mark_onsen

1: News茶畑がお送りします 2020/07/06(月) 12:38:19.63 BE:754019341-PLT(12346)
鬼怒川や那須などの温泉旅館8軒が6月29日、今年の正月の宿泊予約を無断キャンセルされたとして、
同一の予約者らを相手取り、損害賠償を求める訴訟を宇都宮地裁大田原支部に起こした。

「ノーショー(No Show)=姿を見せない」と呼ばれる無断キャンセルは全国で問題となるが、賠償請求の費用に二の足を踏み、泣き寝入りするのが大半で、訴訟に至るのは珍しい。

業界で対策の検討は進むが妙案はなく、裁判の結果への期待は大きい
(略)

「露天風呂付きの部屋を用意したのに……」予約客姿見せず、訴訟に踏み切る
https://www.yomiuri.co.jp/national/20200705-OYT1T50058/

【250万円分の無断キャンセル(ノーショー)を繰り返した団体に損害賠償訴訟】の続きを読む