話題

food_karaage_lemon

1: News茶畑がお送りします 2020/10/17(土) 19:01:22.09
外食業界はコロナ禍で大きな経済的ダメージを受けているが、「唐揚げ店」は比較的好調のようだ。近年の唐揚げブームを追い風に、各地で新規出店が続いている。

様々な唐揚げ店に行って、味の比較を楽しむ人もいるだろう。都内の出版社に勤めるコウヘイ(30代)さんもそんな一人だ。しかし、このほど同僚とランチで行った唐揚げ店で気になることがあったという。

「一緒に行った同僚の女性が唐揚げの衣をはがして食べ始めたんです。唐揚げ店に来てるのに、唐揚げの衣を食べない人がいることに驚きました」

女性に剥がす理由を聞くと、「衣をとった唐揚げの味が好き。鶏肉でタンパク質はとりたいから、定期的に来ている」と悪びれず答えたそうだ。

「『だったら唐揚げ店以外に行けばよかった』と思いましたし、案の定、店主の人もカウンターの向こうで明らかに不愉快な顔をしていたので、追い出されたりしないかとハラハラしました」(コウヘイさん)

客が特定の食べ方をしたことを理由に退店させられることはあるのだろうか。石崎冬貴弁護士に聞いた。
●張り紙などであらかじめルールを明示されているかどうか
ーー店側が食べ方を理由に客を退店させられるのでしょうか。

「お客様は神様です」なんて言われますが、当然ながら、法律の世界では、お店もお客さんも平等です。

以下ソースで

【なぜ? 唐揚げ店で「衣」をはがして食べる女性客に店主も困惑…迷惑客を追い出せるのか】の続きを読む

jitensya_kappa

1: News茶畑がお送りします 2020/10/17(土) 12:58:23.70 ● BE:811133648-2BP(2000)
コロナ禍以降、自転車を利用する機会が増え、ウエア選びが楽しくなってきた大人も少なくないはず。見た目はもちろん、着心地までこだわると当然ハイスペックなアイテムに目が行きますよね。そこで、変わりやすい天候に備えて、本格的な防水機能を誇るレインウエアをピックアップしてみました。


チャリ派の味方、最強レインウエア4選
https://news.yahoo.co.jp/articles/ecc54e481aa90b8f65e4fdd843d1579c6edd55ab
no title

no title

no title

【雨の日はゴアテックスを着れば傘いらないぞwww】の続きを読む

food_tonjiru

1: News茶畑がお送りします 2020/10/16(金) 20:20:20.08
肌寒さを感じるようになると、熱々の料理が食べたくなる。

たっぷりの根菜が入った豚汁はこれからの季節の定番だろう。

しかし、この豚汁、具沢山であるだけに「何を入れるか」がしばしば話題になる。

特に芋については、そもそも芋を入れるのか、入れるとしてどの種類を入れるのか、人々の間でかなり意見が分かれるようなのだ。

そこで、Jタウンネットでは2018年11月16日~20年10月14日の期間、「豚汁に入れる『芋』といえば?」をテーマにアンケート調査を行った。

投票総数は1437票。豚汁の具として一番人気だったのは、どの芋だったのだろう。

■食文化の違いが浮き彫りに...?

選択肢は、「里芋」「ジャガイモ」「さつまいも」「豚汁に芋は入れない」「その他の芋類」の5つ。

全体の結果で、一番人気だったのは里芋(43.1%、620票)だった。ジャガイモ(32.9%、473票)がこれに続き、さつまいも(17.6%、253票)が第3位。芋は入れない人は6.0%(83票)、その他の芋類を入れる人は0.3%(5票)のみだった。

では、どの芋を使うかに地域差はあるのだろうか。日本地図を、各都道府県で最も多くの票を集めた選択肢で色分けすると、以下のようになった。

見ての通り、ジャガイモ派は北日本でメジャー。里芋派は東日本・西日本を中心に広がっている。

サツマイモ派は、西日本に多いようだ。

ジャガイモを選んだ人が多数派を占めたのは、北海道(87.0%)・青森(100%)・秋田(66.7%)・山形(60.0%)・福島(100%)・新潟(78.6%)・栃木(75.0%)・石川(48.4%)・愛媛(50.0%)の9地域。

石川と愛媛では最大とはいえ半数程度で、やはりジャガイモ派は北に多いのかもしれない。

また、さつまいも派は富山(66.7%)、奈良(100%)、岡山(75.0%)、山口(66.7%)、徳島(100%)、高知(50.0%)、佐賀(100%)、長崎(100%)、鹿児島(100%)とこちらも9地域。

また、香川ではジャガイモ派とサツマイモ派が拮抗した。

最大勢力の里芋派は、岩手(100%)、宮城(75.0%)、茨城(100%)、群馬(100%)、埼玉(66.7%)、千葉(70.0%)、東京(42.5%)、神奈川(73.3%)、福井(83.3%)、山梨(100%)、静岡(61.5%)、愛知(81.3%)、三重(100%)、滋賀(80.0%)、京都(100%)、大阪(39.3%)、兵庫(61.5%)、和歌山(100%)、鳥取(100%)、福岡(57.1%)、熊本(100%)、大分(100%)、宮崎(66.7%)、沖縄(100%)の24地域で単独首位を獲得。

岐阜では、里芋派・さつまいも派・入れない派がそれぞれ同数で、入れない派は長野(50.0%)、広島(50.0%)で多かった。

ちなみに、レシピサイト「クックパッド」で豚汁を検索してみると、合計4416件のレシピがヒットする。

そのうち、里芋が材料に含まれるのは851件、ジャガイモは840件、さつまいもは441件。Jタウンネットの調査と同じ順位ではあるが、里芋とジャガイモの間にあまり差はないようだ。

この3種類の芋以外では、長芋(ヤマイモ)を入れるレシピが28件見つかった。

さらに、大手コンビニ3社のチルド豚汁の具材を調べたところ、ローソンは里芋、セブン-イレブンとファミリーマートはジャガイモを使用していた。

Jタウンネットの調査結果やこうした傾向を見ると、豚汁に入れる芋の定番は里芋、あるいはジャガイモであると言えるだろう。

2020年10月16日 6時0分 Jタウンネット
https://news.livedoor.com/article/detail/19063996/

画像
no title

【「豚汁に入れる芋といえば?」←この質問への回答で、相手の出身地方が分かるらしい】の続きを読む

tatemono_cafe

1: News茶畑がお送りします 2020/10/14(水) 07:39:42.52
9月25日の営業をもって閉店した、名古屋市中村区の「THREE PLACE」。

 昨年2月にオープンしたカフェレストランで、昼は周辺にある企業の社員たちがランチで訪れて、にぎわっていた。

 ところが今春以降、新型コロナウイルスの影響で状況が一変し、営業終了を決めた。

 そんな店が閉店後、店舗入り口に「当店、コロナに負けました。」と書いた貼り紙を出した。

 下の方には、小さな文字でこんな文章が書かれていた。

    ◇

 平素より当店をご利用いただきまして、ありがとうございます。

 2020年9月25日をもちまして、閉店させていただきます。

 開店より多くのお客様にご来店いただいたことを、心よりお礼申し上げます。

 誠にありがとうございました。

 また、今後とも何卒(なにとぞ)、サンモリッツ各店へのご愛顧の程(ほど)宜(よろ)しくお願い致します。

事実を繕わず、かっこつけず

 サンモリッツとは、THREE PLACEの運営会社「サンモリッツ&東京青山ロハスビーンズ」がやっている老舗喫茶店のことだ。

 貼り紙に込めた思いについて、広報担当者は「会長が社員たちの前で言った言葉をそのまま使っています」と説明する。

 事実を繕わず、かっこつけずに、暗くならないようユーモアを交えることを意識したという。

 この貼り紙はツイッターでも紹介され、「こんなユーモアのある閉店のお知らせは初めて見た」「この店の運営会社はまだ負けてないのが伝わるね」といったコメントが寄せられている。

 「どのように受け取られるか心配でもあったので、ホッとしています」と広報担当者。

 いったん店は閉めたが、THREE PLACEの名を引き継いだ店舗を、名古屋市内の別な場所で始めるために準備を進めているという。(若松真平)

no title

no title


2020年10月14日 7時00分 朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASNBF5Q1SNBFOIPE01M.html

【「当店、コロナに負けました」 閉店したカフェに貼り紙】の続きを読む

sweets_icecandy

1: News茶畑がお送りします 2020/10/15(木) 00:06:50.65
「ガリガリ君」が40周年に向け新フレーバーを開発! 担当者と問題作「ナポリタン味」を振り返る。

東京バーゲンマニア

(赤城乳業 マーケティング部係長 岡本秀幸さん)

これまでに4万5000個以上ものアイスを食べ続けてきたアイスジャーナリストのシズリーナこと荒井健治です。


スーパーやコンビニへお買い物のついでに立ち寄るアイスクリームのコーナー。アイスケースには、清涼感を感じるパッケージにいがぐり頭で白い歯が綺麗に生えそろった少年が印刷された「ガリガリ君ソーダ味」――。自分が1歳1か月の頃から食べていたおなじみのアイスであり、大人になった今でも食べ続けている馴染みの深いアイスです。

そんなガリガリ君が2021年に40周年を迎えるとのことで、特別企画と題して、SNSを中心に "70円ガリガリ君"の新フレーバーを一般募集しています(~10月15日)。40周年にはいったいどんなフレーバーが誕生するのか。筆者としては、年間4億本超えを売り上げる国民的アイスであるガリガリ君の今後の動向が気になりすぎてしまい、赤城乳業のガリガリ君担当者へ取材してきました。

コンポタ味は「駄菓子屋」がヒントに

さっそく、ガリガリ君担当歴7年の岡本秀幸さんにお話を聞いていきます。

Q ガリガリ君の40周年記念の味をSNSで募集しようと思った背景を教えてください。

「ガリガリ君の美味しさはもちろんのこと、わいわいみんなで楽しむことができるコミュニケーションツールでもあると考えています。今回のキャンペーンを通じて皆さんにガリガリ君の新味を考えていただくことで、一緒に商品開発を行っているような気持ちになり、周囲の方々とわいわい盛り上がってもらいたい。そして、ガリガリ君の新商品が発売するのをこれからも楽しみにしてもらいたい、と思ったのがきっかけです」

Q 岡本さんが新味を考えるときに大切にされていることはなんですか?

「そうですね。お客様の想像・期待を常に超えていくことではないでしょうか」

Q 個人的にですが、「ナポリタン味」がとても衝撃的で、こちらの想像と期待を一気に越えていったことが記憶に新しいのですが......。確か、2014年3月に発売された「ナポリタン味」は3億円の赤字を出してしまったんですよね。そのときの赤城乳業の社内はどんな空気だったんですか?

「......。コンポタ、シチューとある程度販売が好調でしたので、冷静な判断ができなかったのかと思います。当時、ナポリタンブームがありましたので、そちらにのってみました。『美味しくない」『こんなもの出すな』っていうお客様の声がすごかったです。あの時はなぜかナポリタン風味というより、ナポリタン味の再現にこだわっちゃって。鶏肉のエキスをいれて旨味を出したり、ピーマンの香りを入れたり、かなり工夫したんですが、はっきり言って失敗でした。赤字については、皆が冷静になった瞬間だったと思います」


続きはこちらで↓
https://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/19056052/
no title

【【ガリガリ君】3億円の赤字を出したナポリタン味 担当者「コンポタ、シチューとある程度販売が好調で、冷静な判断ができなかった」】の続きを読む

このページのトップヘ