芸能

senkyo_bako

1: News茶畑がお送りします 2020/07/12(日) 11:12:07.21
 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志、タレントの指原莉乃が12日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。指原は5日に投開票が行われた都知事選の低投票率をなげいた。

 東京都選挙管理委員会によると、投票率は55・00%で、前回(16年)の59・73%を4・73ポイント下回った。指原は「自分が大人になって関心も上がってる。(SNSで都知事選の話題を)目に入る回数も、いつもよりずっと多いような気がした。『これは、みんな投票に行くんじゃないか』と思ったけど、やっぱりそんなことはなかった」とぽつり。

 「前より芸能人の方も『行きましょう』『勉強しましょう』という人が増えてきている。でも、やっぱりまだ若者には届かない」と現状への思いを語る。そして「(新型コロナウイルスで)人が集まるのが怖いというのもあるけど、結局、これから自分たちがどう生きやすくするか。自分たちの世代で、みんなで変えていこうという気持ちがあるなら行ってほしかった」となげいていた。

 一方の松本は「お叱りを受けるかもしれない」と前置きをした上で「『行こうよ、選挙』と、みんな言うんでしょうが、消去法的な選挙に意味があるのか、と。僕は今回、都知事選という選挙を消去した」と投票に行かなかったことを告白。「『なし』を設けてくれたら行くけどね」と持論を展開していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200712-00000318-oric-ent

【松本人志さん、堂々と都知事選に投票しなかったことを公言、選挙すら行かないやつに意見なんてされたくないよなwww】の続きを読む

character_noukin

1: News茶畑がお送りします 2020/07/11(土) 21:43:20.97
タレントの小島瑠璃子が7月8日、自身のツイッターを更新。九州全域に甚大な被害をもたらした記録的な豪雨にコメントを寄せたところ、粘着質な〝筋トレ民〟に絡まれてしまった。


コトの発端は、小島が4月21日に元『AKB48』の板野友美とインスタライブを行った際、「筋トレって世界で一番意味分かんないんだよね」「筋トレじゃなくて、筋肉がつく何かをやればいいと思うの。ラグビーやってて筋肉がつくとか、格闘技やってて筋肉がつくっていう方が好き」「男たるもの、見せるための筋肉じゃなくて、使える筋肉を持っとけよって思う」「だって、何かあったときに人の役に立つ筋肉の方が良くない? どうすんの? 見かけだけのムキムキ」との持論を展開したこと。


この発言が筋トレ民を敵に回し、「男性蔑視」とも批判の声が殺到。その後、小島はツイッターで《筋トレって筋トレしてる人にとって聖域なんだってことが分かったよ》《ただの男性のタイプの話だからね》と、絵文字付きで弁明したのだが、火に油を注ぐことになっていた。


・筋トレ民「届け!ぼくらのこの想い」

「以後、小島は執拗に筋トレ民に粘着されるようになり、〝ドラマを見ている〟とツイートすれば、『そのドラマにもムキムキ俳優出てますけど』などとツッコまれたり、くまのプーさんのマグカップを紹介すれば、『プーさん筋肉質?』『コップ使って筋トレですか』などとリプライを送られたりなどしています」(ネットメディア編集者)


そんな中、小島は今回ツイッターで豪雨による甚大被害が出ている九州地方に対し、《九州の方々を想っています》とコメント

するとやはり、リプライ欄には、一部筋トレ民と思しきユーザーから、

《筋肉のことも想ってください》

《ボディービルダーは解剖学、生理学、力学を学び、トレーニング以外でも食事制限などして日々努力しています。こんなストイックなスポーツは他にありません。ぜひボディービルダーの世界や大会を取材していただき、知ってもらいたいです》

などと、筋トレに結び付ける声が寄せられている。

https://news.biglobe.ne.jp/topics/entertainment/0711/81839.html
20200712001

【小島瑠璃子さんに筋トレ民が粘着wwww】の続きを読む

net_ijime_woman

1: News茶畑がお送りします 2020/07/11(土) 15:29:57.07
フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演し、視聴者から誹謗中傷を受けた女子プロレスラーの木村花さん(享年22)が亡くなった問題で、フジテレビのウソで塗り固めたメッキがボロボロとはがれてきた。9日発売の「週刊文春」では共演者の男性が、同番組の“演出”について証言。追い詰められたフジはどう反論するのか――。 

 同番組は「台本ナシ」をウリにしているにもかかわらず、スタッフの過度の強要、演出の“やらせ”疑惑が噴出していた。特に問題となったのは、花さんが“標的”になるキッカケとなった「コスチューム事件」だ。 

 これは木村さんの試合用コスチュームを間違って洗濯し、縮ませてしまった男性に激怒して相手の帽子をはたき落としたというもので、この模様が放送されると、木村さんに非難が殺到したのだ。

 この模様は3月31日にネットフリックスで先行配信され、フジテレビの地上波で放送されたのは5月18日のこと。先行配信した段階で、木村さんはネットで大炎上してしまっていたにもかかわらず、フジは地上波で放送した。

 今月2日発売の「週刊文春」では木村さんの母親が、スタッフからヒール役に徹するための過剰な“やらせ”指示があったと告発していた。

 特に木村さんを悩ませたのがコスチューム事件だった。同誌によると木村さんは「(スタッフに)1のことを100にして盛り上げてほしいって言われて」「スタッフにめっちゃあおられた。盛り上げなきゃと思った」などと話していたという。

 さらにスタッフには「あんなやつ、ビンタぐらいしたらいいじゃん」とも言われたそうで、悩んだ花さんは「プロレスラーとしてビンタはさすがにできないから、苦しまぎれで帽子をはたいた」と語っていた。

 これに対しフジは今月3日の定例会見で「スケジュールや撮影方針(演出、編集を含む)に関して、全て指示・決定に従う」とする「同意書兼誓約書」を出演者と交わしていたものの、「無理強いなどはなかった」「感情表現をねじ曲げるような指示はしていない」などと強調していた。

 このようにシラを切るフジに対し激怒したのは、このコスチューム事件で木村さんから帽子をはたき落とされた共演者の男性だ。9日発売の「週刊文春」で、この男性が新たに明かしたのが、コスチューム事件での“演出”だ。

 男性は5月15日、木村さんと電話で話した際、帽子をはたいたことについて「本心からじゃなくてスタッフにあおられた。あそこまでやりたくなかったのにごめんね」と言われたという。

 木村さんと同様、この男性もスタッフから“やらせ”の指示を受けたことがあると証言。

「“やらせ”指示は、大体、密室で行われました。他のメンバーがいない部屋に呼ばれて番組スタッフ5人に囲まれる。そこでメンバーとの関係を聞かれながら指示が出るんです。プレッシャーを感じるし、キツかった」

 中には木村さんの胸を触るような、セクハラまがいの指示を受けたこともあったという。

 フジはこれまで社内調査のみで、第三者委員会の設置はかたくなに拒んでいる。テレビ局関係者は「この手の番組はベースの台本に、面白くするためにその場のノリでセリフや演出の追加は日常茶飯事。今後も共演者やスタッフが内情を明かせば、フジはもう隠し通せませんよ」と話す。

 もはや逃げ切れる状況ではない。これでもフジは「無理強いはしていない」と言い張るつもりなのか?

7/9(木) 11:00 東京スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/ae48f61ea03c787a6d1bcb05a29a49d13d19eb23

写真
no title

【木村花さん死去 テラハ問題でフジついに崖っぷち、“やらせ”指示は、大体、密室で行われました」】の続きを読む

sotsugyou_idol_girl

1: News茶畑がお送りします 2020/07/11(土) 11:01:19.19
自身がプロデュースした若手男性アイドルA氏に対し、約1年間にわたって、卑劣極まりないわいせつ行為を含む セクシャルハラスメントに及んでいた問題 を受け、業界最大手の芸能プロダクション「株式会社ワタナベエンターテインメント」の常務取締役を解任となった大澤剛氏(47)。同社はこの問題を受け、6月29日、渋谷区神宮前にある本社地下イベントブースにて全社員を招集し「緊急朝礼」を行った。

「文春オンライン」特集班では、この朝礼の一部始終を録音した音声データを入手した。

 告発者から提供された音声データには、渡辺ミキ代表取締役社長が腹心の不祥事を詫び、吉田正樹代表取締役会長が淡々と経緯を説明する様子が約30分にわたっておさめられている。まずは渡辺ミキ社長が開口一番、騒動を謝罪。大澤氏を取締役から解任した事実を報告した。社長の謝罪と会長の経緯説明の部分のノーカット版音声データは 別のページ で公開している。

「今までも、そしてこれからもアーティストマネージメントに従事するこの会社に日々誇りを持って勤めてくれている皆さんに今回の報道で大変大きなご負担をおかけしたこと、おかけしていること、とても深く受け止めています。本当に皆さんに申し訳なかったと、申し訳ないと思っております。社長として、皆さんに改めてお詫びをさせていただきます。本当に皆さん申し訳ありません」(渡辺ミキ社長)

 そして、渡辺ミキ社長の夫である吉田会長が、大澤氏の報道を受けて内部調査委員会を設置した経緯など、会社としての対応について報告した。

「業務上の間柄を超えた不適切な関係は存在していない」
「調査委員会の調査の結果、この所属タレントと大澤常務の間に記事に掲載されたLINEなどのやりとりは事実として認められた。そのほか関係資料や関係者ヒアリングなど得られた資料を踏まえると、法的な意味での、いわゆる違法な形でのセクシャルハラスメント行為があったとまでは断定できないという結論になりました。しかし、極めて不適切な行為が存在したという事実も同時に確認をされました。

(中略)しかしこの調査委員会のほうでは、このLINEのスクリーンショットを踏まえて調査をした結果、業務上の間柄を超えた不適切な関係は存在していないと、つまり業務上の不適切なものはなかったという風に理解を致しました」

 吉田会長の発言に社員たちは驚いたという。

「まず『業務上の間柄を超えた不適切な関係は存在していない』という言葉に驚きました。内部調査には多くの社員やタレントが応じ、セクハラ事件以外にも大澤さんのこれまでの悪事を告発しています。会長の発言を聞く限り、そうした声が反映されているとは到底思えません。

 会長は外部の識者や弁護士にも意見を聞いたと話していましたが、その弁護士や識者というのは一体どこの誰なのか。そういう具体的な調査内容については一切表沙汰にはならず、完全に閉ざされた調査でした。しかも、今回の朝礼で会長は、コロナの影響でボーナスを大幅削減することを発表した。このタイミングで。怒る社員を前に火に油を注いだのです」(ワタナベエンタ現役社員)

つづく

ワタナベエンタ大澤常務が役員解任、停職処分【所属タレントへのセクハラ問題を受けて】 から続く

【画像】退社後の芸能活動を制限する「覚書」の実物
no title

7/11(土) 6:00 週刊文春
https://news.yahoo.co.jp/articles/afacfd9034ccf173f710510bbc0454ccdf831aae

【<新疑惑・証拠入手>ワタナベエンタ元常務、独立を妨害する“悪魔の覚書”「1年間はSNSも芸能活動も禁止」】の続きを読む

gakusei_undou

1: News茶畑がお送りします 2020/07/11(土) 05:03:30.31
女優、柴咲コウ(38)が10月スタートの日本テレビ系「35歳の少女」(土曜後10・0)に主演することが10日、分かった。

 2015年に“契約妻”を演じて話題を呼んだ同局系「〇〇妻」以来5年ぶりの民放連続ドラマ主演で、同作を手掛けた脚本家、遊川和彦氏(64)と再タッグを組むオリジナル作品。同氏の人気ドラマ「家政婦のミタ」「同期のサクラ」の制作チームが集結する。

 物語は「25年ぶりに帰ってきた娘は、10歳の子供だった」というコンセプトだけが明かされ、柴咲は正体が謎に包まれた35歳の今村望美役。25年前の1995年と現在の2020年が舞台となる。

 柴咲は「等身大の自分とは違う人物を演じられるのが楽しみ。望美が、望美の周りの人たちがどうなっていくのか、毎回次の台本が届くのをワクワクしながら待っています。皆で奇譚なく意見を言い合ってよい作品を作り上げていきたいです」とクランクインを心待ちに。現在、NHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜前8・0)ではオペラ歌手役で美声を響かせており、今度は謎めいた役どころで存在感を発揮しそうだ。

 遊川氏は「35歳の少女という難役にチャレンジするコウさんの勇気と覚悟に応えられるよう、魂を込めて物語を書き上げたい」と話している。

柴咲コウ、民放ドラマ5年ぶり主演 10月スタート日テレ系「35歳の少女」
7/11(土) 5:00 サンケイスポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/5b9d2b3bea08c9ed172746d92d65f87f4ddd4f36
日本テレビ系「35歳の少女」に主演する柴咲コウ
no title

【柴咲コウさん、パヨって民放ドラマのお仕事をゲットしてしまうwwwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ