みちょぱ

1: News茶畑がお送りします 2020/04/04(土) 05:08:43.92
モデルの“みちょぱ”こと池田美優が、2日に放送されたテレビ朝日系バラエティ番組『アメトーーク!』(毎週木曜23:15~ ※一部地域除く)に出演。「仕事がしやすい芸人ベスト3」を発表した。

今回、みちょぱのすごさを伝える芸人が集結する「実はみちょぱスゴイぞ芸人」を放送。山内健司(かまいたち)、中岡創一(ロッチ)、濱家隆一(かまいたち)、飯尾和樹(ずん)、大久保佳代子、陣内智則、C英二(バイきんぐ)、田中卓志(アンガールズ)が、「笑いにつながるワードセンス」「ズバっと一言返し」「下ネタに対する線引きが絶妙」など、スゴイと感じているポイントを熱弁した。

後半に登場したみちょぱは、「聞いてましたよ、恥ずかしい」と照れまくり。「ありがたいですけど、こんなに分析されたら今後仕事がしにくい」と話した。

そして、みちょぱが「仕事がしやすい芸人ベスト3」を発表。1位は有吉弘行で、「本番が回っていない裏での話などもきっちり覚えていて話題を振ってくれる。若い私にも話を合わせてくれる」と理由を説明し、「これは迷わず第1位です。師匠みたいなもんです」と語った。

2位は、平成ノブシコブシの吉村崇で、「ひな壇に一緒にいてくれると安心する。なんでも受け止めてくれる」とのこと。3位は小峠。「何を言ってもツッコんでくれる。フォルムがイジリやすいのでズバズバ言える」と感じているそうで、小峠は「本当ですか。これはうれしい」と喜んでいた。

みちょぱ、“仕事がしやすい芸人No.1”明かす「師匠みたいなもんです」
2020/04/03 07:31
https://news.mynavi.jp/article/20200403-1009921/
“みちょぱ”こと池田美優
no title


【みちょぱ、“仕事がしやすい芸人No.1”明かす「師匠みたいなもんです」】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/03/29(日) 13:57:06.34
モデルでタレントの池田美優(みちょぱ)が、29日放送のTBS系『サンデー・ジャポン』に出演。
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都は不要不急の週末外出自粛を要請。

若者の聖地である東京・渋谷が“閑散”としていることについて「それが正しい」と言及した。

番組途中で渋谷・スクランブル交差点を定点カメラで中継。
季節外れの大雪も相まって、確認できた外出者は数人程度。
異様な光景にスタジオから「人が少ない!」「日曜日ですよね!?」と驚きの声があがった。
MCの爆笑問題・太田光が「恵みの雪だね」と語ると、みちょぱも「109とかも休館になって、よかったんじゃないかな。
 それが正しい。開いてると行っちゃう子はいると思うので。寂しいですけど…」とコメントしていた。


【みちょぱ“活気ない”渋谷に「それが正しい」】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/03/11(水) 23:01:21.27 ID:B8vLDjqM9
3月10日深夜に放送されたフジテレビ系『#ハイ_ポール 一夜限りの復活SP』に、みちょぱこと池田美優が出演した。

その中で、番組キャラクター・ポールの声を務めるクリープハイプの尾崎世界観が「芸能界ってなんなんですか」「なんか見えてきたことありますか?」と、池田に質問した。

これに池田は少し考えながら「うーん、まぁでも本当に厳しい世界ですよね。そう、しみじみ思う」と、芸能界について振り返り始めた。

池田は「私はありがたいことに、ちょっとね、まだまだ色々出させてもらってるけど」「新しくきた子とかも、
 バーッてきたなと思ったら、いつの間にかいなくなってたりするから。“あぁ、厳しいんだな”っていう風には めっちゃ思いますよ」と、芸能界の流れの早さについて明かしていた。

2020年3月11日 20時0分
https://news.livedoor.com/article/detail/17950130/

no title

画像

【みちょぱ「本当に厳しい世界」芸能界について考え明かす】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/03/02(月) 20:09:16.37 ID:Rs21hecV9
“みちょぱ”ことファッションモデル、池田美優(21)が1日、自身がパーソナリティーを務めるニッポン放送「#みちょパラ」(日曜後11・0)に出演した。
池田は、友達から「今まで会った中で誰が一番イケメンだった?」と聞かれることがしばしばあると明かした。

「やっぱ舘ひろしさん」と回答すると、「だってあれで69歳」と切り出すと、「めっちゃ足が長かったんだよね。しかもダンディーな感じが結構私の中でうわぁっていう」と魅力を語った。
続けて「あともう一人思ったのが、反町隆史さん」と明かすと、「まだテレビ出始めのころに、収録の現場が映画とか撮ってる大きいスタジオのところで、 たまたま私がエレベーター乗ってて、ドア開いた瞬間に『相棒』の撮影をしてたみたいで」と振り返った。

「エレベーター開けた瞬間に、反町さんがぼんって立ってたんだよね。『うわっ』てなって2、3秒固まったていうのは覚えてる」と語った。
「テレビ出始めたばっかりだったからそんなにいろんな人と共演してなかったし。なかなか会える人じゃないじゃん。やっぱイケメンだなっていう」と語り、
「そういう男前な感じ?なんだろ、ダンディーな感じの方が好きなんだろうね、私は」と分析していた。


【みちょぱ、イケメンだと思う芸能人を2人語る「めっちゃ足が長かった」】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/02/28(金) 20:33:49.63 ID:zrSdYIpf9
今回取り上げるのは、みちょぱ(池田美優)、そして、ゆきぽよ(木村有希)というギャルモデルの2人だ。
この区別ができないと「おじさん扱い」されるそうだが、みちょぱは純粋な日本人であるのに対し、ゆきぽよの母親はフィリピン人とスペイン人のハーフ。
ゆきぽよ本人もやはり、どことなくエキゾチックな雰囲気を醸し出している。
この違いを知っておくだけでも役に立つだろう。

さて、いまやテレビで2人を見ない日はない。特にゆきぽよは昨年あたりから急激にメディア露出が増加し、みちょぱを猛追。
「ギャルモデル」であるとか、注目されるキッカケとなった恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン シーズン1』(Amazon Prime Video)、本家の『バチェラー・ウィンターゲームス』『バチェラー・イン・パラダイス』の出身であると説明する必要もなくなってきた。

藤田ニコルの昇格と芸能界の「ギャル枠」需要
 
少し前までギャルモデルといえば、藤田ニコルとみちょぱが2大巨頭だった。
だが、ニコルは2017年8月、「Popteen」(角川春樹事務所)モデルの卒業を機に“大人モデル”へキャラ変。
ここ最近、発言も柔らかくなってきており、一足先にそのフィールドから抜け出している。
これをチャンスとばかりに、割って入ってきたのがゆきぽよなのだ。

ここ数年のバラエティ番組は30~40代以上のおじさん芸人がメインの出演者となることが多く、そんな中で“イマドキの流行に詳しい人”という役割で「ギャル枠」はなくてはならない。
特にみちょぱは頭の回転が速く、空気も読めるので、スタッフとしても使いやすい。
一方、ゆきぽよはみちょぱに比べるとコメントの内容は薄いが、バラエティ番組においても過激さが敬遠される昨今、「その物足りなさがちょうどいい」「安心して使える」という声もある。

また、2人に共通しているのが、自身の恋愛について語ることにためらいがないという点だ。
みちょぱといえば、過去に交際していた男性が自宅に泊まりに来た翌朝、警察がその男性を逮捕しにやってきた
「おはようございます逮捕、オハタイ」エピソードが有名だが、24日の『中居くん決めて!』(TBS系)では、これ以外にもダメ男と交際した過去を告白。
「だいたいのダメ男は湘南乃風が好き」と持論を展開している。

一方、ゆきぽよも、17日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)で、元カレについて言及。
これまで交際した5人全員に浮気され、さらにはそのうち4人が逮捕されたと明かした。
しかも、そんなヤンチャな彼氏と別れ話がこじれたときのLINEでは、湘南乃風の「純恋歌」の歌詞が送られ、未練たっぷりに引き留められると話していた。やはり「ダメ男は湘南乃風好き説」は成り立つようだ。

いずれにしても、そんなダメ男・ヤンチャな元カレ話はバラエティの大好物で、ネットニュースにもなりやすい。
また、テレビの視聴者には、地方のギャル文化やマイルドヤンキー文化に親しみのある層が多く、そういった人々からの共感も得られるという意味でも需要が高いのだ。

今後もみちょぱ、ゆきぽよの2人勝ちは続く?
 
これまでギャル枠には、益若つばさ、若槻千夏、木下優樹菜、鈴木奈々、今井華などがいたが、その旬は短い。

最近は「Popteen」モデルで、“名古屋イチかわいいJK” として生見愛瑠(ぬくみ ・める)が『ヒルナンデス!』や『今夜くらべてみました』(共に日本テレビ系)に出ているが、まだ芳しい成果は残せていない。
そういう意味では、それなりに打点を稼げば、この2人のように生き残れるということ。今後も、彼女たちの市場独占はしばらく続きそうである。


5年後に残っていられるのかって話www
【みちょぱ、ゆきぽよ……ギャルモデルが生き残る理由】の続きを読む

このページのトップヘ