死去

net_ijime_woman

1: News茶畑がお送りします 2020/07/11(土) 15:29:57.07
フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演し、視聴者から誹謗中傷を受けた女子プロレスラーの木村花さん(享年22)が亡くなった問題で、フジテレビのウソで塗り固めたメッキがボロボロとはがれてきた。9日発売の「週刊文春」では共演者の男性が、同番組の“演出”について証言。追い詰められたフジはどう反論するのか――。 

 同番組は「台本ナシ」をウリにしているにもかかわらず、スタッフの過度の強要、演出の“やらせ”疑惑が噴出していた。特に問題となったのは、花さんが“標的”になるキッカケとなった「コスチューム事件」だ。 

 これは木村さんの試合用コスチュームを間違って洗濯し、縮ませてしまった男性に激怒して相手の帽子をはたき落としたというもので、この模様が放送されると、木村さんに非難が殺到したのだ。

 この模様は3月31日にネットフリックスで先行配信され、フジテレビの地上波で放送されたのは5月18日のこと。先行配信した段階で、木村さんはネットで大炎上してしまっていたにもかかわらず、フジは地上波で放送した。

 今月2日発売の「週刊文春」では木村さんの母親が、スタッフからヒール役に徹するための過剰な“やらせ”指示があったと告発していた。

 特に木村さんを悩ませたのがコスチューム事件だった。同誌によると木村さんは「(スタッフに)1のことを100にして盛り上げてほしいって言われて」「スタッフにめっちゃあおられた。盛り上げなきゃと思った」などと話していたという。

 さらにスタッフには「あんなやつ、ビンタぐらいしたらいいじゃん」とも言われたそうで、悩んだ花さんは「プロレスラーとしてビンタはさすがにできないから、苦しまぎれで帽子をはたいた」と語っていた。

 これに対しフジは今月3日の定例会見で「スケジュールや撮影方針(演出、編集を含む)に関して、全て指示・決定に従う」とする「同意書兼誓約書」を出演者と交わしていたものの、「無理強いなどはなかった」「感情表現をねじ曲げるような指示はしていない」などと強調していた。

 このようにシラを切るフジに対し激怒したのは、このコスチューム事件で木村さんから帽子をはたき落とされた共演者の男性だ。9日発売の「週刊文春」で、この男性が新たに明かしたのが、コスチューム事件での“演出”だ。

 男性は5月15日、木村さんと電話で話した際、帽子をはたいたことについて「本心からじゃなくてスタッフにあおられた。あそこまでやりたくなかったのにごめんね」と言われたという。

 木村さんと同様、この男性もスタッフから“やらせ”の指示を受けたことがあると証言。

「“やらせ”指示は、大体、密室で行われました。他のメンバーがいない部屋に呼ばれて番組スタッフ5人に囲まれる。そこでメンバーとの関係を聞かれながら指示が出るんです。プレッシャーを感じるし、キツかった」

 中には木村さんの胸を触るような、セクハラまがいの指示を受けたこともあったという。

 フジはこれまで社内調査のみで、第三者委員会の設置はかたくなに拒んでいる。テレビ局関係者は「この手の番組はベースの台本に、面白くするためにその場のノリでセリフや演出の追加は日常茶飯事。今後も共演者やスタッフが内情を明かせば、フジはもう隠し通せませんよ」と話す。

 もはや逃げ切れる状況ではない。これでもフジは「無理強いはしていない」と言い張るつもりなのか?

7/9(木) 11:00 東京スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/ae48f61ea03c787a6d1bcb05a29a49d13d19eb23

写真
no title

【木村花さん死去 テラハ問題でフジついに崖っぷち、“やらせ”指示は、大体、密室で行われました」】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/03/30(月) 09:59:17.42
「ザ・ドリフターズ」のメンバーでタレントの志村けん(しむら・けん 本名・志村康徳、やすのり)さんが亡くなったことが30日分かった。70歳だった。東京都東村山市出身。25日に新型コロナウイルスへの感染を所属事務所が発表していた。

志村さんは17日から倦怠感の症状があり、19日には発熱・呼吸困難の症状が出現。20日に都内の病院に搬送され、重度の肺炎との診断を受けて入院。診察の際に新型コロナウイルス感染が疑われたため検査が実施され、23日夜に陽性が確認された。

都立久留米高校卒業前の68年、故・いかりや長介さんを訪ねて付き人となり、74年にドリフターズのメンバーに。TBS系のバラエティー番組「8時だョ!全員集合」では、「東村山音頭」や加藤茶(77)との「ヒゲダンス」などで人気を集めた。「全員集合」終了後もコント、バラエティーを中心に活動し、言わずと知れた日本を代表するコメディアンに。フジテレビ系「志村けんのバカ殿様」、同局「志村けんのだいじょうぶだぁ」などの番組で独自のコントスタイルを確立した。

現在も日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」、フジテレビ系「志村でナイト」の週2本のレギュラー番組に出演。30日スタートのNHK連続テレビ小説「エール」にも未発表だが出演が決まっていたほか、20年12月公開予定の「キネマの神様」で映画初主演を飾ることも発表されていた。

◇志村 けん(しむら・けん、本名志村康徳=しむら・やすのり)。1950年(昭25)2月20日生まれ、東京都出身の70歳。68年、都立久留米高校を卒業前に、故いかりや長介さんを訪ね付き人になる。
74年に「ザ・ドリフターズ」のメンバーに。フジテレビ「志村けんのだいじょうぶだぁ」、同局「志村けんのバカ殿様」などのバラエティーで人気者に。
「東村山音頭」のヒットでも知られ、東京五輪の聖火リレーで東村山市を走ることが発表されていた。身長1メートル69。血液型A。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-00000093-spnannex-ent
3/30(月) 9:52配信

no title

言葉にできないくらい悲しいわ・・・
【【訃報】志村けんさん死去 70歳 新型コロナに感染、闘病も力尽く】の続きを読む

このページのトップヘ