日産

car_back1

1: News茶畑がお送りします 2020/09/08(火) 14:38:01.20
愛車スカイラインV37のエアコンは、暖房にしても左側吹出し口から冷風が出続ける不具合があります。
そのため設定温度に暖まらず、車内は冷えたままです。

最早不具合というより故障ですね。

これをディーラーで計測したところ左右で10度違うことが確認されました。

さらに日産本社でも同型車を使って調査し同現象を確認しています。

ですからこの故障は私の車だけではなく、同型車全部にわたる問題になります。

(略)

今回は、それを中心に次の順番で書いてあります。

1 どのようなエアコン故障か
2 3度にわたる修理の経緯
3 日産内田社長への質問状と回答(1回目)
4 日産内田社長への質問状と回答(2回目)
5 日産内田社長への質問状と回答(3回目)


なお、事実誤認による日産への一方的な誹謗中傷はフェアでは無いばかりでなく場合によっては名誉棄損になりかねませんので、私の認識に間違いや勘違いは無いか、その点を日産に文書で確認をした上で書いています。

(略)

3回目の回答文
no title


故障を故障と認めず、それは「仕様」であると、常軌を逸した見解で組織的に隠蔽しようとする日産。
三菱を始め過去の重大な事故は隠蔽体質から起きたことを学んでいません。
やはり不正体質は簡単には改善されないようです。

全文はソース
https://minkara.carview.co.jp/userid/2074461/blog/44350896/

【日産社長に出した質問状 「日産車のエアコン故障は仕様なのですか?」  常軌を逸した世にも恐ろしい回答書にビビるwww】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/06/01(月) 19:06:18.93
もう関わるのやめた方がいい

2020年6月1日、韓国・世界日報によると、日産自動車の韓国市場からの撤退発表を受け、購入者から怒りの声が上がっている。

記事によると、先月30日、韓国のオンラインコミュニティー掲示板・日産自動車同好会では、同月27日に日産・アルティマの車両の引き渡しを受けたというユーザーからの投稿が注目を集めた。

投稿は「集団訴訟をしよう」と提案するもので、「購入時に日産の韓国撤退説について問い合わせ、『撤退しない』と言われたので購入したが、納車翌日に韓国撤退が発表された」と説明し「同じような状況の人は一緒に訴訟を起こそう」と呼び掛けているという。

韓国では昨年初めから日産撤退説がささやかれていたが、日産は否定していた。しかしその後、昨年7月の日本の対韓輸出規制強化措置をきっかけに始まった日本製品不買運動の影響を受け、深刻な販売不振に陥っていたという。

これを見た韓国のネットユーザーからは、

「不買運動中に日本車を購入した代償」
「国民の努力を無視して日本車を選んだのだから、現実を受け入れて大切に乗ればいい」
「仕方ないよ。政府からの緊急支援金を日本経済のために使った人だから」

など、購入者側の責任を指摘する声が多数上がっている。

一方で、「新車購入後すぐに事業者が撤退した場合、購入者が被る経済的損失は非常に大きい」とし、中古車販売が難しいことや、アフターサービスは2028年まで続けるもののその後は受けられないことを挙げて「日産が一部補償するべき」と主張する声も上がっている。

その他、「訴訟は賛成。勝訴すれば日本企業にさらなるダメージを与えられる」と主張する声も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b810225-s0-c30-d0058.html
ご都合主義

【【法則発動】日産の韓国撤退、怒った韓国の購入者が集団訴訟か】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/01/09(木) 11:30:27.21 ● BE:886559449-PLT(22000)
日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告が逃亡先のレバノンで記者会見し、日産とルノーの
経営統合を進めようとしたことで失脚させられたと主張したことについて、日産の西川廣人前社長は、
「不正の話とは全く次元の違う話だ」と述べ、経営統合と不正との関わりを否定しました。


ゴーン元会長は、日本時間の8日夜開いた記者会見で、日産とルノーの経営統合を進めようとしたことで
策略によって失脚させられたと主張し、日産の複数の幹部が関与したとして、実名を挙げました。

名前が挙がった幹部の1人の日産の西川前社長は9日朝、記者団に対し、「会見は、あの程度なら
日本で話をすればいいという内容で、拍子抜けした。裁判で有罪になるのが怖いと逃げてしまったのか、
私としてはまた裏切られたという感じが強い」と述べました。

そのうえでルノーとの経営統合を進めようとしたことで失脚させられたという主張について、
「全くそういうことはない。ゴーン元会長による不正の話とは全く次元の違う話だ」と述べ、
経営統合と不正との関わりを否定しました。

ゴーン元会長の多額の報酬などをめぐる不正について日産は、会社による内部調査の結果、
不正行為を確認したためゴーン元会長の役職を解いたとし、損害賠償請求などで責任を追及して
いく方針を示しています。

ゴーン被告会見に日産の西川前社長「不正とは次元の違う話」

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200109/k10012239601000.html
images

【日産・西川 「なにあのゴーンの会見。あの程度の話なら日本でやってもよかったやん」www】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/01/08(水) 00:00:41.61 BE:878978753-PLT(12121)
レバノンにあるカルロス・ゴーン被告の「自宅」をめぐり、日産側が「所有権は日産側にある」として
立ち退きを求める訴訟を起こしていたことが、弁護士の話で明らかになった。


日産側の弁護士「わたしたちは確実に勝訴する。ゴーン被告にこの家を占拠する権利はない」

日産側の弁護士によると、キャロル夫人が「自宅」として出入りする、ベイルート市内の住宅の所有権は、
日産の関連会社にあり、現在、立ち退きを求めて係争中だという。

また敷地内には、考古学的価値のある墓があり、日本円で18億円の資産価値があるため、
6日、その資産を守るよう現地で指示したという。

判決は、およそ1カ月後に予定されていて、どのような判断が出されるか注目されている。

レバノンのゴーン被告「自宅」立ち退き求め提訴 日産側が所有権主張

https://sp.fnn.jp/posts/00429902CX/202001071149_CX_CX
images

【【悲報】ゴーンが雲隠れしてるレバノンの豪邸、日産名義で購入していた。日産に立ち退き要求されるwwww】の続きを読む

このページのトップヘ