クラスター

bar_master_mama_woman_sheet

1: News茶畑がお送りします 2020/07/25(土) 10:41:12.04
 世間にインパクトを与えた札幌・ススキノの「キャバクラ」で発生したクラスター。客ひとりを含む12人が感染し、そのほか多数の濃厚接触者にも感染の疑いがもたれるなど、道民に恐怖を与えている。

 世間的には「また、キャバクラか」という声も大きそうだが、今回、筆者は実際の業態と世間が思うイメージのギャップに、いささかの関心をもった。

 それは、クラスターが発生した店が「キスや密着があるキャバクラ」と報道されたことだ。

■大マスコミが伝えきれなかった事実
 遊び好きの男性なら、「それって、キャバじゃなくおっパブじゃん!」と思ったことであろう。しかし、である。風俗通が理屈をこねれば、ことススキノにおいてはキャバクラ=おっパブであって、当該店がキャバクラと報じられることは間違いではないのだ。「じゃあ、(本当の)キャバクラは?」となるが、この場合、当地ではニュークラブという呼び方になる。まず、このローカルルールがややこしかった。

 それとは別に週刊誌系やネット記事はともかく、天下の大マスコミ、新聞・テレビがおっパブの詳細を伝えることなどできなかったらしく、単に「キスや密着があるキャバクラ」と伝えた。つまり、本来のキャバクラの姿とは違って報じられたことで、風俗などに関心がないフツーの人たちに、「キャバクラってキスや密着ができるの?」思わせてしまった可能性があるのだ。

 いまひとつ、基本的なことだが、今回ネットニュースなどで“おっパブ”というワードを聞いた人のなかには、「そもそもおっパブとは?」というムキも少なくなかったのではないか。簡単ではあるが、そのスタイルと「コロナ禍におけるリスク」を解説しておこう。

 いわゆるキャバクラとの最大の違いは、おっパブの場合、女性キャストは客により密着して接客をした上、1時間に数回程度の割合で“サービス”を行う。地方によって、呼び名や過激さは変化するが、オーソドックスのものはキャストが上半身裸になり(あるいは、はだけた状態)、客の男性におっぱいを揉ませる。店にもよるが、そのときキスも可能であり、なかにはおっぱいを吸わせるコもいる。今回の店ではキスもデイフォのサービスに含まれていたようだ。

■その乳首、消毒してますか?
 つまり、男性客と隣席し、おっぱいを揉ませ、キスまでするという、「三つの密」が行われていた。しかも、乳首を完璧に消毒していない限り、前の客が舐めた乳首をそのまま口に含むことになる。正直、これではコロナ感染の確率が高くなるのも致し方ない。

続きはソースで
https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/200721/dom2007210003-s1.html

【ススキノの「おっパブ」クラスター 感染理由が濃厚接触過ぎてワロタwww】の続きを読む

job_mizusyoubai_kyabakura

1: News茶畑がお送りします 2020/07/15(水) 19:31:22.44
北海道札幌市ススキノの接待を伴う飲食店で、店の客や関係者など12人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。

札幌で"夜の街クラスター"が確認されるのは初めてです。

札幌市保健福祉局 山口 亮 感染症担当部長:「ススキノ地区の接客を伴う飲食店の集団感染事例。現在の陽性者数は12人」

札幌市は7月15日、20代から40代の男女と年齢・性別非公表の合わせて12人が、新型コロナウイルスに感染したことを確認しました

このうち、11人は札幌市ススキノの接待を伴う飲食店いわゆる「キャバクラ店」の客と女性スタッフなどでした。


※以下略、全文はソースからご覧ください。

"600人程度"接客か…ススキノ「キャバクラ」でクラスター 客と従業員12人判明 感染判明後も営業

https://this.kiji.is/656073415811433569?c=49404987701575680
2020/7/15 19:01  c北海道文化放送株式会社

【【お盛ん】ススキノ「キャバクラ」でクラスター 客と従業員12人判明 感染判明後も営業】の続きを読む

job_mizusyoubai_kyabakura

1: News茶畑がお送りします 2020/07/04(土) 08:33:08.99
 さいたま市大宮区の繁華街、通称「南銀(なんぎん)」にある2つのキャバクラで、新型コロナウイルスへの複数の感染者が確認され、うち1カ所の「クラブグランデ」では3日までに19人が陽性となり、市はクラスター(感染者集団)が発生したと認定。市は従業員の検査はほぼ終えたが、来店客の把握に苦慮している。感染の広がりは見えないままだ。(前田朋子)
◆客は300人程度か

 「病院や学校より手ごわい」。西田道弘・さいたま市保健所長はグランデの店名を公表した6月29日の記者会見で、実態把握の難しさをこう表現した。
 店は保健所に、県が休業を要請していた4、5月の期間も営業し、平日で約30人、週末は40~50人の客が訪れていたと説明。保健所は濃厚接触者として客の調査が必要な期間を6月17日からおよそ10日間とし、単純計算では対象が延べ300人程度いることになる。
◆女性従業員に連絡を依頼

 しかし、店に客の名簿はなさそうで、保健所が直接連絡できない。自ら名乗り出てもらうしかなく、店の了解を得て店名の公表に踏み切った。また、客と会員制交流サイト(SNS)などでつながっている女性従業員にも連絡を取ってもらえるよう店に依頼した。
 店名公表してから今月3日までに、客から37件の相談が保健所へ寄せられた。行政検査につながった人もいれば、自主的に民間検査を受けた人もおり、来店客6人の陽性が判明。さらに、1日に別の店での感染が判明したことが報道され、「南銀に行ったが大丈夫か」という相談も寄せられ始めているという。
◆「捜査権ない」

 一方で、「夜の街」で感染したと知られたくないと考えて相談しない客がいることも予想される。検査に応じて感染が判明しても、すべての行動を明かすとも限らない。西田所長は「捜査権があるわけではなく、言いたくないことを聞き出すには技術がいる」と難しさを認め、県とも連携しながら感染拡大防止に取り組む考えを示している。

東京新聞 2020年7月4日 06時00分
https://www.tokyo-np.co.jp/article/39744?rct=saitama

【キャバクラ店は「手ごわい」 大宮でクラスター、さいたま市が調査に苦慮】の続きを読む

bar_master_mama_woman_sheet

1: News茶畑がお送りします 2020/06/29(月) 07:38:23.68
 栃木県と宇都宮市は28日、新たに5人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。5人は宇都宮市のキャバクラ店の従業員で、同店の感染者は8人となった。県は同店で県内初のクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。

 県などによると、クラスターが発生したのは宇都宮市のキャバクラ店「CLUB EIGHT」。27~28日にかけ、同店に勤務する10~30代の男女8人が感染していることが判明した。22日に同店を利用後に感染が確認された県外在住の客から広がったとみて、従業員や家族らの検査を進めている。

ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/a5bfcc7e4e1ae161d29b3d28cd5643c6556b6e7f

【宇都宮のキャバクラ、新たに従業員5人感染 栃木県、初のクラスター認定】の続きを読む

medical_sanmitsu_set

1: News茶畑がお送りします 2020/06/10(水) 08:51:59.62
北海道ではきのう新たに7人の新型コロナウイルスへの感染が確認され、札幌市では「昼のカラオケ」によるクラスターが発生していたことがわかった。

札幌市によると、5月以降に新型コロナウイルスへの感染が確認された人のうち、27人がカラオケボックスではなく、喫茶店などで食事の提供にあわせて日中に行われる「昼のカラオケ」に行っていたという。

このうち24人は60歳以上で、確認された店舗は市内の15店舗ほどにのぼり、そのうちの1店舗では客と従業員のあわせて10人が感染するクラスターも確認されている。

市では、「カラオケが悪いとか自粛してほしいというのではなくて、感染の予防や拡大に気を付けていただき、楽しんでいただきたい」と注意を呼びかけている。(ANNニュース)

https://times.abema.tv/posts/7057441

【北海道「昼のカラオケ」でクラスター発生 60歳以上が多数、なにやってんだこいつら・・・】の続きを読む

このページのトップヘ