政治的発言

とりあえず叩く

1: News茶畑がお送りします 2020/05/24(日) 09:59:25.53
 もはや一つの社会現象となった「#検察庁法改正案に抗議します」。一時は強行採決も辞さない構えを見せていた安倍内閣も急遽方針転換、5月18日に今国会での成立を断念すると報じられました。しかし事態はこれで収まらず、20日に黒川検事長と新聞記者の賭けマージャンが「週刊文春」にスクープされると翌21日は黒川検事長が辞表を提出。はっや。ポーカー賭博で御用となった際の謝罪会見で着用していた柴田勲さんのトランプ柄セーターを思い出す間も無い、何とも呆気ない幕引きでした。

 政治家、官僚、マスコミがくんずほぐれつやっている間に、芸能人は芸能人で「政治的発言」をめぐる熱い領土争いを繰り広げる、こちらテレビの世界のお話です。17日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)、この日番組では件の「#検察庁法改正案に抗議します」を取り上げ、検察庁法改正案についてはツイッターで知った、自分は勉強していないのでツイートしなかった、実際に「ハッシュタグをツイートして」と頼まれた……etc.の自説を展開したのは、コメンテーターであるタレントの指原莉乃さん。

「私テレビで失敗しないので」の人がまさかの炎上

 指原さんの発言により、タイムラインはすぐさま炎上の様相を呈していました。「芸能人はハッシュタグをツイートするよう圧力を受けていた!」とセンセーショナルに報じるまとめサイトや「指原はやっぱり賢い」と絶賛する人たちの一方で「芸能人が何も考えずにツイートしたような印象操作をしてる」と嫌悪感を露わにする人、はたまた「指原は安倍首相とご飯に行ったりしてるから政権寄りの発言をする」と不穏な邪推をする人まで、否定的な意見の多さにも驚きました。だって指原莉乃さんといえば「私テレビで失敗しないので」の人だから。彼女が実際に何を語ったのか、ツイートやネットニュースでなく、実際の映像を振り返ってみましょう。

指原さんが語った「私がツイートしなかった理由」

「私も実際に芸能の方のツイートを見て、ああこういうのがあるんだと知ったので、それを知ってる人がそういう風に広めてくれて、で、勉強する、関心を持つっていう点はすごくいいなと思ったんです。自分もこうして関心を持てたので」

 まずはハッシュタグの広まりについて、こう述べた指原さん。しかし彼女は実際にはツイートはせず。その理由について

「ただツイッターとかで、今回ので言うと、簡単な、すごく簡単に記された相関図とかが載って、それが拡散されてここまで大きくなったと思うんですけど、本当にそれを信じていいのかとか、双方の話を聞かずに勉強せずに偏ったものだけ見て『え、そうなの、やばい、広めなきゃ』っていう人が多い感じがして、今。正直この件に関しては私はそこまで信念がなかったので呟けなかったです」

 そして司会の東野幸治さんに

「ちなみにツイッターとかで、指原さんもハッシュタグをお願いしますみたいなのは来てたんですか」

 と問われると

「来てまし……た。どう思うんですか?って」

「おお、ホント」松本人志さんの驚きリアクションのデカさにカメラを持っていかれ、結局「来てました」の詳細は語られないまま終わってしまいました。
 ◼以下全文
https://news.yahoo.co.jp/articles/70496642b72fd5e176ee50b1a88255ae58f7f56a
20200524-00038000-bunshun-000-5-view[1]

【指原莉乃さんの「政治的発言」が炎上 ← パヨさん得意の印象操作wwww】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/11(月) 20:00:34.88
会員制交流サイト(SNS)のツイッターで9~10日にかけ、俳優やタレントなどの著名人が
「 #検察庁法改正案に抗議します 」と相次いでツイートしました。

歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんも投稿した一人でしたが、間もなく削除。
その理由を「ファン同士での意見が割れて悲しくなり」と説明していますが、

ツイッター上では「勇気ある行動」と賛同する声の一方で、

「イメージが壊れる」「影響力があることを自覚して」「政治的発言は勉強してからにして」などの批判が寄せられていました。

芸能人が政治的意見を発信することについて、みなさんはどう考えますか?

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/607380/
bluebird_baka

【芸能人の政治的発言、どう思う?】の続きを読む

このページのトップヘ