マクドナルド

food_frenchfry

1: News茶畑がお送りします 2020/09/01(火) 18:37:01.62
2020年8月31日、米国マクドナルド社のウェブサイトに掲載されたメディア向けの声明を緊急全訳でお届けする。

マクドナルドのバーガーは腐らないという通説への返答
2020年8月31日

適切な環境でなら、私どものバーガーは、ほかの大半の食べ物と同じく腐ることがあります。

しかし、腐るためには、一定の条件が必要です──具体的には、湿気です。食べ物自体かその環境に湿気が充分なければ、細菌やカビは繁殖せず、したがって腐敗する可能性は低くなるでしょう。

ですから、もし食べ物が充分に乾燥している、または乾燥すると、カビや細菌が繁殖する、または腐敗する可能性は低くなります。自宅で作る食べ物も乾燥するままにしていれば、同様の結果が見られるでしょう。

注意して見てみれば、皆さんがご覧のバーガーはパサパサに乾燥しきっていて、決して「買った日と同じ」ではありません。

実際のところ、私どものバーガーは100%米農務省の検査済みビーフのみでできています。

私どものパテには保存料もつなぎも入っておりません。唯一加えられるのは、グリルで焼くときの塩とコショウ少々です。

なぜいま?
この「通説」は長いこと存在してきたが、なぜいまマクドナルド社は正式に応答したのか。

米経済メディア「ブルームバーグ」は、最近のあるTikTokの投稿を受けてのものではないかと推測している。

その動画ではある女性が、靴箱に保存していた、1996年に買ったことを示す紙袋からフライドポテトとバーガーを取り出し、どちらも腐っていない24年ものだと見せびらかしている。この動画は50万ビュー以上を獲得している。
湿気の多い日本の室内でマクドナルドのバーガーを24年間、保存したらどうなるだろうか。

COURRiER Japon
9/1(火) 12:50配信 クーリエ・ジャポン
https://news.yahoo.co.jp/articles/368b7cc4798f1cb6e8eb697fa9a84863cf76967c
【「マクドナルドのバーガーは腐らない」という通説に同社が公式に応答】の続きを読む

hamburger_teriyaki_burger

1: News茶畑がお送りします 2020/09/02(水) 05:14:14.36
「マクドナルド」は、9月2日(水)から、秋の風物詩である月見バーガーシリーズを今年は「月見ファミリー」として発売。初登場の「濃厚ふわとろ月見」など、ハンバーガーからスイーツまで充実のラインナップが揃う。

■注目は「濃厚ふわとろ月見」

 今回登場するのは、バーガー・マフィン4種、スイーツ2種、サイドメニュー1種、ドリンク2種の計9商品。

 今年は、定番の「月見バーガー」、「チーズ月見」に加え、とろとろのスクランブルエッグ風フィリングを加えて、ふわもち食感のバンズでサンドした新商品「濃厚ふわとろ月見」が登場。朝マック商品「月見マフィン」も引き続き販売される。

■スイーツは2種類用意

 また、秋を彩る2種類のスイーツも発売。初登場となるのは、「マックフルーリー」史上初となる“わらびもち”を使った「マックフルーリー月見」。

 さらに、やさしい甘さの粒感のあるあんこと、やわらかい食感のおもちをサクサクのパイで包んだ「月見パイ」も再登場する。

■カップが可愛いドリンクも!

 そのほか、サイドメニューでは海老の天ぷら風味の「シャカシャカポテト 海老の天ぷら味」、ドリンクでは巨峰の甘みと香りがさわやかな「マックフィズ/マックフロート 巨峰」が登場。ドリンクの特別カップは、夜空に浮かぶ月のような情緒あふれるデザインで、すみずみまで秋を感じる工夫が施されている。

【「月見ファミリー」概要】
販売期間:9月2日(水)~10月中旬予定

2020年8月26日 13:40
https://www.crank-in.net/trend/gourmet/80113/1
no title

no title

【【風物詩】マクドナルド、月見バーガー発売!「濃厚ふわとろ月見」新登場】の続きを読む

tsukimi_jugoya

1: News茶畑がお送りします 2020/08/27(木) 19:34:46.90 BE:454228327-2BP(2000)
 マクドナルドで9月2日から、今やすっかり秋の風物詩となった「月見バーガー」シリーズが発売されます。今年の月見バーガーは、初登場の「濃厚ふわとろ月見」を加えた全4種。その他、月見パイやマックフルーリー月見などのサイドメニュー5種も併せて発売となります。
no title

no title


 プルプルの玉子を十五夜の月に見立て、“秋”を感じられる期間限定バーガーとしてファンも多い「月見バーガー」。今年は定番の「月見バーガー」「チーズ月見」、朝マック限定の「月見マフィン」に加えて、ふわもち食感のバンズと、とろとろのスクランブルエッグ風フィリングが特徴の「濃厚ふわとろ月見」が新たにラインアップに加わりました。

 また、今年はさらに「月見ファミリー」として、サイドメニューやスイーツ類も充実。海老の天ぷら風味の「シャカシャカポテト 海老の天ぷら味」や、あんことおもちが入った「月見パイ」、黒蜜とわらびもちの「マックフルーリー月見」も販売されるほか、巨峰の甘みと香りがさわやかな「マックフィズ 巨峰」「マックフロート 巨峰」も併せて期間限定で登場します。


参考情報:昨年の黄金の月見バーガー(左)
no title



マクドナルド、今年も「月見バーガー」シリーズ発売 新顔の「濃厚ふわとろ月見」を加えたバーガー4種を展開
2020年8月26日
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/2008/26/news140.html

【デリヘル並に実物と違うメニュー写真でお馴染みのマクドナルド、今年も美味しそうな月見バーガーを販売】の続きを読む

delivery_jitensya

1: News茶畑がお送りします 2020/08/20(木) 11:07:13.72 BE:902666507-2BP(1500)
「私がかならず最初に寄るのも、自宅からいちばん近いマクドナルドです。マックは店舗数が圧倒的に多く、配達の距離が長期化することがない。
自分が予想だにするところに飛ばされることなく、『計算しやすい』から、ウーバーイーツの配達員が溜まるんですよ」

こう語るのは、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の配達員でアルバイト収入を稼いでいる、Aさん(20代、女性)。
大学生のAさんは、ここ最近続く炎天下でも、日中自転車に跨がり、都内を駆け巡っているという。

タイミングにもよるが、彼女の目標は「時給2000円」。3時間ほど配達を行い、7000円前後の収入を得ることが多いと言う。

街中でウーバーイーツの配達員を見かける機会は、去年に比べたら格段に多くなった。
今までは一部都心エリアに限っていた対応エリアが、各地で次々と拡大されている。
それにともない、配達員の数も急増し、人気エリアでは特定の飲食店の前に、注文が入るのを待ち続ける配達員が続出するようになった。

冒頭でAさんが話すとおり、街中でマクドナルドの店頭に、あの独特の形をしたバッグを持った配達員がたむろしているのを見たことはないだろうか。
彼らは配達員のあいだでは、「マック地蔵」と呼ばれている。

店頭のガードレールに自転車を横付けして通りにくくなっていたり、中には路上でタバコをふかす人まで…。
季節柄、こまめな休息が必要なのは間違いないが、「この人たちはなぜここに溜まっているのだろう」と不思議に思いながら目の前を通過したことがある人も多いのではないだろうか。

ネットを見ると、「実質時給換算で200円」という割の合わなさを嘆く配達員がいる一方で、
「月100万円を達成した」として話題になった人物もいる。実は、「マック地蔵」が増えている背景には、ウーバーイーツ配達員の「優勝劣敗」の構図が、
特に注文が多くなったコロナ以降、如実に現れてきたことを意味する。

以下略

ウーバーイーツ配達員が「マクドナルド」に群がるワケ…絶対に儲かる“マック地蔵”とは
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18760487/

【なぜUberEATS配達員はマックに群がるのはどうして?】の続きを読む

hamburger_teriyaki_burger

1: News茶畑がお送りします 2020/08/11(火) 05:14:01.28
マクドナルド(McDonald's)、スターバックス(Starbucks)、ダンキン(Dunkin')は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)で、朝食の売り上げが落ち続けていると話した。それは他の時間帯の売り上げが回復しても変わらないという。
「朝食は干上がっている」とパネラ(Panera)のCEOニレン・チャウダリー(Niren Chaudhary)氏はBusiness Insiderに語った。
多くの顧客が朝、オフィスに出社しなくなる中、大手チェーン各社は朝食の売り上げが減った分を他の時間帯にフードやドリンクを売ることで埋め合わせしたいと考えている。
アメリカ人は今、1日のうちで最も重要な食事を家で食べている。

マクドナルドやスターバックス、ダンキンといった大手チェーンは7月下旬、新型コロナウイルスのパンデミックで、朝食の売り上げが落ち続けていると報告した。それは他の時間帯の売り上げが回復しても変わらないという。

新型コロナウイルスが流行する前、朝食は成長市場で競争が激化していた。3月には、ウェンディーズ(Wendy's)が朝食メニューを導入し、パネラ(Panera)はコーヒーの"サブスク"で朝食の客を増やそうとしていた。
https://www.businessinsider.jp/post-217859

【スタバやマクドナルドで朝食時間帯の売り上げが激減…… 消費者の生活の変化が影響】の続きを読む

このページのトップヘ