トリンドル玲奈

1: News茶畑がお送りします 2020/03/13(金) 13:39:46.20 ID:DbWEH8G39
トリンドル玲奈が、2月27日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で母親の旧姓である「肉丸」を使った「肉丸玲奈」を芸名にしようと思っていたことを語り、その名字のインパクトが話題を呼んでいる。
トリンドルだけでなく、芸能界には芸名以上に個性的な本名を持つ人も多い。

「“丸”つながりでいえば、綾瀬はるか=蓼丸(たでまる)綾というのはわりと有名ですね。彼女もホリプロのスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞した当初は、本名のままグラビアを中心に活動していました。ただ、同年のグランプリが藤本綾で、平山あやという先輩もいたため、3人も“綾”はいらないと、本名が使えなくなった。
 そのため、名前の『綾』を苗字に持っていき、広島時代に親友だった『はるか』を語呂の良さで拝借したそうです」(スポーツ紙記者)


同じホリプロでは、石原さとみの本名が「石神国子」と、名字と名前の組み合わせがなんとも神々しい響きだ。
「石原は2002年にホリプロスカウトキャラバンでの受賞を経てデビューしていますが、それ以前にはホリプロ系の俳優養成所に所属し、本名で映画『ホ・ギ・ラ・ラ』『船を降りたら彼女の島』へ出演しています。芸名の由来は芸能界の『原石』を逆にして苗字に。
 『聡』明で『美』しい人であれという意味の『聡美』を平仮名にしています」(前出・記者)
他には、紗栄子の本名は道休(どうきゅう)紗栄子、吉井怜の旧姓は飛知和(ひちわ)、有坂来瞳の出生名は黒葛原(つづらばら)留美、白石美帆の旧姓は圷(あくつ)。石田ひかりはNHK朝ドラ『あまちゃん』のプロデューサーと結婚したことで、訓覇(くるべ)姓となっている。

「意外なところでは、昨年11月放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に登場した田中みな実は、アメリカ生まれのため、本名が『田中エイミーみな実』であることを告白しています」(同)


【トリンドル玲奈の「肉丸」姓を超える!? あの美女8名の“インパクト大”な本名】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/03/08(日) 05:33:33.11 ID:WswiuFVG9
山本美月主演のドラマ「ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~」(毎週木曜夜11:59-0:54、日本テレビ系)の第9話が3月5日に放送された。毎回劇中でコスプレが炸裂する“妄想推理劇場”、今回はトリンドル玲奈が硬派な“デカ長”、山本が気弱な女性警察官役。キュートな2人が演じたコスプレシーンにファンから歓声が上がった。(以下、ネタバレがあります)

◆妄想推理劇場、今回は麗子主導!

「ランチ合コン探偵―」は、水生大海の「ランチ探偵」シリーズを原作に、合コン×グルメ×謎解きが1時間に凝縮された1話完結ミステリー。変わり者だが観察力に優れたミステリーマニアの主人公・天野ゆいか(山本)が、同僚の麗子(トリンドル)を相棒に謎を解き明かしていく。

第9話では、岡(竹財輝之助)とその後輩・西浦(佐藤祐基)を合コン相手に、スポーツジムで起きた盗難事件の謎に挑んだ。だが、第8話で自分自身の過去にまつわる謎に触れたゆいかは、過去と向き合うことが怖くてたまらない。謎解きにも後ろ向きで、西浦が話し出した盗難事件にも興味を示さない。

“謎解きスイッチ”さえ入ればいつものゆいかに戻るはず、と考えた麗子。落ち込んだゆいかを励まそうと、自ら“妄想推理劇場”を展開した。

今回も、妄想推理劇場の舞台は捜査会議。麗子はすっかり慣れたもので、スーツをビシッと着こなした硬派なデカ長に扮し「盗難事件の詳細を。まずは容疑者の洗い出し」と捜査会議を取り仕切る。

一方のゆいかは制服姿の女性警官。だが、“現実世界”のゆいかの姿勢を反映してかオロオロするばかり。「ここは好きではありません!」と逃げようとしたり、すっかり世界観に入り込んだ麗子に「デカ長気取りですか?」とツッコミを入れるなど、いつもと違って謎解きに後ろ向きだ。

放送前に番組公式、山本、トリンドルがそれぞれゆいかと麗子の2ショットをアップしたこともあり、話題を呼んだ今回の逆転コスプレ。

SNSでは「いつもはカッコいいゆいか、今日はおろおろしててかわいい」「かっこいいもかわいいもいけるショートカットの山本美月ちゃん最強説」「トリちゃんスーツ似合う!!カッコいい!!」「2人ともめちゃくちゃ美人」といった興奮の声が上がった。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

山本美月の“美人ポリス”姿、ハマりっぷりに視聴者騒然!「めちゃくちゃ美人」「二度見した」<ランチ合コン探偵>
2020/03/06 10:55 配信
https://thetv.jp/news/detail/225884/

「ランチ合コン探偵」第9話より (C)YTV
20200308004


※「ランチ合コン探偵」公式Instagram(lunch_tantei)より
20200308005

20200308006
 

【山本美月の“美人ポリス”姿、ハマりっぷりに視聴者騒然!「めちゃくちゃ美人」「二度見した」<ランチ合コン探偵>】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/03/06(金) 07:17:34.71 ID:ZiVhw1WO9
 モデルのトリンドル玲奈が2月27日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に出演し、芸名に母方の旧姓を使わなくなった理由を説明している。

 ドイツ系オーストリア人の父と、日本人の母との間に生まれたトリンドル玲奈は、幼少期から“トリンドル“という名前を周囲から何度も聞き間違えられた経験があるとし、予約の電話をする際に「『トリンドルと申します』って言って、1回で聞き取られるようになった時」には、自身が“売れた“と肌で感じる事ができたという。

 また、MCのダウンタウン・浜田雅功から、かつては母方の旧姓を芸名として名乗っていた点を指摘されると、「旧姓は使おうと思ってたんですけど、母の旧姓が肉丸(にくまる)なんでね…」と明かし、「肉丸もトリンドルもちょっと…。トリンドルの方がマシかなと思って」とコメント。“肉丸玲奈“か“トリンドル玲奈“という「究極の2択」を迫られていたと振り返っている。

「何度も聞き間違えられてきたという名前を芸名として使用するには“覚えづらい“という問題を抱えていますが、それ以上に、デビュー当初からスマートな体型を維持し続け、モデルとして活躍していくには、さすがに“肉丸“という芸名では…。耳には残りますが、イメージとはリンクしないのではないでしょうか。本人としてはかねてより、1発で通じたことが少なかった“トリンドル“という名前にも不満を感じていたのかもしれませんが、あの究極の2択であれば、現在の“トリンドル玲奈“という芸名が正解だったと言えるでしょう」(テレビ誌ライター)

 ネットではトリンドル玲奈の珍しすぎる旧姓について「肉丸?!…って造語の芸名だと言われても全然不思議じゃないね」「マンガのキャラクターのような名前が本当にあるんだ」「トリンドルは変だと思ってたが、肉丸はもっと変だね」と驚愕している反応が飛び交った。

 もしもトリンドルが女芸人への道を選んでいれば、“肉丸“との旧姓は最強の武器にもなっていたかもしれないが…。
https://www.asagei.com/144523
no title

【トリンドル玲奈、本名「肉丸玲奈」がマンガのキャラみたいと話題に】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/02/28(金) 14:52:12.75 ID:l+SXhkg69
女優のトリンドル玲奈(28歳)が、2月27日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンDX」(読売テレビ・日本テレビ系)に出演。母親の旧姓が“肉丸”でトリンドルではなく、“肉丸玲奈”を芸名として使おうと思っていたことがあったと語った。

トリンドルに「売れたと思った瞬間」について尋ねると、「小さい頃は名前を聞き間違えられていたんですけれど、予約の時に『トリンドルと申します』と言ったら、1回で聞き取られるようになった時」と回答。

さらにトリンドルは母方の旧姓を芸名として使おうと思っていたこともあると話し、「母の旧姓が肉丸なんですね。肉丸もトリンドルもちょっと……トリンドルのほうがちょっとマシかなと」と結局トリンドルで活動したと語った。
https://article.yahoo.co.jp/detail/e4cd23e5316f2e3a9d636a7ab663f7bb8605eae9
no title

肉丸ってふざけて言っているようにしか思えない名字だな・・・
【トリンドル玲奈、本名公表!「肉丸玲奈」】の続きを読む

嫉妬コメがすごいなwww


1: News茶畑がお送りします 2020/02/09(日) 03:18:54.02
モデルで女優のトリンドル玲奈(28)が2日、自身のインスタグラムを更新し話題となっている。

女優として多くのドラマや映画に出演し続けているトリンドル。
現在は山本美月(28)主演の深夜ドラマ『ランチ合コン探偵?恋とグルメと謎解きと?』(読売テレビ・日本テレビ系)にメインキャストのひとりとして出演している。

そんなトリンドルはこの日、「撮影にて、、」とだけコメントし、セーラー服姿の写真を公開した。
ポニーテールスタイルで紺色の制服に白のリボンを結び、上目遣いのあざとさを醸し出ている。

この投稿に対してネット上では「うひゃー可愛すぎて震えたよぉぉお」「少女!!」などの絶賛コメントが寄せられていた。
しかし、その一方で「顔長くなった?」「疲れ顔」「その目やめろ笑」「痛い痛い…」などの声もあがっている。

あえてこのような表情を作っているのか自然体なのかは分からないが、トリンドルにはぶりっ子のイメージが定着してしまっているのだろうか。
これほどの美貌でありながらも否定的な声があがってしまうのは、同性からの嫉妬の表れなのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/2183137/
2020.02.08 18:00 デイリーニュースオンライン
no title

【トリンドル玲奈、セーラー服姿に賛否両論】の続きを読む

このページのトップヘ