パワハラ

business_kaisya_pawahara_man

1: News茶畑がお送りします 2020/10/16(金) 01:04:42.42 ● BE:135853815-PLT(13000)
【動画】野党合同ヒアリングでの官僚吊し上げに福山幹事長「官僚の中には悪さをする官僚もいる」まだまだやる気満々

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は13日の定例会見で、野党合同ヒアリングで弱い立場の官僚が吊し上げられていることについて問われ、
官僚も被害者であるとしたうえで「官僚の中には悪さをする官僚もいる」「忖度する官邸官僚もたくさんいる」と述べ、そこの棲み分けで野党の力量が問われていると答えた。

以下全文はソースで
https://ksl-live.com/blog35809


関連
森友改ざんの原因は野党?赤木さんの元上司「遅くまで仕事、野党から突っ込まれることを消したい。追い詰められた状況で少しでも作業量を減らすため」安倍夫妻の関与も否定
https://ksl-live.com/blog35797

【【パワハラ】立憲民主党、官僚吊し上げを継続へ 「官僚の中には悪さをする官僚もいる」 ← 女性は嘘をつくと何が違うのwww】の続きを読む

business_kaisya_pawahara_man


1: News茶畑がお送りします 2020/10/14(水) 18:36:21.97 ● BE:135853815-PLT(13000)
森友学園をめぐる一連の問題で決裁文書の改ざんに関与させられ自殺した男性の上司が国有地の値引き売却や改ざんの経緯について男性の妻に説明した音声データを妻の弁護士が報道機関に公開しました。その内容の詳細です。
報道機関に公開された音声データは去年3月、赤木俊夫さんの自宅を一周忌の弔問に訪れた近畿財務局の直属の上司が雅子さんに話した内容を録音したものです。
この上司は森友学園に国有地を売却した際の責任者で、決裁文書の改ざんでも部下の赤木さんに直接手伝うよう頼んでいて、財務局の中では国有地取引から改ざんに至る一連の問題で最も中心にいた職員です。

雅子さんとのやり取りの中で上司は森友学園に地中のごみの撤去費用として8億円余りを値引いて売却した理由を次のように説明しています。
「あの売り払いをしたのは僕です。国の瑕疵(かし)が原因で小学校が開設できなかったときの損害額が膨大になることを考えたときに相手に一定の価格、妥当性のある価格を提示してそれで納得できればいちばん丸く収まる。撤去費用を試算した大阪航空局が持ってきたのが8億円だったということで、それを鑑定評価額から引いたというだけなんです」と話しました。
国会で大きな議論になった政治家の影響については「僕は安倍さんとか鴻池さんとかから声がかかっていたら正直売るのはやめていると思います。だからあの人らに言われて減額するようなことは一切ないです」と否定していました。
ただ値引き額が妥当なのかどうかついては「この8億の算出に問題があるわけです。確実に撤去する費用が8億になるかというところの確信というか、確証が取れてないんです」と打ち明けていました。

そして決裁文書の改ざんについても当時、財務局がどのような状況になっていたのか話していました。改ざんを行った理由は野党の追及が強まり、国会対応に追われた財務省本省から負担を減らすために指示されたためだとしています。
「少しでも野党から突っ込まれるようなことを消したいということでやりました。改ざんなんかやる必要もなかったし、やるべきではない。全く必要ないと思っていました。
ただ追い詰められた状況の中で少しでも作業量を減らすためにやった。何かそんたくみたいなのがあるみたいなことで消すのであれば絶対消さないです」と釈明していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201014/k10012663421000.html

【森友文書改ざん 自殺した赤木さんの上司の音声データ公開 原因はやっぱり野党のパワハラでした】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/13(水) 19:43:01.16 0● BE:593349633-PLT(16000)
小山田春樹(京都市会議員)
@harukioyamada
私が立憲民主党を離党した理由は、福山哲郎議員からのパワハラ、党スタッフからの日常的な嫌がらせ、
党支持者からの個人攻撃です。市長選をめぐる対立は一つのきっかけに過ぎません。その間、
何者かが私のアカウントに侵入して保守系右派系の人たちをブロック。京都党入党でフォローが解除されました。
joushi_buka_men3_gekido

【【報道しない自由】立憲民主党・福山哲郎議員にパワハラ疑惑】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/04/09(木) 18:42:19.02 BE:754019341-PLT(12346)
就職が内定している企業の人事課長からパワーハラスメントを受け、大学4年の男子学生(22)が入社2カ月前にみずから命を絶ったとして、遺族の代理人弁護士らが9日、記者会見した。人事課長は、入社時の配属への決定権をちらつかせながら、内定者でつくるSNS交流サイトに毎日書き込むよう強要していたという。会社側も取材に「行き過ぎた行為があった」と認めた。

 会見した川人博弁護士によると、死亡した男子学生は2018年春にパナソニックの完全子会社「パナソニック産機システムズ」(東京)から新卒採用の内定を得た。
同社では内定者への研修の一環として、SNS交流サイトに内定者20人を全員登録させていた。
人事課長は、このサイトに毎日ログインして投稿にコメントすることや、課題として出された本の感想を投稿することなどを求めたという。


「誰がいつサイトに入っているかは人事側で見えています」

「毎日ログインしていなかったり、書き込まない人は去ってもらいます」

川人弁護士によると、18年7月ごろから人事課長がSNSに投稿するこうした言葉で次第に追い込まれていった。
書き込みが少ないといった理由で内定者をSNSから排除したり、「無理なら辞退してください、邪魔です」などと内定辞退に言及したりしたほか、
「ギアチェンジ研修は血みどろになるくらいに自己開示が強制され、
4月は毎晩終電までほぼ全員が話し込む文化がある」などと入社後の過重労働を示唆したりしていたという。

男子学生は2019年1月以降、就職について迷いを口にするようになり、同年2月に自殺したという。
直前には、人事課長からの投稿について「きつい」「つらい」「死にたい」と吐露していた。
当時22歳の大学4年生で、同年4月に入社する予定だった。
弁護士らは約1年にわたり調査をしてきた結果、人事課長のハラスメント行為で精神疾患を発病し、自殺につながったとみている。

内定者にSNSで「辞退して。邪魔です」 入社前に自殺
https://www.asahi.com/articles/ASN495JDNN49ULFA011.html

business_kaisya_pawahara_man

【パナソニック、内定者を入社前に自殺に追い込むアクロバティックパワハラ】の続きを読む

このページのトップヘ