厚底シューズ

なんかもうねwww
ドクター中松のジャンピングシューズでもいいだろwww


sports_marathon_woman

1: News茶畑がお送りします 2020/02/06(木) 13:05:37.69
米スポーツ用品大手ナイキは6日、男女マラソン世界新記録などをサポートした
厚底シューズの次世代モデル「エア ズーム アルファフライ ネクスト%」を発表した。

 
これまで世界記録を持つエリウド・キプチョゲ(35)=ケニア=だけに使用が許されていた「超厚底」モデルが市販される。
19年10月、非公認ながら1時間59分40秒と人類で初めて2時間の壁を破った際に使用した
「プロトタイプ」は3枚のカーボンプレートが搭載され、厚さも40ミリ以上と想定されていたが、
英紙ガーディアン(電子版)によると、発表された新モデルは厚さ39・5ミリ、カーボンプレート1枚。
世界陸連(WA)の新規則「厚さ40ミリ以内、カーボンプレートは1枚まで」という助力の制限内に収まる形となった。
前足部にはナイキ特徴のエアも内蔵されている。
 
新モデルが開発された時点の使用選手はキプチョゲだけ。東京五輪前に各国の代表選手に使用が許され、
五輪後に五輪選手以外のエリートランナーへ供給される予定だった。
1月15日に複数の英メディアが、WAが使用を禁じる可能性があると報じたこととの関係性は不明だが、
関係者によると当初の供給計画は大幅に前倒しされた。
新規則では「4月30日以降は4か月以上市販されたシューズのみ使用可能」という制限が加わったが、
発売予定日は2月29日。東京五輪でも使用可能となる。
また、同日にはナイキ本社がある米国の五輪マラソン代表選考レースも行われ、ナイキ契約選手の多くが使用すると見られる。
 
新モデルは3月1日の東京マラソンでの日本デビューが濃厚。日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=や
前日本記録保持者の設楽悠太(28)=ホンダ=、井上大仁(27)=MHPS=らが出場予定。
練習で第3モデルと比較し、新モデルが優れていると判断した選手は使用することになりそうだ。
五輪切符を得るには大迫の日本記録2時間5分50秒を上回ることが必要。
設楽悠は18年大会で2時間6分11秒の当時日本新を樹立しており、
記録の出やすい平坦なコースで新モデルを追い風に五輪切符も夢ではない。

厚底39・5ミリ「アルファフライ」発表 ナイキ 新規則クリアで東京五輪使用可能
2020年2月6日 11時48分スポーツ報知

スポーツ報知 https://hochi.news/articles/20200206-OHT1T50050.html

no title


https://alphafly.nofyme.com/
no title

【東京五輪の隠し玉、ナイキが厚底シューズの新モデル発表wwww】の続きを読む

全員がナイキの靴を履かないとイコールコンディションにならないんじゃ、他のスポンサー激おこだわなwww


1: News茶畑がお送りします 2020/02/01(土) 00:35:28.68
 陸上長距離界で男女マラソンの世界記録更新など好タイムが続出している米スポーツ用品大手ナイキの「厚底」靴「ヴェイパーフライ(VF)」の規制を巡り混乱する中、世界陸連(WA)は31日、シューズに関する規則の修正を発表した。

 新ルールでは靴に関して、20年4月30日以降は、レースの4カ月前からオンライン、または店頭で購入できること(医学的理由などでカスタマイズされたものは許可される)が決められた。また、ソールの厚さは40ミリ以下、複数の剛性の埋め込みプレートは使用できないなどの要件を満たさない靴は無期限停止となる。

 現状のナイキのVFは、ソールの厚さが最大で37ミリ、反発を生むカーボンファイバーは1枚のため“合法”に。昨年10月に男子の世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ(ケニア)が昨秋の非公式レースで、人類初の2時間切りとなる1時間59分40秒を出した際に履いていたプロトタイプ「アルファフライ」については、カーボンプレートが3枚使用されており、規制される見込みとなった。

 競技審判は競技者のシューズが規則を順守していないという合理的疑いが発生した場合、レース終了時に検査のため靴を提供するように要求する権利を持つ。
 昨秋からVFについて調査していた世界陸連の研究チームは「近年のシューズテクノロジーの発展により、スポーツの完全性が脅かされる可能性があるという懸念について十分な証拠があると結論付けた」と、表明。今後は新たなワーキンググループを設立し、市場に参入する新たなシューズを調査、監視していくことを発表した。

2020.02.01(Sat)
https://www.daily.co.jp/general/2020/02/01/0013079801.shtml
sports_marathon_woman

【厚底シューズ、ナイキさん、勝訴wwwww】の続きを読む

まぁ公平にするなら、競技に必要な道具とかユニフォームは選手全員、みんな同じものを使うようにしないとダメだよね。

1: News茶畑がお送りします 2020/01/29(水) 13:04:32.60
ナイキの「厚底シューズ」が世界陸連の新規則によって禁止されると複数の英メディアが報じた問題について、英紙「ガーディアン」(電子版)は29日、「ナイキのシューズは禁止されそうにはない」と報じた。

 同紙によると今月31日に世界陸連が見解を発表する際に、物議を醸しているナイキ「ズームX ヴェイパーフライネクスト%」は全面禁止されないとしている。世界陸連は東京五輪後まで、シューズの新技術の一時停止を発表する予定だという。また、ナイキと他社の利点評価するための新しい研究プロジェクトを開始するとした。

1/29(水) 10:44配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-00000133-spnannex-spo
sports_marathon_woman

【<厚底シューズ問題>「ナイキのシューズは禁止されそうにはない」英紙報じる】の続きを読む

sports_marathon_woman

1: News茶畑がお送りします 2020/01/20(月) 10:47:36.08
 米スポーツ用品大手のナイキが、厚底シューズの新モデルを東京マラソン(3月1日)で日本デビューさせる計画を進めていることが19日、分かった。
同大会は東京五輪男子代表選考を兼ね、日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=や前日本記録保持者の設楽悠太(28)=ホンダ=らが出場予定。
世界記録を持つエリウド・キプチョゲ(35)=ケニア=だけに使用が許されていた第4モデルの「超厚底」が供給されれば、五輪切符を巡る超高速レースが実現しそうだ。

 厚底シューズの新モデルが東京マラソンでお披露目される見込みになった。現行の第3モデル「ズームXヴェイパーフライネクスト%」は、19年4月のロンドンマラソンでデビュー。
今年の箱根駅伝に出場した210選手中177人(84・3%)が使用した。第4モデルの試作品は完成済み。
3枚のカーボンプレートが搭載され、前足部にナイキ特徴のエアが内蔵された「超厚底シューズ」だ。
この通称「アルファフライ」を使用したキプチョゲは19年10月、非公認ながら1時間59分40秒と人類で初めて2時間の壁を破った。


 新モデルが開発された時点の使用選手はキプチョゲだけ。東京五輪前に各国の代表選手に使用が許され、五輪後に五輪選手以外のエリートランナーへ供給される予定だった。
15日に複数の英メディアが、世界陸連が使用を禁じる可能性があると報じたこととの関係性は不明だが、関係者によると当初の供給計画は大幅に前倒しされた。
2月29日にナイキ本社がある米国の五輪マラソン代表選考レースでナイキ契約選手が使用。翌日の東京マラソンで日本デビューが濃厚になったという。

 第4モデルは2月中旬以降、大迫や設楽悠らナイキのシューズを使用するトップ選手に供給される見込み。
練習で第3モデルと比較し、新モデルが優れていると判断した選手は使用することになりそうだ。五輪切符を得るには大迫の日本記録2時間5分50秒を上回ることが必要。
設楽悠は18年大会で2時間6分11秒の当時日本新を樹立しており、記録の出やすい平坦なコースで新モデルを追い風に五輪切符も夢ではない。
日本新なら日本実業団陸上連合から報奨金1億円が贈られる。設楽悠と大迫は一度もらっているが、年度が替われば2度目でもOK。五輪切符&1億円という超ビッグボーナスが待っている。

 ナイキは参考意見を収集するために複数のトップ選手に、レースで使用しないことを条件に新モデルを供給している。
ある選手は「現行モデルに比べると少し重い。トラックではどうかな、と思うが、ロードでは適していると感じる」と性能を明かした。

 日本陸連の河野匡・長距離マラソンディレクター(59)は「世界陸連が1月末にリポートを出し、3月の理事会で何らかの回答が出されると聞いている」と話し、
東京マラソン前に使用可否の結論が出る可能性は低い。厚底シューズの進化は加速するか、禁止されるか。注目度は“独走”が続く。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-01200015-sph-spo

【ナイキの厚底第4世代「アルファフライ」、東京マラソンで日本デビューへ 現在の使用者はキプチョゲのみ 出るか1億円&五輪切符】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/01/18(土) 22:25:03.01
 米ナイキ社の厚底シューズが国内外のマラソン・駅伝レースを席巻する中、日本メーカーのアシックスとミズノが反撃に向けて新型シューズの開発を急いでいる。正月の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)と東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)では、両社が一部選手にプロトタイプ(試作品)を供給し、好成績に貢献した。世界陸連がナイキの厚底を禁止するとの報道もあり、東京五輪に向けた“シューズ戦争”の行方は予断を許さない。(田村慶子、上野嘉之)

 ■「一矢報いる」

 ナイキ旋風が吹き荒れている。1月2、3日に開かれた箱根駅伝では、出場選手の85%がナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」シリーズを使用。優勝した青山学院大の全員、また1~9区の区間賞の選手もすべてナイキを履いた。

 そんな中、数人の選手がブランド名やマークが見えない真っ白なシューズを着用。最終10区では区間賞を獲得して気を吐いた。

 このシューズがミズノのプロトタイプだ。靴底のクッション部分に独自開発の硬いプレートを挟んだ構造で、高い反発力と推進力を得られるという。

 ミズノは「昨年の夏前からテストを行い、手応えを得た」(広報)。箱根駅伝での使用には賛否両論があったが、ナイキの独占状態を脅威とし「一矢報いる」ためにも投入を決めた。

 アシックスもプロトタイプを投入。元日のニューイヤー駅伝では、最長距離の4区で新型シューズを履く選手が先頭争いを制し、トップでたすきをつないだ。

 「メタレーサー」と呼ばれているこのシューズには、同社が昨年2月に発売した市民ランナー向けモデルの「長く楽に走る」技術を応用。厚底で、つま先部分がせり上がり、曲がりにくい構造によって「おのずと重心が前へ移り、足首はあまり動かない。転がるように楽に足を運べる」(大橋寿康広報室長)という。

 ■禁止報道に波紋

 トップ選手のマラソンシューズは、靴底が薄いことが常識だった。しかし2016年リオデジャネイロ五輪でナイキの厚底を履いたエリウド・キプチョゲ(ケニア)が男子マラソンの金メダルを獲得。17年にヴェイパーフライシリーズとして発売され、世界中で好記録ラッシュを生んだ。

 キプチョゲは18年9月にヴェイパーフライで2時間1分39秒のマラソン世界新を樹立。昨年10月にはマラソン2時間切りに挑むイベントで非公認ながら1時間59分40秒を記録した。

 ただ今月15日、世界陸連がナイキの厚底シューズを禁止すると複数の英メディアが報じ、波紋が広がった。靴底の特異な分厚さや、内蔵するカーボン(炭素繊維)プレートの高い反発力が、競技の公平性を損なうかどうかが焦点とされる。もし厚底が禁止になれば、使用する世界のランナーは東京五輪に向けた戦略の見直しを迫られる。

 ■選手に寄り添う開発

 報道について、アシックスとミズノは「正式発表がないのでコメントできない」とするが、両社のプロトタイプは靴底の厚さが一般的なシューズの範囲内だ。内蔵プレートはカーボン製ではないという。

 アシックスもミズノも「選手に寄り添う製品開発は変わらない」とアスリート中心主義を掲げる。

 ただナイキ旋風に対して、アシックスは「黙っていない」(大橋氏)とし、今春に新製品を発売して巻き返しを図る。ミズノも今夏の新製品発売を目指し、ウェブサイトに「本気の反撃」という異例の予告ページを開設している。

1/18(土) 19:06配信 サンスポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000529-san-spo

写真no title

【<ナイキの厚底シューズ>アシックスとミズノが反撃!五輪前に新シューズ発売へ...】の続きを読む

このページのトップヘ