二階俊博

seiji_souridaijin

1: News茶畑がお送りします 2020/07/29(水) 13:01:06.71 ● BE:271912485-2BP(2000)
 かつて田中角栄が主として居座っていた部屋を、令和のいま占拠する男・二階。安倍政権が行き詰まりを見せ始める中、二階の意中にある「次」とは誰なのか。発売中の『週刊現代』が独占インタビューを掲載している。

「安倍4選」でもいいよ

 「いやあ、ご苦労さん。マスクしているヒマがないくらい忙しいんだ。ワハハハ」

 永田町の自民党本部4階。その深奥部に、幹事長室はある。曇りガラスの仕切り、重厚なドア、それらをいくつも越えた先に、現在の政界で「妖怪」と畏怖される男が座していた。

 自民党幹事長・二階俊博。地元・和歌山名物のパンダにどことなく似た風貌の老人は、この秋、あの田中角栄を抜き、幹事長としての在任期間が歴代1位となる。

 二階の座る椅子の横の壁には、「総力結集」と大書された額が飾ってある。それはかつて、角栄が唱えたスローガンだという。


 「あなたの政治上の師・角栄元首相の言葉だから展示しているのか?」

 二階にそう問うと、

 「ああ? 前からあるからそのままにしているだけだよ」

 などと韜晦した。

 何を考えているか分からない。思考が読めない。故に、周囲が憶測をし、忖度して、二階の思う壺にはまっていく。

 「魔術」の片鱗を感じさせながら、二階は本誌にその「腹の内」を徐々に明かし始めた。

 ――安倍晋三政権は8年の長期政権となった。いったい何が評価されていると考えるか。

 「まず、安倍総理の人格でしょう。人間性が優れておる。それから全般の政策です。それが広く、国会議員のみならず多くの党員にご支持をいただいている。まあ人物もそうですが、外見からしても親しみやすい、そういう人だと思います」

 安倍総理をべた褒め。ただし目が笑っているようには見えないため、本心は窺い知れない。

 ――安倍総理の前の自民党総理というと麻生太郎財務相になるが、麻生氏とはどう違うのか。

 「他の人と比べるのは失礼でしょうが(凄む)」

 ――安倍総理は現在、自民党総裁を3期務めている。4選もありうると思っているか。

 「それは、『万機公論に決すべし』というもの。十分に検討して、党員の皆さんがその方向がいいということになれば、自ずとそこに到達する」

 ――幹事長自身は、4選も是という立場か。

 「そら、我々はいま安倍総理にお仕えしているわけです。『この人が4選でも5選でもいい』という気持ちがなかったら務まりませんよ」

 少なくとも、二階にとって安倍は「やりやすい」相手であるらしい。

続く
https://news.yahoo.co.jp/articles/7c3813c4ebe3b61eaab9619317d08ed8056fb10e

【自民党の二階氏「安倍総理が4選でも5選でもいい、それくらいに人間性と政策全般が優れている」 ← パヨさん、どうすんのwww】の続きを読む

どうなってんの

1: News茶畑がお送りします 2020/07/21(火) 17:17:27.71 BE:902666507-2BP(1500)
7月22日にスタートする観光需要喚起策「Go Toトラベルキャンペーン」(以下、Go To)。
この事業を1895億円で受託したのは「ツーリズム産業共同提案体」(以下、共同提案体)なる団体だ。
この「共同提案体」に名を連ねる観光関連の14団体から、自民党幹事長の二階俊博氏をはじめ自民党の議員37名に対し、少なくとも約4200万円の献金が行われていることが「週刊文春」の取材で分かった。

「共同提案体」は、全国旅行業協会(ANTA)、日本旅行業協会(JATA)、日本観光振興協会という3つの社団法人と、JTBなど大手旅行会社4社で構成される。
加えて全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会、日本旅館協会といった宿泊業の関連団体が協力団体として総計14団体が参加している。

 Go To実現のため奔走した二階氏は1992年から30年近くANTAの会長をつとめている。

「ANTAは全国5500社の旅行業者を傘下に収める組織で、そこのトップである二階氏はいわば、"観光族議員"のドン。

3月2日にANTAをはじめとする業界関係者が自民党の『観光立国調査会』で、観光業者の経営支援や観光需要の喚起策などを要望したのですが、これに調査会の最高顧問を務める二階氏が『政府に対して、ほとんど命令に近い形で要望したい』と応じた。
ここからGo To構想が始まったのです」(自民党関係者)

https://bunshun.jp/articles/amp/39127

【二階氏ら自民議員に「GoToキャンペーン」受託企業が4200万円の献金発覚 ← 合法なのにパヨさんの発狂ぶりが草www】の続きを読む

このページのトップヘ