朝日新聞

とにかく政府批判

1: News茶畑がお送りします 2020/08/29(土) 06:57:34.65 BE:844481327-PLT(12345)
社説 安倍首相が辞任表明 行き詰まった末の幕引き

安倍晋三首相が体調悪化を理由に辞任を表明した。新型コロナウイルス感染症対策が後手に回り、政権運営が行き詰まる中での突然の幕引きだ。

首相は記者会見で「国民の負託に自信を持って応えられる状態でなくなった」と語った。持病である潰瘍性大腸炎が再発する兆候が6月に見つかり、今月の検査で確認されたという。

コロナ対応という危機管理が求められる状況だ。首相の判断はやむを得ないが、2007年の第1次政権の時と同様、任期途中の辞任で混乱を生んだことは残念だ。

安倍政権のコロナ対応は迷走を続けた。「アベノマスク」とやゆされた布マスクの郵送配布や、外出自粛の最中に自宅で優雅にくつろぐ様子を公開したツイッター動画は国民から批判を浴びた。全国民への一律10万円の給付も二転三転の末に遅れた。

https://mainichi.jp/articles/20200829/ddm/005/070/072000c

(社説)最長政権 突然の幕へ 「安倍政治」の弊害 清算の時

首相在任7年8カ月、「安倍1強」と言われた長期政権の突然の幕切れである。この間、深く傷つけられた日本の民主主義を立て直す一歩としなければならない。

安倍首相がきのう、持病の潰瘍(かいよう)性大腸炎が再発し、国民の負託に自信をもって応えられる状態でなくなったとして辞意を表明した。
治療を続けながら職務を続ける道は選ばず、秋冬に備えた包括的なコロナ対策を自らの手でとりまとめたことを区切りとした。
首相の重責を踏まえた重い決断である。健康の回復に向け、療養に努めてほしい。

https://www.asahi.com/articles/DA3S14602394.html

【毎日新聞「安倍政権、行き詰まった末の突然の幕引き」朝日新聞「深く傷いた民主主義を立て直せ」】の続きを読む

デマ拡散2

1: News茶畑がお送りします 2020/08/07(金) 21:21:54.54
菅義偉官房長官は7日の記者会見で、6日に広島市で開かれた安倍晋三首相の会見終了時に質問を続けた朝日新聞記者の腕を官邸報道室の職員がつかんで質問を制止したとの同社の見解を否定した。「速やかな移動を促すべく職員が注意喚起した。腕をつかむことはしていない」と述べた。職員が記者の身体に接触したかどうかについては明言を避けた。

同社は6日、記者が腕をつかまれて質問を制止されたとして報道室に抗議。富永健嗣報道室長は、腕をつかんだ事実はないと回答していた。

2020/8/7 12:41 (JST)8/7 12:49 (JST)updated
https://this.kiji.is/664311579038418017


【【菅官房長官】「記者の腕つかんでない」 首相質問の朝日新聞記者制止巡り…接触したかどうかは明言避ける】の続きを読む

news_shinbunshi_FAKE

1: News茶畑がお送りします 2020/06/28(日) 09:44:19.21 ● BE:323057825-PLT(13000)
ネット上にあふれる誹謗(ひぼう)や中傷にどう対処するか。様々な場で、様々な観点から議論されているが、表現・言論の自由を侵す恐れをはらみ、確たる解決策を見いだせないのが現状だ。

 原因のひとつに、発信の場を提供しているネット事業者の取り組みの実態が見えないこともあるのではないか。

 ツイッターやフェイスブック、ヤフーなどは、情報交換の土台を担っていることからプラットフォーマー(PF)と呼ばれる。
投稿の責任を負うのは発信者本人だが、PF側にも問題があるとの指摘は多い。

 もちろんPFも無策というわけではない。独自の基準を設けて、脅迫や差別的言動、著作権侵害などにあたると判断したものを削除したり、その投稿者を利用停止にしたりしてきた。24時間体制でAIを使った監視も取り入れているという。

 それでも、対応が遅い、問題のある投稿が放置されている、一方的に利用を停止された、基準が不明瞭だ――といった苦情や不満は絶えない。

 その投稿が正当な批判・論評なのか、人権を侵害する行いなのか、直ちに判断がつかないケースはままある。
PFの苦労もわかるが、だとしてもこれまでのやり方は透明性に欠け、あるいは海外の本社任せで、社会としっかり対話しようという姿勢を欠くと言わざるをえない。

中略

 表現活動への規制は極力小さくするのが、民主主義社会にとって望ましい。過剰な介入を防ぐには、実態を踏まえて議論を深めることが不可欠で、
まさにその「土台」となるデータや情報を明らかにするのがPFの務めだ。偽ニュース対策でも同様のことがいえよう。

 中傷にさらされていたプロレスラー木村花さんが亡くなったのを受けて、PF各社は善後策を検討すると表明した。
社会的責任の重さを自覚し、具体的な行動で示してほしい。

(社説)ネット上の中傷 事業者の社会的責任は
https://www.asahi.com/articles/DA3S14529245.html

【【おまいう】朝日新聞、誹謗中傷やフェイクニュース 事業者は社会的責任を自覚し、具体的な行動で示すべきだ ← これwwww】の続きを読む

news_shinbunshi_FAKE

1: News茶畑がお送りします 2020/06/12(金) 22:13:55.95
朝日新聞がうっかり シャンシャン記事にシンシン写真掲載

「シャンシャン、3歳になったよ!」──こんな見出しで朝日新聞(6月12日付・朝刊)の東京版に載った、愛らしいパンダの写真。3年前の6月12日に日本で誕生し、上野動物園のアイドルとなったシャンシャンの誕生日を伝える記事だ。が、そこに掲載されたのは、実は母親の「シンシン」(2005年生まれ)だった。朝日新聞社広報部はNEWSポストセブンの取材に対し誤掲載の事実を認め「読者の皆さまにはご迷惑をおかけしました。明日、紙面にて訂正を出します」と回答した。

【写真3枚】あなたは見分けられる? 本当のシャンシャンの写真

 なぜこのような事態になったのか。シャンシャンの画像は東京都の関係団体である東京都動物園協会から提供されたもの。その東京都動物園協会に聞くと、「正しい写真を東京都の記者クラブに提供していました」という。

※以下略、全文はソースからご覧ください。


【写真3枚】あなたは見分けられる? 本当のシャンシャンの写真
https://www.news-postseven.com/archives/20200612_1570406.html?IMAGE&PAGE=2

https://news.yahoo.co.jp/articles/8a6b5b84303c1cde2a701994ef80564167b627cf
6/12(金) 18:35配信 NEWS ポストセブン


【【いつもの】シャンシャン記事にシンシン写真掲載wwwww】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/06/01(月) 13:18:14.69 ● BE:565421181-PLT(13000)
(社説)政権と検察 真に刷新すべきは何か


黒川氏の賭けマージャンだ。個人の非違行為とはいえ、起訴権限を握る検察官のおごりや
万能感のようなものが、背景になかったか。
そんな視点からも組織全体を点検する必要がある。

 黒川氏の処分を訓告にとどめたことに関しても同様の疑念が浮上している。
人事院の指針からも外れ、官邸の意向が働いた旨を複数の政府関係者が取材に答えている。
政権の説明は迷走し、著しく説得力を欠く。

朝日新聞もまた、報道に携わる者が守るべき倫理や規範について自問していきたい。

https://www.asahi.com/articles/DA3S14496309.html
news_shinbunshi_FAKE

【【朝日新聞】今まで嘘や捏造、非倫理的なマネをしたことがなかったか 自問していきたい ← 自問するだけ定期www】の続きを読む

このページのトップヘ