sweets_icecandy

1: News茶畑がお送りします 2020/10/15(木) 00:06:50.65
「ガリガリ君」が40周年に向け新フレーバーを開発! 担当者と問題作「ナポリタン味」を振り返る。

東京バーゲンマニア

(赤城乳業 マーケティング部係長 岡本秀幸さん)

これまでに4万5000個以上ものアイスを食べ続けてきたアイスジャーナリストのシズリーナこと荒井健治です。


スーパーやコンビニへお買い物のついでに立ち寄るアイスクリームのコーナー。アイスケースには、清涼感を感じるパッケージにいがぐり頭で白い歯が綺麗に生えそろった少年が印刷された「ガリガリ君ソーダ味」――。自分が1歳1か月の頃から食べていたおなじみのアイスであり、大人になった今でも食べ続けている馴染みの深いアイスです。

そんなガリガリ君が2021年に40周年を迎えるとのことで、特別企画と題して、SNSを中心に "70円ガリガリ君"の新フレーバーを一般募集しています(~10月15日)。40周年にはいったいどんなフレーバーが誕生するのか。筆者としては、年間4億本超えを売り上げる国民的アイスであるガリガリ君の今後の動向が気になりすぎてしまい、赤城乳業のガリガリ君担当者へ取材してきました。

コンポタ味は「駄菓子屋」がヒントに

さっそく、ガリガリ君担当歴7年の岡本秀幸さんにお話を聞いていきます。

Q ガリガリ君の40周年記念の味をSNSで募集しようと思った背景を教えてください。

「ガリガリ君の美味しさはもちろんのこと、わいわいみんなで楽しむことができるコミュニケーションツールでもあると考えています。今回のキャンペーンを通じて皆さんにガリガリ君の新味を考えていただくことで、一緒に商品開発を行っているような気持ちになり、周囲の方々とわいわい盛り上がってもらいたい。そして、ガリガリ君の新商品が発売するのをこれからも楽しみにしてもらいたい、と思ったのがきっかけです」

Q 岡本さんが新味を考えるときに大切にされていることはなんですか?

「そうですね。お客様の想像・期待を常に超えていくことではないでしょうか」

Q 個人的にですが、「ナポリタン味」がとても衝撃的で、こちらの想像と期待を一気に越えていったことが記憶に新しいのですが......。確か、2014年3月に発売された「ナポリタン味」は3億円の赤字を出してしまったんですよね。そのときの赤城乳業の社内はどんな空気だったんですか?

「......。コンポタ、シチューとある程度販売が好調でしたので、冷静な判断ができなかったのかと思います。当時、ナポリタンブームがありましたので、そちらにのってみました。『美味しくない」『こんなもの出すな』っていうお客様の声がすごかったです。あの時はなぜかナポリタン風味というより、ナポリタン味の再現にこだわっちゃって。鶏肉のエキスをいれて旨味を出したり、ピーマンの香りを入れたり、かなり工夫したんですが、はっきり言って失敗でした。赤字については、皆が冷静になった瞬間だったと思います」


続きはこちらで↓
https://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/19056052/
no title

【【ガリガリ君】3億円の赤字を出したナポリタン味 担当者「コンポタ、シチューとある程度販売が好調で、冷静な判断ができなかった」】の続きを読む