玉川徹

1: News茶畑がお送りします 2020/05/25(月) 20:50:00.99
 テレビ朝日の玉川徹氏が25日、同局「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。プロレスラーの木村花さん(享年22)が死去したことを受け、SNS上での誹謗(ひぼう)中傷について言及した。

 インターネット署名サイトでは木村さんの死を受け「匿名アカウントによる誹謗中傷を撲滅するために、プロバイダ責任制限法の改正と刑事罰化を求めます」と題した署名活動ページが立ち上がった。発信者の情報開示請求までに時間と費用がかかりすぎるために被害者の負担が大きいと指摘。手続きの簡略化などを政府に要求する見通しになっている。

 この動きに対し、玉川氏は「法規制っていうのは、投稿する人に対する法規制が中心だと思うんですが、プロバイダに対する責任も法的に求めていくことが必要だと僕は思っています」と私見を述べた。

【【おまいう】テレ朝玉川徹氏 SNS上での中傷に対する法規制に「プロバイダに対する責任も法的に求めていくことが必要」】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/22(金) 19:19:21.32
 テレビ朝日の玉川徹氏が22日、文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(月~金曜後1・00)に生出演し、政府に対する同氏や出演番組「羽鳥慎一モーニングショー」の報道スタンスを説明した。

 この日、辞職が承認された東京高検の黒川弘務検事長(63)など、政府に国民の信頼感を損ねる数々の問題が浮上している。太田英明アナウンサー(56)が「どの程度、国民が信頼できるかが、これから大きな問題になっていくと思う」と語ると、玉川氏は「国は国民の声を聞いて欲しいと思いますね」と主張した。

 その上で、政府とメディアのあり方についても「メディアを敵視するんじゃなくて、メディアが言っていることも参考になることがあると思う。忌憚ががないように聞いてもらって、取り入れてもらってやっていくことが大事なんじゃないですかね」と提案。作家でタレントの室井佑月(50)も「敵味方、分けないでね」と続いた。

 3月には「モーニングショー」での報道内容について、内閣官房が公式ツイッターを使って名指しで反論したことがあった。パーソナリティーの大竹まこと(70)も、政府が玉川氏やメディアの発言を監視しているとの報道があったことに言及。すると、玉川氏は「勘違いして欲しくないんですけど、日本人と日本のために良かれと思ってやっているんですよ。番組だって」と強く訴えた。

関連
【炎上】玉川「PCR検査の感度が70%はありえない検査する人の腕が悪い」→コロナ班の医師「ぜひ、当院で検体採取のレクチャーをして教えて」

テレ朝「モーニングショー」の「撮り鉄集結」報道、2ヶ月前の写真だと鉄ヲタに即バレ。放送中に訂正・謝罪

【テレ朝玉川徹氏の勘違いが凄すぎると話題にwwwwww】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/20(水) 17:35:04.95
テレ朝モーニングショーの社員コメンテーター、玉川徹氏の発言が、また炎上している。
19日の番組内で、PCR検査の精度について発言したところ、

ネット上で「医療従事者への侮辱・冒涜だ」などと批判が噴出しているのだ。国会議員からも苦言が呈され、番組スポンサーの商品の不買運動を求める投稿も見られた。
玉川氏は19日、リモート出演で次のように語った。

「PCRの精度があまりよくないというか、7割くらいだという話をよく喧伝されるが、本当にウイルスがあれば、100%近く感度があるはず。
7割に落ちているというのは、取った場所にいないとか、取り方が今1つうまくなかったとか、手技や取る場所に依存しているのではないか」

この発言に、ネットは反応し、次のような投稿が相次いだ。
 《7割なのは検査やる奴が無能だと…》《医療従事者の方々に大変失礼な物言い》《これは看過出来んやろ》

元環境相である細野豪志衆院議員も
《玉川徹氏は常にテレビでコメントできる特権的な立場にある。平時は色んな意見があっていいと思うが、有事に専門外の人間が付け焼刃の発言をして現場を混乱させるのは本当に困る。考えてもらった方が良いと思う。東日本大震災後の彼の無責任な発言には本当に苦労した》とツイートした。

最近、検察庁法改正案をめぐるハッシュタグを付けた投稿の抗議が話題を呼んだが、玉川氏の発言にも「#モーニングショーのスポンサー商品は不買します」という投稿が相次いでいる。
玉川氏は先月も、東京都のPCR検査をめぐって、「土日の行政検査を休んでいる」という趣旨の発言をして、謝罪している。

今回の発言をどう見るか。
医療リスクマネジメントに詳しい内科専門医で中央大大学院教授の真野俊樹氏は

「PCR検査は研究現場で使われていたものを臨床に利用した。1~2月ごろは技術面の問題も生じたと考えられるが、現段階では研修を重ねて実施していると考えられる。日本では全自動の機器導入が遅く、感染を起こす可能性は変わらず、慎重にする必要があるので時間がかかっている。個人の腕の差という理由ではないだろう」と指摘した。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200520/dom2005200005-n1.html
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200520/dom2005200005-n2.html

・MASAYUKI MUTO コロナチームの医師

大変申し訳ございません…当院では僕らコロナチームの医師が検体採取しております。。
本当、下手ですみません…
ぜひ、当院で検体採取のレクチャーをして頂けないものでしょうか…
そしてPCRに精通していると。感度何%なら納得されるのか教えて頂きたいです。

ありがとうございます、元映像を見られました。玉川氏の発言には大きな間違いがあります。
PCRは簡単に言えば検体中のウイルスの遺伝子を増幅して検出する方法です。
でも増幅しても検出出来ないくらいの量(測定限界値以下)しかない場合、PCR陰性となります。
番組動画あり

https://twitter.com/MasayukiMuto/status/1262690051105845248
政権批判



【「#モーニングショーのスポンサー商品は不買します」テレ朝社員・玉川徹のPCR精度と検査の仕方についての発言がネットで炎上www】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/15(金) 17:35:19.27
15日放送の『モーニングショー』(テレビ朝日系)でのテレビ朝日解説員・玉川徹の発言が批判を集めている。

 問題となっているのは同日、加藤勝信厚生労働相が閣議後記者会見で、東京都の新型コロナ抗体陽性率が0.6%であると明らかにしたことを報じた際の一幕。これは献血された血液で新型コロナウイルス感染後にできる抗体を調べたもので、都の500検体で抗体陽性率0.6%、東北6県の500検体では0.4%だったことが明らかになった。

 この日の『モーニングショー』では発表後、このニュースを「速報」として取り上げていたが、これについてリモート出演していた玉川は「(この結果に)ガッカリする必要は全然ない」としつつも、「ただ、まだまだ感染の初期の初期っていうことになっちゃうんですよね。まだ0.6%しか抗体持っていないってことは」と指摘。「だから、大変になっている諸外国に比べて感染が遅れているというようなことも言えるのかもしれないです」とした。

 さらに、「最終的には60%くらいの人が免疫を持たないと終わらないというふうに言われていて、人工的に抗体を与えるのはワクチンなんだけれども」とし、25%が感染し集団免疫を獲得したとされるスウェーデン・ストックホルムを引き合いに出しつつ、「そういう戦略でやってる国もあるんですよね。だけど日本人の場合は60%の免疫持つにはワクチンの力を借りない限りはまだまだだっていうふうになるんですよね」と言い、「いいニュースと悪いニュースの両方の意味がある」と話していた。

 しかし、『モーニングショー』といえばこれまで隔離感染者の存在をたびたび指摘。出演者である白鴎大学の岡田晴恵教授が「実際の感染者は確認された症例数の50~85倍以上の人がウイルスに感染した可能性がある」というスタンフォード大学などの研究チームの推測を支持していたこともあり、「自分たちが言ってた隠れ感染者がいなかったってことになるじゃん」「感染者多くても少なくても文句言うってどういうこと?」「陽性率高かったら『やっぱり隠れ感染者がいる!』って言いだしそう」という声が殺到。また、4月30日時点で死亡率12%を超えているスウェーデンを引き合いに出したことについても「ミスリード」「スウェーデンの聞こえのいいところだけ取り上げるのどうなの?」といった疑問の声が集まっていた。

 この結果は感染のスピードを遅らせ、ピークを後ろ倒しにするという日本の抑制策と合致していることもあり、ネガティブな発言が出た玉川の発言には困惑が多く集まってしまったようだ。

https://npn.co.jp/article/detail/200004063
政権批判

【『モーニングショー』玉川氏、東京陽性率の低さに苦言「多くても少なくても文句言う」に呆れ声】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/08(金) 00:06:22.85
玉川徹氏、PCR検査拡大へ国に提言…「全自動のPCRの機械を国が買えばいい。コロナが終わったあとでも使える」

7日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)で、新型コロナウイルス感染症へのPCR検査について特集した。
番組では各国のPCR検査の態勢を検証し、日本の検査数が増えないことを議論した。

英国からリモート出演したWHO上級顧問の渋谷健司氏が「全国民にPCR検査を」と提言した。


こうした意見を受けて、コメンテーターで同局の玉川徹氏は検査の拡大へ「全自動のPCRの機械を国が買えばいい。どんどん買って大学に譲渡する。コロナが終わったあとでもその機械は使える」と提言した。

さらに「新しい感染症が出た時にPCRをやるしかない」とし、
「今回日本が態勢が充実していなかったことを反省して、新たに全自動のPCRの機会を買っても無駄にならない。次にも生きてくる。」と持論を展開した。


その上で「専門会会議のこの前の提言を聞いてガッカリした」と明かし、
「できない言い訳集なんです。言い訳なんか聞きたくないんです。仮にどういうことをやったら壁が突破できたのかという提言をして欲しい」と指摘していた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200507-05070095-sph-soci
news_wideshow_serious

【モーニングショー玉川徹氏、PCR検査拡大を国に提言、不安を煽って言いたい放題・・・】の続きを読む

このページのトップヘ