日向坂46

また秋元グループのゴリ押しかよ、ほんと、懲りないねぇ・・・



1: News茶畑がお送りします 2020/02/18(火) 07:57:03.42
長野五輪(1998年)スキージャンプ団体金メダル獲得を陰で支えたテストジャンパーたちを描く映画「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」(飯塚健監督、6月19日公開)に俳優眞栄田郷敦(20)、日向坂46の小坂菜緒(17)、俳優古田新太(54)が出演。
眞栄田と小坂はテストジャンパー、古田はコーチ役を熱演する。
撮影は五輪が行われた長野・白馬スキージャンプ競技場でも行われており、臨場感たっぷりのシーンが見られそうだ。

原田雅彦、船木和喜ら4人の「日の丸飛行隊」の快挙を後押ししたテストジャンパーたちの活躍を、史実に基づき作り上げたオリジナルストーリー。
1回目のジャンプで4位に甘んじた日本。吹雪が強まり競技が中断、2回目が中止になると4位で終了してしまう。
審判員の判断で25人のテストジャンパーが無事に飛べたら競技を再開することになり、主人公の西方仁也(田中圭)らは悪天候のなか決死のジャンプに臨む。

眞栄田はテストジャンパーの一員で、けがのトラウマを抱えた南川祟を演じる。
昨年放送されたTBS系ドラマ「ノーサイド・ゲーム」でも南川と同じくけがで苦しむラグビー選手を好演。
眞栄田は「白馬スキージャンプ場で先輩方やスタッフのみなさんに支えていただきながら日々新しい挑戦をしております」とPR。

日向坂46のセンターを務める小坂が演じるのは、唯一の女子高生ジャンパー・小林賀子。
実在の選手がモデルで「私も今、17歳。等身大の役をやらせてもらっている」。
ジャンプの練習シーンでは、五輪出場経験のあるコーチや共演の山田裕貴(29)らから「うまい」と絶賛されたという。
古田演じるコーチの神崎幸一は選手たちをときに厳しく、ときに温かく支える役だ。

眞栄田たちは、日の丸飛行隊が実際に飛んだ140メートルの高さにあるラージヒルのスタートゲートに立ち、ジャンプで飛び出すシーンを撮影。
長野五輪の時には生まれていなかった眞栄田と小坂、さらに長野の前の札幌五輪も知る古田が加わり、東京五輪の年に感動の物語を紡いでいく。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-00010004-chuspo-ent

小坂菜緒(日向坂46)コメント
1998年に開催された長野オリンピックは、私がまだ生まれる前の出来事で、初めて知ることも沢山ありました。
本作はその長野オリンピックでのスキージャンプ団体を題材にした作品です。
「栄光に彩られた表舞台の裏側にはこんなドラマがあったんだ」と気付かされ、背中を押されるような力強い脚本でした。
当時を知らない私と年齢が近い世代の方にも、「人はどの場にいても輝ける」、そう伝わってくれたらいいなと思います!

動画
『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』特報【6月19日(金)公開】
https://www.youtube.com/watch?v=nqvvbbqpuV4



映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』 (左)小坂菜緒、山田裕貴、田中圭、眞栄田郷敦、古田新太
no title


日向坂46 小坂菜緒
no title

no title

no title

no title

【【日向坂46のセンター】小坂菜緒、映画「ヒノマルソウル」出演決定!女子高生スキージャンパー 140メートルのスキージャンプ台に立った】の続きを読む

男バレ → 活動自粛中 → 卒業ってなんか優しすぎない?



1: News茶畑がお送りします 2020/02/12(水) 15:17:04.22
アイドルグループ・日向坂46の活動を自粛していた井口眞緒(24)が、グループから卒業することが12日、公式サイトで発表された。
卒業時期に関しては「具体的な日程が決まり次第」改めて案内するとしている。


井口は昨年9月8日、公式ブログで当面の間活動を自粛することを発表。
「ご迷惑とご心配をおかけしてすみません」と題したブログで「先日、とあるサイトで、私と思われる写真が掲載されました。あの写真は私で間違いありません」と説明。
「アイドルとしての自覚のない行動で世間をお騒がせしてしまったこと、応援してくださるファンのみなさん、メンバーやスタッフのみなさんにご迷惑をおかけしてしまったこと、本当に申し訳ありませんでした」とお詫びしていた。

井口は日向坂46に改名前のけやき坂46(ひらがなけやき)に1期生として加入。
グループ最年長メンバーながら、ムードメーカーとして体を張ったギャグを披露し、バラエティー番組で活躍していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200212-00000341-oric-ent

日向坂46 井口眞緒
no title

no title

【【日向坂46】活動自粛中の井口眞緒、卒業を発表!】の続きを読む

秋元グループはいろんなのをぶち込んでくるよね、今度は日向坂押し込んでくるのかな・・・



1: News茶畑がお送りします 2020/02/11(火) 09:37:53.81
日向坂46・佐々木美玲が10日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系/毎週月曜19時)の人気企画「超激辛チャレンジグルメ」に出演。
超激辛グルメを見事完食し、ネット上では驚きの声が殺到した。


かわいいけど、根性すごい! “みーぱん”日向坂46・佐々木美玲

企画ではレギュラー出演者のゴルゴ松本に加え、ゲストとして日向坂46の佐々木、東村芽依、齊藤京子(齊藤は応援での出演)、さらに夏樹陽子、川崎麻世が激辛グルメに挑戦。

一同の前に出されたのは“超激辛ベトナム麺”のデビルブンヘン。
これを30分で完食できるかチャレンジした。

佐々木は一口目から「辛~い!」と涙目。
辛さで「しゃべれないです…」「すべてが辛い」ともだえながらも食べ進める。

途中、東村は麺を完食するもスープのあまりの辛さに惜しくもギブアップしてしまう中、佐々木は「頑張ります。いろんな方に日向坂46を知ってもらうために」「こんなのキツくない」と自身を奮い立たせラストスパート。
見事、29分40分で食べ切った。

この佐々木の頑張りには視聴者から驚きの声がツイッターなどネット上に殺到。
「みーぱん頑張った」「根性凄い」「かっけえ~」「推しが世間に見つかった」など、反響の声が続々と上がり、佐々木の愛称「みーぱん」がトレンド入り。
日向坂46ファンとして知られるどきどきキャンプ・佐藤満春もツイッター(@satomitsuharu)で「みーぱん!!!!! #有吉ゼミ (遅れました!)」と感激のコメントをしていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200211-00073800-crankinn-ent

『有吉ゼミ』 佐々木美玲、東村芽依、齊藤京子
no title

佐々木美玲
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


日向坂46 佐々木美玲
no title

no title

no title

【【日向坂46】佐々木美玲(20)、超激辛グルメを完食!「かわいいけど、根性すごい!」驚きの声殺到】の続きを読む

ゴリ押ししても、あまり人気出ないんじゃないかなぁ、ヲタに人気があればいいのかwww


1: News茶畑がお送りします 2020/02/06(木) 11:54:59.35
日向坂46の齊藤京子が、6日発売の週刊少年漫画誌『週刊少年チャンピオン』10号にて表紙と巻頭グラビアを飾った。

齊藤京子の“恋人目線”に
今号は、バレンタイン特大号。
「私からのバレンタイン・」(・=ハート)と題した巻頭グラビアは特大12P。
バレンタインの思い出やバレンタインQ&Aも掲載される。

齊藤は、「みなさんには私の恋人目線で見て頂けたら嬉しいな~全ページが私から皆さんへのバレンタインプレゼントです」とコメントを寄せている。

齊藤京子コメント
「今回の『私からのバレンタイン・』というタイトルは、私が付けさせて頂きました!!みなさんには私の恋人目線で見て頂けたら嬉しいな~全ページが私から皆さんへのバレンタインプレゼントです」

http://mdpr.jp/news/detail/1959509

『週刊少年チャンピオン』10号
no title

no title


日向坂46 齊藤京子
no title

no title

no title

no title

【【日向坂46】「ラーメン大好き」齊藤京子の“恋人目線” きょんこハート「私からのバレンタインプレゼントです」】の続きを読む

目標は大きいほうがいいし、ぢンな目標立てるのも自由だからいいと思うよ、実現はできないだろうけど・・・

1: News茶畑がお送りします 2020/01/28(火) 09:40:37.08
雑誌やweb媒体でアイドルの記事を数多く執筆するライターの左藤豊氏が、1週間アイドルたちが出演するレギュラー番組や冠番組をチェック。
その週、テレビで輝いていたアイドルたちについて思い入れたっぷりに語ります。第50回となる今回の観測期間は1月20日(月)~26日(日)。


「日本を代表するアイドルにすごくなりたい」「トップグループに絶対なる!」――加藤史帆がそう力強く語ったのが、1月26日(日)放送『セルフ Documentary of 日向坂46』(CS TBSチャンネル1)。
「自分には欠点しかない」と涙を流し、それでも「グループに必要不可欠な人間になりたい。グループの役に立ちたい」と語った彼女。
コンプレックスだらけの加藤が壮大な目標を掲げられたのは、きっと“このメンバーとなら、それができるはず”という信頼があるからなのでしょう。

そもそも今回の『セルフDoc~』は、過去の放送回とは少々印象が違った気がします。
グループのことを問われたとき、これまでであれば「一体感が分からなくなってきている」(#1=昨年9月放送。高本彩花の発言)など戸惑いの言葉が目立ちました。
しかし今回は「日本を代表するアイドルに」という目標が出てきましたし、そのための課題を「メンバー個々がすごく強くなること」と齊藤京子も明確にとらえていました。

それぞれの回の収録がいつ行なわれたのかは分からないので、具体的なきっかけが何なのかは推測するしかないのですが、この数カ月の間で日向坂46メンバーの意識は大きく変化したといえるでしょう。
今年12月の東京ドーム公演に向かって、そして「トップグループ」に向かって、日向坂46はリスタートを切った──。
そんな前向きな印象を与えてくれる今回の『セルフDoc~』だったように思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200128-00003597-entame-ent

『セルフ Documentary of 日向坂46』 加藤史帆、齊藤京子、佐々木美玲
no title


日向坂46 加藤史帆
no title

no title

no title

no title


日向坂46
no title


新曲MV
日向坂46 『ソンナコトナイヨ』
https://www.youtube.com/watch?v=7njC5lgL61c


【【日向坂46】加藤史帆「日本を代表するアイドルになりたい」】の続きを読む

このページのトップヘ