岡田結実

未だに岡田圭右の娘って言われているのに、一本立ちして女優って厳しいんじゃないの、勘違いって言われちゃってもしょうがないよな・・・


1: News茶畑がお送りします 2020/02/02(日) 08:44:11.73
お笑いコンビ『ますだおかだ』岡田圭右の娘としても知られるタレント・岡田結実が、所属する『オスカープロモーション』を今春で退所すると報じられた。

報じたのは1月28日発売の『週刊女性』。同誌の取材に対し、オスカー側は「そういった事実はございません」と報道を否定しているが、退所には十分な理由があるという。

「結実は父親譲りの明るいキャラクターが受け、単発でのパネラー出演を中心に『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)のMCなどバラエティーで大活躍。
テレビ局からのオファーもひっきりなしですが、結実自身はバラエティータレントではなく、事務所の先輩・米倉涼子のような女優になりたいそうです。事務所にも、もともとは演技志望で入ってきたそうですよ」(芸能ライター)

〝事務所の力〟で主演できていたにすぎず…
一方、この報道に対し、厳しい意見も上がっている。

「ドラマ4本、映画1本と実績豊富な結実ですが、ドラマはすべてテレビ朝日系列の作品。
そして、そのテレ朝は、オスカーのタレントしか出演しない番組『オスカル!はなきんリサーチ』を放送するなど、オスカーと結び付きが非常に強い。
つまり結実は〝事務所の力〟で主演できているにすぎないのです。
また、結実がこれだけメディアに引っ張りだこなのも、〝若くて明るくお笑いもできるのに見た目がいい〟という要素や父親のネームバリューがあるから。
バラエティーとしては事務所が変わっても重宝されるでしょうが、女優としてはオスカーの力なしでは到底やっていけません」(芸能プロ関係者)

ネット上にも、

《いや、バラドルだから需要があるんで… 女優はちょっと無理じゃね》
《女優一本は厳しくないか》
《残念だが才能はない》
《岡田のネームバリューだけしかないんだから無理だぞ》
《女優やりたいならオスカーにいた方がいいんじゃないのか》
《はい勘違い始まった》

などと厳しい声が。

4月には20歳を迎える結実だが、成人後の芸能活動は厳しい道のりになるかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/2177487/
2020.02.02 07:31 まいじつ
20200202004

【バラドル・岡田結実の“高望み”に呆れ声…「勘違い始まったな」】の続きを読む

勘違い始まっちゃったかwww

1: News茶畑がお送りします 2020/01/27(月) 20:09:23.56
「小学校・中学校・高校生活が経験できるのは1度きり。後悔しないよう、いい意味で無駄づかいして楽しんでください!」

放送中のドラマ『女子高生の無駄づかい』(テレビ朝日系)で主演を務める岡田結実(19)。
1月20日に、都内の女子高で行われた制作発表イベントで高校生たちに明るく呼びかけたが、本人もこのとき“後悔”しないようにひとつの覚悟を決めていたようだ──。

「ドラマの放送が終わる3月末をもって'16年から所属している事務所『オスカープロモーション』を退社する予定だというんです。岡田さんの契約更新は毎年4月なので、タイミングが重なったかたちですね」(テレビ局関係者)

所属事務所を退社する理由は……
お笑いタレント・ますだおかだの岡田圭右を父にもち、明るいキャラクターがウケてバラエティーで頭角を現した。
現在も『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)のMCなど多くの番組で彼女を目にする機会がある。
仕事は順調そのものに見えるのだけど……。

岡田の所属事務所に退社の事実関係を確認したところ、

「そういった事実はございません」

と否定するが、彼女が退社を決めるには十分な理由があった。

「'18年ごろから『オスカー』は、社長の娘婿が会社の役員に就任したんですが、そのやり方についていけないと40名以上の社員が立て続けに退社したんです。その中には岡田さんが信頼していたスタッフもいたそうなんですよ」(スポーツ紙記者)

心の支えを失った岡田は、現状とのギャップにも苦しんでいたようだ。

「そもそも今の事務所にも“演技がやりたい”ということで入ってきたので本人としてはバラエティーではなく、先輩の米倉涼子さんのような女優業をメインに取り組みたいんですよ。これまでも、テレ朝系の『私のおじさん』など、2本の連続ドラマの主演を務めて着実にキャリアを重ねていますからね」(制作会社関係者)

しかし、本人の思いとは裏腹に世間からは“バラエティータレント”として見られてしまっている。

「オファーがあるからだとは思うのですが、事務所もバラエティー番組の仕事を多く取ってくるそうで、演技をやりたい岡田さんと意思の疎通がうまくできていなかったみたいですね。“女優として自分を評価してくれる事務所へ移籍したい”という思いが強くなったのかもしれません」(同・制作会社関係者)

今年20歳を迎える岡田は新しい道を歩もうとしている。
バラエティー番組への出演も、もう少ししたら“閉店ガラガラ”になっちゃうかも!?

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200127-00017056-jprime-ent

岡田結実
no title

【岡田圭右の娘・岡田結実(19)、今春事務所退社へ バラエティーよりも「女優がやりたい」】の続きを読む

彼氏いてもいいじゃん、別に隠す必要もないと思うし・・・

1: News茶畑がお送りします 2020/01/24(金) 11:07:46.55
1月20日、女優の岡田結実が、東京・蒲田女子高等学校内で行われたドラマ『女子高生の無駄づかい』(テレビ朝日系)のイベントに出席。自身の学生生活を振り返ったところ、ネット上では〝ウソ〟が指摘されてしまった。

岡田はドラマの内容にかけて自身の学校生活を振り返り、「学校に男子が少なくて、ほぼ女子高みたいな場所でした。その中でも男子をゲットした少数の女子がいて、うらやましくてクソって思っていました」と、〝非リア充〟であったことを明かす。
さらに「モテなかったので私もそんな経験をしてみたかった」と〝イケていない〟アピールが止まらない。

誰も信じない“イケてない”アピール
これにはネット上で、

《こんな美人いたら普通好きになるでしょ》
《モテねえんじゃねえよ、敷居が高いからアタックできねぇんだよ》
《モテないんじゃなくて、男性は相手にされるとは思ってないからいかないんだよ》

などと、驚きや慰めの声が多く上がった。しかし、その一方で、

《前に電車で男の子にメアドの紙渡されたとか言ってなかった? モテないわけないやん》
《でも、この間はオスカーに入る前は彼氏とデートしたことあるって言ってたね》
《本当はそれなりにモテていたんじゃない》

など、疑う声も上がっている。

「昨年11月に、岡田は事務所に入る前に彼氏がいたことを告白。イルミネーションデートなどをしていたようで、『(恋愛を)人並みに、たしなんできました』『 (イルミネーションを)エンジョイしてました。キャピキャピしながら、たしなみました』と明かしています。
今の事務所に入ったのは16歳のため、このデートは高校時代だった可能性がありますね。それとも、中学時代から既にバリバリと恋愛していたのか…」(芸能記者)

岡田の所属事務所は25歳まで恋愛NGのルールがある。果たしてこのルールを、どこまで守れるのだろうか。

http://dailynewsonline.jp/article/2166610/
2020.01.24 10:32 まいじつ
no title

【岡田結実“カレ氏いないアピール”にウソ疑惑! 過去発言と矛盾点】の続きを読む

このページのトップヘ