしょう。

同社は2017年に『頂(いただき)』という製品を発売し、全国6都市を舞台に、現地で出会った女性と『頂』を飲むというバーチャルデート風のPR動画を公開。しかし、出演するアイドルや女優のセリフが『お酒飲みながらしゃぶるのがうみゃあ』『コックゥ~ん!しちゃった…』などとヒワイな連想をさせるものだったことから炎上し、翌日には公開中止に追い込まれました。同社は〝意図〟を否定していましたが、メインターゲットである男性層を〝エロ〟で釣ろうとしたのは明らか。そもそも『頂』という名前からして意味深ですからね」(WEBメディア編集者)

つい先日には、川口春奈が出演する『シンポテト』のCMも「チ〇ポ テトに聞こえる」と物議を醸したばかり。立て続けに同じような事態が起きたわけだが、いっそのこと「シンポテト」をアテに「金麦」を飲めばオツな晩酌となるかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/2224856/
2020.03.06 07:31 まいじつ
no title

【石原さとみの“喘ぎ声”がお茶の間に…ビール新CM「イヤらしい!」と騒然!】の続きを読む

今、新型コロナウィルスで人混みを避けろって言ってんのに、聖火リレーのリハーサルは止められないって、凄い矛盾だよな・・・



1: News茶畑がお送りします 2020/02/15(土) 14:49:45.35
女優・石原さとみ(33)が15日、都内で東京五輪聖火リレーのリハーサルに参加した。

公式ユニホーム姿で、右手に無灯火のトーチを持ち、本番でも使用される通りを200メートルに渡って、ランニング。
聖火を引き継ぐ次のランナーの元にたどり着くと、トーチを左手に持ち替えて、
右手をクルクル回して差し伸べるポーズ「Hope Lights Our Way」を決めてから、
お互いのトーチを近づける「トーチキス」で締めくくった。
 
「緊張しましたが、楽しくてあっという間。(トーチは)火が着くともう少し重いでしょうが、
片手でも安定してました」とリハ走行を満喫。ランナーは時速6キロが想定されているが、
「高揚してどんどん速く走ってしまい、『速いです』と注意していただきました」と反省した。
 
石原にとっての本番は5月8日。人生観が変わった場所だという長崎県内を走るが、
「1歩1歩を感じながら走れたら、もう少しゆっくり走れると思う」と改善点を見いだしていた。

石原さとみ 都内で聖火リレーリハ「高揚してどんどん早く走ってしまう」
2020.02.15

デイリースポーツ on line
https://www.daily.co.jp/gossip/2020/02/15/0013118199.shtml
笑顔で手を振る石原さとみ=羽村市役所前
no title

no title

no title

no title

no title

no title

【【東京五輪】石原さとみ「高揚してどんどん早く走ってしまう」…聖火リレーのリハーサルに参加】の続きを読む

かわいいからね、アンチに負けずにがんばれwww


1: News茶畑がお送りします 2020/02/07(金) 17:42:25.80
 2月5日、女優の石原さとみ(33)が4月期のフジテレビ系ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』で主演を務めると発表された。

 原作は、荒井ママレ氏の漫画『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』(徳間書店)。
 石原は総合病院の薬剤部で患者の病状や人生と向き合いながら薬を処方する、キャリア8年目の薬剤師を演じる。

 石原が連続ドラマで主演を担うのは、今回で11回目。
 2003年の『てるてる家族』(NHK)に始まり、2006年の『Ns'あおい』(フジテレビ)、2007年の『花嫁とパパ』(フジテレビ)、2010年の『霊能力者 小田霧響子の嘘』(テレビ朝日)、2014年『ディア・シスター』(フジテレビ)、2015年の『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ)、2016年『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ)、2018年の『高嶺の花』(日本テレビ)、『アンナチュラル』(TBSテレビ)、2019年の『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』(TBS)。

 この作品数は、同世代の主役級女優と比べても一歩抜きんでている。

 たとえば綾瀬はるか(34)の連ドラ主演作品は(以下略、続きはソースでご確認下さい)

石原さとみ連ドラ 異例の11回目…起用にあった役作りの執念
女性自身 2/7(金) 16:44
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200207-00010015-jisin-ent
no title

【石原さとみ連ドラ 異例の11回目…起用にあった役作りの執念】の続きを読む

石原さとみはガッキーと違って、毎年ちゃんとドラマの仕事もしている印象があるねwww


1: News茶畑がお送りします 2020/02/05(水) 09:25:08.05
女優石原さとみ(33)が、4月スタートのフジテレビ系連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(木曜午後10時)に薬剤師役で主演することが4日、分かった。これまで国内地上波の連ドラで、薬剤師が主人公になるのは初。石原自身も、初めて挑む役柄となる。


原作は「月刊コミックゼノン」に連載中のコミック。脚本を「ストロベリーナイト」「グランメゾン東京」の黒岩勉氏(46)が担当する。石原が演じるのはキャリア8年目の病院薬剤師・葵みどり。「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある」という信念を持ち、ついつい患者に深入りしてしまいながら、チャームポイントのお団子ヘアを揺らしながら調剤、製剤に奮闘する。

「アンサング」は「ほめられない」という意味。「縁の下の力持ち=アンサングヒーロー」として奮闘する姿を描く、新しい形の医療ドラマ。ドラマで医師や看護師を演じた経験がある石原は、薬剤師について「お薬を渡してくださる方という印象で、どういうお仕事をされているのか具体的には知りませんでした。原作を読んで仕事内容の大変さに驚きました。薬剤師は“薬で命を助ける専門家”なんだと痛感しました」。

薬剤師のユニホームの衣装にはデザインから参加した。友人の薬剤師の「医師と間違われないように徹底している」というアドバイスを受けた石原は「機能的でスタイリッシュながらも、かわいさもあり、自然に身にまとうことができています。医師や看護師との違いを出すことを意識しました」と話している。

石原は18年のTBS系「アンナチュラル」で法医解剖医を演じて話題を呼んだ。薬剤師の役作りについて「患者さんに寄り添う温かさや優しさを持ち、優しさが本当の強さだということが伝わるように演じていきたい」と意気込んでいる。

◆薬剤師 大学の薬学部、もしくは薬科大学で6年間の薬剤師養成課程を修了後、薬剤師国家試験に合格した人のみが就くことができる。国内の薬剤師数は約30万人とされる。

2/5(水) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-02050020-nksports-ent

写真
no title

【<石原さとみ>薬剤師役に挑戦 新しい形の医療ドラマ】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/01/03(金) 18:05:48.25
女優の石原さとみの旅に密着したカンテレ・フジテレビ系「石原さとみのすっぴん旅inギリシャ」(午後2時30分~)が、3日に放送。石原は、自身のコンプレックスやダイエットについて明かした。

2019年1月に放送されたスペイン・バスク地方に続き、今回はオリンピック発祥の地・ギリシャに赴き、歴史や文化を学ぶ4日間の旅に密着した同番組。恒例となった石原の知られざる素顔を知ることができる“すっぴんトーク”も織り交ぜながら、飾らないありのままの素顔に迫りつつ、美しいギリシャの見どころを紹介していく。

番組内では、スタッフが石原にダイエットの経験について質問。石原は、雑誌「anan」の表紙でくびれを見せることが決まり、撮影日までの10日間で生まれて初めてダイエットに励んだことを明かした。

ジムや加圧トレーニング、エステなどに10日間通い詰め、無事ダイエットは成功。表紙の1枚は今でも自身にとってお気に入りのようで、「すごい大事にしてる」と話した。そして、「そこから自分の体とか顔に向き合うようになったかも」と、その撮影が自身のスタイルやビジュアルを見つめ直すきっかけとなったことを振り返った石原。

「唇とか大嫌いだったけど、リップっていうものを覚えて」とコンプレックス克服法を見つけたことを語った。さらに「私が1番好きなパーツがあって…」とフェイスラインが好きであることも告白。

フェイスラインを綺麗に見せるためには、その顎の下あたりを凹ませる必要があるようで、「ここを凹ますには、胸鎖乳突筋が出ないといけないの。そこ(胸鎖乳突筋)を鍛えるのが背筋なのね」と熱弁。「ここの筋トレはめっちゃしてる」と、フェイスラインを鍛えるトレーニングには力を入れていることも明かした。(modelpress編集部)


no title

no title

no title

【石原さとみ「唇とか大嫌いだった」コンプレックス克服 「私が1番好きなパーツは…」】の続きを読む

このページのトップヘ