ガーン

1: News茶畑がお送りします 2020/06/17(水) 13:37:16.05
 東京・八王子市で高校1年の15歳の少年が拳銃で自殺したとみられる事件で、少年が使った拳銃はインターネットを通じて購入したものではないことが分かりました。

 8日、八王子市の住宅で高校1年の男子生徒が死亡し、アメリカ製の拳銃で自殺を図ったとみられています。その後の捜査関係者への取材で、少年の携帯電話やパソコンなどを解析したところ、インターネットを通じて拳銃を購入した履歴がこれまでのところなかったことが分かりました。この住宅からは少年の部屋以外からも拳銃の弾倉や手入れ道具も見つかっていて、拳銃などは数年前に病死した元外務省職員の父親が持っていたものとみられています。警視庁は引き続き鑑定を進めています。

ソース https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200617-00000024-ann-soci

【自殺の高1少年 拳銃は元外務省職員の父親が所持か? ← もうめちゃくちゃ】の続きを読む