テレビ朝日

1: News茶畑がお送りします 2020/04/15(水) 22:40:45.41
 メインキャスターの富川悠太アナウンサー(43)の新型コロナウイルス感染が発表されたテレビ朝日「報道ステーション」(月~金曜後9・54)が15日の放送で、富川アナのコメントを発表した。

 富川アナは12日に感染が発表され、現在入院中。これに伴い同番組の全スタッフが自宅待機になり、他番組のスタッフを緊急動員して番組の放送を続けるなど大きな影響が出ている。

 さらにこの日の放送で、同番組スタッフ2人の感染を発表。局内の感染拡大に対し、富川アナは「番組で繰り返し感染予防を呼び掛けていた立場にもかかわらず、このような事態を招き、視聴者の皆様、関係者の皆様に大変なご迷惑をおかけしました。申し訳ございません」と謝罪コメントを発表。
「すぐに平熱になったことから、発熱を軽視してしまい、上司や会社に報告せず、出演を続けたことを深く反省しています」と自身の行動を悔やんだ。

 「視聴者の皆様からは、多数のお叱りの電話やメールを会社にいただいていると聞いています。これらを真摯(し)に受け止めたいと思っております」と重ねておわび。「なお、3月下旬から大人数で飲食する機会もなく、外部での取材もなかったので、感染経路については思い当たることがありません」とした。

 富川アナは今月3~4日に38度の発熱。すぐ熱が下がり、平熱が続いたことから6日に通常出勤した。しかし7日の本番中にたんが絡み、かすれ声に。
翌日から息切れを感じるようになったが、9日まで出演を続けた。10日に息苦しさが続き、東京都内の病院に入院。CT検査で肺炎の症状が見られ、11日にPCR検査を受け、陽性が確認された。

スポニチ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200415-00000217-spnannex-ent
no title

【報ステ・富川アナが謝罪「発熱を軽視してしまった」感染経路は「思い当たることがありません」】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/04/15(水) 11:27:12.27
テレビ朝日系のニュース番組『報道ステーション』のメインキャスターで、同局の富川悠太アナウンサーが新型コロナウイルスに感染した。

「かつてはテレ朝の看板として大きな役割を担ってきた同番組だが、近年は問題続き。
いよいよ打ち切りへのカウントダウンが始まったと言っていい」(テレビ制作会社関係者)
最近の報ステは窮地に追い込まれていたという。


「一昨年、小川彩佳を切って徳永有美を起用した際は、あまりにも不可解な人事で、番組スタッフ内からも反発が出た。
その後、小川は恨み骨髄に徹してライバル番組のTBS系、news23に移籍した。

また昨年には番組チーフプロデューサーによるセクハラも発覚。今年に入っても長年携わってきた派遣社員のスタッフを派遣切りしたと問題視された。
番組では偉そうなことばかり言っておきながら、裏では問題続きだ」(前出の制作会社関係者)

ニュースステーションの後を受けて、2004年に始まった報ステ。
まさにテレ朝を代表する番組だったが、これだけ問題ばかりが起きてしまうとさすがに厳しいようで…。

「秋の改編での打ち切りがはっきりと見えてきた。幹部たちも一度終わらせて、
タイトルやスタッフを変えた違う報道番組の立ち上げを見据えている」(前出のテレ朝関係者)

崖っぷちの報ステだったが、富川アナがトドメを刺してしまったようだ。

no title

https://news.livedoor.com/article/detail/18114874/

【【テレ朝】報ステ、打ち切りか 関係者「タイトルやスタッフを変えた違う報道番組の立ち上げを見据えている」 ← どっかの政党とおんなじ発想のネームロンダリングwww】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/04/14(火) 15:17:19.33
局内に激震が走った――。

4月12日に、テレビ朝日は『報道ステーション』でキャスターを務める富川悠太アナが、新型コロナウイルスに感染していることを発表。11日にPCR検査を受け、陽性が確認されたという。


テレ朝の発表によれば、富川アナは放送の無かった4月3日金曜日の朝に38度の発熱があり、在宅勤務に。休日である4日も熱は続いたが、5日には平熱に戻ったという。

そして、週明け6日月曜日からの放送には普段通りに出演。だが、9日に息苦しさを感じ、局に体調異変を報告。10日には入院してCT検査を行い肺炎が確認され、11日にコロナの陽性が判明したという。

「毎日、新型コロナ関連のニュースを発信しているのだから、どれだけ感染力が強いのか分かりきっていたはず。3日に発熱があったのなら、週明けの6日以降は大事を取って休むべきだった。局に報告したのも、発熱から6日後にというのも問題でしょう。平時ならともかく、これだけ新型コロナが感染拡大しているときですからプロデューサーなどに出演の相談をすべきだった。彼には降板など、何らかのペナルティがあるかもしれませんよ」(テレ朝関係者)

富川アナといえば、‘16年に古舘伊知郎から『報ステ』のメインキャスターの席を引き継いだ。前身の『ニュースステーション』を含めて、この看板番組のメインに自局のアナウンサーが代役以外で就任するのは、これが初めてだった。

「テレ朝にとって『報ステ』は、予算規模やスタッフの数など、他の報道番組とは別格なんです。それだけに、富川アナは、栄誉であるとともに、相当プレッシャーだったと思います」(スポーツ紙記者)

しかし、視聴率などの点から、局の幹部は彼に物足りなさを感じてしまった。 ‘18年には、テレ朝を退社しフリーとして活動していた徳永有美アナを出演させることになったのだが……。

「番組の作り方も、どちらかと言えば徳永アナをメインにする構成に変わっていった。当然、富川アナにとっては面白くないでしょう。そして言葉は悪いですが、“徳永アナに番組を奪われる”という焦りもあったんでは。そんなことが、彼が発熱したのに局に黙って出演するという“暴挙”に追い詰めたのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

感染を公表しているお笑い芸人「森三中」の黒沢かずこは、最初の発熱後すぐに平熱に戻ったことを公表している。彼女の感染は多くのマスコミが報道しており、富川アナがこの情報を知らなかったとは考えにくい。

“自分の席”を奪われないようにするため、発熱を隠して出演し続けたのであれば、あまりに気の毒としか言いようがないだろう――。

4/14(火) 7:02配信
【【テレ朝】<富川悠太アナ>発熱後も『報ステ』出演!関係者「彼には降板など、何らかのペナルティがあるかもしれませんよ」】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/04/13(月) 18:15:14.52
テレビ朝日「報道ステーション」メインキャスターである富川悠太アナウンサー(43)が新型コロナウイルスに感染していた問題で、富川アナ体調不良なのにもかかわらず4日間も出勤、会社に報告が遅れていたことがわかり、インターネット上では「報道キャスターとしてあるまじき行為」と厳しい批判の声が上がっている。

スポーツ各紙の報道によると、富川アナは3、4日(2020年4月)に38度の発熱があったがすぐ熱が下がった。平熱が続いたことから6日(月曜)に通常出勤した。しかし7日の本番中にたんが絡み、かすれ声に。翌8日に息切れを感じたが9日(木曜)まで出演を続けた。10日に都内の病院に入院。11日にPCR検査を受け陽性が確認された。

また、「社への体調不良の報告は9日だった」というから、発熱のあった3日から1週間近く会社に報告を怠っていたわけだ。

インターネット上では7日から「富川さんが放送中に咳をしている。大丈夫か?」という心配の声が上がっていたから、本人も会社も危機意識に欠けていたのは間違いない。

ネット上ではこんな猛批判の声が上がっている。

「会社への報告が9日というのが事実なら、報道キャスターとしてあるまじき行為。
この時期、一度でも発熱があれば経過観察でしょうが!こういうやつが大勢いるから東京はオーバーシュートになる」

「3日、4日に38度の発熱があって、9日まで出演したって? 緊急事態宣言は8日に出たんだぞ。
新型コロナウイルスの危険性を散々伝えておきながら自分のこととなるとこれだ。このウイルスのパターンの一つは発熱があり、落ち着いてそれから咳、息苦しさって伝えていたじゃないの。まさに自分の症状がそうじゃないか」

「テレビ朝日にも問題がある。うちの職場では出勤前に必ず熱を測ってくださいね、37・5度以上あるなら必ず会社に報告しなさいね、と社員及び派遣にまで通達されている。もし、3日に発熱があり、会社へ報告したのが9日が事実なら本人はもちろん、会社としても完全にアウトでしょう。
毎日コロナの危険を報道する会社の危機管理体制って、これほどまでにお粗末なのですか」

■「自宅に2週間こもった橋下徹氏の行動を見習うべきだった」

「やはりコロナについて報道を続けてきているクオモ・ニューヨーク州知事の弟で、CNNのクリス・クオモ氏は、

自分で疑いをもってすぐ検査の結果を待つまでもなく、早々と自宅からの出演に切り替えています。
陽性の判定が出てからは、そのまま自宅より、感染した人だからこそわかる、病状の詳細や、家庭の中での隔離生活のリアルについて語り続けています。

富川アナも、発熱があった段階で、職場の方々の安全を一番に考え、局と相談するべきでした。
コロナ危機の中でも社会のために重要な役割を果たす報道関係の方々には、慎重すぎるくらい慎重な姿勢が求められています」

「富川さんは発熱した際になぜ橋下徹さんがとった行動をとれなかったのでしょうか? 橋下さんはお手本を示したはずですよね。
幸い彼はコロナではなかったけど、あれが国民に範を示す報道に関わる人物がとる一つの方法だったと思う。

富川さんとテレビ朝日は認識が甘い! いくら舌鋒鋭く政府を批判しても、もう誰も報道ステーションを信用しないでしょう。
即刻番組を打ち切りなさい。視聴者に示しがつかない」

とりあえず、報道ステーションは本日(4月13日)の放送で、富川さんの二週間の行動履歴、症状が出てからの体温推移、なぜ報告が遅れたのか、感染経路はなんなのか、全部報告すべきです」

https://www.j-cast.com/tv/2020/04/13384149.html?p=all

20200414001

関連スレ

【身内に激甘】「強すぎた責任感が生んだ悲劇」 報ステ富川アナの感染、アホが美談に仕立ててしまうwww

富川アナのコロナ感染、テレ朝の報道に批判 ネット「身内の事故にほとんど触れようとしない」「他局の方が余程時間割いてる」

【緊急事態】「報ステ」全スタッフ100人超が自宅待機←全社員自宅待機でwww 【報ステアナがコロナ感染、テレ朝に怒りの声殺到 「番組は打ち切りに!」 「政府批判しても誰も番組を信用しない」】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/04/14(火) 05:30:57.71 BE:844628612-PLT(14990)
テレビ朝日富川悠太アナウンサー(43)の新型コロナウイルス感染が明らかになってから一夜明けた13日、同アナがメインキャスターを務める報道番組「報道ステーション」(月~金曜午後9時54分)のスタッフ全員が自宅待機していることが分かった。

フリーアナウンサーの赤江珠緒(45)は、レギュラーを務めるTBSラジオ「赤江珠緒たまむすび」(月~金曜午後1時)に電話出演し、「報ステ」制作に関わる夫も感染している恐れを語った。

「報ステ」ではこれまで、感染者が出た際にも放送を維持するため、スタッフをチーム分けにして“共倒れ”を防ぐ策を講じていた。
だが、富川アナ以外にも感染の疑いが出てきたことから、ついに全スタッフの自宅待機を決めた。

同局によると、12日の時点で約20人のスタッフが自宅待機に。
しかし同局関係者は、この日までに「結局全員が自宅待機になったようです」と明かす。
さらなる感染拡大を予防し、クラスター(小規模な集団感染)を発生させないための措置とみられる。100人超の制作スタッフは自宅に控え、今後は現スタッフなしで番組制作にあたる異例の対応をとることになる。

報道局内から他番組の制作に従事する人員をかき集めて放送する緊急事態。先の関係者は「報道局の総力戦。半分近くは『報ステ』OBだったり、経験者もいる。
かつてないことだが、できないことはない」。また、潜伏期間を考慮して「少なくとも2週間はこの態勢でしょう」と話した。

中略

関係者は、富川アナが入院した10日には赤江アナの夫ら幹部社員が「出社したが自宅に戻された」とし、他にも感染者がいる恐れを指摘した。
テレ朝報道局の力が問われる、総力戦の2週間になりそうだ。

緊急事態「報ステ」全スタッフ100人超が自宅待機
https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/amp/202004130000698.html
[2020年04月14日05時00分]

no title

【【緊急事態】「報ステ」全スタッフ100人超が自宅待機 ← 全社員自宅待機でwww】の続きを読む

このページのトップヘ