ホストクラブ

champagne_sennuki


1: News茶畑がお送りします 2020/08/14(金) 11:45:16.13 ● BE:271912485-2BP(2000)
女性を脅して多額の支払いを約束する念書を書かせたなどとして、警視庁が恐喝の疑いで、東京・歌舞伎町の有名ホストクラブに所属する20代の男を逮捕したことが13日、捜査関係者への取材で分かった。
警視庁は同日、容疑を裏付けるため店を家宅捜索。新型コロナウイルスが蔓延(まんえん)する中、捜査員らは防護服などを装備して店内に入った。

歌舞伎町ホスト逮捕 コロナ警戒、警視庁捜査員が防護服姿で店を捜索 女性恐喝容疑

https://www.sankei.com/affairs/news/200814/afr2008140003-n1.html
画像
no title

  【【画像】歌舞伎町のホストクラブを家宅捜索する警察官がヤバすぎると話題にwww】の続きを読む

job_mizusyoubai_host

1: News茶畑がお送りします 2020/07/17(金) 20:16:48.74
東京都の新宿区繁華街新型コロナ対策連絡会のメンバーで、ホストクラブなど16店舗を経営する手塚マキさん(42)は、「ホストクラブがPCR検査を積極的に受けた結果、感染者数が増えている面がある。ホストだけが悪いと差別しないでほしい」と訴える。

 歌舞伎町商店街振興組合常任理事を務める手塚さんは、同区と事業者たちがともに感染防止策を考える場として、同連絡会の発足に尽力。吉住区長の要請に応じて同業者たちに協力を呼びかけたところ、多くの店が6月以降、店内の感染予防策をとるだけでなく、感染者が1人でも出たらほかの従業員にもPCR検査を受けさせるようになったという。店内で感染者が出たことを自ら公表する業者も出てきた。

 しかし、都が新規感染者が多いとして新宿などの「夜の街」への注意を促すようになると、ホスト業界への風当たりが強まったという。同じ歌舞伎町で営業する飲食店から文句を言われることもあるといい、手塚さんは「一人ひとりが衛生意識を高めることが大事なのに、感染者に責任を押しつけていては、名乗り出づらくなり、感染防止が遠のくのではないか」と指摘する。

 ホストの中には貧困や劣悪な家庭環境を抱えてこの業界に身を投じた人もいて、収入が少ないホストは従業員寮で共同生活を送る。手塚さんは「家庭内感染や職場感染が起きているようなもので、ホストも一般人と生活様式はさほど変わらない。特定の場所や業種を取り上げて、分断をあおらないでほしい」と話していた。

7/17(金) 9:49
https://news.yahoo.co.jp/articles/f2b9f9b04b1d63fdc5beb9e888269fe0f0f346ae

【ホストクラブがPCR検査を積極的に受けた結果、感染者数が増えている面がある。ホストだけが悪いと差別しないでほしい】の続きを読む

champagne_sennuki

1: News茶畑がお送りします 2020/07/05(日) 07:36:28.30
なぜそこまで無理をするのか。「A」をはじめ「B」「C」など、ホストクラブグループの経営を統括する代表者X氏(30代)を電話で直撃した。

6月中旬に「A」「B」「C」の従業員から新型コロナウイルスの感染者が出たのは事実ですか。

「確かに『A』を含め、系列店の従業員からも次々とコロナ患者が発生しています。ですがほとんどが無症状。陽性者は現在10人いて2人は入院しましたが重篤化していませんし、若いから体力あるんだと思います。

※中略

なぜ感染者が広がったと思いますか?

■「昼の世界でもいくらでも感染者はいる」

「店は対策を徹底していたし、店の外が原因だと思っている。アフターでバーに飲みに行ったり、従業員同士が営業後に食事をするからそういうところで感染するし、寮暮らしの若いホストは集団生活するからそこで広がってしまう。店を営業していることが悪いとは思わない。

 僕も感染しましたが、しばらく店に出入りしていなかったから、感染したのは外です。そもそも夜(の街)だけが悪く、感染拡大させているように報道されていますが、これだけ無症状が多いんだから、昼の世界でもいくらでも(感染者は)いるだろうし、そういう人から僕らがうつされた可能性もありますよね」

■「インフルエンザで亡くなる人とどっちが多いか」

自粛期間中に新規客獲得イベントを開催したり、無理な誕生日イベントを繰り返したことが感染に繋がったという声もある。

「お客や店からもいろんな声が出ているが、僕のなかで答えは1つで、営業を止めることが悪だと思っている。ホストクラブはランニングコストが高く、人件費が全体の60%以上、その他に家賃が200万、それに広告費なども入れたら毎月1店舗あたり最低500万~600万円かかる。新宿でも小さなバーとかは、100万円の給付金で家賃や経費もまかなえるだろうけど、僕らの業界は絶対に無理。自粛して店を全部閉めたら、すぐに数千万の赤字なんです。4月は大赤字、5月はトントン。6月に(客足が)やっと戻ってきた。誰も補償をしてくれないのだからやるしかないじゃないですか」

若いホスト男性は重篤化しないケースが多いかもしれないが、軽症や無症状の感染者が子供やお年寄りにうつして感染を拡大させることもあります。

「子供はかかりにくいというから大丈夫じゃないですか。お年寄りは……わかんないですけど、でもインフルエンザで亡くなる人とどっちが多いとかいうじゃないですか。僕らも店をやらなきゃ食えなくなって死ぬことになるわけですから。やっぱ従業員を食わせていく責任があるんで」

今後も従業員に感染者が出ても営業は続ける?

■「2度目のクラスターが発生したホストクラブも」

「やらないと生活できないので。大手のホストクラブでも最近クラスターが出て、20人くらいが感染していましたが、実はクラスター発生は2度目で、みんなの対応は慣れたものだったようです。若いからほとんどが無症状で重症になるホストの話は聞きません。保健所にも確認しましたが、陰性の人間だけだったら営業やってもいいと話していました。だから本当は安全のために、どんどん検査をしていきたい。ですが、何度も保健所に電話をしているがなかなか検査に来てくれない。そっちのほうが問題だと思いませんか? 東京都が意図的に感染者の数をコントロールしていると疑っています」

 現役ホストでもあるX氏は、あくまで正当性を主張する。検査を管轄する東京・新宿区保健所にX氏の言い分を伝えると、担当職員は遣る方ない様子でこう答えた。

保健所の担当者の回答は……

「個別の案件についての回答は差し控えますが、一般論として、飲食店などで濃厚接触者が出た場合、こちらとしては2週間の自粛要請をしています。ですが、要請なので効力はなく、『店を開けてよいか』と聞かれると、『閉めなければ駄目だ』とは言えないのが現実です。(X氏は)それを違った解釈をされているのではないでしょうか……。

 我々がホスト店などに感染者がいるという情報を掴んだ場合は、クラスター検査に積極的に応じるようにしています。ただ感染された方に『新型コロナウイルス感染症発生届』を提出していただく際、職業欄にホスト店の名前などではなく、『フリーター』や『自営業』と記入されると、(ホスト店内の感染を)我々は把握できません。

以下全文はソース先で

2020年7月4日 18時8分
https://news.infoseek.co.jp/article/bunshun_38834/

【感染者多数の新宿ホスト店オーナーを直撃…「悪いのは保健所。若いから重篤化しない。インフルエンザでも死ぬ」】の続きを読む

medical_influenza_kensa

1: News茶畑がお送りします 2020/07/03(金) 21:35:55.00
東京都内で、接待を伴う飲食店従業員らの間で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、池袋の繁華街を抱える豊島区は3日、区内にあるホストクラブ9店舗の全従業員を対象にPCR検査を実施する方針を示した。発熱などの症状が出ていない人も含めるという。

高野之夫区長が3日、同区主催の「感染防止大会」で明らかにした。高野区長は「徹底的に封じ込めていく必要がある」と言及。全ホストクラブでのPCR検査実施は「夜の街」感染対策強化の一環だという。区によると、他業種の接待を伴う飲食店でも実施するかどうかは、今後検討するという。

 都によると、池袋での「夜の街」関連の感染者数は増加傾向にある。6月27日~3日の1週間で都内で新たに感染が確認された「夜の街」関連の209人のうち、34人が池袋だった。6月下旬には、豊島区内のホストクラブでクラスター(感染者集団)が発生しているという。(軽部理人)


2020/7/3 21:18 朝日
https://www.asahi.com/sp/articles/ASN736X61N73UTIL038.html?iref=sp_new_news_list_n
全ホストクラブでPCR検査へ 東京・豊島、無症状でも
【全ホストクラブで全従業員を対象にPCR検査を実施する方針 豊島区】の続きを読む

job_mizusyoubai_host

1: News茶畑がお送りします 2020/06/30(火) 19:01:47.48 ● BE:201615239-2BP(2000)
 新型コロナウイルスをめぐり、横浜市は30日、新たに28人が感染したと発表した。うち26人が同市中区のホストクラブの男性従業員という。

 複数の感染者の感染経路を調べるなかで、このホストクラブが浮上。29日に主な従業員のうち未検査だった36人全員を集団検査したところ、25人の感染が判明した。自主的に医療機関を受診した1人と合わせ、26人の感染が分かったという。

 この店をめぐっては、29日までに男性従業員6人の感染が確認され、すでに発表されているという。

 従業員のうち数人は、クラスター(感染者集団)が発生している東京都新宿区内のホストクラブでも働いていたという。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASN6Z5R2HN6ZULOB01B.html

【横浜市で28人感染 うち26人が同じホストクラブ店員 ← 対策はよ】の続きを読む

このページのトップヘ