検察庁法改正案

1: News茶畑がお送りします 2020/05/19(火) 11:42:28.34 ● BE:295723299-2BP(2000)
 政府・与党が今国会で検察庁法改正案の成立見送りを決めたことを受け、主要野党は18日、「民主主義の底力を示した」(共産党の志位和夫委員長)と勢いづいた。
ツイッターで改正案に抗議する声が広がったことを追い風に、野党は採決反対を訴えてきたからだ。
正面からの政権批判が久々に戦果をあげたことにも自信を深めている。

立憲民主党・枝野幸男代表「国民は政治を動かす力がある」

国民民主党・玉木雄一郎代表「ネットで多くの声を上げてもらった成果だ。見送りは画期的だ」

枝野氏ら野党4党の党首は18日、インターネット番組にそろって出演し、次々と手応えを語った。  

時に足並みの乱れの目立つ野党だが、今回は一致して行動した。
武田良太国家公務員制度担当相の不信任決議案を結束して提出するなど、政府・与党に、徹底抗戦を繰り広げた。  

与党は、改正案の処理を秋の臨時国会へと先送りしたが、野党は「本当の解決にはならない」として、
改正案から検察幹部の定年延長規定を削除することや、改正案とは直接関係のない黒川弘務東京高検検事長の定年延長の撤回も求めていく方針だ。
 

野党としては、支持層である労組などに公務員の定年延長を求める声があり、改正案と一体で審議されていた国家公務員法改正案自体の成立が遅れることは避けたい事情もある。  

野党は今国会で、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の問題などで政権を追及してきたが、むしろ支持者から新型コロナウイルス対策を優先するよう批判されるなど“不発”に終わっていた。  

だが、今回はツイッターなどで広がった政権批判を後ろ盾として、野党が連携して政府・与党を方針転換へと追い込んだ。従来の「安倍1強」下では考えられなかったような迷走を誘発できたことにも自信を深めている。  

野党は新型コロナの追加対策を盛り込む令和2年度第2次補正予算案の審議では政府・与党に協力する見通しだ。
ただ、公職選挙法違反事件で辞任した河井克行前法相らの「政治とカネ」の問題もくすぶる。  

「国民におかしいと声をあげてもらえれば国会の中の数の力でないところで、議会制民主主義が決まる」  

まだ、政府への攻撃材料に事欠かないことも見据えつつ、枝野氏はネット番組でこう力強く語った。

久々の戦果 野党に自信 検察定年延長見送り
5/18(月) 20:43

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200518-00000594-san-pol

関連

枝野幸男 りっけん 立憲民主党
@edanoyukio0531
読売・共同・時事と揃ってきました。政府・与党で動きがあるのは間違いないでしょう。あと一押し。単なる『先送り』で国民の関心が薄れるまで待つというのは許されません。
#検察庁法改正部分は切り離し
を求めて行きます。

https://jiji.com/jc/article?k=2020051800135&g=pol
@jijicom
さんから
盛大なブーメラン


関連
【特定野党】立憲民主党・枝野幸男代表、検察庁法改正案先送りはやっぱり困ってしまうと手のひら返し、コロナに集中しろはどこにwww

【特定野党】立憲スパム党公式Tw「いまこのタイミングですか?」←コロナそっちのけでサクラサクラだった立憲www

【検察定年延長見送り、久々の戦果で野党に自信 しかし支持層は激おこ → 今度は切り離せと言い出すwww】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/18(月) 22:32:57.51
 検察官の定年延長を可能にする検察庁法の改正案が18日、今の国会での成立が見送られることになった。政府・与党は、国民の理解なしに国会審議を進めることは難しいと判断した。

 法案については、今月9日から「#検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグとともに、ツイッター上で反対意見が急速に拡大した。ミュージシャン、俳優ら多くの著名人がハッシュタグを広めたことも話題となった。

 “抗議”が実った形だが、法案成立の見送りが決定したこの日、ハッシュタグをつけてツイートしていた著名人で、見送りにノーリアクションのケースも多かった。

 抗議派の象徴的存在だった小泉今日子をはじめ、俳優の井浦新、浅野忠信、西郷輝彦、城田優、秋元才加、オアシズの大久保佳代子、ミュージシャンのChara、SKY-HI、くるり・岸田繁、いきものがかり・水野良樹、漫画家の江口寿史氏、羽海野チカ氏、えらけいこ氏、ゆうきまさみ氏、俳人の俵万智氏らは、18日午後9時の時点でコメントなどはしていない。

 なお、普段から政治的な発言が多いタレントのラサール石井、作家でタレントの室井佑月、落語家の立川談四楼らは、法案成立の見送りに言及している。

https://www.daily.co.jp/gossip/2020/05/18/0013352711.shtml
2020年5月18日 21時33分 デイリースポーツ
bluebird_baka

【【上からの指示待ち】キョンキョン、浅野忠信、いきもの水野、井浦新、西郷輝彦… 検察法改正案に抗議の著名人ら 成立見送りにノーリアクション】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/18(月) 15:45:41.07 ● BE:135853815-PLT(13000)
 政府は、検察官の定年を引き上げる検察庁法改正案の今国会成立を見送る方向で調整に入った。政府高官が18日明らかにした。
検察の独立を脅かす恐れがあるとして同改正案に反対する世論が高まる中、採決を強行して批判を招くのは得策ではないと判断した。

 「束ね法案」となっている国家公務員法改正案などと合わせ、秋に予想される臨時国会で仕切り直す考えだ。

検察定年延長、今国会見送りで調整 政府、世論の批判回避

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020051800135&g=pol



枝野幸男 りっけん 立憲民主党@edanoyukio0531
その通りです。全会派が賛成している国家公務員法部分まで先送りにするということは、先送り判断自体が、国家・国民のための判断でなく、(世論・選挙が怖いという)党利党略に基づく判断であると認めることに他なりません。

だから
#検察庁法改正部分は切り離し
https://twitter.com/edanoyukio0531/status/1262189269960949761
盛大なブーメラン



関連
【特定野党】立憲民主党・枝野幸男代表、検察庁法改正案先送りはやっぱり困ってしまうと手のひら返し、コロナに集中しろはどこにwww

立憲民主党公式Twitterさん、立憲民主党・枝野幸男代表と言うことが違ってしまうwww

【安倍「検察庁法案の成立は見送る」 枝野「ちょっと待って!!!!!」】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/18(月) 15:26:15.33
検察庁法の改正案について、安倍総理大臣が、自民党の二階幹事長と会談し、国民の理解なしに国会審議を進めることは難しいとして、今の国会での成立を事実上、見送る方針で一致しました。
検察官の定年延長を可能にする検察庁法の改正案は、国家公務員の定年を段階的に65歳に引き上げるための法案とともに、衆議院内閣委員会で審議が行われています。

この改正案の取り扱いについて、安倍総理大臣は18日午後、総理大臣官邸で自民党の二階幹事長と会談し、国民の理解なしに国会審議を進めることは難しいとして、今の国会での成立を事実上見送る方針で一致しました。

このあと二階幹事長は、記者団に対し「国会対策委員会の現場で、一生懸命にやってもらっているので、よく打ち合わせをしたうえで進めていきたい」と述べました。

また安倍総理大臣と二階幹事長は、新型コロナウイルスへの対応を最優先で進めたいとして、今年度の第2次補正予算案を速やかに編成し、今の国会で成立させていく方針でも一致しました。

改正案をめぐっては、野党側が、内閣が認めれば最長で3年まで定年を延長できるとした規定の撤回を求め、先週、武田国家公務員制度担当大臣に対する不信任決議案を提出していました。
自公幹事長ら 今国会での成立見送る方針確認
これを受けて、自民党と公明党の幹事長らが会談し、国家公務員の定年を段階的に65歳に引き上げるための法案とともに、今の国会での成立を見送る方針を確認しました。

検察庁法改正案 今国会成立を事実上見送り 首相と自民幹事長

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200518/amp/k10012434721000.html

text_news_sokuhou

関連
【特定野党】立憲民主党・枝野幸男代表、検察庁法改正案先送りはやっぱり困ってしまうと手のひら返し、コロナに集中しろはどこにwww

【検察庁法改正案 成立を事実上見送り 安倍首相と自民・二階幹事長が一致】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/15(金) 13:19:11.05
政府の判断で検察幹部の定年延長を可能にする検察庁法改正案をめぐり、ネットを中心に急拡大する批判から政権・与党が目を背けている。
SNSへの投稿の信用度に疑いの目を向け強硬姿勢を崩していない。一方の野党は、世論のうねりと受け止め抵抗を強める。

ネット上で9日夜から広がった「#検察庁法改正案に抗議します」とのツイッター投稿は12日も拡大を続け、投稿数は数日間で600万~700万件に上った。

だが、改正案の早期成立をめざす政権・与党内では、批判を正面から受け止めない言動が相次いだ。
安倍晋三首相は12日の衆院本会議で「インターネット上の様々な意見に政府としてコメントすることは差し控える」と述べるにとどめた。

首相周辺は「日本人の20人に1人とかおよそあり得ない数字」と素っ気ない。政府高官も「世論のうねりは全く感じない」。


自民党の森山裕国会対策委員長は記者団に「多くの国民が関心を持っていることは分かるが、600万だったかは知るよしはない」と、ネット世論への疑義を語った。

著名人の投稿も相次いでいるが、自民幹部は「いまから芸能人が反対したところで法案審議は止まらない」と話す。

自民内では「『勝手は許さない』と国民が圧力をかけている。私たちはそれに応える義務がある」(石破茂元幹事長)と、慎重審議を求める声もあるが少数派だ。
直近の世論調査で内閣支持率が大きく変動しておらず、自民は週内にも法案の衆院通過をめざす考えを変えていない。

https://www.asahi.com/articles/ASN5D71YCN5DUTFK00M.html
正論

関連
朝日新聞「500万ツイートもの国民の声に真摯に答えろ!」←スパム認定されちゃってんのにねwww

【スパム】検察庁法改正に抗議するTwitterハッシュタグ、31万ツイートに激減 一気に1/10未満に スパムアカ消滅へwww

【【正論】安倍首相周辺、ネットの抗議に「日本人の20人に1人とかおよそあり得ない数字」「世論のうねり感じない」】の続きを読む

このページのトップヘ