唐田えりか

今まではマスコミが一方的に叩いていたことを、SNSの普及で一般人にもできるようになったってだけのことだろ、一般人のほうがモラルが低くて暇なんだから粘着するのは当たり前www



1: News茶畑がお送りします 2020/02/15(土) 18:20:24.39
不倫そのものに加え、インスタグラムに掲載されていた「匂わせ」写真が女性たちの標的になってしまった。
 1月下旬に報じられた、東出昌大(32才)と唐田えりか(22才)の不倫騒動。愛妻家として認識されていた東出が、妻である杏(33才)を第3子妊娠中から裏切っていたことやその期間が2年半にわたっていたこと、そして唐田が東出との交際を匂わせる写真やコメントをSNSに頻繁に投稿していたことで、世の女性たちの激しい怒りを買った。そのバッシングは凄まじく、東出はCMを、唐田はドラマを降板している。ここまで“炎上”したのは、なぜなのか。

 コラムニストの今井舞さんは、「もともと“優等生”だった芸能人ほど、世間からバッシングされやすい」と言う。

「“不倫は悪いことなのだから、どんなに叩いてもかまわない”という風潮は、4年前のベッキー(35才)と川谷絵音(31才)の不倫報道が大きな契機となりました。それまでスキャンダルもなく、優等生の印象が強かったベッキーが不倫していたうえ、『交際していない』と嘘までついていた。世間は“裏切られた”という怒りに加え、それまで芸能界においていい感じの立ち位置にいたタレントが、自分たちの攻撃により追い詰められていくさまに、快感すら覚えるようになった。この件で、世の中が“芸能人のつるし上げはエンターテインメントになる”と気がついてしまったのです」

 中世ヨーロッパでは、庶民が処刑の様子を鑑賞する風習があったが、ものによっては「それに通じる残酷さすら感じる」と今井さんは話す。

 確かに、芸能人の不倫に世間がここまで過剰に反応するようになったのは、つい最近のことだ。

 昭和の名優・勝新太郎さん(享年65)が女優・原田美枝子(61才)をはじめ、数々の女性と浮名を流した際は、「勝新らしい」「女遊びは芸の肥やし」と好意的に見られる風潮すらあった。それから時間を置いて、長谷川理恵(46才)との不倫騒動の渦中にいた石田純一(66才)が「不倫は文化」と言い放った時でさえ、一時は大バッシングにあったものの、今回のように当事者たちを「芸能界追放」「一発アウト」に追い込むことはなかったはずだ。なぜ今、ここまで世の中の女性たちの感情は「怒り」一色なのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200215-00000014-pseven-ent
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200215-00000014-pseven-ent&p=2
20200216005

【なぜベッキー以降芸能人の不倫は酷烈糾弾の対象になったか】の続きを読む

アンチさんが、大騒ぎだなwww



1: News茶畑がお送りします 2020/02/04(火) 23:05:33.54
俳優・東出昌大(31)との不倫騒動で渦中の人となった女優・唐田えりか(22)の公式サイトが完全復旧している。

 1月27日から閲覧不能な状態が続き、一部で「公式サイト削除か」などと報じられたが、原因はアクセスが殺到し、サーバーへの負荷が大きくなりすぎたため、一時的に閲覧不能になったと思われ、4日までに完全復旧。所属事務所のトップーページからも唐田の公式サイトに移行でき、生年月日などのプロフィール、出演作などを見ることができる。

 ただし、不倫騒動で事実上の降板となった1月17日スタートのTBS系連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(金曜、後10・00)の欄には、「※第1話出演」と記載。収録ずみだった2、3話などその後の出演はないことが説明されている。

 また、所属タレントのニュースが報告されるトップページには、「唐田えりか/2020年3月下旬発売! 日めくりカレンダー『365日めくってちょ』(令和2年4月~令和3年3月)予約受付開始!」などの告知が残されている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200204-00000161-dal-ent
no title

【唐田えりか、公式完全復旧!早くも復帰へ】の続きを読む

東出事務所vs唐田事務の争いがひどいなwww


1: News茶畑がお送りします 2020/02/02(日) 06:52:12.57
 女優、唐田えりか(22)との不倫交際が発覚し、世間から猛バッシングを浴びている俳優の東出昌大(31)。妻の女優、杏(33)の妊娠中に不倫に走ったことだけでも十分問題だが、そのゲスっぷりは唐田からもあきれられるほどだから、目も当てられない。

 発売中の「週刊文春」は、唐田が東出との交際に悩んでいたとする証言などを掲載しているが、唐田は東出が既婚者であること、ましてや妻が同業者の杏であることを知っているのだから、当然といえば当然だろう。見えてくるのは、東出のダメさ加減ばかりだ。

 唐田は「どーしよ、、やっぱ好きになってしまった、ぽい」などと非公開のSNSにつづっていたといい、東出との不倫にはまりこんでいく姿を浮かび上がらせている。

 「唐田は自身のインスタグラムに、共演当時の東出の写真を多数投稿したり、杏のインスタグラムに“いいね”を押したりと“におわせ感”を漂わせていたことからバッシングを浴びていますが、相当舞い上がっていたことがうかがわれます」と女性誌編集者。

 彼女は一時、東出と距離を置くことになる。しかし結局、東出から連絡があると、会いに行ってしまうという悪循環を繰り返していた。そんな最悪な関係に、唐田は「別れたいのに、彼が…」と漏らしていたとも。

 つまりは関係を解消したい唐田を、東出がつなぎ続けようとしていたことになる。東出のゲスっぷりは、2人の親密な関係が杏にばれた後に加速することになる。東出は友人を交えて会おうと、唐田に提案したのだ。

 さすがに唐田もそんな東出の姿勢に愛想を尽かしたのか「やっぱり彼はアホだった」と漏らしたというのだ。

 「言ってみれば、東出は大学を中退してモデルになり、そのまま俳優になってしまったわけで、夜な夜な酒を飲んで遊び回っては女を口説くという、学生ノリがいつまでも抜けていないのです。だから30歳にもなって、9歳も年下の女性に“やっぱりアホ”と言われてしまう。“共演者キラー”といえば聞こえはまだましですが、とどのつまりはただのアホ。遅かれ早かれ、相手が誰であれ、こうなる結果だったでしょう」と先の女性誌編集者。

2020年2月1日 17時8分
ZAKZAK(夕刊フジ)
https://news.livedoor.com/article/detail/17753023/
no title

【唐田えりかもあきれた…東出昌大の“ゲスっぷり”「やっぱり彼はアホだった」】の続きを読む

唐田えりかさんのメンヘラっぽい記事と擁護記事みたいなのが交互に配信されているんだけど、不倫なことは分かっていたわけだし、擁護されてもなぁ、って感じだわ。

1: News茶畑がお送りします 2020/02/01(土) 10:17:39.57
1月30日発売の「週刊文春」が、俳優の東出昌大との不貞相手として世間から猛バッシングされている女優・唐田えりかの「揺れる女心」について新情報を掲載している。

それによると唐田は、東出と交際中は舞い上がっていたが、その後は、2人の不貞関係に悩み続け、葛藤に苦しんでいたとある。

さらに、東出と別れようとしたが、忘れた頃に東出から「会いたい」 「今夜行ってもいいか?」などの連絡があり、関係を断ち切れなかったと親しい人に吐露していたようだ。
https://www.asagei.com/excerpt/142343

「別れたい。でも彼が…」杏・東出の別居騒動 唐田えりかが漏らしていた“不倫の葛藤”
https://bunshun.jp/articles/-/29894
no title

【唐田えりか、東出と別れようとしたが、東出から「会いたい」「今夜行ってもいいか?」などの連絡があり、関係を断ち切れなかった】の続きを読む

20前後のちょっと危ないおねちゃんなんて、こんなもんじゃないのwwwww


1: News茶畑がお送りします 2020/02/01(土) 08:44:11.91
唐田えりか“圧巻のポエム力”に爆笑!「自分に酔いまくりやんwww」

俳優・東出昌大と3年にもわたる不倫関係を続けことが露呈した女優・唐田えりか。
唐田はインスタグラムの〝裏アカウント〟にて東出との関係に葛藤する気持ちをつづっていたようだが、ネット上ではその〝文面〟が嘲笑されている。


既に大きく報じられているように唐田は、妻の杏と3人の幼子を持つ東出と不倫。三者の所属事務所すべてが報道内容をほぼ認めており、東出と唐田に対し連日の大バッシングが浴びせられている。

そんな中、唐田の〝裏アカウント〟の存在が『週刊文春』の取材で明らかに。そこには、彼女が東出との関係を葛藤する様子が赤裸々につづられていた。

不倫関係に陥ったと考えられている2017年5月には、

《ほんとだめ、ほんとむり、やばいこの感じ初めてすぎてどうすればいいの、、、どうしようもないんだけどさ、、、》

という何とも生々しい投稿。その後も、

《どーしよ、、やっぱ好きになってしまった、ぽい》

とした上で、東出との恋人役に自身の思いを重ねようとしたのか、

《わたし、100%、恋してくるね。というか思う存分、恋してくるね》

と、ナゼか不倫行為を前向きに捉える様子も記されていた。


「これ系の人とは実生活では極力関わらないようにする」

さらに19年11月の投稿では、

《事務所に反対されたからとか今は仕事が大事だからとかそんなん私も同じだし そんなことよりも好きだから!!!で全部ひっくるめて付き合いたかった めちゃくそに愛情注いでくれないと無理って分かり切ってるんだから わしゃ次だよ次》

《あーもーーほんと何やってんだか何回繰り返してんだか、、、だけどやっぱり彼女にはなれないってことだけは再び確実に分かり切ったし 私ももうこれがなんの好きかよくわかんない とにかく繰り返してグズグズすんのは無理だわ なんか本当に友達とやらになった様子。
友達以上恋人未満は自分でも軽蔑する。もういい。新しい相手を求む!(何回めって感じだけど) 本当にもう次なのだよ。目が覚めた。どっちも》

と、長文で投稿している。


「この2つの投稿から分かるように、唐田が葛藤しているのは不倫ではなく〝東出と付き合えるかどうか〟の一点。杏の存在など微塵も気にしていないかのようです」(芸能ライター)

しかし驚くべきは、その〝ポエム力〟。ネット上では、

《妻子持ちとイケナイ恋に落ちたアタシ…って悲劇のヒロイン楽しんでただけやん》

《え、コレ唐田さんご本人のポエム?ww 自分に酔いまくったメンヘラビッチ様じゃんww》

《自分に酔い過ぎてドン引きだし吐き気した》

《私、SNSこれ系の人とは実生活では極力関わらないようにするよう努める》

《長年不倫してる友人のTwitterとめちゃくちゃ似てて笑ったw》

などと、独特な文章に爆笑の声が多く上がっている。


禁じられた恋に悩む女子たちへ送る「恋愛ポエマー」としてなら、イバラの道もスイスイと進めそうだ。

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0201/myj_200201_8470180272.html
20200129001

【唐田えりか“圧巻のポエム力”に爆笑!「自分に酔いまくりやんwww」】の続きを読む

このページのトップヘ