スマホ

game_kakin_woman

1: News茶畑がお送りします 2020/06/10(水) 14:56:25.42
◇ 「ゲーム代行」トラブル多発 学生らがレベル上げ受託

スマートフォンゲームの持ち主に代わり、キャラクターのレベルを上げる代行業を巡るトラブルが相次いでいる。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、在宅生活を送る学生らが依頼を受ける事例が増えているが、代行行為を規約で禁止しているゲーム会社が多く、報酬の未払いといった問題も後を絶たない。依頼主にもアカウント乗っ取りなどのリスクが潜む。

「レベル上げ代行します」――。SNS(交流サイト)上には最近、人気スマホゲームのレベル上げ代行を請け負う投稿があふれている。

東京都在住の女子大生(20)もそんな書き込みをした一人だ。新型コロナの影響でバイト先の飲食店が休業。月5万円ほどの収入を失い、3月上旬からスマホゲーム「モンスターストライク」(モンスト)の代行業を始めた。

SNSで依頼を募り、顧客からゲームのIDやパスワードを教えてもらってレベル上げにいそしむ。報酬は難易度などに応じて事前に設定し、前払いで1回数千円程度の電子マネーを受け取る。3月は2万円ほどの収入があったという。

モンストはモンスターを集めてレベルを上げながら戦うゲームで、昨年12月時点で累計利用者は約5300万人に上る。代行を利用する福岡県の20代男性会社員は「面倒な作業を委託でき、効率よくゲームが楽しめる」と利点を語る。

ゲームによってはアイテムの収集やログインの代行業者もいるという。元教員でITジャーナリストの高橋暁子さんは「新型コロナの影響で学校が休校し、自由な時間が増えたことで、ゲームの代行を始める学生が多い」と指摘する。

代行行為は違法ではないが、規約で禁止するゲーム会社は多い。モンストを運営するミクシィはモンストのホームページで「代行業者などにゲームデータを預け、プレー代行の対価としてお金を払うことも不正行為」とし、アカウント停止などの処罰対象となると明記している。

同社の担当者は「代行が横行すると、正常にプレーしている人との格差が生まれる。ゲームデータを預けてしまうので、アカウントを乗っ取られ、トラブルになる事例もある」と説明する。

他のスマホゲームも、規約でアカウントを第三者に貸与する行為などを禁止しており、「代行行為を取り締まり、重い処分をしている」(別の大手ゲーム会社)という。

国民生活センターには依頼者側からの相談が相次いでおり「代行費用の4万5千円を支払ったが、まだ実施されていない」「代行を依頼したらアカウントを乗っ取られた」などの苦情が寄せられている。

2018年11月には、自称ゲーム代行業の男が、元顧客のモンストのアカウントに不正アクセスし、ゲームデータを乗っ取ったとして、不正アクセス禁止法違反などの疑いで福島県警に逮捕された。男は逮捕当時、「約2万件の代行依頼を受け、1500万円以上のもうけがあった」と供述していたという。

代行を請け負う側が被害者になるケースもある。兵庫県の男子高校生(17)は「6時間かけてレベルを上げたが、代行の料金が支払われなかった」経験がある。規約違反の負い目から被害を訴えられず、泣き寝入りするケースも目立つ。

ゲームの問題に詳しい国際大学GLOCOMの山口真一准教授は「ゲーム内で優位に立ち、承認欲求を満たしたいというプレーヤー心理が行き過ぎ、ルールを逸脱してしまうケースが目立つ」と指摘。「ゲームはルールの範囲内でやるから面白い。トラブルに巻き込まれる危険もあり、代行を使うのは控えるべきだ」と呼びかけている。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO60187660Q0A610C2CE0000?n_cid=SNSTW001&s=4

【スマホゲームのレベル上げ代行 トラブル多発 学生らが受託】の続きを読む

おまえら、いそげ、ってか、そもそもBluetooth使ったことなかったわwww



1: News茶畑がお送りします 2020/02/21(金) 23:46:30.97 ID:EAdq1rv00● BE:323057825-PLT(13000)
Androidのバージョン8または9が搭載された古いデバイスを使っている人は、Bluetoothを使う際に注意が必要です

スマホをハッキングされる恐れも

サイバーセキュリティを専門とするERNW社は先日、あるバグを発見しました。

同社によると、そのバグのせいで、Bluetoothが有効になっているAndroidデバイスの電波が届く範囲内にいる人は、
誰でもそのデバイスのストレージにアクセスできてしまうというのです。

ハッカーは、デバイスに関するさらに詳しい情報、具体的には、BluetoothのMACアドレスを知る必要があります。
それがわからないと、内部ストレージにリモートで完全にアクセスできません。

ところが、ENRWのバグレポートで報告されているように、そのアドレスは比較的簡単にわかってしまいます。

そして、いったん入りこめば、個人のファイルを簡単に盗み出したり、ユーザーに気づかれることなく、
マルウェアやスパイウェアなどをインストールしたりといったことが易々とできてしまうのです。

すぐにアップデートを

2020年2月にリリースされたAndroidのセキュリティパッチには、このバグの修正が含まれています。

ですから、Androidの標準的なアップデートプロセスでこのパッチを入手できる人は、ダウンロードしてインストールすべきです。

ENRWのバグレポートには、8.0よりさらに古いバージョンもこのBluetoothの脆弱性の問題を抱えているおそれはあるが、
これらの古いバージョンについてはテストを実施していないということも報告されています。

このバグはバージョン10にも存在しますが、バージョン10の場合、この脆弱性を悪用した攻撃はできないということなので、その点ではリスクはありません
(とはいえ、セキュリティパッチにはほかの修正も含まれていますので、バージョン10のユーザーもこの機会にインストールしましょう)。

古いAndroidスマホは、今すぐアップデートすべき
https://www.lifehacker.jp/2020/02/update-android-to-fix-a-major-bluetooth-bug.html
smartphone_screen_sns_enjou

【【緊急】Androidスマホの人は早くOSアプデしろ!誰でも簡単にデータを抜かれる脆弱性見つかる!】の続きを読む

つまんねぇからとか言っているやつがいるけど、論点はそこじゃねぇし、つまんねぇなら出ていけばいいのに席でスマホをいじる常識の無さが問題なんだよな。


1: News茶畑がお送りします 2020/02/11(火) 14:34:05.68 BE:123322212-PLT(13121)
映画館のスマートフォンのマナーが議論されている。せっかく楽しみにした映画鑑賞を、携帯電話やスマホの着信音や、液晶の照明に邪魔されてガッカリする。そんな経験は誰にでもあるだろう。劇場側は上映前に「マナーモードや電源オフ」を伝えている。

それでもなくならない映画客のスマホ使用に対して、「映画館に通信機能抑止装置を置いてくれ」との声が上がる。
すでにクラシックコンサートやミュージカルの会場で導入されている装置は、映画館にも設置できるのだろうか。

●映画館の鑑賞体験を台無しにする隣客のスマホいじり

映画館はお金を払って「違う世界」に連れていってくれる特別な場所。しかし、その非日常体験を台無しにする行為が「客のスマホ利用」だ。

「隣の客のスマホの液晶が明るくて気になる」「エンドロールまで没頭したいのに」「映画館クソ客ガチャ(※意訳・近くの席に座る客は選べない)」

上映中にもかかわらず、映画館でケータイやスマホを使っている人たちに向けられた「恨み節」にも似た声がネット上にはあふれている。

多くの劇場では作品上映前に「マナーを呼びかける映像」を流して電源オフやマナーモードを「お願い」している。
だが、それでも手ぬるいとばかりに映画ファンからは「強制的に携帯電話の通話や通信をできなくさせる電波を劇場内に流してほしい」という声は少なくない。

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200211-00010761-bengocom-soci
movie_meiwaku_smartphone

【なぜ映画館でのスマホいじりはなくならないのか】の続きを読む

このページのトップヘ