新型コロナ

sick_haien_kekkaku_ojiisan

1: News茶畑がお送りします 2020/07/18(土) 00:41:26.02 ● BE:135853815-PLT(13000)
新型コロナ、日本で重症化率・死亡率が低いワケ
高橋泰教授が「感染7段階モデル」で見える化

(略)

日本は強力なロックダウンを実施しておらず、新型コロナに暴露した人が欧米より極端に少ないとは考えにくい。
むしろ先に述べた「これまで多くの人が新型コロナにすでに感染しているが、自然免疫でほとんどの人が治っている」という仮説に立って、抗体ができる前に治っているので、抗体陽性者が少ないと考えるほうが自然であろう。
この仮説を用いれば、無症状のPCR陽性者が数多く発生している現状の説明もできる。第2波が来ても、自然免疫の強さは日本人にとって強い助けとなり、再び欧米より被害が軽くなるという考え方が成り立つ。

――「感染7段階モデル」により新型コロナの感染や症状に関わる要因を数値化してみたということですね。

新型コロナの患者数を予測するために使えるデータが現状では非常に限られる。かかった人の重症化率や死亡率という最も基本的なデータすらない。
新型コロナの全体像を把握するためには、全国の暴露者数を推計することが大切なので、①全国民1億2644万人、②年代別患者数の実数値、
③抗体陽性率推計値(東京大学の推計と神戸市民病院の推計)を使って、パラメータである暴露率(新型コロナが体内に入る率)をいくつか設定し、
動かしながら、実際の重症者や死亡者のデータに当てはまりのよいものを探るシミュレーションを行った。

シミュレーションの結果の概略はこうだ。

まず、国民の少なくとも3割程度がすでに新型コロナの暴露を経験したとみられる。暴露率はいろいろやってみたが、30~45%が妥当だろう。
そして、暴露した人の98%がステージ1かステージ2、すなわち無症状か風邪の症状で済む。すなわち自然免疫までで終了する。

獲得免疫が出動(抗体が陽性になる)するステージ3、ステージ4に至る人は暴露者の2%程度で、そのうち、サイトカイン・ストームが発生して重症化するステージ5に進む人は、
20代では暴露した人10万人中5人、30~59歳では同1万人中3人、60~69歳では同1000人中1.5人、70歳以上では同1000人中3人程度ということになった。

no title


(略)

https://toyokeizai.net/articles/-/363402

【新型コロナ、98%が無症状か風邪症状 自然免疫で治ってしまう あまりに雑魚すぎて抗体も作られない】の続きを読む

news_wideshow_smile

1: News茶畑がお送りします 2020/07/17(金) 07:27:55.20
タレントのソラ豆琴美が16日、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)にリモート生出演した。

ソラ豆は、今年4月上旬に新型コロナウイルスに感染し入院。
アビガンを処方され陰性となり入院から21日目の4月24日に退院した。


一方、退院後もツイッターで「肺が苦しくて」などとつづっていた。


こうした後遺症とみられる症状を「息がしていても、どうしても肺が苦しくて夜、眠れない。ゼェゼェしたまま朝を迎えてしまうっていうのがずっと続いていました」と明かした。

さらに「今、現在も夜になると苦しくなったりとか、激しい運動をした日は朝まで苦しくて眠れないっていうのはずっと続いています」と悩まされていることを話していた。

新型コロナ感染のソラ豆琴美、「モーニングショー」で「コロナ後遺症」を明かす…「今、現在も夜になると苦しくなったり…」

https://news.yahoo.co.jp/articles/28b8d3e8c394c6dc107091d41199f8e441931ca0

【新型コロナ感染のソラ豆琴美さん、『モーニングショー』で「コロナ後遺症」を明かす ・・・ ← 売名かなwww】の続きを読む

virus_cluster_kansen
virus_cluster_kansen

1: News茶畑がお送りします 2020/07/09(木) 17:05:30.57
■ TNN NEWS 速報 ■

大阪府は9日、府内で新たに30人が新型コロナに感染したことが確認されたと発表しました。今日までの府内の累計感染者数は1945人となりました。府内で1日の新規感染者数が30人以上となるのは、4月29日以来71日ぶりです。

https://twitter.com/Trainfo_NEWS/status/1281137118006308864


【大阪府でも感染爆発、これもう第二波だろ・・・】の続きを読む

virus_overshoot

1: News茶畑がお送りします 2020/07/09(木) 14:10:47.29
東京都で9日、新型コロナウイルスの感染者が新たに220人以上確認されたことが関係者への取材で分かった。1日当たりの感染者数としては4月7日の206人を超え、これまでで最多となる。

都内では感染者が多く発生している新宿、豊島区が、ホストクラブなど「夜の繁華街」関連の関係者の集中的な検査を進めている。都内では20~30代を中心に夜の街で感染する例が相次いでいるほか、会食や家庭を通じた感染にも経路が広がりつつある。都は夜の街への外出や県境をまたぐ移動を控えるように都民に呼びかけている。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO61323380Z00C20A7CC1000

【東京都で新たに220人以上感染 新型コロナ、過去最多\(^o^)/】の続きを読む

room_genkan

1: News茶畑がお送りします 2020/06/28(日) 17:06:53.30
ニューヨーク州では、新型コロナウイルスへの対策として、4月17日から外出時のマスク着用が義務付けられてる。しかし、このところ気候も温かくなってきたせいか、これを守らない人たちが多く見受けられる。

元々、アメリカでは、日本のようにマスクをする習慣はなかった。特にアフリカ系アメリカ人やヒスパニック系の人たちの間では、マスクを着用しない人が多かった。それは、彼らがマスクをしていると犯罪者と間違えられ、銃で撃たれたり、逮捕されかねないからだ。しかし、それらの理由でマスクをしなかったことで、これらの人たちの感染者数の増加に繋がったとも言われている。

もちろん、ニューヨーカー全般に範囲を広げてみても、マスクをしない人たちは少なくなかった。遡れば、スペイン風邪が流行った100年前にもマスク着用を呼びかけたようであるが、結局、このときも習慣として定着しなかったという。花粉症やインフルエンザ対策で当たり前のようにマスクを着用している日本人とは対照的である。

隣人は室外で靴を脱ぐようになった

そんなニューヨークで、アメリカ全体が経済活動再開に向けて動き出してきた今、しきりに語られているのが、「ポスト・コロナ」に向けた自分たちの習慣の見直しである。

新型コロナウイルスの感染拡大が止まった暁には、これまでアメリカ人の日常的習慣として行われていた握手やハグは、当面なくなるはずだと言われている。長期的にそれが定着するかどうかはまだわからないが、個人的には日本式のお辞儀などが、この際、見直される契機にならないかと密かに期待している。

私の住む隣の部屋には、ニューヨーク市のある有名な病院で救急のマネージメントをしている人間が住んでいるが、彼は今回の感染拡大以降、私と同様、靴は室外で脱ぎ、部屋のなかには持ち込まないように気をつけるようになった。

土足のまま部屋のなかに入って歩きまわる習慣のアメリカと、靴は玄関先で脱ぐ日本の文化との違いが、今回の感染者数拡大の差に関係しているという説もある。私も、外出から戻ると、毎回、靴底までアルコールで消毒したうえで、部屋に靴を持ち込む。靴底にもウイルスが残っているというニュースも見た記憶がある。

一等地のオフィスは不要に?

ホワイトカラーの仕事はネットで回せる

日本でも同じ事情だろうが、今回の外出禁止令で、通勤の苦痛、通勤時間の長さ、車で通勤する無駄などに人々が気づき出した。ワークスタイルの見直しは劇的に進むはずである。マンハッタンの一等地に広いオフィスを構えることは、いままでは一種のステータスでもあったが、これからは郊外への移転も加速するだろう。

また、大手の金融、証券取引、保険、会計、事務など、特にホワイトカラーと言われる人たちの経済活動が、実はネットで十分に回していけることもわかってしまった。いままで海面下に隠れていた岩が、大きな引き潮とともに露出したかのように、いろいろなことが、実は不要だったと「バレてしまった」とも言える。

経済の合理性、効率の追求から鑑みても、コスト削減になるなら「職住分離」ではなく、生活の質を豊かにする意味でも「職住同一」にもなってくる。もちろん職種にもよるとは思うが、「わが社は従業員の生活の質を高めながら仕事をしてもらうために、週の半分は自宅からの勤務で構いません」という会社に、特に若い世代は惹かれていくことだろう。

すると、職場での人間関係から解放されて、ストレスが減ることもあるだろう。通勤時間も減り、家族との時間をより多くとり、生活の豊かさを追求しつつ、エコを意識した生活スタイルに移行する──今回の危機を脱しても、以前の姿に戻るとは考えにくく、ポスト・コロナの社会の在り方を、人々は模索していくことになる。

期せずして、新型コロナウイルスによる経済活動の休止のお蔭で、地球上の大気や海が浄化されたというような報告を多く聞くようになった。グローバル経済と称して、いかにこれまで、人間の経済活動が地球環境を汚染していたかも、これで明らかになってしまった。

国連の提示した、地球環境への達成目標であるSDGsに向けても、ポスト・コロナの世界では、人々の経済活動や日常生活は変容するのだろうか。それとも、喉元過ぎれば熱さを忘れる、となるのだろうか。

この日曜日、5月10日の「Mother’s Day(母の日)」を前に、こちらでは珍しく雪が舞った。急な冷え込みで、果たして街頭でマスクをするニューヨーカーは増えるかどうか、少し気になっている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/3b72bd3cba142bda91870fa4076f76ea880eb85b?page=2

【マスクを着け、靴を脱ぐ 新型コロナでニューヨーカーの習慣が、まるで日本人のように】の続きを読む

このページのトップヘ