富川悠太

news_wideshow_serious

1: News茶畑がお送りします 2020/06/27(土) 23:18:04.29
『報ステ』富川アナ“復帰”も立場ナシ! 代打アナが大人気に


先月、新型コロナウイルスに感染し療養していた富川悠太アナウンサーが、『報道ステーション』(テレビ朝日)に復帰して早3週間。
世間では、富川アナの代打を務めた小木逸平アナを推す声が上がり始めている。

「今月4日、富川アナは約50日ぶりに『報ステ』に復帰。しかし、世間に新型コロナウイルスの感染拡大防止策を呼び掛けていたものの、自身は発熱しながらテレビ出演を継続していたことが発覚して好感度は地の底に。
しかも、追い打ちをかけるように家庭内での〝警察沙汰〟までもが露呈し、これまでのクリーンで聡明なイメージが一掃されてしまいました」(芸能ライター)

そんな富川アナの仕事終わりの近影を、6月23日付の『FRIDAYデジタル』が報じている。
写真を見るに、少々お疲れのようだ。


「富川アナのコロナ感染で、番組の編成は大きく変わりました。これまで富川アナは月~木でメインキャスターを担当していましたが、復帰後は木・金だけに。
一方で、金曜日だけ担当していた小木アナは、富川アナの療養中は月~金すべてに出演。富川アナの復帰後も、月~水を担当と、富川アナの座を奪った形となりました」(同・ライター)

その結果、現在は月~水を小木アナと徳永有美のペアで担当。木・金を富川アナと森川夕貴アナのペアで担当している。


「もうどんなニュースを読んでも説得力ない」
するとこの新体制を巡り、ネット上では、

《「月~金」小木逸平&森川夕貴のコンビを希望します》
《キャスターに華なんか求めてないから小木アナがメインの報ステを見たい》
《報道ステーションのMCは小木アナが安定感抜群!! 地味な感はあるものの、安心して見ていられる点で評価が高い! 富川アナ危うし!》
《アクの強い富川アナと徳永さんは同時に降板してほしい。小木アナと森川アナコンビが安定していて見やすかった》
《代打の人の方が落ち着いていたし良かった 声のトーンとか話し方なのかな、何かすごく安定感があるんだよねあの人》

などと、小木アナのフル登板を望む声が続出することに。

富川アナへ「おかえりなさい」「元気になってよかった」と温かい声が寄せられることはあるにせよ、はっきりと熱望する声は多くはない印象だ。他にも、

《怖い奥さんがいるイメージがついちゃった》
《もうどんなニュースを読んでも説得力ない もともと上から目線の何様?って感じの論調でしゃべるアナウンサーだったし》
《富川アナ、恐妻のこととか格下げ考えるとかわいそう… こんな境遇でモチベーション保つの大変だろうな》

など、富川アナに対して同情や辛らつな声も寄せられている。

果たして、10月の改編期に〝残る〟のは一体誰なのだろうか?

https://myjitsu.jp/archives/123004

【『報ステ』富川アナ“復帰”も立場ナシ! 代打アナが大人気に フル登板を望む声が続出】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/21(木) 12:49:03.23
「まさかここまで不人気とは…」――。新型コロナウイルスに感染し、自宅療養を続けているテレビ朝日の富川悠太アナウンサー(43)が、局内での評判が日に日に落ちているとの衝撃的な声が飛び出した。その証拠に、メインキャスターを務めていた「報道ステーション」(テレビ朝日系)への復帰のメドも立っていないどころか、同僚にその椅子を奪われる!?

富川アナとともに新型コロナウイルスに感染していたフリーアナウンサー赤江珠緒の夫で、同番組の総合演出を担当する伊藤賢治氏が、テレワークながらも仕事に復帰したと報じられた。ただ、4月21日に退院した富川アナの復帰は未定のままだ。

「富川アナにはこの際、とことん休養してもらい、これまで金曜日だけメインキャスターを担当していた小木逸平アナにこのまま全曜日を任せられないかという声が多数、出ています。全ては小木アナの人柄ですよ」(事情通)

 その富川アナは写真誌「FLASH」に犬の散歩をしている姿が写し出され、話題となったが、テレ朝局内では日を追うごとに、小木アナシンパが激増しているという。いまや富川アナを推す局員は一部の上層部だけという状態で、多くの局員や制作会社スタッフは、小木アナ推しだというのだ。

「身から出たサビというやつです。富川アナは良くも悪くも仕事熱心で、スタッフにもつらく当たり、見方によってはパワハラと取られかねない状態が長く続いていたんです。しかも、今回のコロナ騒動でも、熱があるのを隠してキャスターを続けていたわけです。本人は仕事に対する義務感と責任感からだったと釈明しているが、自己満足と取られても仕方がない」(テレ朝関係者)

今後、仮に“報ステ”への復帰を果たしてもアナウンサーとしての未来は限りなく暗いという。視聴者や医療、政府関係者らから報道人としての対応の甘さを指摘されるばかりか、今後もバッシングが続く可能性までありそうだ。

「復帰したとしても小木アナと交代する案が出ている。金曜担当を富川アナにし、他の曜日を小木アナにするという具合です。正直、富川アナの不人気さが、まさかここまでとは思わなかった」(事情通)
一方、この期間に株を上げた小木アナは局内だけでなく、局外からも熱視線が送られている。
全文はソースをご覧ください

【富川悠太アナウンサー、報ステ復帰を阻む「不人気」多くの局員やスタッフは「小木逸平アナ推し」】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/13(水) 23:49:57.68 BE:306759112-BRZ(11000)
 テレビ朝日系の看板報道番組『報道ステーション』のメインキャスター・富川悠太アナの復帰が、
よりによって妻の醜聞で暗礁に乗り上げたという。

 11日付の「文春オンライン」が、富川アナの自宅に警察官や児童相談所の職員が緊急出動して、事情聴取を行っていたと報じた。

 同記事によると、3日、都内の閑静な高級住宅街にある一軒家から、
「アンタは宿題やんなさいよ!」「またバカが散らかしてるわ!ここ。うわ、頭悪い!」
「いい加減にしろよ、バカ!どこまで頭悪いんだ」「オマエはもう携帯禁止だ!勉強しろ!」などといった怒声が響き渡ったとされる。

これらは富川アナの妻が子どもたちを叱りつけた際のものと思われ、近隣住民が録音し、音声動画として公開されている。

 この騒ぎを聞きつけて、警察官が出動。DVの疑いがあるとして、児童相談所の職員までもが駆けつけた。
怒声は4月24日にもあり、その日も警察官が富川アナの自宅を訪問する姿が目撃されたようだ。



テレ朝・富川悠太アナ、警察沙汰の虐待疑惑報道で『報ステ』復帰は絶望的に
https://www.cyzo.com/2020/05/post_240897.html
car_patocar_front

【【朗報】テレ朝・富川悠太アナ、警察沙汰の虐待疑惑報道で『報ステ』復帰は絶望的に】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/04/15(水) 22:40:45.41
 メインキャスターの富川悠太アナウンサー(43)の新型コロナウイルス感染が発表されたテレビ朝日「報道ステーション」(月~金曜後9・54)が15日の放送で、富川アナのコメントを発表した。

 富川アナは12日に感染が発表され、現在入院中。これに伴い同番組の全スタッフが自宅待機になり、他番組のスタッフを緊急動員して番組の放送を続けるなど大きな影響が出ている。

 さらにこの日の放送で、同番組スタッフ2人の感染を発表。局内の感染拡大に対し、富川アナは「番組で繰り返し感染予防を呼び掛けていた立場にもかかわらず、このような事態を招き、視聴者の皆様、関係者の皆様に大変なご迷惑をおかけしました。申し訳ございません」と謝罪コメントを発表。
「すぐに平熱になったことから、発熱を軽視してしまい、上司や会社に報告せず、出演を続けたことを深く反省しています」と自身の行動を悔やんだ。

 「視聴者の皆様からは、多数のお叱りの電話やメールを会社にいただいていると聞いています。これらを真摯(し)に受け止めたいと思っております」と重ねておわび。「なお、3月下旬から大人数で飲食する機会もなく、外部での取材もなかったので、感染経路については思い当たることがありません」とした。

 富川アナは今月3~4日に38度の発熱。すぐ熱が下がり、平熱が続いたことから6日に通常出勤した。しかし7日の本番中にたんが絡み、かすれ声に。
翌日から息切れを感じるようになったが、9日まで出演を続けた。10日に息苦しさが続き、東京都内の病院に入院。CT検査で肺炎の症状が見られ、11日にPCR検査を受け、陽性が確認された。

スポニチ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200415-00000217-spnannex-ent
no title

【報ステ・富川アナが謝罪「発熱を軽視してしまった」感染経路は「思い当たることがありません」】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/04/14(火) 15:17:19.33
局内に激震が走った――。

4月12日に、テレビ朝日は『報道ステーション』でキャスターを務める富川悠太アナが、新型コロナウイルスに感染していることを発表。11日にPCR検査を受け、陽性が確認されたという。


テレ朝の発表によれば、富川アナは放送の無かった4月3日金曜日の朝に38度の発熱があり、在宅勤務に。休日である4日も熱は続いたが、5日には平熱に戻ったという。

そして、週明け6日月曜日からの放送には普段通りに出演。だが、9日に息苦しさを感じ、局に体調異変を報告。10日には入院してCT検査を行い肺炎が確認され、11日にコロナの陽性が判明したという。

「毎日、新型コロナ関連のニュースを発信しているのだから、どれだけ感染力が強いのか分かりきっていたはず。3日に発熱があったのなら、週明けの6日以降は大事を取って休むべきだった。局に報告したのも、発熱から6日後にというのも問題でしょう。平時ならともかく、これだけ新型コロナが感染拡大しているときですからプロデューサーなどに出演の相談をすべきだった。彼には降板など、何らかのペナルティがあるかもしれませんよ」(テレ朝関係者)

富川アナといえば、‘16年に古舘伊知郎から『報ステ』のメインキャスターの席を引き継いだ。前身の『ニュースステーション』を含めて、この看板番組のメインに自局のアナウンサーが代役以外で就任するのは、これが初めてだった。

「テレ朝にとって『報ステ』は、予算規模やスタッフの数など、他の報道番組とは別格なんです。それだけに、富川アナは、栄誉であるとともに、相当プレッシャーだったと思います」(スポーツ紙記者)

しかし、視聴率などの点から、局の幹部は彼に物足りなさを感じてしまった。 ‘18年には、テレ朝を退社しフリーとして活動していた徳永有美アナを出演させることになったのだが……。

「番組の作り方も、どちらかと言えば徳永アナをメインにする構成に変わっていった。当然、富川アナにとっては面白くないでしょう。そして言葉は悪いですが、“徳永アナに番組を奪われる”という焦りもあったんでは。そんなことが、彼が発熱したのに局に黙って出演するという“暴挙”に追い詰めたのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

感染を公表しているお笑い芸人「森三中」の黒沢かずこは、最初の発熱後すぐに平熱に戻ったことを公表している。彼女の感染は多くのマスコミが報道しており、富川アナがこの情報を知らなかったとは考えにくい。

“自分の席”を奪われないようにするため、発熱を隠して出演し続けたのであれば、あまりに気の毒としか言いようがないだろう――。

4/14(火) 7:02配信
【【テレ朝】<富川悠太アナ>発熱後も『報ステ』出演!関係者「彼には降板など、何らかのペナルティがあるかもしれませんよ」】の続きを読む

このページのトップヘ