コロナウイルス

1: News茶畑がお送りします 2020/03/26(木) 16:40:39.34
テレビ東京が26日、東京・六本木の同局で定例会見を行った。

世界的な新型コロナウイルスの感染拡大で訪日外国人が激減しているため、「YOUは何しに日本へ?」や「世界!ニッポン行きたい人応援団」といった訪日外国人が登場する番組制作への影響について、高野学編成局長は「『YOU-』のロケはやっているが、撮れ高がない状況。『ニッポン-』は来日できない人が 増えており、番組制作に制限が出ている。この状況下でもファンの期待を裏切らない形で放送を継続できればと思います」と企画変更の可能性も明かした。

「モヤモヤさまぁ~ず2」や「出川哲郎の充電させてもらえませんか?」といった街を歩いたり、一般人と触れ合うロケをするバラエティーも現在、ロケを見合わせているという。
また、東京五輪が1年程度延期については、小孫茂社長は、同局では計約60時間の放送枠があったとし、「この1カ月くらいで、代替策を検討してきた。大枠は慌てずにできるようになっているが、具体的にはすべて これから」と説明した。


pose_english_wow_woman
 
【テレビ東京、コロナウイルス拡大で企画変更やロケ見合せ】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/03/17(火) 08:19:45.40 ID:lB+StaD/0● BE:784885787-PLT(16000)
今回は、フランスの大手政治ニュース雑誌「ル・ポワン」の、「コロナウイルス:日本は例外である」と題された記事から。

記事はまず、中国、フランス、イタリア、ドイツなどは、新型肺炎の感染者の数が急激に伸びている点で類似しているが、日本では増加が緩やかである点を指摘。

その上で、日本で爆発的な感染が抑えられている背景には、国が強く規制しなくても自制する「日本人の規律ある国民性」と、頻繁に手を洗い、またそれが出来る「完璧な衛生観念・環境」、この2点があると説明されています
(記事には、日本は現在のところ検査の対象を絞っているため、今後感染者の数が増える可能性もあるという専門家の指摘も)。

日本人の「規律」と「衛生観念」という2つのキーワードは、多くのフランス人にとって、非常に納得のいくものだったようでした。


海外「結局は民度の差なんだよ」 仏誌が指摘する『日本の感染者数が少ない理由』が話題に
ugai_tearai

【おフランス G7で唯一コロナ封じ込めに成功した日本に降伏、パヨさん、また負けてしまうwwwww】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/03/13(金) 21:58:48.49 ID:J5AleZ9H0 BE:306759112-BRZ(11000)
1United States of America(USA)万国アノニマスさん
お前らの備蓄を貼って持たざる者を笑おう
俺は昨日ライフルをもう1丁買って、今日は食料を買った
もう既に1週間以上の食料はあるけどもっと欲しかったんだよね

no title


2United States of America(USA)万国アノニマスさん
馬鹿だな
これでも3週間分の食料と3日分の水しかないじゃないか

3United States of America(USA)万国アノニマスさん
スーパーから帰ってきたところだけど
トイレットペーパーも乾燥パスタも豆も米もオート麦もピーナッツバターも無かった
ふざけんなお前ら

↑ United States of America(USA)万国アノニマスさん
同じく
こっちは消毒液、米、豆、缶詰の野菜、キャットフード、トイレットペーパーが無かった

4United States of America(USA)万国アノニマスさん
no title


↑ United States of America(USA)万国アノニマスさん
これを少し見るだけでも動悸がする

↑ United States of America(USA)万国アノニマスさん
俺は歯が痛くなったわ




コロナウイルスで買いだめ自慢大会 海外掲示板でまだまだ盛り上がる
http://www.all-nationz.com/archives/1077151989.html

【【衝撃】コロナウイルスによる買いだめ自慢大会が凄すぎるwwwwwww】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/03/07(土) 19:25:32.41 ID:+oQUpXUy9
コロナウイルスによって社会が大混乱に陥っている現状は、まさに東日本大震災の際の状況と多くの共通点がある。
特にテレビを通じて繰り返し流される情報・意見発信のあり方には既視感を禁じ得ない。
はじめにお断りしておくと、私は、防衛・教育研究問題に関して現政府とはかなり異なる価値観をもっている。

今はその後の結果論に基づいて、過去の対応に批判を繰り返してばかりいる時期ではない。

例えば、
1月末に中国人入国全面拒否に踏み切るべきだった。ダイヤモンド・プリンセス号の乗客・乗員は全員下船させ隔離し、直ちに全員にPCR(Polymerase Chain Reaction)検査を実施すべきだった。
陰性となった乗客を帰宅させた際には、公共交通機関を利用させず専用のバスで送り届けた上で、しばらく自宅待機を要請すべきだった
 ……などなど。

それらは実現可能性と波及効果の双方を考えて選択されるもので、その時点で波及効果を正しく予想することは不可能である。
いずれにせよ批判が巻き起こることは避けられない。
仮に自分が責任ある立場だったとして、状況が読みきれない状態で賛否が分かれる重要な決断を正しくできたとは思えない。
テレビのワイドショーで毎日同じような批判を繰り返している人々も同じだろう。

批判すること自体は大切である。しかし、無責任に「べきだった」と批判するだけではなく、
今から具体的にどうやれば実行できるのかまで踏み込んだ提言をすることがその前提だ。
具体的対策をともに練り上げて、実行する立場にいる人たちがすぐ取り入れられるレベルの議論を尽くすことで、
前線で頑張っている人たちの負担を少しでも軽減するという発想でなくては意味がない。

でなければ、我々素人の誰でも思いつく程度の不平不満をテレビ電波で垂れ流し、
人々の共感を集めて刹那的に溜飲を下げるだけに終わる。

テレビのワイドショーには例えば2時間というあらかじめ決まった時間枠がある。
そのためであろうか、ただでさえ薄い内容をさらに水増しして時間を延ばして放送しているとしか思えない。
通常時はそれでも良かろう。単に見なければ良いだけだ。

しかし、現在のような状況下では、人々は最新の信頼できる情報を求めている。
インターネットやSNSで根拠のない情報が氾濫し拡散しうる時代だからこそ、
通常時の毒にも薬にもならずとも人々の興味を引くワイドショー的なトピックの取り扱いとは全く異なり、
それなりの責任が求められるはずだ。


全文はこちら
https://webronza.asahi.com/science/articles/2020030300001.html
https://webronza.asahi.com/science/articles/2020030300001.html?page=2

news_wideshow_serious

【民放テレビの新型コロナ報道がひどすぎる】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/03/02(月) 02:55:48.85 ID:d4cvz8+u0● BE:295723299-2BP(2000)
「コロナよりも怖いのは人間だった」。ドラッグストアの店員が語る恐怖の体験
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、人々の不安は、購買活動にも影響を与えている。そうした中、
Twitterで「コロナよりも怖いのは人間だった」と悲痛な叫びをあげたドラッグストアで働く女性がいた。

体験とともに思いを投稿すると、同じく店員であり、同様の境遇にあるというユーザーたちから「共感しかない」
「まさにその状況」との声があがった。彼女は、何を語り、どんな体験をしているのか。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】

「マスクの次は、トイレットペーパーやティッシュペーパーがなくなる」「製造元が中国」

こんな根拠のない情報が、SNSやメッセージアプリを中心に流され、ドラッグストアやスーパーの店舗に人々が殺到。トイレットペーパーやティッシュペーパーだけでなく、生理用品や乳幼児用の紙オムツまでも、日々、売り切れる店舗が続出する事態となっている。

この状況で、Twitterで声をあげたのは神奈川県内のドラッグストアで12年間、働いているという女性のtamaさん(@tama_punpa)だ。

「ドラッグストア店員の思いです。私たちも同じ人間です。ありがとう、頑張ってねが一個でもあれば良いのに。すみません、申し訳ございませんばかりで疲れました」

この文章とともに、投稿したのが現場での体験をもとにした叫びだった。以下、全文を紹介する。

“現在、コロナウイルスに感染し、闘病している方々が回復に向かうこと、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

現在、コロナ問題で毎日ニュースが流れ、感染者・死者が出るたびに、恐怖が煽られています。私はコロナウイルス の専門家でも医者でもありません。ただのドラッグストア店員です。

12年勤めてきて、良い時も悪い時もありましたが、楽しく勤めてきた仕事だったのに。
1.5カ月前。まさにコロナにより、マスクの供給不足となった頃から毎日毎日同じことを聞かれて、
あげくキレられたりと増えてきました。

「マスクの入荷はいつ?」

「いつもないじゃない!」

「病人がいていつも買えないのに、1個くらい取り置きしてよ!」

今まで笑顔だったお客様が、全員鬼に見えます。

購入数量の規制もかかり、多く持ってきた方に説明すれば、不服そうに文句を言われます。

だけど「申し訳ありません」「すみません」と頭を下げます。
きっと、「ありがとうございます!」よりも「すみません」の方が割合が多くなり、正直、ノイローゼ気味です。

電話もよく鳴るようになりました。

「在庫聞きたいんですが」

「いつなら入る?」

電話が鳴るたびにストレスです。

実際、マスクの入荷日には列が半端なく、レジスタッフも今までにない状況に過呼吸や貧血を起こす人も出ています。

そして、2日前から急に、今度はペーパー・生理用品・ベビーおむつまでも買い溜めする方が増えました。

ずっとレジから離れられない状況で、いつもの日常業務もまったくできなくなりました。


「コロナよりも怖いのは人間だった」。ドラッグストアの店員が語る恐怖の体験
BuzzFeed Japan3/1(日) 13:02配信

oil_shock_kaishime_toiletpaper

【【終末】ドラッグストア店員「コロナより人間が怖い」 デマ流したやつ営業妨害だろ】の続きを読む

このページのトップヘ