1: News茶畑がお送りします 2020/04/07(火) 20:47:45.93 ● BE:952977951-2BP(2000)
ブルドックソースとカゴメは2月から東日本エリアで、ブルドックソースのソースとカゴメのトマトケチャップで作る洋食メニューを提案する共同プロモーションに取り組む。「ニッポンの洋食を食べよう!」をテーマに、店頭、商品パッケージ、Web、SNSを通じ、節約・時短ニーズに対応して子どものカラダづくりを応援する「絶品洋食」を訴求。ソースメーカー2社の「禁断のコラボ」で、ソースとトマトケチャップの需要拡大を目指す。

両社は15日、都内で共同販促PR発表会を開催した。ブルドックソースの佐伯舞マーケティング部長、カゴメの西村晋介マーケティング本部食品企画部長らが出席、コラボレーション企画の背景や概要を明らかにした。

佐伯部長は「洋食」「2020年」「コラボ」の各視点から企画の背景を説明した。まず「日本の洋食文化はソースとケチャップにより定着したもの」「洋食は皆さまに愛されるメニューとして定着している」と強調。2020年については「日本の食文化への関心が高まる」「(西洋料理が独自の進化を遂げた)洋食が日本の料理であることを発信するチャンス」とした。

コラボに関しては、特にソースはエリア特性が高く、1社での全国プロモーションが難しい状況としたうえで、ソース市場の反転が共通課題になる中で、新しい使い方を提案して「使い切れない」といったソースに対する課題を解決するため、コラボ企画につながったとした。

いかそ

ブルドックとカゴメ 「禁断のコラボ」実現 ソース市場反転へ「日本の洋食」PRでタッグ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200124-00010002-shokuhin-bus_all
cooking_sauce_kakeru

【関東はウスターソース使わないってマジ?】の続きを読む