ウーバーイーツ

no title

1: News茶畑がお送りします 2020/05/26(火) 11:50:00.88
よくもまあ、次から次に儲ける手口を思いつくものである。

マスクやトイレットペーパーをはじめ、最近ではホットケーキミックスや小麦粉の高額転売で問題視されてきた通称・転売ヤーは、ウーバーイーツの「配達バッグ」を次の獲物に定めたようだ。


外出自粛要請によって需要が高まり、ウーバーイーツの登録店舗数は全国で2万店を超え、配達員も急増しているとされる。従来、ウーバーイーツの配達員は、同社のパートナーセンターでバッグを受け取ることができた。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大によってセンターは休止中。バッグを郵送してもらうことは可能だが、時間がかかるという。

匿名を条件に取材に応じた都内在住の転売ヤーが語る。

「どうしてもすぐに配達を始めたい人は、自分で購入するしかない。そんな状況に、俺たちは目を付けた。4月に緊急事態宣言が出される前から、ウーバー需要の高まりは仲間内で話題になっていたしね。そこで、配達バッグが簡単に入手できるうちに、知人やネットオークションから大量に安く仕入れておいた。4000円くらいで仕入れたバッグが、いまは1万円以上でも飛ぶように売れるよ」

実際、メルカリやヤフオクといったネットオークションサイトで検索してみると、配達バッグが大量出品されているのがわかる。

何か手を打たない限り、バッグ転売が下火になっても、転売ヤーはまた別の獲物に目をつけるはずだ。コロナの混乱に乗じて儲ける不届き者をこのまま野放しにしていいのだろうか。

ウーバーイーツ「配達バッグ」が高額転売される悪質な理由
5/26(火) 8:02


https://news.yahoo.co.jp/articles/e61c672cb7de5ca14673c19092cc2d57f3f56e6c
no title

【【転売ヤーの新たな獲物】ウーバーイーツ「配達バッグ」が高額転売】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/23(土) 15:33:44.43 ● BE:329591784-PLT(13100)
新型コロナウイルスの影響で飲食宅配のニーズが高まる中、自転車の配達員の危険な運転を指摘する通報が相次いでいるという。歩行者とぶつかる事故も起きており、警視庁は取り締まりを強化している。

アプリ分析を手がける「フラー」(千葉県柏市)によると、飲食宅配代行のアプリ2種類を利用したのは、今月21日までの1週間で1日あたり推計40万人。緊急事態宣言が出た4月7日までの1週間の同23万人から約7割増えていた。

外食を控える動きが広がったことで、営業休止や短縮を要請された飲食店側も、出前を新たに始めたり、強化したりする取り組みが進む。

ただ、警視庁によると、それに伴って自転車に乗った配達員が「携帯電話を見ながら運転している」「歩道でスピードを出していて危ない」「信号を無視した」といった通報が目立ってきたという。

https://www.asahi.com/articles/ASN5R3FCHN5HUTIL03B.html?iref=comtop_8_01
delivery_jitensya

ウーバー自転車が首都高に コロナで需要増、目立つ通報←マナー悪すぎ~ 【ウーバーイーツの配達員 通報されまくるwww】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/23(土) 15:08:19.62 BE:986331198-2BP(0)
歩行者が自転車に衝突された現場。情報提供を求める警視庁の立て看板が設置され、その前を配達員とみられる人たちが自転車で次々走り抜けた=2020年5月14日、東京都中野区、角詠之撮影
 
 新型コロナウイルスの影響で飲食宅配のニーズが高まる中、自転車の配達員の危険な運転を指摘する通報が相次いでいるという。歩行者とぶつかる事故も起きており、警視庁は取り締まりを強化している。


 東京都新宿区の首都高速4号上り線で12日午後0時25分ごろ、飲食宅配代行サービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のリュックを担いだ配達員が自転車で走っていると目撃者から110番通報があった。警視庁によると、自転車は都心方向へ走行し、新宿出口から降りたという。首都高は自動車専用道路で、自転車の通行が禁じられている。

 同庁は翌13日、ウーバーイーツの運営会社の日本法人に対し、交通ルールの順守を配達員に徹底させるよう要請した。同法人は取材に対し、「さらなる交通安全の啓蒙(けいもう)活動を行いたい」と回答した。

 飲食宅配代行サービスは、携帯電話のアプリで配達先を入力し、利用可能な加盟店一覧から店と注文を決めると、配達員が自転車やバイクで届けてくれる仕組み。飲食代に加え、数百円程度の配達料がかかるが、利用者が増えているようだ。

 アプリ分析を手がける「フラー」(千葉県柏市)によると、飲食宅配代行のアプリ2種類を利用したのは、今月21日までの1週間で1日あたり推計40万人。緊急事態宣言が出た4月7日までの1週間の同23万人から約7割増えていた。

 外食を控える動きが広がったことで、営業休止や短縮を要請された飲食店側も、出前を新たに始めたり、強化したりする取り組みが進む。

 ただ、警視庁によると、それに伴って自転車に乗った配達員が「携帯電話を見ながら運転している」「歩道でスピードを出していて危ない」「信号を無視した」といった通報が目立ってきたという。

5/23(土) 15:00
朝日新聞デジタル
ウーバー自転車が首都高に コロナで需要増、目立つ通報

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200523-00000033-asahi-soci
delivery_jitensya

【ウーバー自転車が首都高に コロナで需要増、目立つ通報 ← マナー悪すぎ~】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/15(金) 15:03:34.63
料理配達サービス「ウーバーイーツ」の男性配達員が自転車で首都高速を走った問題で、配達員が「時間短縮で使った」と話していることが分かりました。

東京・新宿近くの首都高速4号線で12日、ウーバーイーツの配達員が自転車で走っているのが見つかり、警察官が駆け付けた際にはすでに高速を降りていました。

警視庁によりますと、この翌日、東京・世田谷区内の交番に「テレビで見たウーバーの人がいる」と届け出があり、特徴がよく似た男性配達員から警視庁が任意で事情を聴いたところ、首都高速を走ったことを認めました。

男性配達員は「時間短縮のために意図的に使った」と説明したということです。警視庁は今後、自転車の配達員が高速道路を利用しないようウーバーに指導を行う方針です。

2020/05/15 12:12
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000184027.html
delivery_jitensya

【自転車で首都高を走ったウーバー配達員、警視庁が指導へ ← クズだわ・・・】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/05/12(火) 16:44:41.63
配達代行サービス「ウーバーイーツ」の配達員が首都高速道路を自転車で走っていたと警視庁に通報がありました。
新型コロナウイルスの影響で宅配サービスの利用が増える中、警視庁は
道路の通行ルールを守ってほしいと注意を呼びかけています。

警視庁によりますと、12日昼すぎ、首都高速道路4号線の新宿区内の上りを、
配達代行サービス「ウーバーイーツ」の配達員が自転車で走っていたと通報がありました。
ツイッター上にも当時の様子についての書き込みや、動画が投稿されていて、
配達する料理を入れる大きなバッグを背負って自転車で走る姿が確認できました。

警視庁によりますと、走行していたのは男性とみられ、警察官が確認したときにはすでに配達員は
通りすぎたあとでいませんでしたが、自転車が走行したことによる事故は起きていないということです。

首都高速道路は自動車専用道路に位置づけられていて、道路法や道路交通法によって
自転車による通行や侵入は禁止されています。
新型コロナウイルスの影響で自宅で過ごす人たちによる宅配サービスの利用が増える中、
警視庁は道路の通行ルールを守ってほしいと注意を呼びかけています。

配達員が自転車で首都高走行か
http://www3.nhk.or.jp/lnews/shutoken/20200512/1000048714.html
delivery_jitensya

【「ウーバーイーツ」の配達員が自転車で首都高走行か】の続きを読む

このページのトップヘ