永野芽郁

とりあえず、ケチをつけたいまんさんの嫉妬が渦巻くスレwwwwww



1: News茶畑がお送りします 2020/02/18(火) 07:15:33.42
女優の深田恭子が15日、自身のインスタグラムを更新して話題になっている。

深田といえば先日、「2020年第44回エランドール賞」で新人賞を受賞した俳優の横浜流星にサプライズで祝福をしに会場に駆けつけたことでも話題となったばかり。

そんな深田がこの日、「先日、撮影終わりでみんなでごはんに行けたら嬉しいなぁと、多部ちゃんが声をかけてくれて、久々におでかけして来ました 
みんなそれぞれの世代の考えや思いがあって毎回感慨深いです」などとつづり、CMで共演をしている女優の多部未華子、永野芽郁との3ショットを公開した。

この投稿に深田のインスタグラム上には「大好きな三姉妹!!」「みーんな可愛い!」「アップの写真に耐えられるのがすごい」といった歓喜の声が多く寄せられていた。

しかし、その一方でネット上では「多部ちゃんと深キョンの顔が別人だよね?」「三人のうち二人の顔がおかしい」「右の二人は整形したのかな?」といった手厳しい声も。

今回投稿した写真でどうやら深田と多部の顔が別人に見えるという人が多かったようだ。

https://www.cyzo.com/2020/02/post_231813_entry.html
2020/02/18 00:00
no title

【深田恭子、多部未華子と永野芽郁との“三姉妹”ショット公開も「3人のうち2人の顔がおかしい」の声】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/01/17(金) 20:34:24.35
女優の永野芽郁が17日、日本テレビ系情報番組「ZIP!」(日本テレビ系/月~金、あさ5時50分~)に俳優の坂口健太郎とともに出演。新成人となった現在の願望を明かした。

◆永野芽郁、新成人の願望は?

この日、番組では晴れて新成人となった永野に対し「新成人の目標は?」という質問が投げかけられた。

これに永野は「職務質問受けてみたい」と口にし、周囲を驚かせた。理由として「(大人は)24時を過ぎても外にいられるじゃないですか、もし年齢確認をされても『新成人なんで』ってできちゃうのかなーと思って」と声を弾ませた。

◆永野芽郁、今後挑戦したいこと明かす

また、ほかにも新成人の目標として乗馬に挑戦したいと語っていた永野。

「新成人なんで、今年始めるべきかなって」と決意を改め、隣にいた坂口に「いつか馬に乗って迎えに行きますね」と宣言。これを受けた坂口は「白馬に乗って?僕が迎えに来てもらうほうなの?(笑)」と頬を緩めていた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

https://news.livedoor.com/article/detail/17676880/
2020年1月17日 11時17分 モデルプレス

no title

no title

no title

【永野芽郁、新成人の願望明かす「職務質問受けてみたい」】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/01/07(火) 08:11:35.85
広瀬すずさん、橋本環奈さん、福原遥さんらが名を連ねていた、いわゆる「奇跡の世代」の1学年下、「1999年度生まれ」の面々が今年、成人式を迎える。2018年に放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインを(当時)18歳で務めた永野芽郁(めい)さんを筆頭に、吉川愛さん、上白石萌歌(かみしらいし・もか)さん、大友花恋さんと、いずれも確かな演技力を持つ女優がそろう。
ここでは、若き演技派として今後もテレビ画面やスクリーンで輝きを放つであろう期待の新成人たちを紹介する。

◇永野芽郁は1999年度生まれを牽引するトップランナー

永野さんは1999年9月24日生まれ、東京都出身。子役として映画「ゼブラーマン2-ゼブラシティの逆襲-」「私の優しくない先輩」(共に2010年)、NHK大河ドラマ「八重の桜」(2013年)などに出演し、映画「俺物語!!」(2015年)でヒロインに抜てきされたことで一気に脚光を浴びた。

その後も人気女優の登竜門とされる全国高校サッカーの応援マネジャーや女性ファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」(集英社)の専属モデルを歴任し、連続ドラマ「こえ恋」(テレビ東京、2016年)、映画「ひるなかの流星」(2017年)で主演を務めるなど順調にステップアップしてきた。

恋愛ドラマの神様の異名も持つ北川悦吏子さんのオリジナル脚本の朝ドラ「半分、青い。」(2018年)では、病気で左耳を失聴したヒロインの鈴愛(すずめ)を熱演。
SNSをにぎわせた連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系、2019年)への出演、劇場版アニメ「二ノ国」での声優起用も記憶に新しく、1999年度生まれを牽引するトップランナーと言っても過言ではないだろう。

◇出演作続く吉川愛 上白石萌歌は女優以外の活動も活発化

吉川さんは1999年10月28日生まれ、東京都出身。かつて「吉田里琴(りこ)」の名前で活動していた元子役で、連続ドラマ「メイちゃんの執事」(フジテレビ系、2009年)の麻々原みるく役などで知られ、朝ドラ「あまちゃん」(2013年)にも出演していた。

2017年4月に改名し、同7月期の連続ドラマ「愛してたって、秘密はある。」(日本テレビ系)で女優として再スタートを切った吉川さんは昨年大活躍。「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」(TBS系)の“エトミカ”を皮切りに、連続ドラマに次々と起用され、「緊急取調室」(テレビ朝日系)、「ボイス 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系)、「シャーロック」(フジテレビ)では単発・ゲストだったものの、迫真の演技で視聴者を画面にくぎ付けにした。
そんな吉川さんは2020年1月期は連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、火曜午後10時)への出演が決まっている。

吉川さんも出演していた昨年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(2019年)で、存在感を示したのが上白石さんだ。
1936年のベルリンオリンピック、女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した前畑秀子を演じ、役作りで体重を7キロも増やしたことも話題になった。

そんな上白石さんは2000年2月28日生まれ、鹿児島県出身。上白石萌音(もね)さんの妹。2011年、10歳の時に「東宝シンデレラオーディション」で史上最年少グランプリを獲得し、芸能界入りを果たした。
昨年は「3年A組-今から皆さんは、人質です-」で永野さんと共演し、4月からバラエティー番組「A-Studio」(TBS系)の11代目サブMCを担当。9月からは「adieu(アデュー)」名義での音楽活動を本格的にスタートさせるなど、女優以外の活動も活発化。
今年は20歳の誕生日に公演初日を迎える舞台「お勢、断行」などが控えている。

◇「あな番」で注目集めた大友花恋 更に朝ドラ経験者が…

昨年4~9月に2クール連続で放送されたドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)で、これまでの清楚(せいそ)なイメージを覆す“ヤンキー女子”あいり役で注目を集めた大友さん。
1999年10月9日生まれ、群馬県出身。雑誌「Seventeen」では同学年の横田真悠さんとの“かれまゆ”コンビ(永野芽郁さん在籍時は“かれまゆめい”)として、10代女子からの支持も厚い。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00000051-mantan-ent
1/1(水) 13:10配信

no title

no title

no title


【新成人 永野芽郁世代? 吉川愛、上白石萌歌、大友花恋…実は演技派女優ぞろい】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2019/12/30(月) 07:06:22.87
20才になり、お酒を飲める年齢になった。
永野芽郁は“大事な人たち”とのパーティーでどんなお酒を飲んだのだろうか。

12月のある日、東京・渋谷のNHK放送センターにほど近い、少し路地を入ったイタリア料理店。
午後7時半過ぎ、楽しげに談笑しながら入っていく一団の中に、おしゃれな薄紫の上着を着た美女がいた。永野だ。

「この日は永野さんの20才のバースデーパーティーだったようですね。誕生日は9月24日ですが、NHKの朝ドラ『半分、青い。』の関係者がお祝いしてくれたようです」(芸能関係者)

作品は2018年上期の放送で、番組終了からかなり時間が経過している。永野の誕生日も3か月も前の話だ。それでもわざわざパーティーで祝福されるとは──。

NHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』で永野は、左耳が聴こえないハンデを乗り越え、漫画家を目指す健気な女の子を演じた。
持って生まれたみずみずしい存在感と、北川悦吏子氏の脚本がピタリとはまり、平均視聴率は21.1%と大台をキープ。ヒロインの重責を果たした。
期待に応えた永野に、NHKのスタッフ陣がどれほど感謝しているか、このパーティー開催でも一目瞭然だ。

永野は小学校3年生の頃、東京・吉祥寺でスカウトされ、芸能界入りした。デビュー当初は映画の子役などで活躍。2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』にも出演した。
一方で、ファッション誌『nichola』『ニコ☆プチ』、さらには『Seventeen』など、ティーンモデルとしても活動。『カルピスウォーター』のCMなど、多方面にひっぱりだこな人生を歩んできた。

「永野さんが愛される理由は、その性格からです。幼い頃からちやほやされる環境にいながら、性格は謙虚でまっすぐ。
たまに飛び出す天然な発言も、男女問わずファンが多い理由でしょうね」(映画関係者)

午後10時半頃、店を出た永野はほんのり赤ら顔だった。一体、どんな酒を飲んでいたのだろう?

「永野さんが顔を赤らめながら飲んでいたのは、ミモザです。シャンパンをオレンジジュースで割ったカクテルですね。
そんなにキツイお酒じゃないけど、彼女はほろ酔いで、常にニコニコしていたようですよ」(前出・芸能関係者)

半分赤い顔もまたキュートだったようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191229-00000009-pseven-ent
12/29(日) 16:00配信

no title

no title

no title

【永野芽郁が「半分、赤い」20才誕生日会でほろ酔い姿解禁撮】の続きを読む

このページのトップヘ