モーニングショー

1: News茶畑がお送りします 2020/05/20(水) 15:42:53.78
情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)が2020年5月20日の放送で、車両を撮影するために駅に集まった鉄道ファンについて取り上げた際に誤った写真を使用し、放送の中で謝罪する場面があった。

■「これ昨日のやつじゃないじゃん」

JR只見線で福島県を走行していた「キハ40系」の車両は、定期運行の終了に伴い千葉県の小湊鉄道へ譲渡され、輸送過程で19日にJR蘇我駅を通ることになった。番組は、緊急事態宣言の中、「東北地方で走っている電車が千葉県で走っている」などといった物珍しさから蘇我駅に密集した「撮り鉄」について報じた。


しかし、SNSでは番組で使用された視聴者撮影のある写真について

「テレ朝これ昨日のやつじゃないじゃん ジャカルタ配給のやつだろ」
「昨日のじゃなくて緊急事態宣言前の205系のジャカルタ配給やん それをあたかも昨日のように報道するのは良くない」

など、別の日に撮影された違う車両であることが放送中に指摘されていた。
ツイッターでの声を総合すると、3月、車両をインドネシアのジャカルタ首都圏鉄道に譲渡するため、輸送した際の写真と見られる。

その後、番組は

「新型コロナウイルスに関するVTRで、JR蘇我駅に鉄道ファンが集まっている様子をお伝えしましたが、その中で、昨日ではなく今年3月に撮影された写真を1枚使用してしまいました。お詫びして訂正致します」

と放送の中で謝罪した。

政権批判
 

関連
フジ・バイキング「17日竹下通り 人混み」 →3月の映像だったとバレて炎上www

フジ『バイキング』都内の“人混み”映像で謝罪、てりたまがいい仕事をしたと話題にwww

【テレ朝「モーニングショー」の「撮り鉄集結」報道、2ヶ月前の写真だと鉄ヲタに即バレ。放送中に訂正・謝罪】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/15(金) 17:35:19.27
15日放送の『モーニングショー』(テレビ朝日系)でのテレビ朝日解説員・玉川徹の発言が批判を集めている。

 問題となっているのは同日、加藤勝信厚生労働相が閣議後記者会見で、東京都の新型コロナ抗体陽性率が0.6%であると明らかにしたことを報じた際の一幕。これは献血された血液で新型コロナウイルス感染後にできる抗体を調べたもので、都の500検体で抗体陽性率0.6%、東北6県の500検体では0.4%だったことが明らかになった。

 この日の『モーニングショー』では発表後、このニュースを「速報」として取り上げていたが、これについてリモート出演していた玉川は「(この結果に)ガッカリする必要は全然ない」としつつも、「ただ、まだまだ感染の初期の初期っていうことになっちゃうんですよね。まだ0.6%しか抗体持っていないってことは」と指摘。「だから、大変になっている諸外国に比べて感染が遅れているというようなことも言えるのかもしれないです」とした。

 さらに、「最終的には60%くらいの人が免疫を持たないと終わらないというふうに言われていて、人工的に抗体を与えるのはワクチンなんだけれども」とし、25%が感染し集団免疫を獲得したとされるスウェーデン・ストックホルムを引き合いに出しつつ、「そういう戦略でやってる国もあるんですよね。だけど日本人の場合は60%の免疫持つにはワクチンの力を借りない限りはまだまだだっていうふうになるんですよね」と言い、「いいニュースと悪いニュースの両方の意味がある」と話していた。

 しかし、『モーニングショー』といえばこれまで隔離感染者の存在をたびたび指摘。出演者である白鴎大学の岡田晴恵教授が「実際の感染者は確認された症例数の50~85倍以上の人がウイルスに感染した可能性がある」というスタンフォード大学などの研究チームの推測を支持していたこともあり、「自分たちが言ってた隠れ感染者がいなかったってことになるじゃん」「感染者多くても少なくても文句言うってどういうこと?」「陽性率高かったら『やっぱり隠れ感染者がいる!』って言いだしそう」という声が殺到。また、4月30日時点で死亡率12%を超えているスウェーデンを引き合いに出したことについても「ミスリード」「スウェーデンの聞こえのいいところだけ取り上げるのどうなの?」といった疑問の声が集まっていた。

 この結果は感染のスピードを遅らせ、ピークを後ろ倒しにするという日本の抑制策と合致していることもあり、ネガティブな発言が出た玉川の発言には困惑が多く集まってしまったようだ。

https://npn.co.jp/article/detail/200004063
政権批判

【『モーニングショー』玉川氏、東京陽性率の低さに苦言「多くても少なくても文句言う」に呆れ声】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/15(金) 13:14:31.00 ● BE:971946189-2BP(2000)
15日放送のモーニングショーで、加藤勝信厚生労働相が閣議後記者会見で、献血された血液で新型コロナウイルス感染後にできる抗体を調べたところ陽性率は東京都の500検体で0.6%、東北6県の500検体では0.4%だったと明らかにしたことを速報した。

 スタジオで元国立感染症研究所研究員で白鴎大教授の岡田晴恵氏は、この発表に「500人ですから即座に断言はできないですが東京都なら99・4パーセントの人がかかっていないということです」 「ですから、まだ流行は来てない」と解説した。

さらに「この理由は、様々に考えたんですけど、唾液のなかに(ウイルスが)いっぱいるということで、日本のマスク文化、手洗いとか基本的衛生状態を励行ができる、靴も脱ぐ、まじめに対策をやっていたとかあったと思う」と指摘した。

 一方で「このデータをどう読むかと言えば、99パーセントかかってないことは、たぶん秋冬、低温乾燥の11月以降に非常に大きな山になる可能性が危惧される。そういうことがあることを見越して政策を立てないといけないということ」と解説し「かかったことがない免疫がない人がたくさんいる場合には、医療確保が難しければ検査をたくさんやってそもそも医療に入る前に隔離するとかの議論を積極的にやらないと医療が持たない可能性があって心配がある」と指摘していた。

https://hochi.news/articles/20200515-OHT1T50052.html
news_wideshow_serious

【モーニングショーの岡田晴恵教授って不安を煽ることしか言わないけど、誰からの指令でそんなことばっかり言ってんのかねwwwwwww】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/14(木) 14:44:21.36
 さらに岡田教授は、「もともと基礎疾患(糖尿病)がおありだったわけですから、どうしてこんなに病院に入れなかったんだろうと思います」と指摘。大相撲について、「幕下の方とかは、みんな集団生活でいますし、稽古そのものも濃厚接触ですし」と話し、「私は感染予防という対策はご協力できますので、もし相撲部屋の方でご要望があれば、大学の方に問い合わせいただければご協力をいたします」と伝えていた。

 しかし、岡田教授のこの発言に視聴者からは、「検査を煽る『モーニングショー』みたいな番組があるから、医療機関にも苦情や相談の電話がたくさん来てて繋がりにくいんでしょ」「医療体制や政府批判に亡くなった方を利用するのは許せない」「いちばん医療機関が混乱していた時でしょ?亡くなったのは医療体制のせいじゃない」という批判の声が集まってしまっていた。

 また、大学への問い合わせの呼び掛けについても、「人の死を利用して宣伝?」「白鴎大って教育学部と経営学部と法学部しかないけど、どう問い合わせろって言うのよ」というツッコミも集まってしまっていた。

 その発言がたびたび物議を醸すようになってしまった岡田教授。視聴者からはまたも不信の声が殺到する事態になっていた。
 ★抜粋以下全文
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12184-200024539/
news_wideshow_serious1

【『モーニングショー』岡田晴恵氏、死去力士は「医療体制の不備で亡くなった」発言が物議 「人の死を利用して宣伝?」とツッコミ…厳しい声も】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/14(木) 09:07:18.70
14日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)で、大相撲で初めて新型コロナウイルス感染が判明していた西三段目82枚目・勝武士(しょうぶし、本名・末武清孝)さん=高田川=が13日午前0時半、新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため、都内の病院で死去したことを報じた。28歳だった。

 日本相撲協会によると、先月8日に入院し、同19日から集中治療室での治療を続けていた。新型コロナ感染症で日本のプロスポーツ選手が亡くなるのは初めて。国内では20代の死亡例も報告されていない。

 相撲協会によると、春場所後の先月4日に38度台の発熱。師匠の高田川親方(元関脇・安芸乃島)らが保健所や複数の医療機関に問い合わせたが、都内の逼迫(ひっぱく)した状況ではなかなか受け入れ先は見つからなかった。4日後の8日には血痰(けったん)の症状も見られたことから救急搬送され、都内の大学病院に入院した。感染の有無を調べるこの時の簡易検査は陰性だった。

 だが、重篤化していたために翌9日、より専門的な別の大学病院に転院。気管切開などの処置が取られたという。同日PCR検査を受け、10日に角界初の陽性が判明。糖尿病の持病もあり、19日からは集中治療室に入って闘病していたが、帰らぬ人になった。

 スタジオで、元国立感染症研究所研究員で白鴎大教授の岡田晴恵氏は「この方、コロナで亡くなったというよりも新型コロナの医療態勢の不備で亡くなってしまったっていうイメージがあるんです」と指摘した。

 今回の感染が判明するまでの経緯で「電話がつながらない、病院はたらい回し、救急は、なかなか受け手がない」とし、勝武士さんが高熱を発症した時期は都内の病院は逼迫した状況だったことを指摘した上で「20代でも致死率0・2パーセントあるんですけどもともと基礎疾患がおありだったわけですからどうしてこんなに病院に入れなかったんだろうと思います」とコメントした。

 さらに「都内の病院でも空きベッドをコロナのために確保するのは財政的にも負担が大きい。診療報酬2倍じゃなくて、ドイツ並みの空きベッドのための報酬を国はもっと考えるべき」と提言していた。

5/14(木) 9:04
https://news.yahoo.co.jp/articles/9e72ad5dc5a5737c2c1aa95a47b53dfe5720cbfa
news_wideshow_serious
国難に協力しない発言繰り返していればお金もらえるんだから、簡単だよなぁ・・・
【【妄想】テレ朝<岡田晴恵教授>28歳の力士の死亡をここぞとばかりに政府の責任へ】の続きを読む

このページのトップヘ