大原優乃

1: News茶畑がお送りします 2020/03/29(日) 21:08:48.59
女優の大原優乃が自身のインスタグラムを更新。テレビ東京系ドラマ「ゆるキャン△」で共演した福原遥とのツーショットを投稿した。

「ゆるキャン△」で、福原は主人公の志摩リン役、大原はリンと出会ったことでキャンプに惹かれる女子高校生・各務原なでしこ役を務めていた。

大原は26日の放送で「ゆるキャン△」が最終回を迎えたことを報告。「リンがはるちゃんで本当に良かった。大好きな親友でもあり、
今回共演させてもらって尊敬する方だということも改めて実感しました 支えてくれてありがとう!」と感謝。2人がテントの中で寝袋にくるまるショットを公開した。

ファンからは「最終回ショックな 続編か映画化して~」「めっちゃ超超超可愛すぎるわ」「2人とも可愛いなおい」「寝袋に、なりたい~」「可愛い過ぎるよ」「癒される」「可愛い!素敵だなぁ」との声が上がっている。

福原遥&大原優乃、テントの中でほっこり寝袋2S「可愛い過ぎるよ」「素敵だなぁ」


【福原遥&大原優乃、テントの中でほっこり寝袋ショット】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/03/10(火) 21:12:26.19 ID:rXH0KSzh9
■15ページの大ボリュームでおくる、20歳の大原優乃尽くしの特盛グラビア!
大原優乃が、3月12日発売の『週刊少年チャンピオン15号』(秋田書店)の表紙および巻頭グラビアに登場する。

豊満ボディの全身ショットの目が釘付け

同誌には、8回目の登場となる大原。
「魅力∞」と題された巻頭グラビアは、Fカップボディと弾ける笑顔、そして20歳になった大人な表情まで、15ページの大ボリューム。
“ゆーの尽くし”の特盛グラビアとなる。


大迫力の両面BIGポスター付録付き。
限定QUOカード応募者全員サービス企画も実施される。

■大原優乃 コメント
いつも応援してくださる皆さんのおかげで8回目も……。
ありがとうございます!!
20歳になった私もよろしくお願いします(ハート)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-00000019-mnet-musi

「週刊少年チャンピオン15号」 大原優乃
no title

no title

no title


元Dream5 大原優乃
no title

no title

no title

no title

【元Dream5大原優乃、「チャンピオン」グラビア登場 豊満Fカップたわわボディ披露!】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/02/27(木) 14:43:29.93 ID:uQrCVFey9
女優の大原優乃さんが、自身が重度の“魚介アレルギー”であることを初公表。

大原さんは、10歳で5人組ダンス&ボーカルユニット「Dream5」のメンバーとしてデビュー。
現在はグラビアの他、テレビドラマ「ゆるキャン△」の各務原なでしこ役など俳優業でも活躍の幅を広げています。
「芸能人のアレルギー」をテーマにした番組で、自ら出演したVTRをおり交ぜながら自身のアレルギー体験を語った大原さん。
それは、中学校の頃、イベント後に行ったおでん屋での出来事。
おでんを食べた大原さんは喉のかゆみや呼吸困難、全身のじんましんなど、アナフィラキシーの症状を発現したといいます。
しかし、もともと大原さんは“魚介アレルギー”。
1歳のとき、父親が釣ってきたクロダイをみそ汁にして食べさせたところ、顔の腫れやじんましんなどの症状が出たため、
病院で検査を行うと、クロダイだけでなく、ほとんどの魚で高いアレルギー反応が認められたとのこと。
同番組でも大原さんに血液検査や直接肌にエキスを垂らすプリックテストを実施。
検査をした全ての魚で陽性反応が出ていました。
その後は、アレルギーに対応してくれる小学校を探して入学。
毎月、給食の献立を細かく打ち合わせては調理器具や食器を別にして、専用の給食を作ってもらっていたそうです。
また、魚を調理する蒸気や煙にすら反応してしまうことも分かり、日頃から気を付けていたものの、おでん屋でアレルギー反応を起こしてしまったのは、母の優しさと本人のうっかりが関係していました。
大原さんの実家で出てくるおでんは、好きなものを食べられない娘をかわいそうだと思っていた母の配慮でつみれも鶏肉で作るなど、魚介系の食材を用いずに作られたものばかり。
そのため大原さんにはおでんが危ないという認識がなく、あわやの事態を招いてしまったようです。
そうしたつらい経験を語る大原さんは、「一番は家族に申し訳ないなと思います。家族は私がいる食卓では 魚を食べないようにしてくれていたので」と、支えてくれた家族への思いを口にしていました。
番組終了後には自身のSNSで「魚の食物アレルギーを初公表しました。日々皆さんから勇気を頂いている中で、 アレルギーの人にしか分からない気持ちもあると思うので支え合えたらいいな、と思い今回決断しました」と両親やマネージャーへの感謝とともに報告した大原さん。

2020年02月27日 13時25分
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2002/27/news088.html

no title

no title

重度の魚介アレルギーを初公表した大原優乃さん

魚を食べなくてもあんなにたわわに実るんだなwww
【【検査で陽性反応】大原優乃、重度の“魚介アレルギー”を初公表】の続きを読む

一定の支持層のために痩せない努力とかしてそうwww



1: News茶畑がお送りします 2020/02/12(水) 16:56:22.80
グラビアアイドルで女優の大原優乃(20)が、12日発売の『週刊少年マガジン』11号(講談社)の表紙に登場。
2020年もピカピカに輝く最強クイーンが、20代になって大人の魅力を増した圧巻BODYをたっぷり見せつけた。


2016年にDream5としての活動終了後にグラビア活動をスタートした大原。
迫力満点のFカップバストで瞬く間に大ブレイクし、2019年には前年発売の雑誌の表紙を最も多く飾った『カバーガール大賞』の座をゲットした。
現在は女優としても活躍し、ドラマ『3年A組─今から皆さんは、人質です─』など話題作に出演している。

昨年8月以来、半年ぶりに『マガジン』のカバーガールとなった今回は、グラビアの聖地・ハワイでたっぷり撮り下ろし。
待ちわびた読者のニーズにお応えして、大ボリュームでビキニ姿を披露した。
さらに、この撮影をカレンダー&電子写真集『新たなる旅路』が作成され、12日から予約が開始された。

同誌の公式ツイッター【@shonenmagazine1】インスタグラム【@shonenmagazine.kousiki】では、アザーカットを公開中。
巻頭カラー漫画は新連載『XEVEC(ゼベック)』。

http://www.oricon.co.jp/news/2155138/full/

『週刊少年マガジン』11号 大原優乃
no title

no title


元Dream5 大原優乃
no title

no title

no title

【元Dream5大原優乃、「マガジン」グラビア登場 ビキニでFカップ圧巻BODY披露!】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/01/20(月) 05:24:41.50
福原遥が、大原優乃と正月に京都旅行したことを報告。「2020年のことを2人で ワクワクしながら話したり。
ほっこり癒される旅でした」などと伝えて2ショット写真を公開すると、「かわいすぎる」「癒される」の声が続々と寄せられた。


18日に自身のインスタグラムを更新した福原。「優乃とお正月に行った京都旅」と書き出し、大原と京都への旅行を楽しんだことを伝えた。

続けて「ずーっと一緒にいられる落ち着くお方」と大原の存在について触れ、「優しい空気を吸ってのんびり旅。しょうもないことでたくさん笑ったり。2020年のことを2人で ワクワクしながら話したり。ほっこり癒される旅でした」と充実した時間だったことを報告した。

福原はあわせて3枚の画像を公開し、いずれも大原との2ショットだ。

ねずみの玩具の後ろでポーズを作ったショットや、人力車に乗ったもの。さらに、「#お酒じゃなくてぶどうジュース」「#カッコつけてみた笑」とハッシュタグが添えられているように、一見ワインに見えるジュースの後ろで穏やかな笑みを見せたもの。

この楽しそうな2人のショットにファンから続々と反響が寄せられ、「かわいすぎる!」「癒されます」「まるで姉妹!? しかも美人姉妹!?」「カッコつけてるはるゆうが可愛い」などと称賛が寄せられた。

福原と大原は2015年に休刊した雑誌『ピチレモン』の専属モデルとしても活躍。そのモデルは“ピチモ”と称され、今でもファンから根強い人気を集め、「ずっと活躍してる可愛い2人好き」「ピチレ読んでたからいつもこのふたり嬉しすぎてる」などの声も見られる。

また、大原も1月初旬にインスタグラムで、福原との京都旅について報告。「はるちゃんありがとう 今年も一緒にいっぱい笑い合おうね」などと福原に感謝を寄せていた。

 ※写真=福原遥がアップした大原優乃との2ショット(Instagramより@haruka.f.official)

https://news.livedoor.com/article/detail/17685166/
2020年1月19日 8時4分 ミュージックヴォイス
no title

【福原遥&大原優乃、京都旅2ショットに反響「かわいすぎる」「まるで姉妹」】の続きを読む

このページのトップヘ