モーニングショー

1: News茶畑がお送りします 2020/05/20(水) 17:35:04.95
テレ朝モーニングショーの社員コメンテーター、玉川徹氏の発言が、また炎上している。
19日の番組内で、PCR検査の精度について発言したところ、

ネット上で「医療従事者への侮辱・冒涜だ」などと批判が噴出しているのだ。国会議員からも苦言が呈され、番組スポンサーの商品の不買運動を求める投稿も見られた。
玉川氏は19日、リモート出演で次のように語った。

「PCRの精度があまりよくないというか、7割くらいだという話をよく喧伝されるが、本当にウイルスがあれば、100%近く感度があるはず。
7割に落ちているというのは、取った場所にいないとか、取り方が今1つうまくなかったとか、手技や取る場所に依存しているのではないか」

この発言に、ネットは反応し、次のような投稿が相次いだ。
 《7割なのは検査やる奴が無能だと…》《医療従事者の方々に大変失礼な物言い》《これは看過出来んやろ》

元環境相である細野豪志衆院議員も
《玉川徹氏は常にテレビでコメントできる特権的な立場にある。平時は色んな意見があっていいと思うが、有事に専門外の人間が付け焼刃の発言をして現場を混乱させるのは本当に困る。考えてもらった方が良いと思う。東日本大震災後の彼の無責任な発言には本当に苦労した》とツイートした。

最近、検察庁法改正案をめぐるハッシュタグを付けた投稿の抗議が話題を呼んだが、玉川氏の発言にも「#モーニングショーのスポンサー商品は不買します」という投稿が相次いでいる。
玉川氏は先月も、東京都のPCR検査をめぐって、「土日の行政検査を休んでいる」という趣旨の発言をして、謝罪している。

今回の発言をどう見るか。
医療リスクマネジメントに詳しい内科専門医で中央大大学院教授の真野俊樹氏は

「PCR検査は研究現場で使われていたものを臨床に利用した。1~2月ごろは技術面の問題も生じたと考えられるが、現段階では研修を重ねて実施していると考えられる。日本では全自動の機器導入が遅く、感染を起こす可能性は変わらず、慎重にする必要があるので時間がかかっている。個人の腕の差という理由ではないだろう」と指摘した。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200520/dom2005200005-n1.html
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200520/dom2005200005-n2.html

・MASAYUKI MUTO コロナチームの医師

大変申し訳ございません…当院では僕らコロナチームの医師が検体採取しております。。
本当、下手ですみません…
ぜひ、当院で検体採取のレクチャーをして頂けないものでしょうか…
そしてPCRに精通していると。感度何%なら納得されるのか教えて頂きたいです。

ありがとうございます、元映像を見られました。玉川氏の発言には大きな間違いがあります。
PCRは簡単に言えば検体中のウイルスの遺伝子を増幅して検出する方法です。
でも増幅しても検出出来ないくらいの量(測定限界値以下)しかない場合、PCR陰性となります。
番組動画あり

https://twitter.com/MasayukiMuto/status/1262690051105845248
政権批判



【「#モーニングショーのスポンサー商品は不買します」テレ朝社員・玉川徹のPCR精度と検査の仕方についての発言がネットで炎上www】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/22(金) 12:15:48.27
テレビ局の“劣化”が止まらない。

■「バイキング」(フジテレビ系)は19日に、
東京・原宿などの様子として人混みの映像に「17日」とテロップを付けて放送したが、実は3月の映像だったとして20日の放送で訂正した。

新型コロナウイルスの感染拡大によって緊急事態宣言下にある東京都だが、月内にも解除される可能性が高まっている。
番組では“気の緩み”から繁華街に人が増加しているとし、原宿・竹下通りで人が密集している様子を放送。
テロップには「不安」「17日竹下通り」「人混み」の文字が躍り、「人、人、人…」というナレーションまで入った。

ところが、だ。映像にマクドナルドの期間限定商品「てりたまバーガー」(3月4日~4月7日)の看板が映っており、それを発見したネットユーザーが「おかしい」と指摘。
しかも、5月17日は気温26度を超えていたにもかかわらず、映っている人たちが厚着だったため「捏造だ!」と炎上したのだ。
この日、榎並大二郎アナウンサーが「正しくは3月のものでした」と謝罪に追い込まれた。

「5月17日という直近の映像と、3月の映像を取り違えるなんて考えにくい。
『人混みの映像が欲しかったのでは?』と思われても仕方がない」(制作会社関係者)

■また20日の「モーニングショー」(テレビ朝日系)も同じような“失敗”を犯した。

19日に千葉・JR蘇我駅に多くの鉄道ファンが集まった様子を放送するも、VTRで使用した写真の1枚が3月のものだったとして番組内で謝罪。

放送関係者は
「結局は視聴率ですよ。世間受けのいい『緊急事態宣言を今解除して本当に大丈夫なのか』という結論ありきで取材を進めたものの、思うような絵を撮れなかった結果、過去の映像を使わざるを得なかったのでしょう。

でも、だからといって事実をねじ曲げていいはずがない」と指摘。新規感染者数が減少傾向にある中、
メディア側には、より一層の冷静さが求められそうだ。

https://news.livedoor.com/article/detail/18294466/
政権批判


関連
テレ朝「モーニングショー」の「撮り鉄集結」報道、2ヶ月前の写真だと鉄ヲタに即バレ。放送中に訂正・謝罪

フジ『バイキング』都内の“人混み”映像で謝罪、てりたまがいい仕事をしたと話題にwww

TBSひるおびさん、内閣支持率47%の円グラフを60%を超えているように作成して印象操作www

【【炎上】「バイキング」と「モーニングショー」がコロナ偽装で煽り、世間受けのいい人混み映像欲しかった 結論ありきで取材】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/20(水) 21:44:38.45
 テレビ朝日の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」が20日、“撮り鉄”に謝罪する一幕があった。この日の放送で、19日に、千葉市のJR蘇我駅で車両を撮影するために駅や周辺に鉄道ファンが集まったと報道。この中で使用した、ホームにあふれんばかりの鉄道ファンが殺到した写真が、実際には3月に撮影されたものだったとして、番組内で訂正した。

 蘇我駅は、JR只見線で福島県を走行していた「キハ40系」の車両が、千葉県の小湊鉄道へ譲渡され輸送される過程で“撮影ポイント”となっていた。緊急事態宣言がまだ解除されていない状況で、集まった鉄道ファンの「もう二度とあるかわからないので、不要不急ではないという勝手な解釈で」などというコメントも紹介された。

 しかし、この放送に鉄道ファンが激怒。SNSで「これ昨日のやつじゃないじゃん」と突っ込みが殺到。「ジャカルタ配給のやつ(使用された写真の車両がインドネシア・ジャカルタに譲渡されるために移送される際のものだったと見られる)だろ」などと詳細な分析も添えて、間違いを指摘した。「#モーニングショーはクソ」というハッシュタグが、一時トレンドワードの上位にランキングされる“騒動”となった。

 番組の後半で、同局の斎藤ちはるアナウンサーが「新型コロナウイルスに関するVTRで、JR蘇我駅に鉄道ファンが集まっている様子をお伝えしましたが、その中で、昨日ではなく今年3月に撮影された写真を1枚使用してしまいました。おわびして訂正致します」と謝罪。鉄道ファンの分析力の高さを示す結果となった。

5/20(水) 13:58配信 デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-00000047-dal-ent
news_wideshow_serious1


 
関連
テレ朝「モーニングショー」の「撮り鉄集結」報道、2ヶ月前の写真だと鉄ヲタに即バレ。放送中に訂正・謝罪

フジ『バイキング』都内の“人混み”映像で謝罪、てりたまがいい仕事をしたと話題にwww

【「#モーニングショーはクソ」ハッシュタグがトレンドに、テレ朝「モーニングショー」が撮り鉄に謝罪】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/21(木) 10:24:37.02
21日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)で、週刊文春に緊急事態宣言下の今月、賭けマージャンをした疑いがあることを報じられた東京高検の黒川弘務検事長(63)が辞任の意向を固めたことを伝えた。

※中略

続けて「それともうひとつ、新聞記者ですよ。新聞記者は一緒に賭けマージャンやっていたとすると、そういうふうにふさわしくない人をこれから検事のトップに立っていこうとすることをみすみす見逃すことをやっていたわけです。これもどうだとなるわけです。週刊文春の記事を読むと産経新聞の他の記者が、これではいけない、ということで文春にリークしたみたいで、ある意味、産経新聞には自浄作用が働いていたのかもしれませんけど、これは三者に関してどうなんだという問題になるでしょうね。本当に賭けマージャンやっていたんだったら」とコメントしていた。

2020年5月21日 9時27分
スポーツ報知
https://news.livedoor.com/article/detail/18292206/
批判するだけ


【自浄作用のないテレ朝玉川徹氏、黒川検事長の賭けマージャン「産経新聞の他の記者が文春にリーク。産経には自浄作用が働いていたのかも」】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/19(火) 12:48:08.90
 感染免疫学、公衆衛生学を専門とする白鴎大学教育学部の岡田晴恵教授が19日、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演し、新型コロナウイルス感染者に対して日本で行われている隔離対策などは「ナンセンス」だと指摘した。

 番組では、「海外からの報告では(感染症状の)発症から1週間経てば他人に感染されるリスクはほぼなくなる」とする名大の小島勢二名和教授の見解を紹介。ドイツの治験例なども示した。

 この見解について、岡田教授はまず、「感染力があるかないかというのは、生きたウイルスが体の中から分離できますか(体外へ)出してますかということ。発症後8日目以降はそういうものは出ないんですよ、つまり他者と濃厚接触しても、うつす可能性は極めて低いと推察されますということ」と解説。

 これに対して「日本の場合、(発症から)2週間隔離もしくはPCR(検査)で2回陰性(と判定されるまでは隔離)ということをやってたが上に、たくさんのPCRの労力をそこに投入して新規患者さんを見つけ出せなかったという悪循環にハマっていた」と指摘。

 「実際には新規患者さんが発症前2日ぐらいから一番ウイルスを出して他者に振りまいていたという状況がある訳です」と振り返り、「ですから第二波(がもしも来たとき)は、やはり早く患者さんを見つけ早く隔離して早く治療して早くアビガンを与えて…というようなことをしないと国民が健康被害が大きくなります」と持論を展開。

 「隔離」解除まで「1週間程度で考えて対応するということが大事」だと強調。「(陰性)2回というのも14日間での隔離というのも、まぁナンセンスかなというふうには思っております」と冷ややかに語った。

 さらに「PCRについては新規患者さんを見つける時には感度を上げて一生懸命に。でも退院の時は1週間経過して臨床症状が良いというならばもう(院外へ)出されてもいいんじゃないか、それでうつさないんじゃないかというエビデンス(科学的根拠)がそろってきた」と語った。

5/19(火) 11:22配信 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/610470ac292d11d4c8dfbefa7b305df7a10c9af4
不安を煽る
この人の言っていることにエビデンス(科学的根拠)がないwwwwww 【【モーニングショー】岡田晴恵教授 PCR陰性2回、2週間隔離は「ナンセンス」】の続きを読む

このページのトップヘ