話題

food_pan_kashipan

1: News茶畑がお送りします 2019/12/22(日) 00:05:03.63 ● BE:604048985-2BP(2000)
アンジュルム、デイリーヤマザキの1日店長体験
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-00000013-cdj-musi

【ヤマザキのこのパンは食っとけってやつある?】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2019/12/19(木) 19:56:11.99
変化が激しい現代において、アイスも毎年おびただしい新商品が登場しては、その多くは数年内に消えていきます。
消えていったアイスのほとんどは、忘却の彼方(かなた)に去っていきますが、中には「あのアイス、好きだったのになんで消えたんだろう」という愛着のあった商品もあるのではないでしょうか。

そこで今回は、消えてしまったけれど好きだったアイスについて探ってみました。

1位 宝石箱
2位 チューペット
3位 ダブルソーダ
4位 ザクリッチ
5位 100円みぞれ
6位 フルーツメロン
7位 オレンジシャーベット
8位 王将アイス
9位 みぞれバー
10位 イタリアーノ

■ 1位は「宝石箱」!

「唇に宝石よ」というフレーズで当時の大人気アイドル、ピンク・レディーがCM出演していたことでも話題になったカップアイス「宝石箱」。
宝石箱をイメージしたという黒を基調にしたパッケージに、バニラアイスの中に宝石のようにカラフルに着色された氷が入っている目にも美しいアイスでした。

ピンク・レディーがまさに人気の絶頂にあった1978年(昭和53年)より販売され、発売当時は爆発的に売れたそうですが、やがて下火になり1983年頃に販売終了となったようです。
記憶に残る独特なパッケージと、ピンク・レディーのイメージも加わり、1位となりました。

■ 2位は「チューペット」!

2位には「チューペット」がランク・イン。
ポリエチレン製の細長く、真ん中がくびれた容器に入ったフルーツ味のジュースを凍らしたアイス。

凍った状態でくびれ部分を折り曲げると二つに割ることができ、昔懐かしの駄菓子屋さんで買ってチューチュー吸った思い出がある人も多いのではないでしょうか。
現在でも類似品は販売されていますが、「チューペット」という商品名で販売していた前田産業株式会社が、2009年に生産を終了したため「チューペット」は消滅。
名前の懐かしさもあり2位となりました。

■ 3位は「ダブルソーダ」!

続いては、森永乳業株式会社の「ダブルソーダ」が入りました。
爽やかなソーダ味のアイスに2本の木の持ち手がついており、真ん中のくぼみでパカっと二つに割って食べられるようになっていました。

きょうだいや友達と2人で1個の「ダブルソーダ」を買って割ってみたものの、きれいに半分にならず、大きい方を取り合いした記憶がよみがえってくる人も多いのでは?
1983年の販売以来、長年愛されてきたロングセラーのアイスでしたが、実は2017年にひっそり販売終了となっていました。
販売終了を知らずに、また食べたいと思った人が多かったのか、3位になりました。

このように、1位には短期間の販売ながら強烈な印象を与えた「宝石箱」が、2位と3位にはおなじみのロングセラー商品が入りました。
あなたにとって、消えてしまったけど好きだったアイスはどれですか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,836票
調査期間:2019年7月30日~2019年8月13日

https://news.livedoor.com/article/detail/17543005/
sweets_cup_ice_cream.png
【【懐かし氷菓】消えてしまったけど好きだったアイスランキング 宝石箱、チューペット、ダブルソーダ、オレンジシャーベットなど】の続きを読む

food_tonkatsu.png
1: News茶畑がお送りします 2019/12/15(日) 07:28:37.19 ● BE:659060378-2BP(8000)

あなたはどちらを食べたい?

若い男性はほとんどロースカツだそうだ。
若い女性は、ロースとヒレが半々。
年齢層が上がるにつれ、やわらかいヒレを好むお客さんが多い。

http://web.archive.org/web/20041028150155/http://osaka.yomiuri.co.jp/ajinakansai/ajinakansai/2004/040722.htm


ロースカツ
カロリー 179kcal 
脂 身  12.3mg 
コレステロール 45mg 

ヒレカツ
カロリー 177kcal 
脂 身  10.5mg 
コレステロール 51mg

あるある大辞典
http://web.archive.org/web/20050227223254/http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/arubuta/buta3.htm

【ロースカツ VS ヒレカツ】の続きを読む

game_tetsuya_woman.png

1: News茶畑がお送りします 2019/11/08(金) 22:22:22.15
親が子どもに「ゲームばっかりしていないで勉強しろ」というシーンは珍しくなかったが、今は大人でもゲームを楽しむことが当たり前になった。ここ10年間でゲームが幅広い世代で受け入れられるようになった一方、懐疑的な視線を向ける人もいる。

はてな匿名ダイアリーに11月2日、「ゲームで時間を潰せる奴がちょっと信じられない」というエントリがあった。投稿者は、アニメや漫画などのオタク趣味は理解できるが、値段が高く、プレイ時間がかかり、話題を共有できる範囲が狭く、実生活でもプラスにならないなどの理由から「ゲームをやる人が理解できない」と語った。(文:石川祐介)

■「こういう人が『ゴルフを趣味にしろ』って押し付けてくる」

 「こういう人が『仕事に必用だからゴルフを趣味にしろ』って押し付けてくるんだろうな」
 「時間を潰したり他人と共有するためにやるんじゃない。ゲームのためにゲームをやっているのです。それが趣味というもの」

投稿者の挑発的な主張に、反論のコメントが散見された。このほか、

 「趣味で実生活へのフィードバックとか言ってる糞の言葉に価値はない」
 「そもそも時間潰しの為に趣味やってるとかが勘違い。他の事をする時間を潰してやるものが趣味だろ」


といった主張も。趣味は何かしらのメリットを得るために取り組むものではない。「ゲームで時間を潰すのではなく、ゲームのために時間を作っている」という考え方が適切だろう。

また、「私は映画やアニメと同じで映像作品としてゲームを楽しんでいます。制作会社やスタッフによって色が有って面白いです」とゲームは映像を楽しんだり、声優の演技を堪能したりなど、投稿者が思うようなただ機械的かつ受動的に楽しむ娯楽ではない。

■「どの辺に面白さを感じるのか聞いてみたい」という声も

しかし、投降者の他にも「自分もなんでゲームを続けられるのかは聞いてみたい。非難とか馬鹿にしてるわけではなく、純粋にどのへんに面白さを感じているのか」とゲームの楽しさをなかなか理解できない人はいるようだ。

 「ゲーム性とはつまり"課題の克服"なので、それに楽しみを見出す人にとってはゲームは楽しいけど、そうでない人にとっては虚無にしか感じないと思う」

ゲームを楽しめる人は"ゲーム性"を楽しめる人なのか。自分で何かを選択することがない本や映画と違い、選択肢が与えられることで主体的に参加することができる。

さまざまなコメントが寄せられたが、「他人の趣味を理解できないからバカにする奴がちょっと信じられない」という書き込みが象徴するように、投稿者の偏った価値観が多くの人の反感を買ってしまったのだろう。

理解できない他人の言動は日常生活でも度々見かけるが、すぐに反発するのではなく、まずは低姿勢で耳を傾けるようにしたいところだ。

2019年11月8日 18時53分 キャリコネニュース
https://news.livedoor.com/article/detail/17352958/

画像
5aee12ee.jpg

【「ゲームで時間を潰せる人が信じられない」に反論殺到】の続きを読む


food_udon.png
1: News茶畑がお送りします 2019/10/03(木) 10:24:52.39
讃岐や博多にはもちろん味噌煮込みやきしめんにも負けるとは

【関西人がよく関東のうどんをバカにするけど肝心の関西のうどんが世間に全然評価されてないよな】の続きを読む

このページのトップヘ