沖縄

shiisa_two

1: News茶畑がお送りします 2020/01/08(水) 20:30:41.51 BE:784885787-PLT(15000)
自民党沖縄県連の最高顧問に就いた仲井真弘多元知事は、7日の県連新春の集いであいさつに立ち、「今沖縄は、オールなんとかという、えたいの知れない集団が牛耳っている」と玉城デニー知事率いる「オール沖縄」勢力を痛烈に批判した。県政奪還に向け重視する6月の県議選を前に、全面対決の姿勢を示した形だ。

仲井真氏は普天間飛行場の返還が実現していないことに触れ「翁長雄志氏、デニー氏は救いの手を差し伸べたか。
何も解決しない県政には全く意味がない」と両知事を非難した。

名護市辺野古で政府が建設を進める基地には新機能は付加されないとの認識を示し、「新基地ではなく旧基地」だと揶揄(やゆ)。その上で「喜んで県民全員で普天間の危険性除去をしっかりと支援し、辺野古移設を推進しよう」と呼び掛けた。

さらに、普天間返還は基地の整理縮小につながるとし、辺野古新基地に反対する「オール沖縄」勢力を念頭に「空理空論、原理主義の思想、考えを持った人々に沖縄を任せてはいけない。
物事を解決できないからこういう考え方は追放しよう」と力説した。
http://erakokyu.net/politics/local/20200108/67916.html

【【何をいまさら】今の沖縄県はえたいの知れない集団に乗っ取られている】の続きを読む

christmas_santa_elf

1: News茶畑がお送りします 2019/12/24(火) 13:52:58.50 ● BE:844481327-PLT(13345)
キャンプ・シュワブで12月7日、第38回子どものクリスマスがUSO(米国慰問団)で開催され、100人以上のボランティアの隊員や辺野古区住民を中心に、北は国頭村、南は宜野湾市からの家族を含む総勢400人以上が参加したビッグイベントになりました。

会場では海兵隊音楽隊のメンバーがクリスマスメロディーを奏で、来場者をクリスマスムードで歓迎していました。

基地司令官のジェイソン・ペリー大佐は「アメリカでのクリスマスは、家族や友人と愛や喜びを分かち合うとても大切なイベントで、今日みなさんと一緒に喜びを分かち合えることができるのは、とても嬉しいです」と述べていました。

会場ではボランティアの隊員たちがポプコーン、綿あめ、クッキーデコレーション、フェイスペイントなどさまざまな催しを提供し、大勢の子どもたちがそれぞれのテーブルを囲んで楽しそうにしていました。

久辺小学校6年生の男の子は「ここに来るのはとても楽しいけど、来年は中学生になるので、来れなくなるからちょっと寂しい」と話していました。

USOからは七面鳥がメインのアメリカンテイスト満載の食事が提供され、大勢の家族が列をなし、隊員らが一人ひとりに盛りつけた紙皿を手渡していました。

辺野古区からは300食の沖縄そばも無料で提供され、地元住民に交じってボランティアで参加している隊員らも美味しそうに沖縄そばに舌鼓を打ち、あっという間に沖縄そばは完売していました。

食事が終わる頃に大きなクリスマスケーキが会場に運ばれ、子どもたちや保護者までもがその大きさにびっくりし、ケーキは切り分けられみんなに配られました。

暫くすると消防車がサイレンを鳴らしながら現れ、サンタクロースが降りてきて会場前に姿を現すと、みんなが笑顔で出迎えました。

サンタの周りには人だかりができ、サンタが所定の場所に腰を下ろすと、児童や幼児たち一人ひとりにクリスマスプレゼントを手渡し始めました。

辺野古区の宮城さんは「自分が子どもの頃には袋いっぱいのアメリカのお菓子が貰えたんですが、今はおもちゃが貰えるんですね」と笑顔で話していました。

250名以上の幼児や児童に配られたプレゼントは全てキャンプ・シュワブに所属する隊員や軍属の方たちが快く寄付してくれた友好の証でした。

基地ディレクターのチャック・デセサリさんは「若い隊員たちが地元の方たちと喜びを分かち合い、互いに仲良くなれる素晴らしい機会です。これからもキャンプ・シュワブでは隊員たちと地元の方たちが仲良く交流できる場を提供していきます」と述べていました。

https://www.japan.marines.mil/News/Article/2034961/
no title

【【報道しない自由】沖縄・辺野古で米兵と本当の地元住民たちが仲良くクリスマスパーティー】の続きを読む

このページのトップヘ