スマホ

computer_sagi_error

1: News茶畑がお送りします 2020/08/15(土) 14:59:02.30 BE:422186189-PLT(12015)
Huaweiの一時的な一般ライセンスの有効期限が切れたため、古いAndroidスマートフォンで問題が発生する可能性があります

昨年、トランプの管理は、Huawei社を置き、米国商務省の「エンティティリスト、」上の子会社GoogleモバイルサービスのライセンスからGoogleにブロックされた新しいHuawei社のデバイスモデルのためには、2019年、5月16日後に使用可能になり、米国政府は、Huawei社に付与された一時的な一般的にライセンス(TGL)で、昨年は数回更新されました。 2月に同社が発表したサポート記事によると、GoogleはこのTGLにより、GoogleがセキュリティアップデートとGoogleアプリのアップデートの提供に関してHuaweiとの協力を続けることができました。ただし、Huaweiの一時的な一般ライセンスは期限切れです昨夜のように。これがGoogleアプリを備えた既存のHuaweiモバイルデバイスのソフトウェアアップデートに何を意味するのかはすぐにはわかりませんが、これは会社に問題を引き起こす可能性があります。

https://www.xda-developers.com/huawei-temporary-general-license-expired-updates-older-phones/

【ファーウェイの「古いスマホ」からもGoogle Play削除が決定、だからiPhoneにしとけと言ったのに…】の続きを読む

smartphone_new

1: News茶畑がお送りします 2020/08/04(火) 08:55:38.88
Googleの廉価版スマホ「Pixel 4a」が14日より予約開始。価格は42,900円 ~5G対応のPixel 4a 5GとPixel 5も60,500円からで投入予告 - PC Watch Googleは4日、Pixel 4シリーズの5.81型廉価版スマートフォン「Pixel 4a」を発表した。14日より予約を受け付け、20日に販売を開始する。価格は42,900円。Google Storeおよびソフトバンクが取り扱う。

 同社AndroidスマートフォンのPixel 4シリーズは、昨年(2019年)10月に5.7型のPixel 4(89,980円~)と、6.3型のPixel 4 XL(116,600円~)が発売済み。今回のPixel 4aでは下位モデルのSoCの採用や、背面カメラの1眼化、顔認証から指紋認証センサー(背面に装備)への変更、一部機能の非搭載などによって低価格化を図っている。


 SoCはSnapdragon 730Gを搭載し、Snapdragon 855を搭載するPixel 4および同XLに劣るが、メモリは同じLPDDRX 6GB、ストレージも128GBとなっている。ディスプレイはOLED(有機EL)の5.81型で、Pixel 4よりも解像度の大きい2,340×1,080ドットとなり、画面をくり抜くかたちで前面カメラが配置されたことで、ほかのPixel 4シリーズとは違い、縦横でも狭額縁となっているのも特徴。

 また、バッテリ容量は3,140mAhで、Pixel 4の2,800mAhよりも多い。ただし、ワイヤレス充電機能のQiには非対応。バックグラウンドのアプリの動作状態などを監視して、バッテリ駆動時間の最適化を図る「アダプティブバッテリー」機能は上位モデルと同じく備えている。

 非接触型ICカード読み取り技術のFeliCaをサポートし、Google Payとおサイフケータイを利用可能。このほか、購入特典として、YouTube PremiumとGoogle Oneを3カ月無料で使うことができる。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1268990.html


no title

【【Google 】「Pixel 4a」発表 FeliCa搭載 RAM6GB/ストレージ128GB 42,900円】の続きを読む

smartphone_new

1: News茶畑がお送りします 2020/08/02(日) 07:19:17.30 BE:422186189-PLT(12015)
NTTドコモは、5G対応スマートフォン「arrows 5G F-51A」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を7月30日より発売すると発表した。同モデルは製品発表当初、「6月下旬以降発売」としていたが、その後、「7月下旬以降発売」に延期するとアナウンスしていた。

主な特徴として、表示部に、約6.7型Quad HD+有機ELディスプレイ(3120×1440ドット)を採用。

主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 865」、メモリーが8GB、内蔵ストレージが128GB。外部記録媒体はmicroSDXCメモリーカード(最大1TB) をサポートする。OSは「Android 10」をプリインストールした。

カメラ機能は、アウトカメラが有効約4800万画素カメラ+有効約1630万画素カメラ+有効約800万画素カメラ。シャッターを切るだけで、写真ごとに明るさや自然な彩度などを最適化する「Adobe Auto tone」に対応した。インカメラは有効約3200万画素だ。

バッテリー容量は4070mAh。電池持ち時間は、5Gが約110時間、4G(LTE)が約125時間。

通信速度は、5Gの場合が受信時最大4.1Gbps、送信時最大480Mbps、4G(LTE)の場合が受信時最大1.7Gbps、送信時最大131.3Mbps。

IPX5/8相当の防水性能、IP6X相当の防塵性能も備える。

おサイフケータイの利用も可能だ。

本体サイズは76(幅)×164(高さ)×7.7(奥行)mm、重量は約171g。ボディカラーは、Navy Black、Titanium Silverを用意する。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/s.kakaku.com/prdnews/amp/cd=keitai/ctcd=3147/id=96501/%3Fusqp%3Dmq331AQRKAGYAcHKvKSGiKHw5gGwASA%253D

【伝説ふたたび、モンスタースマホ「富士通arrows 5G F-51A」、ついに完成!】の続きを読む

smartphone_new

1: News茶畑がお送りします 2020/07/09(木) 18:11:44.56
NTTドコモは2020年内に次世代通信規格「5G」対応スマホの低価格モデルを投入する。現行の5Gスマホが10万円を超すなか5万~8万円になる見込み。5Gスマホの契約者を増やし、3年で計1兆円の関連投資を回収する方針だ。ただ格安スマホとの競争が厳しく、5Gが成長をけん引するかは不透明だ。

ドコモの吉沢和弘社長が日本経済新聞の取材に明らかにした。3月下旬に5Gサービスを始めており、5Gの基地局整備な
(リンク先に続きあり)

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO61325820Z00C20A7TJ2000
ドコモ、2020年内に低価格5Gスマホ 5万~8万円
【イブニングスクープ】
2020年7月9日 18:00

【ドコモ、2020年内に低価格5Gスマホが全然低価格じゃない件についてwww】の続きを読む

smartphone_new

1: News茶畑がお送りします 2020/06/18(木) 09:35:59.83 ● BE:479913954-2BP(2931)
6月4日、日本のスマホ業界に激震が走った。ファーウェイとシャオミが日本で激安スマホを発表したからだ。
この両者は世界中で低価格スマホを次々と発表しており、最新の通信方式「5G」対応スマホも海外で3万円を切る製品が登場。スマホの価格破壊が一気に進もうとしている。

クワッドカメラで2万円台
5Gスマホも4万円で買える

シャオミの日本向け最新モデル「Redmi Note 9S」は税込み定価2万4800円という格安スマホだ。SIMフリー市場で販売されるため、通信キャリアとの2年契約等は一切いらない。
2年間使い続けるなら毎月の支払額は1000円強、1日あたりなんと34円で買えてしまうのだ。

もちろん今でも2万円台の低価格スマホは多数販売されている。
しかし価格の安いスマホは「旧モデル」「低速CPU」「解像度の低いディスプレイ」「低カメラ画質」「安い仕上げの本体」など、欠点を持つ製品も見受けられる。自動車の世界に高級車やスポーツカーから、
低価格な軽自動車まで様々な車種があるように、スマホと言ってもすべてが高性能な製品とは限らないのだ。
また家電量販店で格安スマホを見つけたと思ったら、所謂格安SIMと呼ばれるMVNOキャリアとの契約が必要なこともある。
スマホの世界では「安いものを見かけたら、すぐに飛びつかずに性能や支払い方法を確認する」が鉄則だ。

ところがシャオミのRedmi Note 9Sは2万円半ばとは思えない性能のスマホなのだ。
ディスプレイサイズは6.67インチ、解像度は2400×1080ピクセル。チップセットはミドルレンジモデル向けのクアルコムSnapdragon 720Gを採用。メモリ4GB+ストレージ64GBは価格相応レベルだが、
カメラは4800万画素の広角に800万画素の超広角、500万画素のマクロもそなえ、200万画素の深度測定カメラでボケ写真も得意とする。
そしてバッテリーは5020mAhで1日の利用も問題ない。

5Gスマホの2万円時代がやってきた!
ファーウェイとシャオミが起こす価格破壊
https://www.digimonostation.jp/0000125194/
【日本企業「2万であんなの出されたら困る」 シャオミのスマホに日本企業が悲鳴】の続きを読む

このページのトップヘ