小倉優子

1: News茶畑がお送りします 2020/03/29(日) 06:26:30.37
 小倉優子(36)の別居第一報から2週間以上経っても、いまだ夫妻の行く末を注視する世間の目は熱い。

 それはなぜか。芸能デスクが解説する。

「ひとつは小倉が第3子を妊娠中ゆえ。彼女は2017年、前夫と小倉の後輩タレントとの不倫が原因で離婚したが、不倫発覚時も第2子を妊娠中で、同情が集まった。一度ならず二度までも……というわけです」

 もう一点は前回とは異なり、離婚を求めているのが夫の側という意外性だ。

「小倉は17、18年と2年連続『好きなママタレント』1位に輝いた高好感度を誇る。インスタグラムでも家庭生活の様子を披露していたし、当然、歯科医の夫・A氏との夫婦仲は良好と思われていた。しかし小倉は3月12日、インスタで『妻として私の至らない点がありました』とコメント。一体どんな事情かと、同情ばかりではない興味をかき立てている」(同前)

 A氏の離婚の意志は固いという。「グッド!モーニング」(テレ朝)にコメントを寄せ、小倉に専業主婦になってほしかったことが離婚理由のひとつという報道に対し、「引退を迫ったことは一度もない」と否定。また「詳細を話せば妻の仕事への悪影響もあるでしょう」と、原因は小倉にあるという主張を暗に匂わせた。

■夫に「人間が小さい」……キツい言葉の数々

 小倉は高校在学中の01年にグラビアデビュー。童顔に似合わない積極的な水着グラビアを展開。また「こりん星」から来たお姫様を自称し、「笑っていいとも!」(フジ)などバラエティー番組でも人気者になった。

 しかし、20代後半にはそのキャラに徹するのも厳しくなった。

「悪魔キャラを貫徹するデーモン閣下が『設定が甘い』と小倉を叱ったという“伝説”もありますが、後にバラエティー番組で『こりん星』キャラが辛くなっていたことを告白。しかし12年に前夫との間に第1子を儲けてからママタレへイメチェン。ブログで子育ての様子を発信し、料理本も出版するなど、堅実な主婦像を打ち出した。結果、新たに女性層の支持を集めたという“キャラ変”の大成功例です」(テレビ制作関係者)

 子供のために復縁を求めているという小倉だが……。

「小倉はああ見えて気が強い。A氏を『人間が小さい』と罵ったことが別居の引き金と文春が報じたが、A氏の匂わす“詳細”には、これにとどまらないキツい言葉の数々があるという。暴露合戦は大きなイメージダウンだし、粛々と離婚に向かうしかないのでは。試練を乗り越え、次は頼もしき『お姉様』キャラで再登場かも」(前出・芸能デスク)

 ユーコー的な別れこそが、新生ゆうこりんへの近道。

https://bunshun.jp/articles/-/36854?page=1
no title

【【ゆうこりん】「人間が小さい」と夫を罵り……小倉優子“離婚危機”の原因は「キツい言葉」?】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/03/17(火) 02:47:06.63 ID:Sy+KuW9x9
2年前のクリスマスに交際約半年で歯科医のA氏と再婚するも、その1年後には夫と別居状態にあることが明らかになった、タレントの小倉優子。

前夫とは夫の不倫が原因で離婚したものの、シングルマザーとして2人の子どもたちを育てながら、ママタレとして仕事もこなし、歯科医と再婚。長男とともに難関小学校のお受験に挑んで見事合格するなど幸せの絶頂にいると見られていたが、現実はまさかのドロ沼のようだ。

ギャル曽根もゆうこりんに戦々恐々!?
 
現在、小倉は第3子を妊娠中であるにも関わらず、A氏とは弁護士を通してしか連絡がつかない状況だという。

小倉は3月12日に自身のインスタグラムで、別居報道について「報道された内容には事実と異なることもありますが、夫を支える妻として私の至らない点がありました」と明かしたが、
その翌日、A氏は一部メディアの取材に応じ、「事実と反する報道がなされていることについて、本当に残念に思います」と反論した。

「双方がいう“事実と異なる報道”がどの部分なのかはわかりませんが、一部で伝えられた、Aさんが“小倉に芸能界を引退して専業主婦になってほしいと迫った
”また、“一方的に家を出た”という報道に関して、彼自身は否定しています。ただ、Aさんは弁護士を立てて、すでに離婚の意思表示をしているそうですが、小倉は修復を願っているといいます」(スポーツ紙記者)

小倉は、ほんわかした“ゆうこりん”のイメージもすっかり定着し、可憐(かれん)で従順そうに見えるが、実際は「負けず嫌いで努力家」(芸能プロ関係者)なタイプだという。

「昔、焼き肉店のイメージキャラクターになった時には経営や会計にも興味を持って勉強をしていましたね。さらに、最初の結婚前には和・洋・中・お菓子・パンと5か所の料理教室を掛け持ちして通っていました。
どの教室でも熱心にメモをとって、教室が終わると友人たちを呼び、その日のメニューをおさらいして振る舞い、感想を聞いていたといいます。おかげで、メキメキと上達したそうです」(同前)

ゆうこりんのイメージを徹底的に作り上げる一方、その陰では上記のような“完璧主義”な一面を持っていたのだが、「結婚生活ではそれがネックになっているのでは」(女性誌記者)という声もある。

「思い込んだらひたすら一直線。自分が頑張り屋なので、相手にも要求度が高い。前夫には毎日、“好きなところを10個言わせる”といった過酷なルールを設けていたというのは有名な話。
小倉の親友とも言われているタレントのギャル曽根が、プライベートの約束に遅刻したときに一日中、口もきいてくれなかった、という一件もそうですが、とにかく一度決めたら周囲の声には耳を貸さないタイプです」

家庭でも気張りすぎるあまり、Aさんに多くを求めすぎてしまい、普通の妻の顔に戻れなかったのだろうか。

3/16(月) 21:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200316-00017459-jprime-ent
20200316-00017459-jprime-000-1-view[1]

【<小倉優子>結婚生活では完璧主義がネックに!? 剥がれ始めた“最強ママタレ”の仮面】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/03/14(土) 20:10:27.70 ID:uhjaxib89
 第3子の妊娠を2月に発表したばかりのタレントの小倉優子(36)と、再婚した夫の歯科医A氏(46)との間で発覚した離婚危機。円満に見えた夫婦生活が一転、昨年末から別居中だった事実が明らかとなり、2人をめぐる報道が続いている。

 これまで小倉が周囲に対して、「A氏が一方的に家を出た」「芸能界の仕事を嫌がられていた」「お腹の子どもに興味を持たない」などと打ち明けていたことが報じられている。

 そんな中、夫のA氏は、3月13日放送された「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)の取材に次のようなコメントを出した。

「私の役割として芸能界で活躍する妻を支えることが大切なことだと思っていましたし、やりがいも感じていたので私から引退を迫ったことは一度もなかったです。また、私から一方的に家を出た事実もありません。おなかの子に限らず子どもたちを本当に大切にしていたし、子どもたちも私のことを今も大切に思ってくれているので流れとしては私が最も望まない形になっています」

 子どもたちのことを一番に考えている、としたA氏だが、小倉の友人は首を傾げる。

「本当に子どもたちのことを思っていたら、なぜ身重で、心身ともに不安定な妊娠2、3カ月の時期に、妻の元から離れるのでしょうか。彼女にも落ち度があったのかもしれないが、子どもが一番というならば、今は我慢してでも、そばにいてあげるべき時期です」

レストランで目撃された一家

 46歳のA氏は、小倉との結婚が初婚で、埼玉県郊外の出身。有名私立大を主席で卒業して歯科医となり、これまで「仕事一筋」だったという。

「亡くなったお父さんは公務員で、お母さんはフラダンスの先生。Aさんは次男坊で、孝行息子ですよ。一人で暮らす母親のためにお洒落な一軒家を建てています。趣味は車で、外車に乗っている。昔から派手好きなところはあって、結婚する前は代官山や青山に住んでいたそうです。だから、芸能人と結婚されたと聞いて『なるほどな』って納得しました」(近隣住民)

 かつて小倉と生活を共にした港区内で、昨年9月に外食中の小倉家を見かけた女性は、そのときのA氏の振る舞いに疑問を抱いたという。

「昼過ぎの時間帯に、テラス席のあるチェーンのレストランBで、ゆうこりんの一家が、私の隣の席で食事をされていました。ご主人1人に対して、お子さん2人とゆうこりんが向かい合って座っていて、
パスタなどを食べていた。ゆうこりんは子どもに食事を食べさせたり面倒を見ていましたが、旦那さんは手を貸すでもなくスマホをいじっていました」

 穏やかなランチタイムだったが、食事を始めて1時間ほどして、隣の席がバタつき始めた。

「食べ過ぎちゃったのか、下の子が突然、革張りのソファーにけっこうな量を吐いてしまったんです。しっかりした長男が店員さんを呼びに走っていき、ゆうこりんは持参していたティッシュで一生懸命に
掃除をして、しきりに周囲に謝っていた。でもご主人は何もせず、無言で傍観していて、その後もスマホを見ているだけで、見ている私たちもビックリしてしまいました。食事をしていた友人と
『これじゃあ長くは続かないよね』と話したほどです」(同前)

以下略全文
「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200314-00036644-bunshun-ent
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200314-00036644-bunshun-ent&p=2
no title

【《真相直撃》小倉優子別居 離婚危機を予感させた港区レストラン嘔吐事件】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/03/14(土) 07:55:35.80 ID:uhjaxib89
歯科医師Aさんとの離婚危機が報じられたタレント小倉優子に逆風が吹きだした。

小倉は7歳と3歳の子供を連れ立って、Aさんと‘18年12月に再婚。夫婦円満に思われたが、昨秋ごろから亀裂が生じ始めていたという。

一報を伝えたのは3月11日発行の「サンケイスポーツ」。同紙によれば、歯科医を営むAさんが家業のこともあり小倉に「芸能界を辞めてほしい」と頼んだところ、ママタレとして活躍中の小倉がこれを拒否。

昨年11月には2人の初子となる妊娠が判明したが、「ご主人は妊娠を知りつつ、結婚1周年記念日にあたる昨年のクリスマス直前に突然、家を出ていったんです」と、関係者の証言を載せている。今年1月には
弁護士を通じて離婚と2人の息子との養子縁組解消を求める書類が届いたという。

記事によれば、小倉は親しい知人に「夫は一生懸命、家庭に尽くしてくれたのに私が甘えてしまった。別居直前まで夫婦関係は良好だと思っていたのに…」と涙ながらに告白。「夫がこんなにも怒りっぽい人とは 思わなかった。でも、子供たちや生まれてくる子のためにも、元の関係に戻りたい」と話していたという。これを受け、ネット上では小倉に対する同情論が殺到したが……。

3月13日放送の『グッド! モーニング』(テレビ朝日系)では、渦中のAさんが反論。映像も音声も流さず、夫が語ったことを読み上げる形で放送された。

Aさんは「事実と反する報道がなされていることについて、本当に残念に思います」と切り出し、

「私の役割として、芸能界で活躍する妻を支えることが大切なことだと思っておりますし、やりがいも感じていたので、私から引退を迫ったことは一度もなかったです」と明かした。

さらに、昨年のクリスマス直前に突然家を出たという話にも「私から一方的に家を出た事実もありません」。

一部で小倉のお腹の中の子供に「会いたくない」と報じられたことに関しても「お腹の子に限らず子供たちを本当に大切にしていましたし、子供たちも私のことを今も大切に思ってくれているので、流れとしては
私が最も望まない形になっている」と強調した。

食い違う双方の主張。一体どちらが正しいのか……?

「このネタを追っていたのは、実は『女性セブン』でした。ところが、週頭にセブンが小倉さんの所属事務所に事実確認の問い合わせをしたところ、なぜか先にサンスポに出てしまった。

サンスポも同じネタを追っていた可能性はありますが、業界では『小倉の事務所がサンスポに流したんだろ』ということで通っています」(ワイドショー関係者)

この手の“スクープ潰し”はマスコミ業界では日常茶飯事で、仕方のない部分はある。ただ、サンスポの記事が“ゆうこりん擁護”の内容だったため、昨年大炎上した「あの一件」を思い出した人も多かった。

「木下優樹菜さんの“タピオカ店騒動”ですよ。彼女と小倉さんは同じ事務所の所属で、人気のママタレという立場も一緒。どうしても同じように世間に色眼鏡で見られてしまう。妻と夫の言い分が180度違うにも
かかわらず、ネット上では木下さんの時のような逆風が小倉さんに吹き始めています」(スポーツ紙記者)

稼ぎ頭だった木下に続いて、小倉まで潰れてしまったらシャレにならない。事務所が彼女の今後を心配するのは、ビジネス的にも自然な流れだ。

「理由がどうであれ、約1年でのスピード離婚は”ママタレ”のイメージには大きなマイナスなのは間違いない。小倉は何とかして元サヤに戻ろうと努力しているようだし、事務所もそれも全力でバックアップしている。
その願いが夫に通じるかは、神のみぞ知るというところでしょうかね」(テレビ局関係者)

小倉にとっても、事務所にとっても正念場になりそうだ――。

FRIDAYデジタル

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200314-00000001-friday-ent
no title

【離婚危機の小倉優子 夫のまさかの“反撃”で一転「ママタレ危機」】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/03/13(金) 14:09:18.22 ID:xnWPZHOW9
芸能レポーターの井上公造氏が、3月13日に放送された情報番組「おはよう朝日です」(朝日放送)に出演。別居が報じられたタレントの小倉優子(36歳)について語った。  

井上氏は2月27日、小倉の第3子妊娠がわかった際に祝福のメールを送ったところ、小倉の反応が少し気になるものだったため、電話で直接話を聞くことに。

井上氏によると、小倉の夫の親戚が“芸能人御用達の歯科医院”を経営しており、そこを夫に継いで欲しいとの話があった、とのこと。そして「そこを継ぐんだから(小倉が)芸能界にいると継ぎづらい」「芸能界を辞めて欲しい」との話になったという。

電話で小倉は、「主人は本当にいい人なんです。こんな一面を持っているなんて全く知らなかったけれど、この性格を踏まえてやり直したい」と泣きじゃくっていたそうだ。

https://www.narinari.com/smart/news/2020/03/58890/all#more
no title

【小倉優子泣きじゃくる「やり直したい」】の続きを読む

このページのトップヘ