東出昌大

3流週刊誌の妄想記事って感じでいいねwww



1: News茶畑がお送りします 2020/02/16(日) 10:26:56.45
収束する気配がなかった東出昌大(32)の不倫騒動にようやく進展の兆しだ。第三者を交えて妻・杏(33)と話し合う日が近づいているという。今回の不倫騒動が公になる前から、夫婦の間では、協議をするとしたら東出が主演を務める連続ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(テレビ朝日系)の撮影が全て終了してからという約束があったという。

 東出の不倫の実態がマスコミに連日のように取り上げられる間も、3人の幼い子供を抱えた杏の慌ただしい日常は少しも変わらなかった。

「東出の激しいバッシング報道の裏で、杏は何事もなかったかのようにミニバンに3人の子供を乗せてスーパーに買い物に出掛けていました。一応、マスクはつけていましたが、新型コロナウイルスを警戒していたのかもしれませんね。スーパーでママ友と遭遇すると、束の間の世間話に花を咲かせている日もありました」(連日、杏に張り付いていた週刊誌記者)

 さて、杏は話し合いで最終的にどんな結論を出すのだろうか。これまで、実母や所属事務所幹部らと幾度となく協議を重ねてきたというが、大方の予想に反し“即離婚”とはならなそうだ。杏は「3人の子供たちのことを中心に考えたい」と漏らしているという。多胎児や多子家庭の子育ては想像を絶する過酷さだというから、「東出の手も借りたい」が本音なのかもしれない。愚かなダメ夫への怒りはいったん置いて、母親として現実的な選択をするということなのだろうか。

■楽屋の壁に向かいブツブツひとり言

 一方の東出は、もはや崩壊寸前だ。

「東出さんは『ケイジとケンジ』の収録中は、自分の出番以外は楽屋にじっと引きこもり、壁に向かって何かブツブツと独り言をつぶやいています。楽屋に届けられた弁当にもほとんど手を付けませんし、はたから見ていても分かるくらいの落ち込みぶりです。頬がこけて顔色も悪いので、しっかりメークをしなければなりません」(あるスタッフ)

 東出が出演している5月公開予定の映画「コンフィデンスマンJPプリンセス編」のプロモーションがこれから始まる。彼がどこまで関わるかは不明だが、興行収入に悪影響を及ぼすリスクを減らすために露出を減らす可能性が高い。視聴者にソッポを向かれた東出をこれから積極的に起用したがるドラマ関係者も映画関係者もいないだろうから、早晩、芸能界に彼の居場所はなくなるだろう。

 もっとも、杏の許しさえ出れば東出には別の道も残されている。現在、杏は「資生堂」「三菱電機」「キリンビール」など大手企業のCMに出演。1本当たりの出演料は6000万~7000万円といわれている。今回の不倫報道は東出にとっては大打撃だったが、杏の好感度はむしろ高まった。

「あんなダメ夫を持ちながらもジッと耐えて子育てに励む杏ちゃんはすごい! 頑張ってほしい」という声が世の女性の間に広まり、実際、彼女が出演するCMの一部の商品は売り上げが伸びているとも聞く。世間の応援ムードを見れば、話し合いの席で夫婦が「離婚はいつでもできるから……」という結論に至るとしても不思議ではない。「2億円豪邸」と報じられた杏と東出の自宅はキャッシュで購入したため住宅ローンもない。子育てに専念する東出の「主夫」という選択肢が現実味を帯びてくる。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

2/16(日) 9:26配信 日刊ゲンダイ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-00000006-nkgendai-ent

写真
no title

【<ゲッソリ痩せた東出昌大>間もなく杏と「話し合い」で主夫に転向か?楽屋の壁に向かいブツブツひとり言】の続きを読む

今まではマスコミが一方的に叩いていたことを、SNSの普及で一般人にもできるようになったってだけのことだろ、一般人のほうがモラルが低くて暇なんだから粘着するのは当たり前www



1: News茶畑がお送りします 2020/02/15(土) 18:20:24.39
不倫そのものに加え、インスタグラムに掲載されていた「匂わせ」写真が女性たちの標的になってしまった。
 1月下旬に報じられた、東出昌大(32才)と唐田えりか(22才)の不倫騒動。愛妻家として認識されていた東出が、妻である杏(33才)を第3子妊娠中から裏切っていたことやその期間が2年半にわたっていたこと、そして唐田が東出との交際を匂わせる写真やコメントをSNSに頻繁に投稿していたことで、世の女性たちの激しい怒りを買った。そのバッシングは凄まじく、東出はCMを、唐田はドラマを降板している。ここまで“炎上”したのは、なぜなのか。

 コラムニストの今井舞さんは、「もともと“優等生”だった芸能人ほど、世間からバッシングされやすい」と言う。

「“不倫は悪いことなのだから、どんなに叩いてもかまわない”という風潮は、4年前のベッキー(35才)と川谷絵音(31才)の不倫報道が大きな契機となりました。それまでスキャンダルもなく、優等生の印象が強かったベッキーが不倫していたうえ、『交際していない』と嘘までついていた。世間は“裏切られた”という怒りに加え、それまで芸能界においていい感じの立ち位置にいたタレントが、自分たちの攻撃により追い詰められていくさまに、快感すら覚えるようになった。この件で、世の中が“芸能人のつるし上げはエンターテインメントになる”と気がついてしまったのです」

 中世ヨーロッパでは、庶民が処刑の様子を鑑賞する風習があったが、ものによっては「それに通じる残酷さすら感じる」と今井さんは話す。

 確かに、芸能人の不倫に世間がここまで過剰に反応するようになったのは、つい最近のことだ。

 昭和の名優・勝新太郎さん(享年65)が女優・原田美枝子(61才)をはじめ、数々の女性と浮名を流した際は、「勝新らしい」「女遊びは芸の肥やし」と好意的に見られる風潮すらあった。それから時間を置いて、長谷川理恵(46才)との不倫騒動の渦中にいた石田純一(66才)が「不倫は文化」と言い放った時でさえ、一時は大バッシングにあったものの、今回のように当事者たちを「芸能界追放」「一発アウト」に追い込むことはなかったはずだ。なぜ今、ここまで世の中の女性たちの感情は「怒り」一色なのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200215-00000014-pseven-ent
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200215-00000014-pseven-ent&p=2
20200216005

【なぜベッキー以降芸能人の不倫は酷烈糾弾の対象になったか】の続きを読む

かみさんと関係者にし謝罪して終わりでいいじゃん、マスコミがくだらない質問したいだけの謝罪会見なんてする必要ないでしょ・・・


1: News茶畑がお送りします 2020/02/10(月) 08:20:19.23
唐田えりか(22)との不倫が発覚し、杏(33)と別居中であることが報じられた東出昌大(32)。別居当初はマンスリーマンションで暮らしていたというが、現在はホテルを転々とする流浪生活。
一部では、車中泊をしているとも報じられている。


現在は、主演ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)の撮影中。現場ではすっかり孤立しているというが、ドラマは3月まで続く。さらにそれ以降も大きな問題が
待ち受けているという。

「ドラマ終了から間もない4月上旬には、映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の試写会が行われるんです。このまま何もなければ、不倫報道から初めて公の場に立つことになります。
当然、彼への質問が殺到するでしょう。そうなると、PRどころではなくなってしまいます。この映画に力を入れているフジテレビは『試写会の前に、謝罪会見をしてくれませんか?』と懇願しています。
しかし東出さんと所属事務所は今のところ、『会見は絶対にNG』と言っているみたいです。みんな、頭を抱えています」(映画関係者)

妻からも不倫相手からも、そして謝罪からも逃げ続けている東出。そのため、周囲からは不満の声が大きくなってきている。

「実は、すでに『コンフィデンスマンJP』シリーズ3作目の計画が進んでいるのです。しかし東出さんがキャスティングされるかについては、かなり微妙になってきていますね。もちろん、
マネージャーは『どうにか、東出を続投させていただけないでしょうか?』と交渉していました。しかし、肝心の彼自身が心ここにあらず。これでは、マネージャーも報われませんよ」
(前出・映画関係者)

不倫が報じられた直後の1月22日、所属事務所はこうコメントしていた。

《厳しい道とは思いますが、東出が夫として、父としてもう一度家族を 再生するために 自らの生き方、姿勢を含めてその証を示してゆくしかないと思います》

だが、あれから3週間。東出自身はまだ一度もコメントすら出していない。逃げずに向き合わない限り、“夫として父として”再生できる日は遠のくばかりだ。

「女性自身」2020年2月25日号 掲載

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200210-00010002-jisin-ent
不倫報道から3週間、いまだ無言を貫いている
no title

【東出昌大 謝罪会見を拒否!不倫報道から3週間も逃げの一手】の続きを読む

なんか憶測記事が出まくっていて、それに乗せられているやつらが多すぎるわ・・・


1: News茶畑がお送りします 2020/02/04(火) 07:02:54.84
唐田えりか(22)との2年半にわたる不倫により、1月中旬から杏(33)と別居中であると伝えられた東出昌大(32)。さらに杏の第3子妊娠中に関係を持っていたことも明らかとなり、批判が殺到している。

さらに、東出を悩ませているのがCM問題だ。契約していた4社はすでにCM動画を削除。2社が契約打ち切りを公言しており、フジ住宅は損害賠償請求の準備を進めているとも。契約解除に伴う賠償金は6億円といわれ、一部では“引退危機”までささやかれている。

自分のことで手いっぱいとなっている東出。いっぽう、杏は母として苦悩していた――。

「杏さんは、3人の子たちを自宅から少し離れた保育園に通わせています。新しい施設ということもあって、地元のママからも人気。彼女も東出さんと話し合った末に『ここがいい!』と決めた、こだわりの保育園でした。しかしやはり、ママ友たちの目が気になるのでしょうね。
保育園への送り迎えもままならない状況になっているんです」(芸能関係者)

園では話題のモンテッソーリ教育を取り入れており、杏は子どもの将来を考えて入園を決意したという。

「杏さんの子どもたちもとても気に入っているようで、友達もたくさんできたみたいです。それだけに、杏さんは『親のせいで、子どもたちに不自由な思いをさせるわけにはいかないのに……』と外出できないことを悩んでいるそうです」(前出・芸能関係者)

本来、ともに子育てをしてくれるはずの夫はいない。そんな彼女は意を決し、周囲にサポートを願い出たのだ。

「もともと彼女には『子育ては夫婦が協力してやっていくべきもの』という信念があり、多忙ななかでも食事や送り迎えを自ら行ってきていました。そんな彼女が、知人や事務所のスタッフに『自分だけでは無理。手伝ってほしい』と頭を下げたそうです。相当な思いで決断したのでしょう。周囲の人たちも快諾し、送り迎えを手伝うようになりました。そのぶん、自宅では杏さんが全力で子育てをしています。『あの人がいなくても、子どもたちに寂しい思いをさせたくない』と考えているのではないでしょうか」(前出・芸能関係者)

「女性自身」2020年2月18日号 掲載

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200204-00010003-jisin-ent
no title

【杏抱える3児への苦悩 東出不倫で保育園送迎ままならぬ状態に】の続きを読む

東出事務所vs唐田事務の争いがひどいなwww


1: News茶畑がお送りします 2020/02/02(日) 06:52:12.57
 女優、唐田えりか(22)との不倫交際が発覚し、世間から猛バッシングを浴びている俳優の東出昌大(31)。妻の女優、杏(33)の妊娠中に不倫に走ったことだけでも十分問題だが、そのゲスっぷりは唐田からもあきれられるほどだから、目も当てられない。

 発売中の「週刊文春」は、唐田が東出との交際に悩んでいたとする証言などを掲載しているが、唐田は東出が既婚者であること、ましてや妻が同業者の杏であることを知っているのだから、当然といえば当然だろう。見えてくるのは、東出のダメさ加減ばかりだ。

 唐田は「どーしよ、、やっぱ好きになってしまった、ぽい」などと非公開のSNSにつづっていたといい、東出との不倫にはまりこんでいく姿を浮かび上がらせている。

 「唐田は自身のインスタグラムに、共演当時の東出の写真を多数投稿したり、杏のインスタグラムに“いいね”を押したりと“におわせ感”を漂わせていたことからバッシングを浴びていますが、相当舞い上がっていたことがうかがわれます」と女性誌編集者。

 彼女は一時、東出と距離を置くことになる。しかし結局、東出から連絡があると、会いに行ってしまうという悪循環を繰り返していた。そんな最悪な関係に、唐田は「別れたいのに、彼が…」と漏らしていたとも。

 つまりは関係を解消したい唐田を、東出がつなぎ続けようとしていたことになる。東出のゲスっぷりは、2人の親密な関係が杏にばれた後に加速することになる。東出は友人を交えて会おうと、唐田に提案したのだ。

 さすがに唐田もそんな東出の姿勢に愛想を尽かしたのか「やっぱり彼はアホだった」と漏らしたというのだ。

 「言ってみれば、東出は大学を中退してモデルになり、そのまま俳優になってしまったわけで、夜な夜な酒を飲んで遊び回っては女を口説くという、学生ノリがいつまでも抜けていないのです。だから30歳にもなって、9歳も年下の女性に“やっぱりアホ”と言われてしまう。“共演者キラー”といえば聞こえはまだましですが、とどのつまりはただのアホ。遅かれ早かれ、相手が誰であれ、こうなる結果だったでしょう」と先の女性誌編集者。

2020年2月1日 17時8分
ZAKZAK(夕刊フジ)
https://news.livedoor.com/article/detail/17753023/
no title

【唐田えりかもあきれた…東出昌大の“ゲスっぷり”「やっぱり彼はアホだった」】の続きを読む

このページのトップヘ