新型コロナウイルス

1: News茶畑がお送りします 2020/04/04(土) 09:49:01.56 BE:658823198-BRZ(11101)
バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の大阪エヴェッサは3日、新たにチーム関係者1人が新型コロナウイルスの陽性反応を受けたと発表した。

発熱、せき、倦怠(けんたい)感と味覚や嗅覚の障がいがあり、前日2日にPCR検査を実施。3日に感染が判明した。2日にBリーグで初めてとなる選手1人の感染が明らかになり、合計10人の選手、スタッフらが体調不良を申し出ていた。チームは「濃厚接触者の調査と、チーム、スタッフ、クラブ関係者全員の体調管理および周知の徹底を行ってまいります」とコメントした。


B1大阪2人目コロナ感染 味覚障害のチーム関係者

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200403-24030735-nksports-spo
woman6_syoppai

【今日の味噌汁なんか味が薄いな】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/04/04(土) 16:11:58.62
東京都の関係者によりますと、4日に都内で新たに110人以上が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたということです。都内で感染が確認された人が1日に100人を超えるのはこれが初めてです。

都は、感染の拡大が続いているとして、先週末に続いて、4日と5日も不要不急の外出を控えて欲しいと強く呼びかけています。

また都は、特に、感染経路がわからないケースや若い世代の感染が相次いでいることに強い危機感を持っていて、いわゆる3つの「密」を避けるなど、感染を広げないための行動をとるよう呼びかけています。

東京都 新たに110人以上感染確認 1日100人超は初 新型コロナ

2020年4月4日 16時03分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200404/k10012368431000.html
virus_overshoot


【【東京都終了のお知らせ】東京都 新たに118人感染確認 1日100人超は初 新型コロナ】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/04/03(金) 16:01:26.36
新型コロナウイルスの影響で、ドラマやバラエティー番組の収録休止や社屋を“ロックダウン”するなど、テレビ局も対応を迫られている。
再編集や再放送が増えていくことになるだろうが、この事態に芸能界全体が悲鳴をあげている。

TBSは4日から19日までの約2週間、ドラマやバラエティー番組のロケやスタジオ収録を見合わせることにした。
テレビ東京も3日から1週間をめどに出社人数を全社員の2割程度とし、番組収録は一時中断する。

日本テレビは本社ビルへの入館を規制する“ロックダウン”措置を講じており、
フジテレビではニュース番組『Live News α』を2チーム体制とし、月~木曜でキャスターを務める三田友梨佳アナ(32)を月~水曜担当とした。

テレビ朝日も3日放送の『ミュージックステーション』を無観客にするなど対応するとしている。

新しい番組の制作が止まることで、各局とも過去の番組の再放送や再編集などで対応することになる。
そんな中、ドラマの撮影休止や舞台の公演延期が相次ぐことで、干上がり気味の俳優の窮状も浮き彫りになった。

「日本俳優連合」が行った緊急のアンケートで、生活のために貯蓄を取り崩したり、
借金をしたりする必要があると答えた俳優や声優が8割近くにのぼったのだ。

NHKが3日報じた。俳優連合では2日までの3日間、緊急のアンケートを実施し、528人が回答。
それによると、中止になった公演の出演料については、まったく支払われなかったと答えた人が75・7%にのぼった。

さらに、現在の生活ぶりについては「貯蓄を取り崩している」という人が52・3%と半数を超えたばかりか、
「蓄えを取り崩しても足りず、借金の必要がある」と答えた人も26・3%に及んだ。

俳優連合では今月5日、俳優連合の理事長である西田敏行が首相や厚労相らにあてて、
「働き手支援についての緊急要請」とする要望書を提出し、俳優の窮状を訴えている。
http://www.zakzak.co.jp/ent/news/200403/enn2004030013-n1.html
20200403004

【芸能人悲鳴! 収録中止、再放送増・・・「借金する必要がある」、窮状を訴える声も多数】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/04/03(金) 18:01:23.83 ● BE:582792952-PLT(13000)
 新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるため、政府の専門家会議は、東京や大阪など感染が拡大している地域では「10人以上が集まる集会などへの参加を避け、一斉休校も検討すべき」などとする提言をまとめた。


「コロナ疲れ、自粛疲れともいえる状況がみられ、警戒感が予想以上にゆるんでしまった」

 4月1日の会見で同会議の尾身茂副座長はこうも発言している。小池百合子東京都知事らも不要不急の外出自粛を呼びかけているが、なかなか声が届いていないのが現状だ。

「文春オンライン」編集部特集班は3月27日~29日の3日間、渋谷・原宿周辺に集まる大勢の若者たちに話を聞いた。

 桜の名所として知られる代々木公園は感染拡大防止のため、3月28日に封鎖された。だが、その前日の深夜の時点では、公園内には複数の若者が集まり、花見の宴が催されていた。
テレビ観ないからよくわかんない

「コロナ、ヤバそうですよね。でも、テレビ観ないからよくわかんない。どこに行ってもかかるときはかかるじゃないですか。このまま誰も桜をみないとお花がかわいそうで」(19歳・都内私立女子大生)

「今は体調が悪いことになっています。『熱っぽい』と言えば会社を休めるから、近場の友達と来ちゃいました。コロナがきてもアルコールで消毒できるでしょ」(20代・IT会社勤務男性)  

 ギターを片手に、缶ビールや缶チューハイで乾杯する彼ら。多くが「ノリで集まった』という。

 桜の下で「山手線ゲーム」を女子大生と楽しんでいた自称・慶大生はこう語った。

「親には遊びに行くなと言われました。知られたら怒られますね。2月に海外行ったときも呆れられました。でも春休みが超長くて、学校は4月もない。とはいえ居酒屋のバイトもお客が来ないから切られて金もないし、毎日やることない。外で飲むだけ。空気もこもらえないし店よりもいいでしょ!!」

 翌日の土曜日の渋谷、「109」や「ラフォーレ原宿」などの商業施設は休業。自粛ムードが漂う中、行き場を失い、街を歩く若者を見かけた。

【コロナもかまわず渋谷・原宿に溢れる若者たち「バイトがないから」「春休みが超長くて」「免疫あるし」】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/04/03(金) 18:05:40.05
新型コロナウイルスによる小学校などの休校により、子どもの世話のために仕事を休んだフリーランス向けの支援金支給要領で、「風俗営業などの関係者」が支給除外されていることがネットで波紋を呼んでいます。

これはフリーランスの保護者が働けなかった日について、1日当たり4100円の支援金を支給するものです。ネットでは「職業差別ではないか」、「人権上も大問題だ」、「国が営業を認めている仕事じゃないんですか」と撤回を求める声が相次いでいます。

ナイトビジネスに詳しい若林翔弁護士は、今回の支給除外について「他の職種の人たちよりも支援の必要が高い場合も多い。これらの業種を一律に対象外にすべきではなく、反社会的勢力の資金洗浄に使われたり、資金源になるようなケースがあれば、個別の法律を適用して対応すべき」と批判します。

●厚生労働省の見解は?

なぜ、このような除外要件が設けられたのでしょうか。

臨時休校による国の支援については、保護者に有給休暇を取得させた事業者に対する助成金も創設されていますが、ここでも「性風俗関連営業、接待を伴う飲食等営業またはこれら営業の一部を受託する営業を行う事業主は受給できない」という規定があります。

こうした要件について、厚生労働省の担当者は「過去に企業向け助成金で反社会的勢力の資金洗浄に使われていたようなケースがあり、不支給要件に入っている。個人事業主に対しても、事業主向けの支給金の一類型に該当するとして、同じ要件の中で支援金を伏させていただいた」と説明しました。

今回の支援金の創設にあたって、不支給要件の再検討はしておらず「支援金は早めに出す必要があるという政府の考えのもと、統一的な要件でやらざるを得なかった」と言います。

今後要件を見直すかどうかについては、「今のところ検討していない」と話しました。

また、「職業を除外するものではない」としつつ、「支援金には国の税金が使われる。支援対象の個人事業主が直接反社会的勢力に関係していなくても、風俗等に類型した業種に関わることで、資金源を担っていることも考えられる」と説明しました。



20200404002

【風俗、キャバは「休業補償の対象外」に批判殺到 ← 水商売の上流の人間が何言ってんだwww】の続きを読む

このページのトップヘ